最新競馬ニュース

【直撃取材!プロ予想家最速予想】エプソムC2023「スガダイ」「くりーく」の狙いは!? 注目馬&妙味ある穴馬候補に迫る!


ウマニティ


 4,608  6  0

【直撃取材!プロ予想家最速予想】エプソムC2023「スガダイ」「くりーく」の狙いは!? 注目馬&妙味ある穴馬候補に迫る!


毎週プロ予想MAXの予想家に週末重賞への見解、注目馬について取材、紹介する連載「プロ予想家最速予想」。第19回はエプソムCについてくりーくプロ・スガダイプロの2名にお話を伺いました。早速、レースへの見解と注目馬を紹介していきます。



【くりーく】“新馬戦キラー”の異名を持つ実力派!!


オグリキャップを破り、天皇賞(秋)を勝ったスーパークリークに魅せられ競馬人に。一般的には注目度の低いレースで淡々と結果を出し続ける、くりーくプロにエプソムCについてお聞きしました。

―混戦に見受けられますが、どう狙い馬を絞っていきますか。

いつもどおり調教を重視する形で、特に1週前追い切りですね。外厩で仕上げている馬だと、直前で無理に追う必要もなく、1週前にしっかりやって最終はさらっとやるみたいなパターンが多いので。あとは、東京向きの馬かどうかにも注目しています。

―調教についてお聞きする前に、特に東京向きと考える馬を挙げていただけますか。

カワキタレブリーとレーン騎手の乗るレインフロムヘヴン。あと、フィアスプライドは東京がいいかなと。

フィアスプライドですか。近走は中山で好走していますが、東京のほうがより良さが出ますか。

追い込む馬なので条件に左右される面はありますが、先週メインも外から差してきた馬が来ていましたし、東京も開催が進んでいるので、こういう馬に向く形になってもおかしくないかなと。

―ハマれば一発あってもの感じですね。1人気になりそうなジャスティンカフェは、コース替わり歓迎ではないですか。

いいかなと思うんですけど、調教師が乗った調教をみると、すごい抑えるのが大変そうというか、タイムは出ているものの、なんか嫌だなという感じはしますね。ジョッキーを乗せてどうかでしょうけど。

―強調できる調教ではないんですね。インダストリアはマイル戦の良績が中山に偏っていますが、東京だと割り引きでしょうか。

この馬、強い馬だなと思うんですよ。ルメール騎手が乗って、新馬戦、未勝利は東京で好走しているんですよね。ただ、東京だとかなり乗り難しい部分があると思います。中山ですごい脚を使う馬なんで。

―使える脚が短いということですかね。

そうですね、坂のある中山で、残り200mとかですごい脚を使うけど、東京で直線向いて「さあ、行くぞ」とやると、そこから意外と伸び切れないという。ルメール騎手だから分かっていると思うんですが、脚の使いどころは難しい馬ですよね。状態はいいと思うんですけど。

―どう騎乗するかも楽しみですね。調教の動きが特に良かったのはどの馬になりますか。

最終追切は今日なので、まだしっかり確認できてないんですけど、1週前の段階で調子が良いと思うのは4頭いて、フィアスプライドレインフロムヘヴンマテンロウスカイ、あとカワキタレブリーです。

フィアスプライドは調教もいいんですね。半年ぶりですが、仕上がり良好ですか。

先週出走したアップトゥミーと併せて、南ウッドで好時計を馬なりで出してきていますし、新馬戦以来ずっと間隔を空けて使ってきている馬ということで、むしろ休み明けのほうが調整しやすいと思うんですよね。

―ありがとうございます。距離短縮で参戦するレインフロムヘヴンはいかがでしょう。

短縮する分には問題ないと思いますね。調教的には、併せ馬では遅れていますが、今日の追い切りでは、レーン騎手騎乗で外めを回りながら好時計が出ていて、仕上がりはいいのではないかと。

―レーン騎手乗っているんですね。マテンロウスカイについても一言お願いします。

マテンロウスカイは一回使って上積みがありそうな動きで、栗東坂路で終いの時計が速い馬が好きなんで、その部分で買いたいなと。馬なりで出しているのもいいですね。

―やはりこう、一杯より馬なりで出す時計のほうがいいんですか。

そうですね、重賞レベルの馬だと、時計を出そうとすればいくらでも出る馬ばかりだと思うんですが、それで余力がなくなると本末転倒ですから。

―坂路で49秒台とか、逆に不安になるんですよね。

森厩舎とかね(笑)。人間に置き換えると、坂道を走るとき、はじめから全力だと勢いで上れちゃうんですよ。ただ、途中までゆっくり走っていきなり加速するのは難しいですよね。調教も、一杯だと惰性で乗り切っている可能性があるので、狙うなら馬なりなのに最後伸びている馬がいいですね。

―なるほど。わかりやすいですね。では、中心視している馬をお願いします。

フィアスプライドですね。立場的に気楽にというか、思ったとおり乗れるかなと。後ろから行く馬なので、前を見ながら、不利のないところを通って来てくれれば。菅原明騎手に乗り替わりなので、思い切って騎乗してくれるんじゃないかなと。次点でマテンロウスカイレインフロムヘヴンもレーン騎手なので押さえたいですね。

―調教は好評価のカワキタレブリーは厳しいでしょうか。

カワキタレブリーは距離がちょっと不安ですけど、上手く乗れば上位に来てもおかしくないと思いますよ。


取材後記:波乱になりそうな感じがしますね。フィアスプライド号に注目します!


【スガダイ】全開催プラス収支を可能にする“予想神”


群雄割拠のウマニティプロ予想MAXで13年連続ランキングトップに君臨。他の追随を許さない、競馬予想界のキング・オブ・キングス、スガダイプロにエプソムC2023についてお聞きしました。

―想定オッズは割れ加減ですが、注目しているのはどの馬でしょうか。

ジャスティンカフェですね。

―昨年のエプソムCは1人気4着でしたが、その後毎日王冠2着、マイルCSでも0秒4差6着と健闘しましたよね。今年は期待できるでしょうか。

まあ、毎日王冠2着の馬ですからね。能力的にはG3に入っちゃうと最上位の存在だと思いますね。G3のなかでもメンバーの質に色々あって、前2走は質が高かったと思いますが、今回はそうでもないですし、重視せざるをえないですよね。

―今回の1ハロン延長に関してはどうお考えですか。

う~ん、おそらくベストはマイルですよねってところで、折り合いの難しい馬ですし、1800だと脚の使いどころが鍵になってくるかなと。ただ、このメンバーだとどうしても上位になります。

―昨年は道悪のなか凡走でしたが、週末雨が降るとどうでしょう。

昨年は重い馬場で人気を裏切る4着でしたが、荒れた部分を走りながら差のないところまで来ているので、ある程度は道悪もこなせると思いますよ。ああ、今回テン乗りですよね。決して簡単な馬ではないので……。横山和生騎手にとってはターニングポイントになるかな。あと、調教過程は昨年よりはいいですよ。

―そこそこの道悪でも問題ないなら、気になるのはテン乗りくらいですか。次点で注目している馬をお願いします。

エアロロノアですね。

―マイルの重賞の常連で、今年は京都金杯で2着でしたよね。久々の1800mですが、どのくらいやれそうでしょうか。

まあ、1800は微妙に長いかもしれないですけど、まったくダメってことはないだろうと。一昨年のカシオペアSなんか、前目につけちゃったのが失敗だったなと思いますし、大事に乗れば、勝ち鞍もありますからこなせるとみています。

―G3だと、単純に格上とみていいんでしょうか。

能力値はここに入ると上になるのは間違いないと思うんですよね。昨年のマイルCSでは外々を回りながら甘くなってしまったんですが、枠順を考えると仕方ないところがありますし、2走前の東京新聞杯も、乗り難しい外めの枠からジャスティンカフェと僅差ですし、遡れば昨年の安田記念でも、勝ち馬と0秒2差の7着に走れていますしね。今回は調教もいいので、期待できるんじゃないですかね。

―戦ってきた相手が違うというやつですね。穴っぽいところで注目している馬がいればお願いします。

ヤマニンサルバムですね。

―前走不良馬場の新潟大賞典は大敗しましたが、再び重賞挑戦でどうでしょうか。

まあ、前走は極端な道悪なので度外視でいいですよね。2走前の金鯱賞はけっこういいかなと思っていたんですけど、浜中騎手の話によると「前に馬を置かないとどうもダメだ」という話らしく、レースをみるとそのとおりなのではないかと。3走前、3着の白富士Sはスムーズな捌きではなかったんですが、前に壁は作れているんですよね。なので、スムーズに捌けることと、壁を作れることの2つが揃えば、ここで走ってもなんらおかしくないかなと。久々の1800ですけど、レースぶりをみると、むしろこの距離が合うんじゃないかなと思いますし、人気もないでしょうから、この馬はぜひ買いたいですね。

―枠順にも注目ですね。人気薄で、前走不利のあったルージュエヴァイユが気になるんですが、この馬はどうですかね。

そうですねえ、良馬場だったから買いたいかなあとは思うんですけど、天気が怪しいのでねえ…。まあ、たしかに前走はスーパークソ騎乗というねえ(笑)。思いっきり挟まれて、脚を余したのでね。道中も折り合いピタリという感じではなかったですし、それでよく最後は盛り返し気味だったので力はあるなと。ただ、距離は2000mあったほうがいいと思いますし、馬体からもパワーが感じられないので、ほんと天気次第ですね。

―ありがとうございます。もう一頭、安田記念への出走が叶わなかったインダストリアについて一言お願いします。

そうですねえ、右回りのほうがいいのではと思うんですけどね。先週鳴尾記念にも登録していて、そっちに出ていたほうが面白かったんじゃないかと。左回りがまったくダメじゃなく、そこそこには来ているんですけど、まあそこそこなんですよという。右回りのような爆発力がないんですよね。ルメール騎手騎乗は気になりますけど、ただねえ。斤量も重くなりますし、人気になるだろうことを考えれば、買わないほうにベットするのが得策かなと思いますね。ああ、ひとつ言っておきたいことがあって、この馬、ずっとツメの不安があった馬なので、そこが解消されているなら買ったほうがいいと思います。そこはパドックを見てという感じですね。

―最後にこれまで挙がった馬以外で、気になる馬がいればお願いします。

マテンロウスカイです。2走前に3勝クラスを突破し、OPへ昇級した前走も、そこそこ質の高いメンバーで2着と勢いはありますよね。逃げ候補で、逃げ馬が残るレースでもあるんで、馬場などにもよりますが、押さえておいたほうがいいでしょうね。あと、前走強い競馬をしたレインフロムヘヴン。今回は調教が微妙なので、ちょっと迷っていますが、力はありそうです。


取材後記:おいしく買えそうな馬ばかり挙がりました。ヤマニンサルバム号に注目します!


以上、プロ予想家2名のエプソムC2023への見解と注目馬を紹介しました。今回お二人ともに名前が挙がったのはマテンロウスカイですか。穴馬も複数挙がり週末が楽しみです。


(文・垣本大樹)


⇒気になる最終結論は、レース当日のプロ予想MAXでチェック!(予想をアップする時間帯は予想家によって異なります。)
くり-くプロの最新予想ページはこちら
スガダイプロの最新予想ページはこちら

※週末の枠順発表までは直前週結果ページへ遷移します。

このニュースへのコメント

コメントはありません。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

10月1日()
スプリンター G1
9月30日()
シリウスS G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

9月24日()
オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 イクイノックス 牡4
103,030万円
2 タイトルホルダー 牡5
88,827万円
3 ソングライン 牝5
66,131万円
4 ディープボンド 牡6
65,855万円
5 ソダシ 牝5
62,923万円
6 デアリングタクト 牝6
61,092万円
7 ヴェラアズール 牡6
54,968万円
8 シャフリヤール 牡5
54,685万円
9 スターズオンアース 牝4
50,946万円
10 シュネルマイスター 牡5
50,940万円
» もっと見る

3歳
1 タスティエーラ 牡3
48,233万円
2 リバティアイランド 牝3
42,947万円
3 ソールオリエンス 牡3
42,282万円
4 シャンパンカラー 牡3
16,549万円
5 ファントムシーフ 牡3
14,233万円
6 ハーパー 牝3
13,441万円
7 サトノグランツ 牡3
12,807万円
8 ハーツコンチェルト 牡3
12,617万円
9 オオバンブルマイ 牡3
11,983万円
10 ドゥーラ 牝3
11,821万円
» もっと見る