会員登録はこちら
大阪杯 G1   日程:2017年4月2日() 15:40 阪神/芝2000m

レース結果

大阪杯 G1

2017年4月2日() 阪神/芝2000m/14頭

本賞金:12,000万 4,800万 3,000万 1,800万 1,200万


レコード:1分57秒6
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 5

キタサンブラック

牡5 57.0 武豊  清水久詞 540(+4) 1.58.9 2.4 1
2 3 4

ステファノス

牡6 57.0 川田将雅  藤原英昭 482(-4) 1.59.0 3/4 17.7 7
3 8 13

ヤマカツエース

牡5 57.0 池添謙一  池添兼雄 514(-2) 1.59.1 1/2 10.2 4
ラップタイム 12.3-11.1-12.1-12.1-12.0-12.2-11.8-11.7-11.6-12.0
前半 12.3-23.4-35.5-47.6-59.6
後半 59.3-47.1-35.3-23.6-12.0

■払戻金

単勝 5 240円 1番人気
複勝 5 110円 1番人気
4 280円 5番人気
13 280円 4番人気
枠連 3-4 2,130円 9番人気
馬連 4-5 2,320円 7番人気
ワイド 4-5 540円 7番人気
5-13 480円 3番人気
4-13 1,800円 21番人気
馬単 5-4 3,390円 12番人気
3連複 4-5-13 4,830円 18番人気
3連単 5-4-13 23,910円 79番人気

大阪杯のニュース&コラム

大阪杯V一夜明け、キタサンブラック元気いっぱい
 昇格した大阪杯でGI4勝目を挙げたキタサンブラック(栗・清水久、牡5)は一夜明けた3日、全休日だった滋賀・栗東トレセンの自厩舎でリラックスした表情を見せた。 辻田厩務員は「ニンジンを催促するようなところなんかはいつもと同じ感じですね。大型で脚長なので、普通の馬なら脚元が気になるんですが、そういう心配がないんです。本当に体が強くなっています」と、スケールアップした姿に目を細めた。 次走は史上4頭目の連覇がかかる天皇賞・春(30日、京都、GI、芝3200メートル)。世話役は「昨年のジャパンCを10としたらまだ余裕があります。そこまで上げていけるかですね」と力を込めた。★キタサンブラックの競走成績はこちら
2017年4月4日(火) 05:00

 2,340

【大阪杯】感激サブちゃん心変わり!ブラック引退撤回
 第61回大阪杯(2日、阪神11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2000メートル、1着本賞金1億2000万円=出走14頭)GI4勝目の歓喜に酔うキタサンブラックの北島三郎オーナーから、仰天発言が飛び出した。 「もう少し頑張ってみなさんのために走ってもらいたいので、引退はやめました」 今年1月には「今年で馬も卒業していくと思います」と、有馬記念を最後に年内引退を示唆したが、急転、来年の現役続行を口にした。 「馬がしっかりしてきたら、元気のいい姿で来年も走ってもらいたいという気持ちになりました。ファンのみなさんに少しでも喜んでもらいたい」 一戦でも多く、一日でも長く、多くの人に見てもらいたい。日々、想像を超える進化を遂げる愛馬の姿が、サブちゃんの心を動かした。 「一段とたくましく大きくなっていました。本当に馬が強くなりました。足跡を残すような馬に巡り合えたことを本当に幸せに思います」 この勝利でアイルランドのチャンピオンS(9月9日、レパーズタウン、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得。春は連覇がかかる天皇賞から宝塚記念を予定。秋には凱旋門賞を含めた海外の夢も広がる。 「外国もみなさんが望んでいるなら頑張ってもらいたいなと思いますし、決して反対はしていません。ただ、寂しいなという親心もあります」 複雑な心境を明かしたが、今後もまだまだビッグプランが飛び出すかもしれない。最高のスタートを切ったキタサンブラックが、今年も競馬界を盛り上げていく。 (斉藤弘樹)JRAのCMに出演中で、プレゼンターを務めた女優の土屋太鳳(22) 「きょうは競馬を楽しむ女性『UMAJO』として馬券にも挑戦しました。残念ながら不的中でしたが、実際に見たGIレースの歓声やレースの迫力にとても感動しました。馬の筋肉がすごく格好よかったです」★2日阪神11R「大阪杯」の着順&払戻金はこちら★入場、売り上げ大幅増 2日の阪神競馬場の入場人員は4万7336人で前年比150・9%、大阪杯の売り上げも153億3266万6500円で同222・1%と大幅にアップ。GIに昇格した効果は絶大だった。今年のGIは3レースが終了し、フェブラリーSに次ぐ2レース目の売り上げ増となった。アラカルト ◆武豊騎手のGI勝利 JRA・GIは今年初勝利で、通算では前人未到の72勝目。この勝利でJRA・平地GI24レース完全制覇まで、朝日杯FSと今年昇格したホープフルSの2レースとなった。なお、同騎手は1990年にGIに格上げされたスプリンターズSをバンブーメモリーで制している。JRA重賞は、今年4勝目で通算314勝。他に地方の交流GIを30勝、海外GIを9勝している。 ◆獲得賞金歴代8位 現役トップの獲得賞金を誇るキタサンブラックは、今回の勝利で11億9048万5000円となり、ゼンノロブロイを抜いて歴代8位になった。1位は18億3518万9000円のテイエムオペラオー。 ◆関東馬の連勝ストップ 京都記念から続いていた関東馬の西エリアの重賞勝利は7週でストップした。
2017年4月3日(月) 05:08

 5,102

【大阪杯】これが年度代表馬!キタサン初代王者
 第61回大阪杯(2日、阪神11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2000メートル、1着本賞金1億2000万円=出走14頭)昨年の年度代表馬が貫禄を見せつけた。武豊騎乗の1番人気キタサンブラックが、3番手から直線で抜け出してGI4勝目を挙げた。タイム1分58秒9(良)。オーナー(名義は有限会社大野商事)で歌手の北島三郎(80)はレース後、年内の引退を撤回、来年も現役を続行することを明かした。GI大阪杯の初代王者はこの後、天皇賞・春(30日、京都、GI、芝3200メートル)で連覇を狙う。 自然と出たガッツポーズに、この一戦にかける思いが詰まっていた。キタサンブラックが先頭でゴールを駆け抜けると武豊騎手は右手に持ったムチを振り上げ、喜びを爆発。しばらくすると今度は左拳を握りしめ、勝利の味をかみしめた。 「自然と出ました。これだけの馬ですし、昨年は年度代表馬のタイトルも取ってファンも多い。責任を感じていましたし、ホッとしましたね」 GI昇格を祝うように、晴れわたった阪神競馬場。約4万7000人のファンの前で、堂々と“初代王者”に輝いた。 好発を決めて、3番手を進んだ。マルターズアポジーが7馬身ほど離す逃げを打ったが、慌てず騒がずマイペースを貫いた。3コーナーから徐々に差を詰めていき、勝負の直線へ。名手の仕掛けに鋭く反応し、残り300メートル付近で先頭に立った。 「普通の馬なら早い仕掛けですが、この馬ならと思って乗りました」 終わってみれば全く危なげない、まさに横綱相撲の競馬。清水久調教師も「すごくうれしかったです。今までのGI以上にホッとしました」と胸をなで下ろした。 昨年の年度代表馬の2017年の始動戦。「パドックでまたがったときから(馬体が)大きくなったように感じましたし、改めてかっこいい馬だなと思った」と武豊騎手。1日3本の登坂などハードな調教を積みながら馬体重はデビュー以来最高の540キロ(4キロ増)。明け5歳を迎え、確かな成長を遂げた。 次なる目標は当然、天皇賞・春の連覇。そして、同レースに出走を予定しており、昨年の有馬記念でクビ差で敗れたサトノダイヤモンドへのリベンジだ。名手も「対戦は盛り上がるでしょうし、いいレースをしたい。この馬と出るレースはすべて勝ちたいですね」と“全勝宣言”も飛び出した。 レース後には北島三郎オーナーが来年の現役続行を示唆。長くなった現役生活を考えれば、“宿敵”に2回続けて負けるわけにはいかない。まずは完勝で今年の初戦を制し、年度代表馬の貫禄を示したキタサンブラックが、武豊とともに今年も主役の座を張り続ける。 (山口大輝)★2日阪神11R「大阪杯」の着順&払戻金はこちらキタサンブラック 父ブラックタイド、母シュガーハート、母の父サクラバクシンオー。鹿毛の牡5歳。栗東・清水久詞厩舎所属。北海道日高町・ヤナガワ牧場の生産馬。馬主は(有)大野商事。戦績は15戦9勝。獲得賞金は11億9048万5000円。重賞は2015年GIIフジテレビ賞スプリングS、GIIセントライト記念、GI菊花賞、16年GI天皇賞・春、GII京都大賞典、GIジャパンCに次いで7勝目。大阪杯は、清水久詞調教師が初勝利、武豊騎手は1988年フレッシュボイス、90年スーパークリーク、93年メジロマックイーン、97年マーベラスサンデー、98エアグルーヴ、14年キズナに次いで7勝目。馬名は「冠名+父名の一部」。
2017年4月3日(月) 05:07

 2,645

【大阪杯】ブラック生産者の梁川代表「恥じない競馬できた」
 第61回大阪杯(2日、阪神11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2000メートル、1着本賞金1億2000万円=出走14頭)昨年の年度代表馬が貫禄を見せつけた。武豊騎乗の1番人気キタサンブラックが、3番手から直線で抜け出してGI4勝目を挙げた。 生産者のヤナガワ牧場の梁川正普(まさひろ)代表(46)は「昨年、年度代表馬をもらって、それに恥じない競馬ができました。非常にファンの多い馬ですし、これからも一戦一戦、無事にけがなくいってくれたらいいと思います」と喜んだ。現在、母シュガーハートのおなかには、キタサンブラックの全きょうだい(父ブラックタイド)がおり、早ければ今週中にも出産する予定だ。★2日阪神11R「大阪杯」の着順&払戻金はこちら
2017年4月3日(月) 05:06

 2,009

大阪杯のニュースをもっと見る >

【大阪杯】虎視眈々!ステファノス3馬身先着
 悲願のタイトル奪取へ、GI2着2回のステファノスが併せ馬できっちり先着。反撃態勢を整えた。 栗東CWコースで外ファントムライトを4馬身追走し、馬なりでペースを上げていく。歴戦の古馬らしく、スムーズなフットワークで直線を向くと、そこからは独壇場。馬場の内めをスッと伸びて3馬身先着した。 叩き2戦目で納得の動きに、「様子を見て何となく木曜追いにしたけど、動きはいいね。前走(金鯱賞6着)はそれなりに仕上げていったけど、休み明けだとどうしてもあんな感じで走り切れてない。それでも一度使うと走りに軽さが出てくるから、今回は中2週がどっちに出るか。それがはまれば、やね」と、藤原英調教師もニヤリ。 GI昇格を早くから意識していた古豪が、ベストディスタンスでズバリ勝ちに行く。(夕刊フジ)★大阪杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年3月30日(木) 11:57

 2,456

【大阪杯】ルメール、打倒キタサンへ「マークしています」
 昨年のダービー馬マカヒキが、GI大阪杯“初代”王者の座を狙っている。クリストフ・ルメール騎手(37)にとっても、凱旋門賞14着敗退の雪辱を誓う大事な一戦だ。有馬記念のサトノダイヤモンドに続いて、“打倒キタサンブラック”を果たせるか。 --大阪杯でマカヒキとのコンビが復活する。水曜は坂路で4F51秒6 クリストフ・ルメール騎手「ちょうどいい動き。反応も全部良かったです。馬は以前と変わっていない。すごく乗りやすかった」 --京都記念はムーア騎手で0秒2差3着 「休み明けで2200メートルはちょっと長かったかな。ダービーは勝っているけど、トップレベルでやるなら2000メートルが一番いい。(勝った)サトノクラウンも強い馬」 --凱旋門賞14着以来の騎乗となる 「凱旋門賞はスタート前からテンションが高くて。レースでも息がうまく入らず、すぐに止まってしまった」 --ラキシスで勝った2年前とは違い、大阪杯はGIになった 「キタサンブラック、サトノクラウン、アンビシャス。今年のメンバーはとても強いね」 --うち、アンビシャスは中山記念で跨って4着だった 「ペースがメッチャ遅くて大変だった。最後に脚を使ってくれるけど、とても乗り難しい馬。でも、マカヒキは乗りやすい」 --最大のライバルはキタサンブラック 「キタサン、マークしています。一番大切なのはリラックスして走ること。それでラスト3Fくらい、馬をムーブさせたい。自信はたくさんあります」 --来週はソウルスターリングで臨む桜花賞が控えている 「去年とは違って、前走のチューリップ賞(1着)はテンションも大丈夫だった。1番人気かもしれないけど、心配していない。ウイークポイントはありません」 --今週勝って弾みをつけたい 「そうです。大きなチャンスがあるから、応援してください」(夕刊フジ)★大阪杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年3月30日(木) 11:56

 3,242

【大阪杯】泰然自若!キタサンけさの気配
 水曜に余裕の最終追いを完了したキタサンブラックはけさ、厩舎周りでの運動を消化した。年度代表馬らしい貫禄を漂わせ、「思いどおりに調整でき、変わりない。馬体は(有馬記念より)少し増えているかな。競馬の体になっているし、馬任せで」と清水久調教師。 マルターズアポジー、ロードヴァンドールと逃げ馬がいるが、「どんな競馬でもできるので、まったく心配していない。GIになって第1回。ファンの多い馬なので期待に応えたい」とドッシリ構えている。(夕刊フジ)★大阪杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年3月30日(木) 11:55

 1,807

【大阪杯】武ホレ直した!キタサンは「強くなっている」
 GIに昇格した大阪杯(4月2日、阪神、芝2000メートル)に出走する昨年の年度代表馬キタサンブラック(栗東・清水久詞厩舎、牡5歳)が29日、滋賀・栗東トレーニングセンターで追い切りを行った。3カ月ぶりの実戦となるが、ハードトレを消化してパワーアップ。CWコースの併せ馬ではわずかに遅れたが、鋭い伸びで順調な仕上がりを見せた。コンビを組む武豊騎手(48)も「どんどん強くなっている」と相棒を信頼している。 迫力満点の馬体を弾ませ、朝のヒンヤリとした空気を切り裂いた。昨年の年度代表馬キタサンブラックが、CWコースの併せ馬で確かな伸びを披露。相手にクビ差遅れたが、清水久詞調教師は満足げに切り出した。 「ほぼ予定通りで、しまいもいい動きでした。同じような調教で結果を出してきているので、遅れたことは気にしていないです。年度代表馬として恥ずかしい競馬はできないので、一戦一戦しっかり仕上げています」 アキトクレッセント(1600万下)を2馬身追走。3コーナーから徐々に加速し、内に進路を取って直線に向く。最後は遅れたが、力強いフットワークで余力は十分にあった。6ハロン83秒4、3ハロン38秒3-11秒7の時計は平凡だったが、1週前にしっかりと追い、当週はソフトな仕上げが定番。今回も23日に同78秒6-12秒2の好タイムをマークしており調整に不安はない。 昨年の有馬記念2着以来、3カ月ぶりとなる。前走後の休養でトモ(後肢)の筋肉がボリュームアップしたことで、陣営はハードトレで鍛えてきた。3月2日に帰厩してからは4、10、18日と、3週にわたって坂路で一日3本の調教を敢行。坂路調教を一日3本をこなす馬は、まずいない。清水調教師は「もっともっと、パワーアップさせようと。トップレベルのメンバーが100%に仕上げてきますから」。今回にかける本気度がヒシヒシと伝わってくる。 上半期は天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)、宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)を含む3戦を予定。トレーナーは「春の結果によって秋の路線が変わってくる。国内でいいや、という馬ではない。日本代表として(海外に)チャレンジしたい。周りから『行かなアカンやろ』といわれるような競馬をしたい」と力を込めた。 近日中にフランスの凱旋門賞(10月1日、シャンティイ、GI、芝2400メートル)に登録する予定。まだまだ進化するキタサンブラックが、GI大阪杯の“初代チャンピオン”に君臨する準備を整えた。 (川端亮平)★サブちゃん来る! キタサンブラックを所有する歌手、北島三郎(80)はこの日オフ。所属事務所によると、愛馬の活躍を今から楽しみにしている様子という。 北島は事務所を通し「筋肉がしっかりついて、体もひと回り大きくなったと聞いている」とコメント。「GIだから他の馬もしっかり仕上げてくるだろうし、レースは時の運もある。とにかく無事に走ってきてほしいが、昨年の年度代表馬にふさわしいレースを見せてほしい」と大きな期待を寄せている。当日は、北海道在住の弟2人らと生観戦する予定だ。
2017年3月30日(木) 05:11

 3,558

大阪杯の直前追い切り情報をもっと見る >

大阪杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

4月2日 15:39更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv115 
480円 16,800円
Lv112 
2,320円 11,600円
Lv111 
240円 24,000円
Lv110 
23,910円 23,910円
Lv108 
540円 7,560円

的中情報をもっと見る >

大阪杯過去10年の結果

2016年4月3日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 アンビシャス 横山典弘 1:59.3 3.9倍 106.0
2着 キタサンブラック 武豊 クビ 6.2倍 106.0
3着 ショウナンパンドラ 池添謙一 1 1/4 5.9倍 104.9
2015年4月5日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:不良
1着 ラキシス C.ルメール 2:02.9 12.0倍 102.9
2着 キズナ 武豊 1.4倍 101.1
3着 エアソミュール M.デムーロ 15.0倍 98.1
2014年4月6日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 キズナ 武豊 2:00.3 2.4倍 101.4
2着 トウカイパラダイス 柴山雄一 1 1/2 76.3倍 100.2
3着 エピファネイア 福永祐一 クビ 1.9倍 99.6

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

大阪杯ステップレース

金鯱賞   G2 
2017年3月11日() 中京競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 6 ヤマカツエース 池添謙一 1:59.2 3.6倍 104.6
2着 15 ロードヴァンドール 太宰啓介 1 1/4 26.4倍 103.4
3着 8 スズカデヴィアス 藤岡佑介 ハナ 66.7倍 103.4
4着 3 ナスノセイカン 丸山元気 クビ 57.2倍 102.8
5着 4 ルミナスウォリアー 柴山雄一 ハナ 39.7倍 102.8
2017年2月26日() 中山競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 1 ネオリアリズム M.デムーロ 1:47.6 7.1倍 101.2
2着 5 サクラアンプルール 横山典弘 3/4 45.3倍 100.5
3着 9 ロゴタイプ 田辺裕信 1/2 15.2倍 99.9
4着 7 アンビシャス C.ルメール クビ 2.3倍 99.9
5着 3 ヴィブロス 内田博幸 1/2 8.3倍 99.2
2017年2月19日() 小倉競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 7 マルターズアポジー 武士沢友治 1:45.8 7.8倍 104.6
2着 14 ヒストリカル 高倉稜 14.8倍 102.6
3着 11 クラリティスカイ 田辺裕信 クビ 9.7倍 102.0
4着 16 ロードヴァンドール 太宰啓介 クビ 26.8倍 102.0
5着 2 ストロングタイタン 北村友一 クビ 4.9倍 101.3
2017年2月12日() 京都競馬場/芝2200m
天候: 馬場:稍重
1着 6 サトノクラウン M.デムーロ 2:14.1 4.4倍 102.2
2着 4 スマートレイアー 岩田康誠 1 1/4 23.3倍 101.1
3着 3 マカヒキ R.ムーア クビ 1.7倍 101.1
4着 9 ミッキーロケット 和田竜二 1/2 3.4倍 100.6
5着 8 アングライフェン 浜中俊 クビ 146.8倍⑧ 100.6

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

大阪杯の歴史と概要


2017年の優勝馬キタサンブラック

関西圏で親しまれていた歴史ある中距離重賞の「産経大阪杯」が2017年にリニューアル。G1昇格を果たし、春の中距離王決定戦の役割を担う「大阪杯」に生まれ変わった。第1回(2017年)は前年の年度代表馬にして、この年も連続してそのタイトルを獲得することになるキタサンブラックが1番人気に応えて初代王者を襲名。G1としてのレース史に、新たな1ページを刻んだ。G2時代から大物の参戦が多いレースとしても知られており、歴代勝ち馬の欄には、第30回(1986年)のサクラユタカオー、第36回(1992年)のトウカイテイオー、第27回(1993年)のメジロマックイーン、第42回(1998年)のエアグルーヴ、第51回(2007年)のメイショウサムソン、第52回(2008年)のダイワスカーレット、第57回(2013年)のオルフェーヴルなど、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。その一方、第45回(2001年)は当時の絶対王者テイエムオペラオーが馬券圏外の4着に敗れ、第54回(2010年)は単勝1.3倍の支持を集めたドリームジャーニーが3着に取りこぼすなど、時に大番狂わせが発生することもある。

▼2017年はキタサンブラックが1番人気に応えて初代王者を襲名した。

歴史と概要をもっと見る >

大阪杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年5月27日(
目黒記念 G2
東京優駿 G1

競馬番組表

2018年5月26日(
2回東京11日目
3回京都11日目
2018年5月27日(
2回東京12日目
3回京都12日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る