会員登録はこちら
スプリンターズS G1   日程:2017年10月1日() 15:40 中山/芝1200m

レース結果

スプリンターズS G1

2017年10月1日() 中山/芝1200m/16頭

本賞金:9,800万 3,900万 2,500万 1,500万 980万


レコード:1分06秒7
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 8

レッドファルクス

牡6 57.0 M.デムー  尾関知人 474(0) 1.07.6 3.2 1
2 1 2

レッツゴードンキ

牝5 55.0 岩田康誠  梅田智之 496(0) 1.07.6 クビ 10.8 5
3 3 6

ワンスインナムーン

牝4 55.0 石橋脩  斎藤誠 452(0) 1.07.7 1/2 16.0 7
ラップタイム 11.9-10.8-11.2-10.9-11.1-11.7
前半 11.9-22.7-33.9-44.8-55.9
後半 55.7-44.9-33.7-22.8-11.7

■払戻金

単勝 8 320円 1番人気
複勝 8 140円 1番人気
2 300円 4番人気
6 350円 6番人気
枠連 1-4 1,470円 6番人気
馬連 2-8 1,760円 3番人気
ワイド 2-8 630円 3番人気
6-8 860円 7番人気
2-6 2,100円 25番人気
馬単 8-2 2,890円 5番人気
3連複 2-6-8 7,650円 21番人気
3連単 8-2-6 31,850円 79番人気

スプリンターズSのニュース&コラム

【古馬次走報】ワンスインナムーン、阪神Cが目標
 ★スプリンターズSを連覇したレッドファルクス(美・尾関、牡6)は、「香港遠征はほぼない。国内に専念したい。阪神C(12月23日、阪神、GII、芝1400メートル)が最も良い条件」と尾関師。その前に出走するプランもある。 ★スプリンターズS2着のレッツゴードンキ(栗・梅田、牝5)は、香港スプリント(12月10日、シャティン、GI、芝1200メートル)を目標に調整されるが、間に1走挟むかは未定。3着ワンスインナムーン(美・斎藤誠、牝4)は、一両日中に山元トレセンに放牧。阪神Cが目標で、状態次第で京阪杯(11月26日、京都、GIII、芝1200メートル)を挟む可能性も。4着スノードラゴン(美・高木、牡9)は、カペラS(12月10日、中山、GIII、ダ1200メートル)へ。11着セイウンコウセイ(美・上原、牡4)は、スワンS(28日、京都、GII、芝1400メートル)へ。「もまれたり、外から被せられたりタイトな競馬になって若さを露呈した」と上原師は敗因を分析。 ★秋風Sを制したジュールポレール(栗・西園、牝4)は、スワンSとカシオペアS(29日、京都、OP、芝1800メートル)に登録。結果次第でエリザベス女王杯(11月12日、京都、GI、芝2200メートル)か、マイルCS(同19日、京都、GI、芝1600メートル)に向かう予定。 ★ポートアイランドS3着のキョウヘイ(栗・宮本、牡3)は富士S(21日、東京、GIII、芝1600メートル)か、カシオペアS。10着アメリカズカップ(栗・音無、牡3)はカシオペアSに駒を進める。 ★シリウスS6着のタムロミラクル(栗・西園、牡5)は、みやこS(11月5日、京都、GIII、ダ1800メートル)へ。8着ミツバ(栗・加用、牡5)はブラジルC(22日、東京、OP、ダ2100メートル)とJBCクラシック(11月3日、大井、交流GI、ダ2000メートル)の両にらみ。 ★日本テレビ盃2着のサウンドトゥルー(美・高木、セン7)は、予定通りJBCクラシックへ。 
2017年10月4日(水) 05:03

 443

ファルクス、スプリンターズS連覇一夜明け食欲旺盛
 GIスプリンターズSで史上3頭目の連覇を果たしたレッドファルクス(美・尾関、牡6)は、激走から一夜明けた2日朝、茨城・美浦トレセンの自厩舎で静養した。担当の齋藤厩務員は「(1日は)午後7時半に美浦トレセンに到着しました。いつもと変わらない感じでしたし、カイバも食べていました」と順調な愛馬に目を細める。続けて「レースは常識はずれの何ともいえない異次元の競馬でしたね。今年に関しては、勝たなければいけないというプレッシャーがあったので、ホッとしましたし、どっと疲れました」と1番人気に応えての快勝を振り返っていた。★1日中山11R「スプリンターズS」の着順&払戻金はこちら
2017年10月3日(火) 05:01

 484

【スプリンター】史上3頭目!ファルクス鬼脚連覇
 スプリンターズステークス(1日、中山11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・外1200メートル、1着本賞金9800万円 =出走16頭)ミルコ・デムーロ騎乗で1番人気に推されたレッドファルクスが、中団追走から直線で鮮やかに末脚を伸ばして差し切り勝ち。史上3頭目の連覇を成し遂げた。勝ちタイムは昨年と同じ1分7秒6(良)。クビ差2着が5番人気のレッツゴードンキで、さらに1/2馬身差の3着には逃げた7番人気のワンスインナムーンが粘り込んだ。 名刀を振り抜いた。前年の覇者レッドファルクスが、1頭だけ次元の違う末脚で連覇を達成。引き揚げてきたM・デムーロ騎手は、尾関調教師と顔を合わせるや両手でガッツポーズを見せ、喜びを爆発させた。 「とても気持ちいい。具合はいいと思っていたし、返し馬も落ち着いていて自信があった。僕と一緒で“勝ちたい、負けたくない”気持ちがある素晴らしい馬」 道中は中団後方。時計が速く、前が残りやすい馬場を鞍上も気にしていたが「手応えはずっと良かった」。直線を向いて後方6番手。そこからが真骨頂だ。上がり3ハロン33秒0。「手前を替えてからは全然違う脚」で、粘るワンスインナムーン、それを内からかわしたレッツゴードンキを瞬く間に差し切った。サクラバクシンオー(1993、94年)、ロードカナロア(2012、13年)という歴史的な名スプリンターに肩を並べる史上3頭目の連覇達成。芝・ダートをこなした昨年の“二刀流”から、今年は文句なしの電撃王に輝いた。 「うれしいしかない。道中は“昨年より後ろかな”と見ていて、直線も正直届かないと思っていた。すごいです」 1年ぶりのGIの美酒に、尾関調教師もにこやかな表情。馬場入りでは人馬に付き添いながらも、何も言わずに送り出した。「これだけ結果を出してくれているジョッキー。枠も言うことないところで、今回も結果を出してくれると思っていた」。きっちり期待に応えたM・デムーロ騎手がこの日3戦3勝なら、尾関師も土日で3戦3勝。まさに仕事人コンビだ。 今後は来春の高松宮記念を見据えつつも、トレーナーには「昨年、最優秀短距離馬に選ばれなくて悔しかった。この馬に取らせたいという思いが一番。海外で結果を出すべきなのか…」という思いがある。香港スプリント(12月10日、シャティン、GI、芝1200メートル)や、権利を得たブリーダーズCターフスプリント(11月4日、米デルマー、GI、芝1200メートル)などが選択肢にあるだろう。
2017年10月2日(月) 05:05

 1,181

【スプリンター】ワンス、逃げて粘った3着
 スプリンターズステークス(1日、中山11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・外1200メートル、1着本賞金9800万円 =出走16頭)自慢のスピードで王者を脅かした。果敢にハナを切った7番人気の4歳牝馬ワンスインナムーンが、見せ場たっぷりの逃げで3着に食い込んだ。石橋騎手は「4コーナーに入る前に後続を引き離す感じで。思い描いた通りに運べた」とすがすがしい表情。斎藤誠調教師も「前の2頭はGI馬。まだ4歳だし、この馬もどこかでGIを」と前を向いた。この後はひと息入れ、阪神C(12月23日、阪神、GII、芝1400メートル)を目標にローテーションが決められる。★1日中山11R「スプリンターズS」の着順&払戻金はこちら
2017年10月2日(月) 05:04

 761

スプリンターズSのニュースをもっと見る >

【スプリンター】厩舎の話
 シュウジ・横山典騎手「1週前と変わりなく順調。今週はどんなリズムでどうコンタクトするかを確かめた」 スノードラゴン・大野騎手「順調だし、デキはキープしている。時計がかかるほどいい」 セイウンコウセイ・上原調教師「前走は馬場も展開も不向き。普段から坂路で乗っているので、中山の急坂も心配ない」 ダイアナヘイロー・福島調教師「追い切りは少しやりすぎの印象だが、周りに馬がいたからだろう。馬は硬くなっていないし、疲れも感じない」 ダンスディレクター・笹田調教師「体を減らさないようやってきた。いい位置を取れれば能力的にもチャンスはある」 ネロ・日高助手「1週前にも速い時計を出し、今週も時計、動きともに大満足。前2走より良くなっている」 ビッグアーサー・藤岡調教師「左前の蹄は大丈夫。ラストで時計がかかったが、このひと追いでどこまで良くなるか」 ファインニードル・内田騎手「予定どおり。初めて乗ったので比較はできないが、フットワークがいいし、乗りやすい」 フィドゥーシア・松元調教師「前走は千直を2走した影響が馬にも鞍上にもあったし、勝ち馬にもマークされた。前で気分良く走ってくれれば」 ブリザード・イウ調教師「動きには満足。ウルトラファンタジーより若くて力がある。楽しみ」 モンドキャンノ・安田隆調教師「しまい重点で動きは上々。デキは非常にいい。ベストの距離で頑張ってほしい」 ラインミーティア・西田騎手「前走は仕掛けを遅らせていれば際どかったはず。根性がすごい」 レッツゴードンキ・梅田調教師「1週前にCWでスイッチを入れて、今週は坂路でしまいだけ。今は折り合いもつく」 レッドファルクス・尾関調教師「前走は負けて強しの内容。仕上がりは去年と同じくらい」 ワンスインナムーン・石橋騎手「動きは上々だった。他馬が控えるようならハナへ行く」(夕刊フジ)
2017年9月28日(木) 11:34

 3,258

【スプリンター】ファルクス、秋GI開幕連覇だ
 中央競馬の秋のGI第1弾となるスプリンターズS(10月1日、中山、芝1200メートル)の追い切りが27日に行われ、昨年の覇者レッドファルクス(美浦・尾関知人厩舎、牡6歳)が美浦トレセンで抜群の動きを見せた。ウッドチップコースで上がり重点の併せ馬で、貫禄の3馬身先着。サンケイスポーツ調教評価でも最高ランクの『S』。4カ月ぶりの実戦となるが、力を発揮できる状態に仕上がり、連覇に視界良好だ。 並びかけるときの手応え、追われてからの反応、ゴール前の加速。昨年の覇者レッドファルクスが、もたつき気味だった1週前追い切りから、あらゆる面で大幅上昇だ。Wコースの併せ馬で貫禄の3馬身先着を果たし、史上3頭目となる連覇を視界にとらえた。 「先週しっかりやったことでずいぶん素軽くなった。気持ち余裕のある体も、このひと追いでいい感じになるでしょう。480キロを切るくらいで出走できると思います」 大一番を前に尾関調教師の表情は穏やか。昨年も3カ月ぶりで勝ったように休み明けに実績があり、4カ月ぶりの今回も状態面に不安がない証拠だろう。 マイティーゴールド(500万下)を4馬身前に見る形で勢いよく飛び出した。外ラチ沿いを進む僚馬に楽な手応えで内から並びかけ、直線の攻防では相手に抵抗を許さず、格の違いを見せつけた。Wコース4ハロン51秒0-37秒8-12秒5の時計も優秀だ。 前走から400メートルの距離短縮でも流れに戸惑わないよう、いつもは5~6ハロン追いのところを4ハロンの調教でひと味加えた。もちろん、久々でも「距離を乗って心肺機能を高める必要もない」仕上がりにあるからこそできる調整だ。 今春は高松宮記念3着、京王杯スプリングカップ1着、安田記念3着と堅実な成績を残した。なかでも前走の安田記念に、尾関師は「(実績のない)マイルだけじゃなく、連戦後の中2週という心配もあったけど、しっかり回復して臨めたし、強いメンバー、速い時計にも対応。改めて強いと思った」と収穫を口にする。連戦に耐えうる体力がついたのは、この1年での成長だ。 「前年覇者という形でGIに臨むのは厩舎でも初めて。悔いのない状態で向かいたい」 スプリンターズSを連覇したのは、1993、94年のサクラバクシンオーと2012、13年のロードカナロアのみ。6歳を迎えても進化を続けるレッドファルクスなら、競馬史に燦然(さんぜん)と輝くスプリント王者に肩を並べることも可能なはずだ。秋のGI開幕を告げる電撃戦を制し、短距離界の絶対王者となる。(板津雄志)★板津の見解 1年前の上位馬、人気馬がほぼ参戦。さらに春の高松宮記念覇者セイウンコウセイ、産経賞セントウルSを勝ったファインニードル、4連勝中のダイアナヘイロー、中山芝3戦3勝のメラグラーナなど新顔も加わり、例年以上の激戦ムードだ。 それでも昨年の優勝馬レッドファルクスがV最有力だ。国内の芝1200メートル戦で【3・0・1・0】の安定感。得意なカテゴリーを飛び出し挑戦した安田記念も僅差の3着と、1年間でさらに力をつけた。動きも手応え劣勢だった先週からガラリ一変し、サンケイスポーツ採点で最高評価の『S』。きっちり態勢が整ったとみていい。 ただ、ひとつ気になるのが中山芝の傾向。先週は逃げ馬の活躍が目立っただけに、差し・追い込み型のレッドにプラスとはいえない。魅力的な先行馬が内枠に入ったときは一考したい。★スプリンターズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年9月28日(木) 05:10

 1,659

【スプリンター】レッドファルクス・ミルコトーク
 中央競馬の秋のGI第1弾となるスプリンターズS(10月1日、中山、芝1200メートル)の追い切りが27日に行われ、昨年の覇者レッドファルクス(美浦・尾関知人厩舎、牡6歳)が美浦トレセンで抜群の動きを見せた。ウッドチップコースで上がり重点の併せ馬で、貫禄の3馬身先着。サンケイスポーツ調教評価でも最高ランクの『S』。4カ月ぶりの実戦となるが、力を発揮できる状態に仕上がり、連覇に視界良好だ。 --昨年は3連勝でV 「強かったね。落ち着いていたし、ペースも良かった」 --前走は安田記念で3着 「頑張ったけど、距離は少し長かった。右左の回りでは変わらない。得意ではない1600メートルであんないいレースをしてくれたし、成長した感じはある」 --枠順については 「中山芝1200メートルは内めの方がいい。去年は(13)番だったけど、ギリギリ。いいスタートを切れて(何頭分か)内を取れて、うまくいった面がある。できるだけ内がいい」 --連覇へ意気込みを 「賢くて、いい馬。GIホースですし、力はあります。すごく自信がある」 --ちなみに前走まで乗っていたファインニードルについては 「一番怖い。すごく良くなっていたからね」★スプリンターズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年9月28日(木) 05:09

 2,605

【東西現場記者走る】ダンス、上昇度No.1!
 今週は秋のGI開幕戦・スプリンターズSが中山競馬場で行われる。連載企画『東西現場記者走る』は、東京サンスポの千葉智春記者(33)が担当。栗東トレセンでの3日目は、ダンスディレクターの追い切りに注目した。シルクロードS連覇の実績馬で、骨折休養明けの前走・産経賞セントウルSで3着に好走。叩いての良化は随一とみて、陣営の手応えを探った。 追い切り日はダンスディレクターをチェックした。骨折明けの産経賞セントウルSで3着に好走し、中間の上昇度はメンバー屈指に思える。月曜に担当の新垣厩務員に「好走の反動もなく、すごく元気。カイバ食いも例年以上にいい」と聞いたときから、良化ぶりを確認しておきたかった。 7時20分過ぎ、整地直後の坂路で外シホウ(OP)を1馬身追走し、3ハロンから併せる形。残り1ハロンで追われると、一気に5馬身先着した。4ハロンは54秒2と目立たないが、ラストは12秒4と抜群の伸び。笹田調教師も納得の表情だ。 「体重維持を考慮し、しまい重点。前走で減ったけど、あれだけ走ってくれたからね。動きからも最終調整はうまくいった。素軽さが増して、息遣いも良くなっている」 昨年も1月のシルクロードS勝ちから長期休養をはさみ、セントウルS(7着)を叩いて本番は15着に敗れたが、0秒5差とわずか。その差も「出遅れた分」とみていて、デキも完調ではなかった。だが、今年は休養時の過程が違う。8月中旬から栗東で調整した昨年に対し、今年は7月末から函館で乗り込んできた。「ここでピークになるように調整してきた」と笹田師は胸を張る。 残る懸念は、かねてから課題のスタート。近走は「年を重ねて落ち着いてきているし、ユタカ君(2、3走前に騎乗した武豊騎手)がうまく教えてくれた」と改善傾向だが、あまり駐立に時間をかけたくない。9戦連続で早入れの奇数番で「そのあたりも運が向けば。GIを取れる力はある。全てかみ合えば、結果はついてくる」とトレーナー。そして「あとは浜中の肘にかかっている。どちらも“骨折明け”で頑張ってくれたら」と人馬にエールを送る。 託される浜中騎手は15日に栗東トレセンで落馬し、左橈骨頭骨折で休養していたが、27日から調教騎乗に復帰した。「程度は軽かった。リハビリは順調なので大丈夫」とキッパリ。「チャンスはあると思う。できれば内めの偶数枠で、スムーズにさばいていきたい」と意気込む。陣営には上昇ムードしかない。枠順次第で、重い印を考えなければならないか。
2017年9月28日(木) 05:08

 2,923

スプリンターズSの直前追い切り情報をもっと見る >

スプリンターズSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

10月1日 15:38更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv122 
630円 18,900円
Lv112 
860円 8,600円
Lv112 
31,850円 31,850円
Lv112 
140円 140円
Lv109 
1,760円 17,600円

的中情報をもっと見る >

スプリンターズS過去10年の結果

2016年10月2日() 中山競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 レッドファルクス M.デムーロ 1:07.6 9.2倍 103.7
2着 ミッキーアイル 松山弘平 アタマ 8.2倍 103.7
3着 ソルヴェイグ 田辺裕信 クビ 27.1倍 103.7
2015年10月4日() 中山競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 ストレイトガール 戸崎圭太 1:08.1 4.4倍 102.8
2着 サクラゴスペル 横山典弘 3/4 28.8倍 101.8
3着 ウキヨノカゼ 四位洋文 クビ 19.6倍 100.7
2014年10月5日() 新潟競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 スノードラゴン 大野拓弥 1:08.8 46.5倍 102.2
2着 ストレイトガール 岩田康誠 1/2 3.6倍 101.2
3着 レッドオーヴァル 田辺裕信 アタマ 13.8倍 101.2

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

スプリンターズSのデータ分析とレース傾向

コース図中山芝1200m

秋のG1シリーズの幕開けを告げる一戦で、国内外からトップスプリンターが集う。上位人気が比較的強く、競馬史にその名をのこす一流馬が快勝するシーンも多々見られるが、時にヒモが荒れて波乱が起こることもある、つかみどころのないレースだ。G1実績のない馬の激走も少なくない。セントウルSやキーンランドCといった主要前哨戦を使ってきた組と、夏場を休養に充ててきた組はほぼがっぷり四つで、好走馬のローテーションは多岐にわたる。馬券検討には毎年頭を悩まされるが、それだけ攻略しがいのある一戦ということがいえよう。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

スプリンターズSステップレース

2017年9月10日() 阪神競馬場/芝1200m
天候: 馬場:
1着 7 ファインニードル M.デムーロ 1:07.5 3.1倍 105.0
2着 6 ラインミーティア 西田雄一郎 1 1/4 19.3倍 102.9
3着 13 ダンスディレクター 浜中俊 クビ 8.2倍 102.9
4着 2 メラグラーナ 戸崎圭太 アタマ 4.4倍 102.9
5着 1 アドマイヤゴッド 北村友一 ハナ 33.3倍 102.9
2017年8月27日() 札幌競馬場/芝1200m
天候: 馬場:
1着 8 エポワス C.ルメール 1:09.0 21.2倍 103.3
2着 11 ソルヴェイグ 川田将雅 クビ 4.7倍 103.3
3着 6 ナックビーナス 横山典弘 1/2 11.4倍 102.3
4着 7 フミノムーン 勝浦正樹 1/2 18.4倍 101.2
5着 12 ライトフェアリー 内田博幸 3/4 56.9倍 100.2
2017年7月30日() 新潟競馬場/芝1000m
天候: 馬場:
1着 15 ラインミーティア 西田雄一郎 0:54.2 38.7倍 104.3
2着 10 フィドゥーシア 石橋脩 クビ 2.8倍 104.3
3着 14 レジーナフォルテ 杉原誠人 1 1/2 6.7倍 101.7
4着 16 アクティブミノル 酒井学 クビ 3.4倍 100.4
5着 5 アースエンジェル 吉田隼人 クビ 178.4倍⑭ 100.4
2017年7月2日() 中京競馬場/芝1200m
天候: 馬場:
1着 7 シャイニングレイ 北村友一 1:08.0 5.7倍 103.2
2着 14 セカンドテーブル 水口優也 ハナ 57.9倍 103.2
3着 4 アクティブミノル 酒井学 1 3/4 15.9倍 100.1
4着 2 ティーハーフ 国分優作 クビ 16.3倍 100.1
5着 11 スノードラゴン 大野拓弥 ハナ 34.2倍 100.1

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

スプリンターズSの歴史と概要


2012、13年の優勝馬ロードカナロア

後世に語り継がれる“伝説の一戦”や“衝撃の一戦”には枚挙に暇がなく、日本競馬史上最強スプリンターと並び称されるサクラバクシンオーロードカナロアが、いずれも圧倒的な強さで連覇(前者が第27~28回、後者が第46~47回)。1998年の第32回は、引退レースとしてこのレースに臨み、誰もが勝利を信じて疑わなかった単勝1.1倍のタイキシャトルがよもやの3着に敗れ、競馬界に衝撃が走った。2000年の第34回は16頭立ての最低人気、単勝257.5倍のダイタクヤマトが逃げ切り勝ちを収め、場内が騒然。2005年の第39回は、当時の世界最強スプリンターサイレントウィットネス(香港)が噂に違わぬ異次元の強さを見せつけ、ファンの喝采と溜息を誘った。

▼2005年は香港馬サイレントウィットネスが異次元の強さを見せつけた。

歴史と概要をもっと見る >

スプリンターズSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年5月27日(
目黒記念 G2
東京優駿 G1

競馬番組表

2018年5月26日(
2回東京11日目
3回京都11日目
2018年5月27日(
2回東京12日目
3回京都12日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る