最新競馬ニュース

【血統アナリシス】天皇賞(秋)2020 近年はキングカメハメハ系が台頭、円熟したトニービン内包馬にも注目


ウマニティ


 2,631  2  0

【血統アナリシス】天皇賞(秋)2020 近年はキングカメハメハ系が台頭、円熟したトニービン内包馬にも注目 |競馬ニュース|ウマニティ

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は天皇賞(秋)・血統予想をお届けします!


11年にトーセンジョーダンが記録した1分56秒1という勝ちタイムは、いまだに東京芝2000mのコースレコードとして破られていない。また、その従兄には09年天皇賞(秋)で8歳にしてG1初制覇となったカンパニーがおり、どちらもトニービン直系種牡馬の産駒となる。13年ジャスタウェイ然り、円熟したトニービン内包馬が圧倒的なパフォーマンスを披露してきた歴史を持つ。

ただし、近年はレース上がりが速くなったことで様相も変わりつつあり、昨年の勝ち馬アーモンドアイをはじめとして、18年レイデオロ、15年ラブリーデイなど、キングカメハメハの直系が幅を利かせている。なお、過去10年の好走数においてはディープインパクト産駒が最多となるが、優勝例は14年スピルバーグに限られることを気に留めておきたい。

アーモンドアイは、父ロードカナロア×母フサイチパンドラ(母の父サンデーサイレンス)。母は06年エリザベス女王杯、07年札幌記念の勝ち馬で、トライマイベストやEl Gran Senorが出たSex Appealに遡る牝系。本馬は昨年の勝ち馬でもあり、戦歴からも東京の中距離はベストといえる舞台だろう。今回は歴代最多となる芝G1・8勝ほか、シンボリクリスエス以来となる史上2頭目の連覇がかかる。

クロノジェネシスは、父バゴ×母クロノロジスト(母の父クロフネ)。半姉ノームコアは19年ヴィクトリアマイル‐G1など重賞を4勝、牝系はフサイチリシャールフサイチエアデールが出たラスティックベルに遡る。本馬は平均点の高い万能型の印象だったが、古馬になってステータスも一段と底上げされている印象を持つ。重賞4勝のうち3勝を稍重~重で挙げる道悪巧者でもあり、馬場が渋れば本領発揮となりそうだ。

キセキは、父ルーラーシップ×母ブリッツフィナーレ(母の父ディープインパクト)。ダイワエルシエーロやビッグプラネット、グレーターロンドンの甥にあたる血統で、2代母ロンドンブリッジは97年ファンタジーSの勝ち馬。本馬は一昨年に3着の実績があり、父の母エアグルーヴはトニービン直仔として97年に本競走を制している。今年のメンバーでは唯一となるトニービン内包馬でもあり、6歳といえども、まだまだ見限れないだろう。

(文・シンヤカズヒロ)


【血統予想からの注目馬】

アーモンドアイ クロノジェネシス キセキ

 ナイス!(2
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月29日()
ジャパンC G1
京阪杯 G3
11月28日()
京都2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月23日(月)
東スポ2歳S G3
11月22日()
マイルCS G1

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
121,633万円
2 オジュウチョウサン 牡9
78,186万円
3 グランアレグリア 牝4
72,022万円
4 ラッキーライラック 牝5
69,247万円
5 キセキ 牡6
66,256万円
6 フィエールマン 牡5
63,378万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 クロノジェネシス 牝4
57,002万円
9 マカヒキ 牡7
56,210万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
67,519万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
33,089万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
19,965万円
6 オーソリティ 牡3
15,779万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
8 タイセイビジョン 牡3
14,621万円
9 ウインマリリン 牝3
13,921万円
10 サトノフラッグ 牡3
13,424万円
» もっと見る