会員登録はこちら
産経大阪杯 G2   日程:2014年4月6日() 15:35 阪神/芝2000m

レース結果

産経大阪杯 G2

2014年4月6日() 阪神/芝2000m/8頭

本賞金:6,200万 2,500万 1,600万 930万 620万


レコード:1分57秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 7

キズナ

牡4 58.0 武豊  佐々木晶 498(--) 2.00.3 2.4 2
2 3 3

トウカイパラダイス

牡7 56.0 柴山雄一  田所秀孝 514(+2) 2.00.5 1 1/2 76.3 6
3 4 4

エピファネイア

牡4 58.0 福永祐一  角居勝彦 484(-2) 2.00.6 クビ 1.9 1
ラップタイム 12.8 - 11.3 - 12.5 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.7 - 11.5 - 12.4 - 12.4
前半 12.8 - 24.1 - 36.6 - 48.6 - 60.5
後半 59.8 - 48.0 - 36.3 - 24.8 - 12.4

■払戻金

単勝 7 240円 2番人気
複勝 7 110円 2番人気
3 450円 6番人気
4 110円 1番人気
馬連 3-7 7,020円 12番人気
ワイド 3-7 920円 11番人気
4-7 120円 1番人気
3-4 680円 9番人気
馬単 7-3 9,090円 17番人気
3連複 3-4-7 1,620円 5番人気
3連単 7-3-4 20,050円 45番人気

産経大阪杯のニュース&コラム

産経大阪杯Vのキズナ、一夜明け元気一杯!!
 産経大阪杯を快勝したキズナ(栗・佐々木、牡4)は一夜明けた7日、全休日だった滋賀県栗東トレセンの自厩舎で疲れを癒やした。 「レース後もいつものキズナ。(気持ちよく走って)満足したという感じだったね。昨日(6日)の19時頃に帰ってきた。カイバもゴリゴリ食べているし、食欲旺盛だね」と田重田(たじゅうた)厩務員は笑顔を浮かべた。 次走の天皇賞・春(5月4日、京都、GI、芝3200メートル)で、昨年のダービー以来となるGI2勝目を狙う。なお、3着エピファネイア、7着メイショウマンボも厩舎で静養した。
2014年4月8日(火) 05:00

 480

【次は買い】産経大阪杯5着ショウナンマイティ
★産経大阪杯・4番人気5着 《レース》前を行く3頭から離れて、後続集団の先頭となる4番手を追走。3角手前から前との差を縮めたが、直線では伸び切れず。少なくともカレンミロティックはかわしたかった。 《次走ポイント》「ポジションは良かったし掛かっていなかった。それで伸び切れない。何とかこれをきっかけにしたい」と浜中騎手。とはいえ3角で自分から動く“やる気”を見せたあたり、無策だった東京新聞杯より中身は濃かった。昨年2着の安田記念の前に使うレースが勝負どころだ。★6日阪神11R「産経大阪杯」の着順・払戻金はこちら
2014年4月7日(月) 13:02

 692

【産経大阪杯】完勝!キズナは強かった!!
 第58回産経大阪杯(6日、阪神11R、GII、4歳上オープン国際指、別定、芝・内2000メートル、1着本賞金6200万円 =出走8頭)武豊騎乗の2番人気キズナが最後方追走から直線で鋭く差し切って、2014年の初戦を完勝。エピファネイア(3着)、メイショウマンボ(7着)との3強対決を制した。タイム2分0秒3(良)。大目標の凱旋門賞(10月5日、仏ロンシャン、GI、芝2400メートル)へ向け、次走の天皇賞・春(5月4日、京都、GI、芝3200メートル)で国内最強を証明する。2着は6番人気トウカイパラダイス。 桜満開の阪神競馬場で、キズナが向かい風をものともせず自慢の末脚を見せつけた。昨秋の凱旋門賞(4着)以来、半年ぶりの復帰戦。日本で走るのは優勝した昨年のダービー以来で、レベルアップした姿を披露した。 「今年、一緒に大きな仕事をやっていきたいと思っていますから、最高のスタートを切れてよかった。追ってからの反応もよくて、素晴らしい末脚だった。一番充実する時期にキズナも入った」 武豊騎手は笑みがたえない。菊花賞馬エピファネイア、牝馬GI3勝メイショウマンボとの4歳3強対決は、日本ダービー馬の強さが際立った。 道中は最後方。「自分のリズムで走って、自分のタイミングで動いた」。3コーナー過ぎで1番人気のエピファが先に進出しても、動じない。4コーナーで追撃を開始し、直線残り200メートルであっさりとエピファをかわし、残り50メートルでトウカイパラダイスも楽々と退けた。「なぜ2番人気だったんですかね」。鞍上が首をひねったほどの完勝劇だった。
2014年4月7日(月) 05:08

 1,763

【産経大阪杯】レースを終えて…関係者談話
 ◆池添騎手(カレンミロティック4着) 「ハナを切ることは考えていて、この馬のリズムで行けた。ただ、3コーナー過ぎでトウカイパラダイスにこられて、きつくなった」 ◆浜中騎手(ショウナンマイティ5着) 「すごくいいポジションを取れた。折り合いがついて展開も向いたが、最後は伸び切れなかった」 ◆高倉騎手(フラガラッハ6着) 「この馬のリズムで気持ちよく走らせた。ただ、3、4コーナーで前に取りつくのに脚を使った」 ◆石橋騎手(ビートブラック8着) 「3コーナー過ぎで行きっぷりが悪くなって、『アレッ』と感じた」★6日阪神11R「産経大阪杯」の着順・払戻金はこちら
2014年4月7日(月) 05:07

 1,992

産経大阪杯のニュースをもっと見る >

【産経大阪杯】マンボ、軽快リズム51秒7!
 昨年の最優秀3歳牝馬のメイショウマンボが、軽快な脚取りで坂路を駆け上がった。1週前にCWコースでしっかりと調整し、レース当週は単走という、昨年までと同じパターンで最終調教。馬場の外めを気合十分に進み、馬なりで4ハロン51秒7(ラスト1ハロン13秒1)のフィニッシュだ。 「先週、今週と乗りました。特別変わったことはしていません。この相手と戦うのは意味がありますし、この春もいい結果を」と武幸騎手が力を込める。ハロー明け直後で走りやすい馬場ではあったが、脚の運びが実にシャープ。調教は合格点がつけられる。 オークス、秋華賞、エリザベス女王杯とGI3勝の実績は申し分なし。「気の強い馬で、いつもこちらの心配ごとを乗り越えてくれる」とジョッキーは意欲を見せた。飯田祐調教師からも「距離の2000メートルは折り合いを考えればレースがしやすいと思います。先々を占う意味でも大事な一戦ですね」と前向きなコメントが出た。★産経大阪杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年4月3日(木) 05:04

 1,016

【産経大阪杯】ミロティック、まずまず51秒7
 3走前の金鯱賞で重賞初制覇を飾ったカレンミロティックは、坂路で単走追い。一杯に追われ、4ハロン51秒7-13秒0で駆け上がった。「息が荒かったのが少し気になったけど、動き自体は悪くありません。いつも最終追い切りで変わってくる馬ですからね」と池添騎手は感触を伝えた。前走の中山記念(稍重)は雨で脚を取られて14着に敗退。「前回は道悪で先行できませんでした。今回は自分のスタイルで運んで、どこまで通用するかでしょう」と鞍上は語った。★産経大阪杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年4月3日(木) 05:04

 911

【産経大阪杯】ショウナンマイティ、息遣いひと息
 ショウナンマイティはCWコースで単走追い。5ハロン67秒6-11秒9で駆け抜けた。時計自体は悪くないが、好調時のシャープさに欠けていた。 「馬なりだったけど、一杯一杯の感じで息遣いがもうひとつ。いいころと比べるともの足りないですね」と浜中騎手。このレースは一昨年に優勝して、昨年もオルフェーヴルの2着だが、近2走は(6)(10)着。「気持ちの問題だね。相手どうこうよりも、馬自身が力を発揮できれば」と梅田智調教師は復活に期待を込めた。★産経大阪杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年4月3日(木) 05:04

 1,474

【産経大阪杯】ビートブラック、しぶとく先着
 ビートブラックは坂路でシゲルササグリ(OP)と併せ馬。最後まで手加減なしに一杯に追われて、クビ差先着を果たした。タイムは4ハロン53秒2-12秒7。脚部不安(右前けいじん帯炎)明けの一戦に向けて、調教をきっちり消化した。 中村調教師は「1年2カ月かけて完治。乗り込んでいるし、息遣いもいいけど、動きに迫力が欠けるね。ここを使ってよくなってくれれば」と説明。2年前に天皇賞・春を制した実績馬が復帰のときを迎えた。★産経大阪杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年4月3日(木) 05:04

 681

産経大阪杯の直前追い切り情報をもっと見る >

産経大阪杯過去10年の結果

2013年3月31日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2012年4月1日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:稍重
2011年4月3日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ヒルノダムール 藤田伸二 1:57.8 3.7倍 105.7
2着 ダークシャドウ 福永祐一 ハナ 40.2倍 105.7
3着 エイシンフラッシュ 内田博幸 クビ 4.8倍 105.7

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

産経大阪杯の歴史と概要


2017年の優勝馬キタサンブラック

関西圏で親しまれていた歴史ある中距離重賞の「産経大阪杯」が2017年にリニューアル。G1昇格を果たし、春の中距離王決定戦の役割を担う「大阪杯」に生まれ変わった。第1回(2017年)は前年の年度代表馬にして、この年も連続してそのタイトルを獲得することになるキタサンブラックが1番人気に応えて初代王者を襲名。G1としてのレース史に、新たな1ページを刻んだ。G2時代から大物の参戦が多いレースとしても知られており、歴代勝ち馬の欄には、第30回(1986年)のサクラユタカオー、第36回(1992年)のトウカイテイオー、第27回(1993年)のメジロマックイーン、第42回(1998年)のエアグルーヴ、第51回(2007年)のメイショウサムソン、第52回(2008年)のダイワスカーレット、第57回(2013年)のオルフェーヴルなど、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。その一方、第45回(2001年)は当時の絶対王者テイエムオペラオーが馬券圏外の4着に敗れ、第54回(2010年)は単勝1.3倍の支持を集めたドリームジャーニーが3着に取りこぼすなど、時に大番狂わせが発生することもある。

▼2017年はキタサンブラックが1番人気に応えて初代王者を襲名した。

歴史と概要をもっと見る >

産経大阪杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月29日(
シリウスステークス G3
2018年9月30日(
スプリンターズS G1

競馬番組表

2018年9月29日(
4回中山8日目
4回阪神8日目
2018年9月30日(
4回中山9日目
4回阪神9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
58,278万円
5 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 ワグネリアン 牡3
36,086万円
2 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る