会員登録はこちら
産経大阪杯 G2   日程:2014年4月6日() 15:35 阪神/芝2000m

レース結果

産経大阪杯 G2

2014年4月6日() 阪神/芝2000m/8頭

本賞金:6,200万 2,500万 1,600万 930万 620万


レコード:1分57秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 7

キズナ

牡4 58.0 武豊  佐々木晶 498(--) 2.00.3 2.4 2
2 3 3

トウカイパラダイス

牡7 56.0 柴山雄一  田所秀孝 514(+2) 2.00.5 1 1/2 76.3 6
3 4 4

エピファネイア

牡4 58.0 福永祐一  角居勝彦 484(-2) 2.00.6 クビ 1.9 1
ラップタイム 12.8 - 11.3 - 12.5 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.7 - 11.5 - 12.4 - 12.4
前半 12.8 - 24.1 - 36.6 - 48.6 - 60.5
後半 59.8 - 48.0 - 36.3 - 24.8 - 12.4

■払戻金

単勝 7 240円 2番人気
複勝 7 110円 2番人気
3 450円 6番人気
4 110円 1番人気
馬連 3-7 7,020円 12番人気
ワイド 3-7 920円 11番人気
4-7 120円 1番人気
3-4 680円 9番人気
馬単 7-3 9,090円 17番人気
3連複 3-4-7 1,620円 5番人気
3連単 7-3-4 20,050円 45番人気

産経大阪杯-厩舎の話

 ◆エピファネイア・福永騎手 「折り合い重視でラスト1ハロンを伸ばした。無駄な力を入れないので、ラストも体を沈めて走れている。距離もこれぐらいが一番いい」

 ◆カレンミロティック・池添騎手 「攻めの動きは悪くないし、いつも最終追い切りで変わってくる馬。前回は先行できなかったので今回は本来の形で運びたい」

 ◆キズナ武豊騎手 「さすがキズナ。先週より今週の方が動きも息遣いもよくなっているし、こっちが思っている以上のレースができれば最高だね」

 ◆ショウナンマイティ・浜中騎手 「馬なりでも一杯一杯の感じで息遣いも物足りない」

 ◆トウカイパラダイス・田所師 「上積みを感じるし、攻め馬はこれで十分。久々の前回で見せ場はあったし、自分の競馬をしてほしい」

 ◆ビートブラック・中村師 「脚部不安で長期休養明け。脚元は完治して息遣いもいいが、いい頃の迫力には欠ける」

 ◆フラガラッハ・高倉騎手 「もう少し切れるかなと思いましたが、馬場が重いぶんでしょう。きまぐれな面はあるが、頭数が少ないので競馬はしやすいと思います」

 ◆メイショウマンボ・飯田祐師 「休み明けでも予定通りの調整過程で来られた。2000メートルも折り合いを考えればレースがしやすい」

★産経大阪杯の枠順はこちら

産経大阪杯のニュース&コラム

プロ予想家の的中情報


産経大阪杯過去10年の結果

2013年3月31日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2012年4月1日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:稍重
2011年4月3日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ヒルノダムール 藤田伸二 1:57.8 3.7倍 105.6
2着 ダークシャドウ 福永祐一 ハナ 40.2倍 105.6
3着 エイシンフラッシュ 内田博幸 クビ 4.8倍 105.6

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

産経大阪杯の歴史と概要


2017年の優勝馬キタサンブラック

関西圏で親しまれていた歴史ある中距離重賞の「産経大阪杯」が2017年にリニューアル。G1昇格を果たし、春の中距離王決定戦の役割を担う「大阪杯」に生まれ変わった。第1回(2017年)は前年の年度代表馬にして、この年も連続してそのタイトルを獲得することになるキタサンブラックが1番人気に応えて初代王者を襲名。G1としてのレース史に、新たな1ページを刻んだ。G2時代から大物の参戦が多いレースとしても知られており、歴代勝ち馬の欄には、第30回(1986年)のサクラユタカオー、第36回(1992年)のトウカイテイオー、第27回(1993年)のメジロマックイーン、第42回(1998年)のエアグルーヴ、第51回(2007年)のメイショウサムソン、第52回(2008年)のダイワスカーレット、第57回(2013年)のオルフェーヴルなど、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。その一方、第45回(2001年)は当時の絶対王者テイエムオペラオーが馬券圏外の4着に敗れ、第54回(2010年)は単勝1.3倍の支持を集めたドリームジャーニーが3着に取りこぼすなど、時に大番狂わせが発生することもある。

▼2017年はキタサンブラックが1番人気に応えて初代王者を襲名した。

歴史と概要をもっと見る >

産経大阪杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年3月28日(
日経賞  G2
毎日杯  G3
2020年3月29日(
高松宮記念  G1
2020年3月31日(火)
マーチステークス  G3

競馬番組表

2020年3月28日(
3回中山1日目
1回中京7日目
2回阪神1日目
2020年3月29日(
3回中山2日目
1回中京8日目
2回阪神2日目
2020年3月31日(火)
3回中山2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
70,813万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
7 ワグネリアン 牡5
49,274万円
8 ラッキーライラック 牝5
42,792万円
9 フィエールマン 牡5
42,004万円
10 サングレーザー 牡6
41,309万円
» もっと見る

3歳
1 レシステンシア 牝3
11,585万円
2 サリオス 牡3
11,145万円
3 コントレイル 牡3
11,127万円
4 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
5 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
7,463万円
7 サトノフラッグ 牡3
6,708万円
8 ラウダシオン 牡3
6,654万円
9 ワーケア 牡3
6,454万円
10 エーポス 牝3
6,438万円
» もっと見る