会員登録はこちら
東京優駿(日本ダービー) G1   日程:2014年6月1日() 15:40 東京/芝2400m

レース結果

東京優駿(日本ダービー) G1

2014年6月1日() 東京/芝2400m/18頭

本賞金:20,000万 8,000万 5,000万 3,000万 2,000万


レコード:2分22秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 2

ワンアンドオンリー

牡3 57.0 横山典弘  橋口弘次 482(+4) 2.24.6 5.6 3
2 7 13

イスラボニータ

牡3 57.0 蛯名正義  栗田博憲 468(+6) 2.24.7 3/4 2.7 1
3 2 3

マイネルフロスト

牡3 57.0 松岡正海  高木登 484(-2) 2.24.9 1 1/2 108.0 12
ラップタイム 12.5 - 10.6 - 11.8 - 12.2 - 12.5 - 12.1 - 12.7 - 13.6 - 12.2 - 11.6 - 11.1 - 11.7
前半 12.5 - 23.1 - 34.9 - 47.1 - 59.6
後半 60.2 - 46.6 - 34.4 - 22.8 - 11.7

■払戻金

単勝 2 560円 3番人気
複勝 2 200円 3番人気
13 140円 1番人気
3 1,220円 12番人気
枠連 1-7 800円 4番人気
馬連 2-13 850円 2番人気
ワイド 2-13 420円 3番人気
2-3 5,210円 46番人気
3-13 3,580円 41番人気
馬単 2-13 1,860円 5番人気
3連複 2-3-13 27,470円 73番人気
3連単 2-13-3 103,300円 304番人気

東京優駿(日本ダービー)のニュース&コラム

【日本ダービー】橋口師、ワンアンドで悲願V!
 第81回日本ダービー(東京優駿)(1日、東京10R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝2400メートル、1着本賞金2億円=出走17頭)3番人気のワンアンドオンリーが、直線での叩き合いを制して世代の頂点に立った。タイム2分24秒6(良)。橋口弘次郎調教師(68)=栗東=は、通算20頭目の挑戦で悲願を達成し、歓喜に浸った。横山典弘騎手(46)=美浦・フリー=は2009年ロジユニヴァースに次ぐ2勝目。今秋は菊花賞(10月26日、京都、GI、芝3000メートル)で2冠を目指し、来年は父ハーツクライのようにドバイ、英国遠征で世界の頂を狙う。 68歳の名将でさえ、われを忘れた。残り300メートル。ワンアンドオンリーがイスラボニータに並びかけると、もう座っていられない。立ち上がって思いを叫んだが、言葉にならない。それでも橋口調教師の思いは馬に伝わり、25年越しで悲願のダービー制覇を飾った。 「地に足がついていない。こんなのは初めてだよ。今まで海外で大きなレースを勝たせてもらったときも、こんなことはなかった。やっぱり、ダービーは格別やな」 検量室前で横山典騎手と抱き合い、家族の祝福を受けると実感がわいてきた。「泣いてもええんかな」。ようやく師の目が潤んだ。 宮崎県の小さな生産牧場の息子として生まれ、幼少時代はラジオにかじりついて聞いていた日本ダービー。1982年に開業してからはさらに特別なレースになり、鬼門になり、悲願になった。96年には1番人気のダンスインザダークで挑み2着、その後も2004年のハーツクライも含め2着4回…。そして年を重ね、定年が再来年2月となり焦りもあったが、同じ宮崎県出身の二分久男氏(元調教師)から聞いた「人生には3つの山がある」という言葉を支えにしてきた。 「1つ目が(1990年に)リーディングを獲ったとき。2つ目がハーツクライで(05年)有馬記念と(06年)ドバイを勝ったとき。3つめがダービーになれば最高だよね」。1990年の初挑戦から25年。通算20頭目の挑戦で一番欲しいものを手に入れ、来年は偉大な父に続いてドバイ国際諸競走、キングジョージ6世&クイーンエリザベスSに挑戦する予定だ。 「ハーツの子で挑戦したいというのは夢だった。きょうも『ハーツと一緒だ』という思いで、(05年有馬記念で)ディープインパクトに勝ったときのネクタイをしてきたからね。これから鍛え直していきたい。そうなれば、僕の競馬人生は最高ですね」 青色の勝負アイテムをなでながら、橋口調教師は目を細めていた。 (川端亮平)★1日東京10R「日本ダービー」の結果はこちら
2014年6月2日(月) 05:05

 1,565

【日本ダービー】横山典、流れに乗り2度目制覇!
 第81回日本ダービー(東京優駿)(1日、東京10R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝2400メートル、1着本賞金2億円=出走17頭)ワンアンドオンリーで勝った横山典騎手は、ダービー2勝目に喜びで顔を紅潮させていた。 「ゴール前は必死で何も考えられなかった。橋口先生にはお世話になっているから、がんばるしかないからね」 橋口師の管理馬では父ハーツクライのダービー2着(04年)などGIで2着7回。大事な手綱を託してくれた橋口師の気持ちに何としてもこたえたかった。 皐月賞では二の脚がつかず後方から。今回は好スタートを決めるとイスラボニータの直後の絶好位につけた。スローの流れで引っ掛かったが、「無理に抑えていたからはじけるというより、よく我慢してくれた感じ」と頑張りに感謝した。 「ハーツクライに比べるとまだまだ」と辛口だが、その分伸びしろも大きい。ノリとのコンビで秋にはさらに成長した姿を見せてくれそうだ。 (柴田章利)★1日東京10R「日本ダービー」の結果はこちら
2014年6月2日(月) 05:04

 1,147

【日本ダービー】前田オーナー、キズナに続き連覇
 第81回日本ダービー(東京優駿)(1日、東京10R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝2400メートル、1着本賞金2億円=出走17頭)横山典騎手の絶妙の手綱さばきに、前田幸治オーナー(65)=株式会社アイテック(大阪市)=は、早々と勝利を確信したという。 「橋口師の執念の勝利。ノースヒルズ(生産)、大山ヒルズ(育成)。スタッフの努力の結晶です」と前田オーナーは、昨年のキズナ(ノースヒルズ生産)に続く勝利に関係者をたたえてから、「競馬は何年やっても分からん。だから面白いんやな」と続けた。母ヴァーチュは死亡しているが、オーナーは「3年連続を狙う2歳っ子はようけおるよ」と意気軒高だ。 今後について前田オーナーは、秋の最大目標を菊花賞に置いて、年内は国内競馬に専念することを明言。来年は、キズナが凱旋門賞に挑む予定のため、オンリーには父ハーツクライが勝ったGIドバイシーマクラシックを皮切りに、別路線の海外遠征のプランがあることを明かした。英国遠征がそれで、“キングジョージ”を目指すことになる。 (水戸正晴)★1日東京10R「日本ダービー」の結果はこちら
2014年6月2日(月) 05:04

 1,549

【日本ダービー】ベストターンドアウト賞に甲斐助手
 第81回日本ダービー(東京優駿)(1日、東京10R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝2400メートル、1着本賞金2億円=出走17頭)ダービーのパドックで、もっとも美しく手入れされた馬の担当者を表彰する「ベストターンドアウト賞」の審査が行われ、ワンアンドオンリーの甲斐純也助手が受賞した。今回の審査委員は棋士の渡辺明氏とJRA元調教師の松山康久氏。甲斐助手は「選んでいただき光栄です。手入れはダービーだからといって特別なことはせず、普段通りです」と話した。ダービー制覇と同賞と二重の喜びになった。★1日東京10R「日本ダービー」の結果はこちら
2014年6月2日(月) 05:03

 1,080

東京優駿(日本ダービー)のニュースをもっと見る >

【日本ダービー】戸崎驚き!ベルキャニオン急上昇
 過酷なローテーションも問題ない。TRプリンシパルSの覇者ベルキャニオンが、さらなる上昇をアピールした。 美浦Wコースで半マイルからピッチを上げていき、ゴール前で軽く反応を促されてフィニッシュした。キビキビとした脚さばきで好調キープは明らか。中3週→中2週→中2週と間隔が詰まっているが、4F53秒9、ラスト1F12秒7は前走時(同54秒3、13秒4)を上回るものだ。 「しまいだけ伸ばすような感じ。でも、跨ってみて前走からのパワーアップを感じた。状態を維持できていればと思っていましたが、想像以上に良かった」と、戸崎騎手は驚きの表情をみせた。 初コンビの前走は上がり3F33秒6の末脚で快勝し、「追ってから少しモタモタしたけど、強めに指示を出したらフットワークが変わりさらに伸びた。2400メートルにも不安はないし、自信をもって行ける」とキッパリ。 東京は【2200】と連対率10割で、共同通信杯ではイスラボニータに0秒2差の2着。台風の目となりそうだ。(夕刊フジ)★日本ダービーの枠順はこちら
2014年5月29日(木) 12:34

 1,155

【日本ダービー】ボニータ2冠追い!蛯名「このまま当日を」
 3歳馬NO・1を決める日本ダービー(6月1日、東京、GI、芝2400メートル)の追い切りが28日、東西のトレーニングセンターで行われた。茨城県の美浦では皐月賞馬イスラボニータ(美浦・栗田博憲厩舎、牡)が蛯名正義騎手(45)を背に併せ馬で軽快な動きを披露した。サンケイスポーツ調教評価でも最高の「S」を獲得。2冠制覇に向けて視界は良好だ。ダービーの枠順は29日午後2時過ぎに確定。馬券は30日から一部ウインズで金曜発売が実施される。 皐月賞馬が登場すると、主役を待っていたかのように、雲間から朝日が降り注いだ。大一番へエネルギーを温存した“静”の調整とはいえ、前肢を大きく振り出す独特のフォームは健在。イスラボニータがWコースをしなやかに駆け抜け、好仕上がりを見せつけた。 「テンションを上げすぎず、かつ緩めすぎないように微妙なところでやってきた。やれば動く馬だけど、これくらいで十分。丹念に乗ってきているし、本当に順調。このまま当日を迎えてほしい」。22度目の挑戦で悲願の日本ダービー初勝利を狙う蛯名騎手が、万全のデキをアピールする。 坂路で軽いウオーミングアップをすませてWコースへ。道中はコスモトゥルーラヴ(1000万下)の4馬身後方を追走。鞍上との呼吸をピタリと合わせ、コーナリングで差を詰める。内へ潜り込んだ直線では、ゴーサインにしっかりと反応して脚を伸ばした。 ラスト200メートル12秒7(1200メートル82秒6)。ゴールでは僚馬に半馬身ほど及ばなかったが、問題はない。栗田博憲調教師は「抜け出す調教は先週やったから、きょうはこれでいい。オーバーワークにならないさじ加減が重要だから」とうなずいた。
2014年5月29日(木) 05:12

 1,120

【日本ダービー】蛯名トーク
 3歳馬NO・1を決める日本ダービー(6月1日、東京、GI、芝2400メートル)の追い切りが28日、東西のトレーニングセンターで行われた。茨城県の美浦では皐月賞馬イスラボニータ(美浦・栗田博憲厩舎、牡)が蛯名正義騎手(45)を背に併せ馬で軽快な動きを披露した。サンケイスポーツ調教評価でも最高の「S」を獲得。2冠制覇に向けて視界は良好だ。ダービーの枠順は29日午後2時過ぎに確定。馬券は30日から一部ウインズで金曜発売が実施される。 --ダービーの最終追い切りが終わった 「やれば動く馬だけど、馬自身が分かっているからね。本当に順調にきている」 --皐月賞は強い競馬だった 「それまでは東京でしまいだけの競馬をしていたから、皐月賞はきつい競馬だった。でも相手に合わせて走れるし、センスがある。競馬が上手な馬だね」 --今回は距離が2400メートル 「心配してもしようがない。馬を信用して、この馬のリズムでいい形で運んであげたい」 --デビューからずっと手綱を取る馬で臨むダービー 「本来あるべき姿だと思うけど、ずっと一緒にやってきた陣営と臨めるのは幸せ。父のフジキセキもデビュー戦で乗った馬だし、いろんな縁とか運を感じる」 --22回目の挑戦で悲願のダービー制覇がかかる 「若い頃より自分をコントロールできるようにはなった。それでもやっぱりダービーだからね。ここを目標にして一年間やってきているし、ダービーのためにやっているといっても大げさじゃない。がんばります」★日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年5月29日(木) 05:11

 1,741

【板津がミタ】イスラボニータ理想的な状態
 併せ馬で半馬身遅れ。いつも調教で豪快に突き放すイスラボニータだけに「大丈夫なの?」と思ったが、よくよく考えれば納得がいく。 完勝だった皐月賞の走りから、スピードと瞬発力が同世代で抜けていることは確認できた。であれば、2冠獲得のポイントは「折り合い」。400メートルの距離延長を意識して、中間は長めから丹念に乗り、道中での息の入れ方を覚えさせてきた。 強い馬に絶好調はいらない。調子が良すぎると折り合いを欠く危険性も出てくる。そういう意味では、今のイスラボニータは心身のバランスがとれている。2400メートルを勝つ上で、理想的な状態に仕上がったと思う。★日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年5月29日(木) 05:10

 822

東京優駿(日本ダービー)の直前追い切り情報をもっと見る >

東京優駿(日本ダービー)過去10年の結果

2013年5月26日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
1着 キズナ 武豊 2:24.3 2.9倍 99.7
2着 エピファネイア 福永祐一 1/2 6.1倍 99.2
3着 アポロソニック 勝浦正樹 1 1/4 61.6倍 98.2
2012年5月27日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2011年5月29日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:不良

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

東京優駿(日本ダービー)ステップレース

2014年5月11日() 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 10 ミッキーアイル 浜中俊 1:33.2 1.9倍 96.6
2着 2 タガノブルグ 三浦皇成 クビ 114.5倍⑰ 96.6
3着 1 キングズオブザサン 蛯名正義 ハナ 78.4倍 96.6
4着 4 ロサギガンティア 柴田善臣 クビ 8.1倍 95.8
5着 7 ホウライアキコ 和田竜二 ハナ 22.9倍 95.8
2014年5月10日() 京都競馬場/芝2200m
天候: 馬場:
1着 3 ハギノハイブリッド 秋山真一郎 2:11.0 7.1倍 94.0
2着 11 サウンズオブアース 浜中俊 1 1/4 13.7倍 92.9
3着 5 ガリバルディ 福永祐一 ハナ 8.9倍 92.9
4着 8 シャドウダンサー 武豊 クビ 3.5倍 92.9
5着 2 ミヤビジャスパー 池添謙一 3/4 6.1倍 92.4
2014年5月10日() 東京競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 9 ベルキャニオン 戸崎圭太 2:01.0 1.6倍 93.4
2着 11 キネオペガサス 蛯名正義 3/4 4.9倍 92.8
3着 5 メイクアップ 内田博幸 2 1/2 17.8倍 90.4
4着 6 アンヴェイルド 三浦皇成 クビ 111.2倍⑪ 90.4
5着 10 トップアート 柴田善臣 アタマ 42.0倍 90.4
2014年5月3日() 東京競馬場/芝2400m
天候: 馬場:
1着 11 ショウナンラグーン 吉田豊 2:26.5 53.1倍 94.5
2着 2 ワールドインパクト A.シュタルケ アタマ 2.6倍 94.5
3着 13 ヤマノウィザード 戸崎圭太 1/2 10.0倍 94.0
4着 10 ゴールドアクター 石橋脩 クビ 22.5倍 94.0
5着 6 ピオネロ 蛯名正義 クビ 13.2倍 93.5
皐月賞   G1 
2014年4月20日() 中山競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 2 イスラボニータ 蛯名正義 1:59.6 5.1倍 100.6
2着 17 トゥザワールド 川田将雅 1 1/4 3.5倍 99.5
3着 18 ウインフルブルーム 柴田大知 1/2 24.9倍 98.9
4着 1 ワンアンドオンリー 横山典弘 アタマ 6.7倍 98.9
5着 8 ステファノス 後藤浩輝 1/2 99.7倍 98.3

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

東京優駿(日本ダービー)の歴史と概要


2005年の優勝馬ディープインパクト

「競馬の祭典」と称される、日本競馬の頂点に君臨するレースで、その年の3歳ナンバーワンを決める大一番。皐月賞に続く、クラシックの2冠目としても知られる。名馬、名勝負の宝庫であり、そのすべてをわずかなスペースで語り尽くすことはできない。それほど偉大なレースである。過去にはセントライト、シンザン、ミスターシービーシンボリルドルフナリタブライアンディープインパクトオルフェーヴルの7頭が、1冠目の皐月賞に続きこのレースを制し、さらには秋の菊花賞にも勝って3冠馬となった。平成以降だけを見ても、約20万人の大観衆が集まり場内に「ナカノコール」が響き渡ったアイネスフウジンの第57回(1990年)、父シンボリルドルフに次いで親子制覇を達成したトウカイテイオーの第58回(1991年)、名手・柴田正人騎手が19回目の挑戦で涙の戴冠を果たしたウイニングチケットの第60回(1993年)、戦後初めてキャリア3戦目で頂点をきわめたフサイチコンコルドの第63回(1996年)、64年ぶりにして史上3頭目の牝馬による制覇となったウオッカの第74回(2007年)など、話題性にあふれる年は枚挙にいとまがない。

▼2007年はウオッカが64年ぶりにして史上3頭目の牝馬による制覇を果たした。

歴史と概要をもっと見る >

東京優駿(日本ダービー)の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年10月20日(
富士ステークス G3
2018年10月21日(
菊花賞 G1

競馬番組表

2018年10月20日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2018年10月21日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
58,278万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
8 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
9 リリーノーブル 牝3
13,810万円
10 ラブカンプー 牝3
13,756万円
» もっと見る