会員登録はこちら
宝塚記念 G1   日程:2014年6月29日() 15:40 阪神/芝2200m

レース結果

宝塚記念 G1

2014年6月29日() 阪神/芝2200m/12頭

本賞金:13,200万 5,300万 3,300万 2,000万 1,320万


レコード:2分10秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 11

ゴールドシップ

牡5 58.0 横山典弘  須貝尚介 504(-2) 2.13.9 2.7 1
2 5 5

カレンミロティック

セ6 58.0 池添謙一  平田修 450(-8) 2.14.4 55.9 9
3 3 3

ヴィルシーナ

牝5 56.0 福永祐一  友道康夫 458(+2) 2.14.6 1 1/4 35.6 8
ラップタイム 12.9 - 11.6 - 11.9 - 13.2 - 12.8 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 12.1
前半 12.9 - 24.5 - 36.4 - 49.6 - 62.4
後半 59.4 - 47.4 - 35.6 - 23.9 - 12.1

■払戻金

単勝 11 270円 1番人気
複勝 11 170円 2番人気
5 810円 8番人気
3 820円 9番人気
枠連 5-8 660円 3番人気
馬連 5-11 8,990円 22番人気
ワイド 5-11 2,130円 18番人気
3-11 2,630円 24番人気
3-5 9,110円 51番人気
馬単 11-5 10,210円 29番人気
3連複 3-5-11 57,870円 110番人気
3連単 11-5-3 251,440円 468番人気

宝塚記念のニュース&コラム

【森田実 当たり屋の激押し】今度は勝てる!エテルネル
 先週の宝塚記念を◎△で的中させた。売り上げの5%相当額が上乗せされた『宝塚記念馬連』の効果もあって8万9900円馬連89・9倍×1000円)の馬券プレゼントにも成功。気をよくして夏のローカル開催を迎えられる。福島の開幕週も初日から当てていこう! 福島11R・テレビユー福島賞は、OPからの降級馬(5)マイネルエテルネルを信頼する。 2012年のGIII小倉2歳S優勝馬で、昨年7月に当地でOP特別のバーデンバーデンCを快勝したコース巧者でもある。その後もGIIセントウルS4着など高いスプリント能力を発揮してきた。 7カ月半ぶりに出走した降級初戦の水無月Sは6着だったが、直線で前が壁になってしまうアクシデントが響いてのもの。「直線で前があかず、脚を余してしまいました…」とウィリアムズ騎手が無念そうに振り返ったように力負けではなく、スムーズなレースができれば巻き返せる。 今回は中1週での参戦になるが、2日に坂路で4ハロン51秒2-12秒9の好時計をマークしており、元気いっぱい。休み明けをひと叩きされた効果も大きく、前走以上の仕上がりで挑めるのもいい。 手の内に入れているマイネル軍団の主戦・柴田大騎手を鞍上に迎え、内めの好枠から先行力を生かして押し切る。梅雨時の天候は不安定で馬場が悪化する可能性もあるが、稍重だった昨年のバーデンバーデンCを勝ち切っているのも心強い。 馬券は払戻率のいい馬連で、(5)(14)を大本線に(5)から(16)(12)(4)(10)(15)へ。★テレビユー福島賞の枠順はこちら
2014年7月5日() 05:04

 1,207

ゴールド凱旋門賞17倍!連覇から一夜…渡仏現実味
 宝塚記念で史上初の連覇を達成したゴールドシップ(栗・須貝、牡5)は一夜明けた30日、全休日だった滋賀県栗東トレーニングセンターの自厩舎で、激戦の疲れを癒やした。今後のローテーションは未定だが、英国のブックメーカー(公認の賭け請負業者)の大手ウィリアムヒル社では凱旋門賞(10月5日、仏ロンシャン、GI、芝2400メートル)のオッズを26倍から17倍に改めた。 宝塚記念初の連覇に加え、オグリキャップと母の父でもあるメジロマックイーンを抜いて芦毛馬史上単独1位のGI5勝目をマークしたゴールドシップは、激戦から一夜明けた30日、栗東トレセンの自厩舎でリラックスしていた。 今浪厩務員は「少し疲れている感じはあるけど、普段のわんぱくさもある。脚元も歩様も何ともない。ジョッキーがうまく乗ってくれて、安心して見ていられた。こいつの競馬をしてくれれば、いくらでも走れるよ」と笑顔で振り返った。 今後は2日か3日に吉澤ステーブルWEST(滋賀県甲賀市)へ放牧に出て夏休みに入る予定。次走は未定だが、登録を済ませてある凱旋門賞挑戦が現実味を帯びてきた。 英国のブックメーカー大手のウィリアムヒル社では今回の結果を受け、17倍から26倍に修正していた凱旋門賞でのオッズを17倍に戻している。リストに入れていなかったコーラル社でも先頃21倍に設定。渡仏が決まれば、人気が上昇する可能性は十分あり、陣営がどういうローテーションを選択するか、大いに注目される。
2014年7月1日(火) 05:05

 1,752

【宝塚記念】史上初連覇!ゴールド、1番人気に応えた
 第55回宝塚記念(29日、阪神11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2200メートル、1着本賞金1億3200万円=出走12頭)横山典弘騎乗でファン投票1位のゴールドシップが、好位から抜け出して完勝。1番人気に応え、史上初の連覇を成し遂げた。タイム2分13秒9(良)。芦毛馬として最多のGI5勝目とし、この後は、1次登録している凱旋門賞(10月5日、仏ロンシャン、GI、芝2400メートル)を視野に入れている。2番人気のウインバリアシオンは7着、3番人気のジェンティルドンナは9着に敗れた。 どんよりした曇り空の中、芦毛の馬体だけが輝いていた。苦しむライバルを尻目に、1頭だけ脚いろの違うゴールドシップがグングン伸びる。残り200メートル付近で先頭に立つと、アッという間に3馬身差をつけ、GI5勝目を史上初の連覇を飾った。 「最後まで『頑張ってください』とお願いしました。馬場が悪くて、乗ってる分には伸びた感じはしなかったけど、しっかり走ってくれました」 初騎乗の横山典騎手は、重責を果たして笑みを浮かべた。高い能力はあるが、2番人気になった前走の天皇賞・春で7着に敗れたり、成績的にムラ駆け傾向の強いタイプ。今回も発馬で後手に回ったが、鞍上は動じなかった。 「自分で前めの位置を取りにいった」(横山典騎手)と、1コーナー手前で外からポジションを押し上げ、4番手を追走。その後はスムーズに進み、最後はメンバー最速の上がり3ハロン35秒2の末脚を発揮した。 2週前追い切りから手綱を取って、馬の個性をつかんだジョッキーは、「はじめはお互い硬かったけど、本当にいい感じになった。まともに走ってくれればね」と満足げ。23年ぶりの宝塚記念制覇となった46歳のベテランは、日本ダービー(ワンアンドオンリー)に続き円熟の腕を見せつけた。
2014年6月30日(月) 05:08

 1,471

【宝塚記念】ジェンティル沈んだ9着
 第55回宝塚記念(29日、阪神11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2200メートル、1着本賞金1億3200万円=出走12頭)3月にドバイシーマクラシックを制し、帰国初戦となったジェンティルドンナは、3番人気で9着。1番人気で3着だった昨年のリベンジを目指したが、夢は散った。 「ゲートも上手でしたし、道中の位置取りもよかった。ゴールドシップが向こう正面で行った時には、それを壁にして折り合いもよかった。でも、3角から手応えがあやしくなりました」と川田騎手。石坂調教師は「脚もとが心配でレース後に様子を見にいったが、何ともなかった。敗因は分かりません。また、秋、頑張ります」と語った。★29日阪神11R「宝塚記念」の結果はこちら
2014年6月30日(月) 05:07

 2,105

宝塚記念のニュースをもっと見る >

【宝塚記念】ジェンティルドンナ反応抜群!
 これが世界を制した女王の貫禄だ。前走のドバイシーマCでGI6勝目を挙げたジェンティルドンナが、坂路で熱のこもったスパーリング。万全の態勢を整えた。 「しっかり併せて、ラストもしっかり動けていた。(川田)ジョッキーも『ハミがかりがよかったですし、先週よりよくなっています』と言っていた」。上昇カーブを描く姿に、石坂調教師が頬を緩めた。 オークス(2012年5月、1着)以来の再コンビとなる川田騎手を背に、坂路で併せ馬。僚馬アルバタックス(500万下)と馬体を併せながら、まっすぐに駆け上がっていく。スムーズに折り合い、追ってからの反応も抜群。ラスト1ハロン12秒2と力強く伸びて、1馬身先着した(4ハロン51秒3)。 先週の追い切りにも騎乗した川田騎手は「2週連続で併せました。順調に追い切りを終えることができました」と満足げ。井上助手も「先週より切れのある動きをしていた。久々でも息はできているよ」と好気配を伝えた。 ドバイから宝塚記念は、昨年と同じローテーション。だが、今年は昨年よりも1週間ほど早い5月7日に帰厩し、入念に乗り込んできた。繊細な牝馬の凱旋レースになるが、体調に関しては一点の曇りもない。 昨年の宝塚記念は3着に敗退。雨でしぶった馬場(発表は良馬場)で、身上の切れ味がそがれてしまった。今週末も天気は微妙だが、陣営は自信を持って送り出す。 「今年はさらに精神的に大人になって、いい筋肉もついた。天気はどうしようもないけど、昨年よりも強くなっていますからね。(ファン投票3位で)相手も強いですが、私の中ではジェンティルが一番だと思っています」とトレーナーは信頼を寄せる。 牝馬の宝塚記念制覇となれば、1966年エイトクラウン、2005年スイープトウショウに続く3頭目。心身ともに進化し続ける女傑が、春のグランプリでもライバルを一蹴する。 (鈴木康之)★宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年6月26日(木) 05:08

 1,570

【宝塚記念】ノリ、ゴールドシップの連覇確信!
 上半期最後のGI、宝塚記念の追い切りが25日、東西トレセンで行われた。栗東では、ゴールドシップが坂路の併せ馬で絶好の動きを披露し、サンケイスポーツ調教評価で最高の『S』を獲得。ジェンティルドンナも坂路の併せ馬で軽快に駆け上がり、ウインバリアシオンはCWコースの3頭併せで力強く最先着した。枠順は26日に確定し、馬券は28日から発売される。 ゴールドシップは馬場開門直後の午前6時過ぎ、坂路に登場。芦毛の馬体を躍動させた。3週連続で美浦から駆けつけて騎乗した横山典騎手は、状態のよさに太鼓判を押す。 「動きはよかった。本当に順調。それに尽きる。走れる態勢だよ」 鼻には、集中力を高めるため今月10日から着けているシャドーロール(実戦でも装着予定)。ブラヴィッシモ(2歳新馬)を追いかけて、最後は鞍上のゴーサインを必要とせずに自ら反応し、僚馬を2馬身半引き離した。余力を残しながら、迫力十分の走りと上々のタイム(ラスト1ハロン12秒2)で、サンケイスポーツ調教評価『S』をゲットした。 11日の初騎乗から数を重ねるごとに、ゴールドシップと横山典騎手は“距離”を埋めてきた。人馬がなじんだ最終調整。「最初はお互い手探りの感じだったけど、そのときと比べれば打ち解けたかな。人と馬とのコンタクトが、滑らかになってきた」とジョッキーは笑みを浮かべた。 高い素質と同時に、並外れた気性の激しさも備えているが「乗り方うんぬんは考えていない。馬の気分を邪魔しないように、走りたい気持ちに持っていくだけ。能力はすごいんだし、まともに走ってくれれば結果はついてくると思う」と語る。 昨年の宝塚記念のほか、3歳時に皐月賞、菊花賞、有馬記念を制したGI4勝馬。須貝調教師は「昨年(宝塚記念)、結果を出しているからね。最高のパフォーマンスができれば結果はついてくる。ファンの皆さんに感動を与えられるレースを」と力を込める。 発馬で後手に回り、流れに乗りきれなかった前走の天皇賞・春(7着)は度外視。史上初となる春のグランプリ連覇を達成し、ファン投票1位に応える。 (宇恵英志)★宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら★週末の天気と馬場 阪神競馬場のある兵庫県南部の天気は、土曜が曇り一時雨で、日曜は曇りの予報。土曜の降水量はたいしたことはなさそうで、宝塚記念は今のところ良馬場で行われる見込みだ。ジェンティルドンナは昨年の宝塚記念で3着に敗れたが、当時は良馬場の発表でも、前日まで雨が降っていたためしぶった馬場状態だった。良の方が持ち味が生きるタイプで、ゴールドシップは逆に道悪巧者。
2014年6月26日(木) 05:07

 2,318

【東西若手記者走る】渡部驚いた!マンボ絶好調!!
 1週間の密着取材で勝ち馬を探すGI企画『東西若手記者走る』。今週担当の渡部陽之助記者(35)は、連載3日目の25日、メイショウマンボの追い切りに心を動かされた。力強い登坂で、走りに関してはメンバー中No.1に近いもの。叩き3走目の今回、抜群のデキで、牡馬相手のGIでどこまでやれるか…。 水曜日朝、出走全馬が追い切った。個人的には坂路で単走追いをしたメイショウマンボが、No.1といってもいいぐらい。チップを豪快に巻き上げて一直線に駆け上がる姿が、日差しを浴びて輝いていた。馬場の重くなる午前7時20分頃という時間で、馬なりながら4ハロン51秒9-12秒4をマーク。最終追いでは自身2番目に速いタイムだ。 「時計は(予定より)速かったけど、折り合ってのものだからよかった。(調教に乗った)武幸騎手も『いいですね』と言っていました。この春一番の状態で出せそうですね」 追い切り後は武幸騎手と乗り替わり、自らマンボにまたがって厩舎に戻った飯田祐調教師。その後、調教スタンドに戻ってきたところを直撃すると前向きなコメント。普段は慎重な師から、想像以上の言葉を聞くことができた。 今年初戦の産経大阪杯は7着に敗れたが、前走のヴィクトリアマイルで2着。「2走前と違い、前走後は東京帰りでも馬体の回復が早かった」と近況を続ける。それを示すように1週前の19日にはCWコースで6ハロン82秒1-11秒9の好時計で2馬身先着。「折り合って伸びていたのはよかったですね」とトレーナーは回顧。600メートルの距離延長も問題ないだろう。 好調教、回復の早さが、明らかに叩き3走目での上積みを物語っている。飯田祐調教師が「状態は(絶好調だった)エリザベス女王杯と遜色はないと思う」というのも素直に受け止められた。 さらに担当の塩見助手は、「腹、腰回りに筋肉がついてきた。しっかり負荷をかけられているし、怖いくらい順調ですね」と目を細める。4歳夏を迎えての成長度も申し分ない。今年は4頭の牝馬が出走予定だが、メイショウマンボが馬券圏内をにぎわせても不思議ではない。 (渡部陽之助)★宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年6月26日(木) 05:06

 1,301

【宝塚記念】追って一言
 ◆ヒットザターゲット・清生助手 「気合が乗って、抑えるのに苦労するくらいでした。過去の宝塚記念のときよりも状態はいいと思います」 ◆フェイムゲーム・北村宏騎手 「先週は併せた相手に取りつくのにもたついたけど、きょうはスムーズにいけた。体の使い方は良かったし、気持ちも乗ってきた」
2014年6月26日(木) 05:05

 1,206

宝塚記念の直前追い切り情報をもっと見る >

宝塚記念過去10年の結果

2013年6月23日() 阪神競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 ゴールドシップ 内田博幸 2:13.2 2.9倍 105.0
2着 ダノンバラード 川田将雅 3 1/2 43.8倍 101.7
3着 ジェンティルドンナ 岩田康誠 クビ 2.4倍 101.7
2012年6月24日() 阪神競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
2011年6月26日() 阪神競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 アーネストリー 佐藤哲三 2:10.1 13.6倍 107.3
2着 ブエナビスタ 岩田康誠 1 1/2 2.8倍 106.2
3着 エイシンフラッシュ 安藤勝己 ハナ 5.6倍 106.2

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

宝塚記念ステップレース

2014年6月8日() 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:不良
1着 10 ジャスタウェイ 柴田善臣 1:36.8 1.7倍 105.0
2着 12 グランプリボス 三浦皇成 ハナ 148.4倍⑯ 105.0
3着 11 ショウナンマイティ 北村宏司 37.1倍 101.2
4着 9 ダノンシャーク 内田博幸 クビ 34.7倍 100.4
5着 17 ワールドエース C.ウィリアムズ クビ 9.6倍 100.4
2014年6月7日() 阪神競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 11 エアソミュール 戸崎圭太 1:59.1 3.9倍 102.4
2着 10 アドマイヤタイシ 岩田康誠 ハナ 16.8倍 102.4
3着 2 フラガラッハ 高倉稜 ハナ 25.3倍 102.4
4着 3 カレンミロティック 池添謙一 クビ 4.0倍 102.4
5着 8 シゲルササグリ 川田将雅 1 3/4 79.1倍 100.6
2014年6月1日() 東京競馬場/芝2500m
天候: 馬場:
1着 14 マイネルメダリスト 蛯名正義 2:31.0 16.2倍 99.3
2着 9 ラブイズブーシェ 古川吉洋 アタマ 32.4倍 99.3
3着 1 プロモントーリオ 三浦皇成 アタマ 11.0倍 99.3
4着 11 アウォーディー 横山典弘 ハナ 7.2倍 99.3
5着 7 ラブリーデイ 川田将雅 2.5倍 98.4
2014年6月1日() 東京競馬場/芝2400m
天候: 馬場:
1着 2 ワンアンドオンリー 横山典弘 2:24.6 5.6倍 100.6
2着 13 イスラボニータ 蛯名正義 3/4 2.7倍 100.1
3着 3 マイネルフロスト 松岡正海 1 1/2 108.0倍⑫ 99.2
4着 14 タガノグランパ 菱田裕二 クビ 230.3倍⑯ 99.2
5着 5 トゥザワールド 川田将雅 クビ 3.9倍 98.7
2014年5月4日() 京都競馬場/芝3200m
天候: 馬場:
1着 7 フェノーメノ 蛯名正義 3:15.1 11.5倍 105.5
2着 12 ウインバリアシオン 武幸四郎 クビ 6.5倍 105.5
3着 6 ホッコーブレーヴ 田辺裕信 ハナ 101.5倍⑫ 105.5
4着 14 キズナ 武豊 1/2 1.7倍 105.1
5着 9 タニノエポレット 和田竜二 1 1/2 169.4倍⑬ 104.4

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

宝塚記念の歴史と概要


2013、14年の優勝馬ゴールドシップ

上半期の中央競馬を締めくくるグランプリレースで、長距離路線、マイル中距離路線を戦ってきたトップホースが一堂に会す。古くはシンザン、スピードシンボリ、ハイセイコー、トウショウボーイなど、優勝馬の欄には往年の名馬の名前がズラリ。第29回(1988年)は昭和から平成にかけてオグリキャップとともに“芦毛対決”で競馬シーンを盛り上げたタマモクロスが勝ち、第31回(1990年)にはそのライバルだったオグリキャップが単勝1.2倍の断然人気を背負いながらまさかの2着に敗れる“事件”が起きた。また、第32~34回(1991~1993年)にかけては、メジロライアンメジロパーマーメジロマックイーンと異なるメジロ勢が3連覇するという珍しい記録が生まれている。第39回(1998年)は絶頂期のサイレンススズカが逃げきって待望のG1タイトルを獲得。第42回(2001年)は、ずっと後塵を拝してきた宿敵テイエムオペラオーメイショウドトウが初めて撃破したことで、おおいに盛り上がった。第47回(2006年)はディープインパクト、第53回(2012年)はオルフェーヴルと、3冠馬が貫禄の勝利。そしてゴールドシップが、第54~55回(2013~2014年)と史上初の連覇を達成した。

▼2013年のゴールドシップは天皇賞敗戦からの見事な復活劇を遂げた。

歴史と概要をもっと見る >

宝塚記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月23日(
産経賞オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

競馬番組表

2018年9月22日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2018年9月23日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る