会員登録はこちら
皐月賞 G1   日程:2014年4月20日() 15:40 中山/芝2000m

レース結果

皐月賞 G1

2014年4月20日() 中山/芝2000m/18頭

本賞金:9,700万 3,900万 2,400万 1,500万 970万


レコード:1分58秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 2

イスラボニータ

牡3 57.0 蛯名正義  栗田博憲 462(0) 1.59.6 5.1 2
2 8 17

トゥザワールド

牡3 57.0 川田将雅  池江泰寿 510(-8) 1.59.8 1 1/4 3.5 1
3 8 18

ウインフルブルーム

牡3 57.0 柴田大知  宮本博 488(-2) 1.59.9 1/2 24.9 8
ラップタイム 12.3 - 11.4 - 11.9 - 11.9 - 12.7 - 12.1 - 12.0 - 11.6 - 11.7 - 12.0
前半 12.3 - 23.7 - 35.6 - 47.5 - 60.2
後半 59.4 - 47.3 - 35.3 - 23.7 - 12.0

■払戻金

単勝 2 510円 2番人気
複勝 2 190円 2番人気
17 150円 1番人気
18 470円 8番人気
枠連 1-8 330円 1番人気
馬連 2-17 920円 1番人気
ワイド 2-17 390円 1番人気
2-18 1,990円 25番人気
17-18 1,250円 14番人気
馬単 2-17 1,900円 2番人気
3連複 2-17-18 7,690円 22番人気
3連単 2-17-18 33,490円 98番人気

皐月賞のニュース&コラム

【3歳次走報】フルブルーム、NHKマイルCへ
 ★皐月賞3着ウインフルブルーム(栗・宮本、牡)、10着ロサギガンティア(美・藤沢和、牡)はNHKマイルC(5月11日、東京、GI、芝1600メートル)へ。4着ワンアンドオンリー(栗・橋口、牡)は日本ダービー(6月1日、東京、GI、芝2400メートル)。11着同着バウンスシャッセ(美・藤沢和、牝)はオークス(5月25日、東京、GI、芝2400メートル)へ。 ★皐月賞6着アジアエクスプレス(美・手塚、牡)は25日、ノーザンファーム天栄へ放牧に出て、しばらく休養。ジャパンダートダービー(7月9日、大井、交流GI、ダ2000メートル)も視野にあるが、ユニコーンS(6月22日、東京、GIII、ダ1600メートル)が有力。 ★忘れな草賞を勝ったディルガ(栗・矢作、牝)はオークスに挑戦する。 
2014年4月24日(木) 05:00

 622

【POG】ダービー楽しみ、皐月7着キャニオン
 デスク 先週は指名馬3頭が出走。皐月賞に和田のベルキャニオンが出たが7着 和田 がんばりました。さすがに4コーナー16番手からでは厳しいですが、ちゃんと走っていたし、次へのステップと思っていましたから デスク モタれたりしなかったからな 和田 舌を縛った効果で、口向きは良くなっていました デスク ならダービー(6月1日、東京、GI、芝2400メートル)が楽しみ、といいたいが、収得賞金1150万円と、このままでは微妙 和田 でも、アジアエクスプレスとか、皐月賞組でもダービーに行かない馬もいるので、トライアル組をプラスしても、ギリギリ大丈夫かなと。東京コースはいいし、楽しみです デスク 指名馬の3年連続ダービーVに向けて、頑張ってもらいたいね。じゃあ、今週の出走馬は 森田 東京ではサンスポ賞フローラSに柴田くんのサングレアル、新緑賞(26日、500万下、芝2300メートル)に藤沢くんのオリハルコンと芳賀さんのテスタメントがエントリーしています デスク ブエナビスタの妹のサングレアルは抽選対象だが、出走できれば注目だな 柴田 先週、栗東で聞いてきましたが、乗り込みは十分だし、落ち着いているのがいいですね。体つきも良くなって、休養前の418キロより増えています デスク 新緑賞はワンツーもありそうだな
2014年4月23日(水) 05:02

 848

ボニータいざ2冠!4戦4勝の東京でダービー頂き!
 皐月賞を制覇したイスラボニータ(美・栗田博、牡3)は一夜明けた21日、全休日だった茨城県美浦トレセンの自厩舎で静養した。今後は短期放牧を挟み、日本ダービー(6月1日、東京、GI、芝2400メートル)で2冠達成を目指す。 初めての右回り、2000メートルを全く問題にせず、昨秋のいちょうSから4連勝で皐月賞を制したイスラボニータは21日朝、黒鹿毛の馬体を輝かせて元気いっぱいの姿を見せた。開業35年目でクラシック初制覇を遂げた栗田博調教師は、満面の笑みを浮かべて健闘を労った。 「よく頑張ってくれた。カイバもいつも通り普通に食べているし、ガクンとくるようなダメージもない」 23日に宮城県山元トレセンに移動し、2週間の放牧を経てダービーに挑む予定。「気持ちがたかぶることなく走ってくれれば、2400メートルも克服できる思う」とトレーナーの期待は大きい。 東京競馬場は東京スポーツ杯2歳S、共同通信杯と重賞2勝を含む4戦全勝と相性抜群。2011年オルフェーヴルに次ぐ3年ぶり23頭目の春2冠制覇へ、見通しは明るい。 (片岡良典)★20日中山11R「皐月賞」の結果はこちら
2014年4月22日(火) 05:00

 752

【次は買い】皐月賞5着ステファノス
★皐月賞・15番人気5着 《レース》初の長距離輸送も馬体は増減ゼロ。最初の直線で外から馬が密集したため後方からになったが、4角過ぎからジワジワ伸び、アジアエクスプレスを捕らえて5着に食い込んだ。 《次走ポイント》「思いどおりの競馬ができた。4角からは勝った馬をマークして運んだけどついて行けなかった」と後藤騎手。ディープインパクト産駒ながら、パワフルな末脚が身上で馬場を問わないのが強み。NHKマイルC(5月11日、東京、GI、芝1600メートル)に進んだとしても、馬場が渋れば出番はありそうだ。★20日中山11R「皐月賞」の着順・払戻金はこちら
2014年4月21日(月) 14:25

 917

皐月賞のニュースをもっと見る >

【皐月賞】コンビ2度目戸崎アジア「しっかり結果を」
 JRAに移籍して2年目の戸崎圭太騎手(33)が、「第74回皐月賞」でクラシック初Vを狙う。コンビを組むのは2歳王者アジアエクスプレス。初コンビのフジテレビ賞スプリングSは2着に敗れたが、本番への手応えは十分。2着と惜敗した先週の桜花賞の分も、敢然と勝ちに行くつもりだ。 --初コンビを組んだスプリングSで2着 戸崎騎手「当日はテンションがすごく高かった。ただ、その点はひと叩きされたことで解消されるはず。レースでは調教よりもしっかりハミを取って力強い走りをしてくれたし、実戦でいいイメージを持ちました。(2回目になる)今回はもっといいでしょうね」 --追い切りに2週連続騎乗 「気合が乗ったというか、全身に走る気をみなぎらせている。前走時も雰囲気は良かったけど、さらに力強さが出た」 --2000メートルは 「前走の感触から(1F延びても)心配していないし、自信を持っていく。パワーがあるから荒れ馬場、道悪も大丈夫。前走の3~4角でモタついたのは自分のせい。ペースの上がるコーナーでエンジンのかかりが遅い特徴は頭に入れていたつもりだけど…。直線ではいい脚を使うので、そこは気をつけたい」 --今年は混戦 「抜けた馬がいないし人気を分け合いそう。本番で力を出し切った馬が勝つと思う。その点、この馬は乗りやすいし、フルゲートでも不安はない。持ち味の力強さ、しぶとさを引き出したい」 --先週の桜花賞はレッドリヴェールで2着 「他馬の蹄音が聞こえなくなって勝ったと思ったけど…。悔しかった。でも休み明けでよく頑張った。ハープスターを負かせるレースはあると思う。そのときが楽しみ」 --その悔しさを皐月賞にぶつける 「しっかり結果を出したい。無敗の2歳王者に前走で土をつけてしまったけど、1度乗って特徴はつかめた。この馬の力を皆さんに見せたい。とてもワクワクしている」(夕刊フジ)★皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年4月17日(木) 12:01

 1,207

【皐月賞】ロサギガンティア藤沢和流“静”
 藤沢和調教師の悲願、牡馬クラシック初制覇を託されたフジテレビ賞スプリングS馬ロサギガンティアの最終追いは“静”の動きにとどまった。 美浦Dコースをいつものように半周してからWコースへ。5Fからビューロクラート→サトノフェラーリ→ロサギガンティアの隊列でスタートした。テンのラップは1F16秒に近いゆったりしたもので、“追いつくのか”という緩いペース。それでも徐々に2頭との差を詰め、4角ではいよいよ射程圏内に。あとは柴田善騎手がスイッチオンすれば「世代上位の決め手」(津曲助手)を堪能できるはずだったが…。 大一番を前にしても頑なに“馬任せ”に徹し、ラスト1Fは13秒4と平凡。外サトノには半馬身先着したが、中ビューロには半馬身先着される拍子抜けする内容だった。 これが流儀といえばそれまでだが、先週も3頭の隊列どおり(ロサは最後方)にフィニッシュ。昨年のコディーノより扱いやすい性格なら、もう少し味付けがほしかったというのが本音だ。 「(調教で)速い時計を出すタイプじゃない。穏やかで引っ掛かるところもないので楽そうな走りをする。ゴール前では並べるかどうかくらいだったし、順調に調整できた」と、藤沢和調教師はいつものように淡々と話していた。果たして、“藤沢和流”で1冠目をゲットできるのか。(夕刊フジ)★皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年4月17日(木) 11:59

 1,071

【皐月賞】牡馬勝り!ド迫力バウンス
 1948年のヒデヒカリ以来、66年ぶりの牝馬Vを目指すフラワーC馬バウンスシャッセは、美浦Wコースで半兄ホーカーテンペストを2馬身追走した。行きたがる兄にペースを乱されることなく、直線では外から余力を残し併入。アマゾネスのように張り詰めた巨体から繰り出すフットワークは牡馬勝りのド迫力だ。 「1600メートル(桜花賞)のスピード勝負より、距離が長いほうがいいので皐月賞へ。順調にきたので速い時計は出さなかったが、動きは良かった」と藤沢和調教師。「本当に強い牡馬相手では2キロもらいでも大変」と本音(?)をもらしたが、追加登録料200万円を払っての出走は本気だ。(夕刊フジ)★皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年4月17日(木) 11:59

 865

【皐月賞】池江寿勢トゥザ&トーセン好気配
 弥生賞を制したトゥザワールドと3戦3勝のトーセンスターダムの池江寿勢2頭は17日朝、ともに厩舎周りで運動して汗を流した。両馬を担当する中沢助手は、「追い切り後も順調。どっちもチャンスがあると思います。トゥザはいい意味で好調をキープできたし、トーセンは(武)ユタカさんも言っていたけど、ここにきて馬が良くなってきた」と、上位独占へ手応え十分だ。 弥生賞でハナ差2着のワンアンドオンリーも厩舎周りで引き運動。「追ったあとも変わらんよ。追い切りの時計は少し速すぎだけど、パワーアップがなかったら、あんな時計は出ない。前走の走りができたら勝負になると俺は思っている」と、橋口調教師はニッコリ。(夕刊フジ)★皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年4月17日(木) 11:58

 760

皐月賞の直前追い切り情報をもっと見る >

皐月賞過去10年の結果

2013年4月14日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ロゴタイプ M.デムーロ 1:58.0 3.7倍 100.1
2着 エピファネイア 福永祐一 1/2 3.9倍 99.5
3着 コディーノ 横山典弘 1 1/4 4.4倍 98.4
2012年4月15日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:稍重
2011年4月24日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 オルフェーヴル 池添謙一 2:00.6 10.8倍 100.8
2着 サダムパテック 岩田康誠 2.5倍 97.8
3着 ダノンバラード 武豊 1 1/4 18.9倍 96.6

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

皐月賞ステップレース

毎日杯   G3 
2014年3月29日() 阪神競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 1 マイネルフロスト 柴田大知 1:46.7 8.0倍 98.5
2着 2 エイシンブルズアイ 秋山真一郎 ハナ 6.2倍 98.5
3着 14 ステファノス A.シュタルケ クビ 6.3倍 98.5
4着 12 ラングレー 北村宏司 1/2 3.7倍 97.8
5着 6 アズマシャトル 松山弘平 1/2 4.4倍 97.1
2014年3月23日() 中山競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 2 ロサギガンティア M.デムーロ 1:48.4 5.6倍 101.1
2着 4 アジアエクスプレス 戸崎圭太 1 1/4 2.3倍 99.8
3着 10 クラリティシチー 内田博幸 クビ 6.3倍 99.8
4着 5 モーリス 川田将雅 1 1/4 19.8倍 98.4
5着 9 リーゼントロック 松岡正海 1 1/4 88.4倍 97.1
2014年3月22日() 阪神競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 3 アドマイヤデウス 岩田康誠 2:01.4 5.1倍 96.1
2着 12 ウインフルブルーム 柴田大知 1.8倍 94.9
3着 2 サウンズオブアース M.デムーロ 1 1/2 5.5倍 93.7
4着 6 メイショウチギリ 武豊 18.4倍 92.0
5着 11 カバーストーリー 幸英明 1 1/4 123.4倍⑪ 90.8
2014年3月9日() 中山競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 10 トゥザワールド 川田将雅 2:01.4 1.6倍 97.6
2着 11 ワンアンドオンリー 横山典弘 ハナ 9.8倍 97.6
3着 3 アデイインザライフ 戸崎圭太 2 1/2 7.8倍 95.2
4着 1 エアアンセム 後藤浩輝 クビ 25.4倍 95.2
5着 6 キングズオブザサン 大野拓弥 1 3/4 8.2倍 93.4
2014年2月24日(月) 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 7 イスラボニータ 蛯名正義 1:48.1 2.2倍 97.5
2着 2 ベルキャニオン 福永祐一 1 1/4 7.2倍 96.2
3着 5 サトノアラジン 岩田康誠 3.3倍 94.2
4着 12 マイネルフロスト 三浦皇成 クビ 33.3倍 94.2
5着 11 ピオネロ U.リスポリ 1 1/2 14.6倍 92.9

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

皐月賞の歴史と概要


2011年の優勝馬オルフェーヴル

クラシック3冠の幕開けを飾る一戦。「最も速い馬が勝つレース」と言われ、スピードとスタミナを兼備した3歳のトップホースたちが中山芝2000mを舞台に覇を競う。グレード制導入以前は、第33回(1973年)のハイセイコー、第35回(1975年)のカブラヤオー、第36回(1976年)のトウショウボーイなど、ファンの多い個性派たちが栄冠を獲得するケースが多く見られた。グレード制導入後は、競走体系の整備が進んでよりスピード色の強いレースとなり、第55回(1995年)のジェニュイン、第64回(2004年)のダイワメジャー、第73回(2013年)のロゴタイプと、3頭のこのレースの勝ち馬が古馬になってマイルG1を制している。また、セントライト、シンザン、ミスターシービーシンボリルドルフナリタブライアンディープインパクトオルフェーヴルの7頭が、皐月賞制覇のあと2冠目の日本ダービー、3冠目の菊花賞とタイトル獲得を重ねて3冠馬となった。第75回(2015年)はドゥラメンテが直線入口で大斜行するも、異次元の末脚を繰り出して圧勝。その衝撃的な勝ちっぷりは、すでに伝説となりつつある。

▼2015年のドゥラメンテは最後の直線で大斜行も末脚を披露し圧勝した。

歴史と概要をもっと見る >

皐月賞の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月23日(
産経賞オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

競馬番組表

2018年9月22日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2018年9月23日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る