会員登録はこちら
マイルチャンピオンS G1   日程:2014年11月23日() 15:40 京都/芝1600m

レース結果

マイルチャンピオンS G1

2014年11月23日() 京都/芝1600m/17頭

本賞金:10,000万 4,000万 2,500万 1,500万 1,000万


レコード:1分31秒4
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 12

ダノンシャーク

牡6 57.0 岩田康誠  大久保龍 444(+2) 1.31.5 18.1 8
2 4 8

フィエロ

牡5 57.0 福永祐一  藤原英昭 508(-2) 1.31.5 ハナ 5.6 3
3 2 3

グランデッツァ

牡5 57.0 秋山真一  平田修 498(0) 1.31.7 1 1/2 18.6 9
ラップタイム 12.0 - 10.4 - 11.3 - 11.6 - 11.4 - 11.5 - 11.3 - 12.0
前半 12.0 - 22.4 - 33.7 - 45.3 - 56.7
後半 57.8 - 46.2 - 34.8 - 23.3 - 12.0

■払戻金

単勝 12 1,810円 8番人気
複勝 12 390円 5番人気
8 200円 2番人気
3 600円 9番人気
枠連 4-6 1,970円 10番人気
馬連 8-12 3,890円 11番人気
ワイド 8-12 1,160円 8番人気
3-12 4,320円 49番人気
3-8 1,990円 21番人気
馬単 12-8 11,460円 44番人気
3連複 3-8-12 25,760円 77番人気
3連単 12-8-3 193,290円 567番人気

マイルチャンピオンSのニュース&コラム

【古馬次走報】ディアデラマドレ、愛知杯へ
 ★エリザベス女王杯3着ディアデラマドレ(栗・角居、牝4)は、愛知杯(12月20日、中京、GIII、芝2000メートル)に向かう。 ★マイルCS5着エキストラエンド(栗・角居、牡5)は、京都金杯(1月4日、京都、GIII、芝1600メートル)へ。15着クラレント(栗・橋口、牡5)は、京都金杯か阪神C(12月27日、阪神、GII、芝1400メートル)へ。 ★霜月S勝ちジョヴァンニ(栗・千田、牡5)は、ファイナルS(12月28日、阪神、OP、ダ1400メートル)か兵庫GT(12月24日、園田、交流GIII、ダ1400メートル)へ。 ★マイルCS14着レッドアリオン(栗・橋口、牡4)は、リゲルS(12月20日、阪神、OP、芝1600メートル)に向かう。
2014年11月27日(木) 05:04

 432

【マイルCS】5センチ差!シャーク悲願ガブリ!!
 第31回マイルCS(23日、京都11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・外1600メートル、1着本賞金1億円=出走17頭)岩田康誠騎乗の8番人気ダノンシャークが最内を突いて鮮やかに差し切り、重賞3勝目でGI初制覇。フィエロとの大接戦を約5センチ差でものにした。タイム1分31秒5(良)は2010年エーシンフォワードのレースレコードを0秒3更新した。1番人気のミッキーアイルは13着、連覇を狙ったトーセンラーは4着に敗れた。 残り200メートルを切ってダノンシャークは最内に進路を取ると、先に抜け出したフィエロに一完歩ずつ迫る。最後は2頭が鼻面をそろえる形でゴール。僅か5センチのハナ差でGI初制覇を成し遂げた。 「いいレースができました。フィエロが前にいたので、道をつくってくれると信じて、内を突きました。でも本当にうまく1頭分あるかないかのところを突けましたね」 初騎乗で鮮やかな手綱さばきを見せた岩田騎手が、笑顔で汗をぬぐう。 「脚は素晴らしいものがある」と信じて挑んだ岩田騎手は、ハイペースのなか中団の内めに導く。「壁を作りながら進み、追い出しを待った」という作戦が奏功した。 してやったりの表情は大久保龍調教師だ。「最近は、先行して目標にされる負けパターンだったから、絶対に前に行かずにしまいの脚を生かす競馬をしようと思っていた」と、2007年菊花賞(アサクサキングス)以来となるGI2勝目に目を細めた。 マイルCSは3年連続の挑戦。とくに昨年は1番人気で3着(一昨年6着)に敗れているだけに、トレーナーは「絶対にGIは獲れる」と強い気持ちで臨んだ。レース後は、「こう乗るだろうと、きのうの夢にも出てきた。満点ですね」と殊勲の騎手とがっちり握手した。 今後は、登録した香港マイル(12月14日、シャティン、GI、芝1600メートル)も「選択肢のひとつ。体調を見てからですね」とトレーナー。「GI馬になったし、恥ずかしくないレースができるよう、次もきっちり調整したい」とさらなる活躍を誓った。遅咲きのマイル王者の今後から目が離せない。 (渡部陽之助)ダノンシャーク 父ディープインパクト、母カーラパワー、母の父カーリアン。鹿毛の牡6歳。栗東・大久保龍志厩舎所属。北海道日高町・下河辺牧場の生産馬。馬主は(株)ダノックス。戦績29戦7勝。獲得賞金は4億3367万4000円。重賞は2013年GIII京都金杯、同年GIII富士Sに次いで3勝目。マイルCSは大久保龍志調教師が初勝利、岩田康誠騎手は10年エーシンフォワードに次いで2勝目。馬名の意味は冠名+鮫のような速い動きを期待して。アラカルト ★京都の芝マイル重賞を席巻 ディープインパクト産駒は今年の京都芝マイル重賞(全6戦)で出走機会5戦5勝。そのうち京都金杯、京都牝馬S、マイラーズC、マイルCSの4戦でワンツーを飾った。ちなみに、産駒が不出走だったデイリー杯2歳Sはディープの全兄にあたるブラックタイド産駒のタガノエスプレッソが勝った。★23日京都11R「マイルCS」の着順&払戻金はこちら
2014年11月24日(月) 05:08

 1,178

【マイルCS】馬主・野田氏は大喜び「興奮した」
 第31回マイルCS(23日、京都11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・外1600メートル、1着本賞金1億円=出走17頭)2010年のNHKマイルC(ダノンシャンティ)以来のGI制覇にダノンシャークの馬主、野田順弘(まさひろ)氏(76)=(株)オービック代表取締役会長=は、満面に笑みを浮かべた。 「着差が着差なので、興奮しました。それに今年はそれほど期待をしていなかったので、余計ですね」。昨年は1番人気で3着だけに、喜びはひとしおだった。 生産者である下河辺牧場の下河辺俊行会長(72)はテレビ観戦。「最後できっちりかわすところは、岩田くんの技量と思います。また、厩舎関係者も最高に仕上げてくれました」と電話で喜びを語った。今年は全弟が生まれ、全妹の2歳は美浦の久保田厩舎に入厩予定だ。★23日京都11R「マイルCS」の着順&払戻金はこちら
2014年11月24日(月) 05:07

 760

【マイルCS】1番人気アイル、ハナ切れず…13着
 第31回マイルCS(23日、京都11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・外1600メートル、1着本賞金1億円=出走17頭)1番人気に推された3歳馬ミッキーアイルは13着と完敗。外枠から好スタートを切ったが、ホウライアキコを行かせて2番手に。4コーナーで先頭に立ち、押し切りを狙ったが残り200メートルで失速し、馬群に沈んだ。浜中騎手は「前の馬を追いかける形になって力んだ。今までハナを切って自分のリズムの競馬しかしていなかったので、モロさが出た」と肩を落とした。★23日京都11R「マイルCS」の着順&払戻金はこちら
2014年11月24日(月) 05:07

 834

マイルチャンピオンSのニュースをもっと見る >

【マイルCS】アリオン破壊力抜群!2馬身先着
 富士S3着のレッドアリオンは、ひとつ上の兄クラレントとともにビッグタイトル獲りに臨む。「破壊力は兄以上」と橋口調教師も惚れ込む瞬発力を、追い切りでもしっかりアピールした。 栗東坂路で外キラウエアを2馬身追走。気持ちの勝ったタイプだが、うまく鞍上がなだめて折り合いはスムーズ。その分、しまいはきっちり弾け、一気に2馬身突き放した。 「体重が重い持ち乗りが乗って、この時計なら上々だ。木曜に追ったのも番組の関係だけ。体調面には何の不安もない」と、躍動感あふれる動きにトレーナーは満足げ。 当然勝算を見込んでの挑戦で、「脈がなかったら、わざわざ一緒に使わんよ。(アリオンの)2走前の勝ちっぷりは“お前らとは格が違う”という走りだったし、しまいの脚はヒケを取らないと思う。いかに気分良く走らせられるかは、小牧(騎手)の腕次第。彼も相当イレ込んでるみたいだな」。この秋のトレンド“重賞未勝利馬”のGI獲りへ、チャンスだ。(夕刊フジ)★マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年11月20日(木) 11:46

 854

【マイルCS】スピード感満点!アキコ12秒0
 NHKマイルC5着以来、6カ月半ぶりとなるホウライアキコは、栗東坂路単走で仕上げられた。前半はゆったりとしたペースで進んで、3F目から一気に加速。スピード感たっぷりのフットワークで、後半2Fを伸びのある12秒1-12秒0でまとめた。 「動きが少し重いかなと思ったけど、時計は出るね。無理はしていないし、やれば動くタイプ。休養が長くなったけど、帰厩してからは順調にきている。精神面の成長も感じるが、今回はGIでメンバーがそろっているからね」と南井調教師。初の古馬相手だけに慎重な姿勢だが、態勢は整った様子。デイリー杯2歳Sを勝っている舞台でどこまで。(夕刊フジ)★マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年11月20日(木) 11:45

 658

【東西現場記者走る】エース復活導くブドーの腕!
 1週間にわたる密着取材で勝ち馬を探り出すGI企画の3日目。マイルCSを担当する東京サンケイスポーツの板津雄志記者(35)は、最終追い切りが行われた19日、栗東トレセンでワールドエースに注目した。秋初戦の毎日王冠で13着に大敗した影響はあるのか、鞍上のブドーはどういうジョッキーなのか…。ディープインパクト産駒の実力馬の復活の可能性を探った。 前日よりグッと冷え込んだ午前7時前、追い切る馬が殺到する坂路でワールドエースの姿を見つけた。毎日王冠での13着惨敗から劇的な復活はあるのか。最終追い切りのチェックが重要だ。 ミッキーシーガル(2歳未勝利)を2、3馬身追走し、残り1ハロン手前ですでに半馬身前へ。ブドー騎手が仕掛けると、4ハロン52秒1-12秒4で1馬身半先着した。鞍上の表情は明るい。 「すごくいい。先週も乗ったが、高いレベルで安定している。スピードがあって走りも力強い。1マイルの競馬はベストの印象だ」 最近はブーツ未着用で騎乗の話題ばかりが先行しているブドー騎手。来日初週こそ未勝利だったものの、その後の3週間で7勝をマークし、日本の競馬への適応力の高さを感じずにはいられない。「日本のジョッキーは乗り方がきれいで戦略も優れている。それに頑張って勝とうと必死なんだ」と弱冠21歳のフランスの有望株は語る。 ブドー騎手は特にゴール前での追い比べに強い印象がある。それについてワールドエースを管理し、同騎手の身元引受調教師でもある池江調教師に聞くと、「リーチの長さだね」と明快な回答が得られた。身長1メートル73と騎手としては大柄で腕も長い。「あれは彼の大きな武器。だから追い負けない」と期待をかける。 ワールドエースについては「前走は休み明けで(体が)できていなかったのかもしれない。1回使った上積みはあると思う」とトレーナー。今回は、急仕上げだった春のGIIマイラーズCでレコード勝ちした京都の芝1600メートルに舞台が替わる。 一昨年には皐月賞2着、ダービー4着とクラシック戦線をにぎわした底力の持ち主。鮮やかな復活も十分あるのではないか。 (板津雄志)★マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちらピエールシャルル・ブドー(Pierre-Charles Boudot) 1992年12月21日生まれ、21歳。フランス出身。2009年にフランス騎手免許を取得。13年に122勝を挙げ、仏リーディング3位に躍進。今年のロトシルト賞、パリ大賞典と仏GIを2勝。母国で関係者から『スミヨン(仏リーディング1位)の牙城を崩すのはブドーだ』と有望視されている。今秋、短期免許で初来日して騎乗。19日現在、JRA46戦7勝。1メートル73、53キロ。
2014年11月20日(木) 05:09

 1,421

【マイルCS】ラー、Vパターン追いで連覇だ!
 GIマイルチャンピオンシップ(23日、京都、芝1600メートル)へ向け、昨年の優勝馬トーセンラー(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)が19日、滋賀・栗東トレーニングセンターで追い切りを行った。坂路で鋭いフットワークを披露。昨年と同様、坂路で調教を積んでマイル仕様になっており、2007年のダイワメジャーに次ぐ史上6頭目の連覇へ視界良好だ。レースの枠順は21日に発表される。 トーセンラーは馬場開場直後の午前7時、坂路に一番乗り。武豊騎手を背に朝日を浴びながら力強い脚さばきをみせた。 「乗り慣れたジョッキーに確認してもらい、予定通り『いい感じできていますね』とジャッジしてもらった。能力を発揮できると思います」 藤原英調教師は太鼓判を押した。 マトリックスコード(1000万下)を追走。弾むような脚取りで駆け上がった。最後に自ら加速して半馬身先着。4ハロン(800メートル)53秒5と全体時計が控えめで、サンケイスポーツ調教評価は『S』に次ぐ『A』となったが、ラスト1ハロン(200メートル)は12秒2の鋭さだ。 「去年の馬の作り方が間違いではなかったからね。大まかな作りとしては、これでいいと思う」 もともと2000メートル以上で活躍していたが、昨年のこのレースで1600メートル戦に初出走した。事前に、スピードに対応できるようにCWコースで6ハロン(1200メートル)追う形から、坂路で4ハロン追う方法に変更。その成果で快勝した。2011年の菊花賞(芝3000メートル)で3着、13年の天皇賞・春(芝3200メートル)では2着と長距離GIでも実績を残してきた馬が、鮮やかな変身を遂げた。 今年も秋は昨年と同じ京都大賞典(3着)で始動。その後は坂路でマイル仕様に仕上げるVパターンを踏襲している。ただ微調整もした。昨年は調教助手が常に手綱を取ったが、今年は2週前に体重の軽い若手騎手(小崎騎手)が騎乗。1週前には武豊騎手を背に4ハロン53秒3-12秒0としっかりと併せ馬を行った。 京都は11戦して4勝、2着2回、3着4回、4着1回と得意のコース。トレーナーは「昨年から『もう一度、ここを最大目標に』と考えてきた。(3コーナーからの)坂を利用して勝負するのは、この馬の専売特許。連覇できるよう頑張りたい」と力を込める。 香港のGI・香港マイル(12月14日、シャティン、芝1600メートル)の招待状が届き、陣営は受諾しているが、「ここが集大成の気持ち。全力投球だよ」と言い切る。 3歳マイル王ミッキーアイル、GIIマイラーズCを制した大器ワールドエース、今年のサマーマイルシリーズ王者クラレント…。強敵はそろうが、トーセンラーは史上6頭目の連覇へ向けて突き進む。 (渡部陽之助)★マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年11月20日(木) 05:08

 664

マイルチャンピオンSの直前追い切り情報をもっと見る >

マイルチャンピオンS過去10年の結果

2013年11月17日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2012年11月18日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
1着 サダムパテック 武豊 1:32.9 10.5倍 103.6
2着 グランプリボス 内田博幸 クビ 4.0倍 103.6
3着 ドナウブルー C.スミヨン 1/2 11.1倍 102.8
2011年11月20日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
1着 エイシンアポロン 池添謙一 1:33.9 9.8倍 107.1
2着 フィフスペトル 横山典弘 クビ 32.6倍 107.1
3着 サプレザ C.ルメール 1 1/2 8.4倍 105.6

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

マイルチャンピオンSステップレース

2014年11月2日() 東京競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 4 スピルバーグ 北村宏司 1:59.7 11.0倍 101.8
2着 1 ジェンティルドンナ 戸崎圭太 3/4 4.7倍 101.2
3着 15 イスラボニータ C.ルメール アタマ 2.8倍 101.2
4着 11 ラブイズブーシェ 古川吉洋 1/2 119.3倍⑯ 100.6
5着 2 ヒットザターゲット 武豊 ハナ 34.6倍 100.6
2014年11月1日() 京都競馬場/芝1400m
天候: 馬場:
1着 11 ミッキーアイル 浜中俊 1:20.3 2.5倍 104.5
2着 12 サンライズメジャー 池添謙一 1/2 8.5倍 103.6
3着 5 フィエロ 福永祐一 ハナ 4.5倍 103.6
4着 3 サドンストーム 国分優作 1 1/4 139.0倍⑬ 101.9
5着 1 ウイングザムーン 秋山真一郎 8.7倍 100.1
2014年10月25日() 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 16 ステファノス 戸崎圭太 1:33.2 6.1倍 99.5
2着 7 シャイニープリンス 柴田大知 クビ 37.1倍 99.5
3着 11 レッドアリオン 小牧太 3/4 9.1倍 98.8
4着 4 ロサギガンティア 柴田善臣 ハナ 7.6倍 98.8
5着 9 エキストラエンド 田辺裕信 アタマ 22.8倍 98.8
2014年10月12日() 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 2 エアソミュール 武豊 1:45.2 13.1倍 101.1
2着 6 サンレイレーザー 田辺裕信 クビ 44.3倍 101.1
3着 8 スピルバーグ 北村宏司 クビ 8.3倍 100.4
4着 1 ディサイファ 四位洋文 ハナ 11.5倍 100.4
5着 9 グランデッツァ 秋山真一郎 1 1/2 6.0倍 99.1
2014年10月5日() 新潟競馬場/芝1200m
天候: 馬場:
1着 18 スノードラゴン 大野拓弥 1:08.8 46.5倍 102.2
2着 9 ストレイトガール 岩田康誠 1/2 3.6倍 101.1
3着 13 レッドオーヴァル 田辺裕信 アタマ 13.8倍 101.1
4着 14 グランプリボス 三浦皇成 アタマ 10.6倍 101.1
5着 12 ベルカント 武豊 ハナ 27.8倍 101.1
2014年9月14日() 新潟競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 3 クラレント 田辺裕信 1:33.3 4.9倍 100.6
2着 6 ブレイズアトレイル 津村明秀 3/4 20.0倍 99.8
3着 7 ミトラ M.エスポジート クビ 29.1倍 99.8
4着 2 キングズオブザサン 蛯名正義 3/4 8.8倍 99.1
5着 4 サトノギャラント 北村宏司 クビ 3.9倍 98.3

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

マイルチャンピオンSの歴史と概要


2006、07年の優勝馬ダイワメジャー

秋のチャンピオンマイラーを決める一戦。逆転はとうてい不可能と思われる位置からバンブーメモリーを捕らえ切った第6回(1989年)におけるオグリキャップの追撃は、競馬ファンの心に永遠に刻み込まれている。過去、同年の安田記念と併せて勝利し「春秋マイル統一王座」を獲得した馬はニホンピロウイナー(第2回)、ノースフライト(第11回)、タイキシャトル(第15回)、エアジハード(第16回)、ダイワメジャー(第24回)、モーリス(第32回)の6頭。錚々たる名が並ぶ。2年連続で道中で掛かり気味に先頭に立ちながらそのまま押し切ったダイタクヘリオス(第8、9回)や、鮮烈な追い込みを決めたデュランダル(第20、21回)など、勝ち馬には個性派も多い。

▼デュランダルは豪快な末脚を武器に2003、2004年と同レース連覇を達成した。

歴史と概要をもっと見る >

マイルチャンピオンSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月29日(
シリウスステークス G3
2018年9月30日(
スプリンターズS G1

競馬番組表

2018年9月29日(
4回中山8日目
4回阪神8日目
2018年9月30日(
4回中山9日目
4回阪神9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る