会員登録はこちら
優駿牝馬(オークス) G1   日程:2011年5月22日() 15:40 東京/芝2400m

レース結果

優駿牝馬(オークス) G1

2011年5月22日() 東京/芝2400m/18頭

本賞金:9,700万 3,900万 2,400万 1,500万 970万


レコード:2分22秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 2 4

エリンコート

牝3 55.0 後藤浩輝  笹田和秀 456(-2) 2.25.7 37.2 7
2 8 18

ピュアブリーゼ

牝3 55.0 柴田善臣  古賀慎明 436(+2) 2.25.7 クビ 39.8 8
3 6 12

ホエールキャプチャ

牝3 55.0 池添謙一  田中清隆 452(-2) 2.25.7 ハナ 3.0 2
ラップタイム 12.9 - 11.2 - 11.8 - 12.4 - 12.4 - 12.2 - 12.8 - 12.2 - 12.5 - 11.8 - 11.5 - 12.0
前半 12.9 - 24.1 - 35.9 - 48.3 - 60.7
後半 60.0 - 47.8 - 35.3 - 23.5 - 12.0

■払戻金

単勝 4 3,720円 7番人気
複勝 4 800円 9番人気
18 780円 7番人気
12 140円 2番人気
枠連 2-8 2,770円 9番人気
馬連 4-18 42,750円 64番人気
ワイド 4-18 9,510円 64番人気
4-12 1,720円 15番人気
12-18 1,810円 19番人気
馬単 4-18 104,460円 128番人気
3連複 4-12-18 45,120円 93番人気
3連単 4-18-12 548,190円 819番人気

優駿牝馬(オークス)のニュース&コラム

【日本ダービー】ベルシャ、後藤で万全!
 東西トレセンでダービーの追い切りが25日、行われた。ベルシャザールは、オークスをエリンコートで制した後藤騎手を背に、栗東坂路で力強く先着。 大器が勢いに乗るジョッキーを背に、ダービー制覇を狙っている。昨年12月のホープフルSでナカヤマナイトを破り、皐月賞で3番人気に支持された素質馬ベルシャザール。その皐月賞は11着に敗れたが、同じ東京芝2400メートルのGIオークスをエリンコートで制した後藤騎手とのコンビで、改めて頂点奪取に挑む。 「余力を持って抜け出したし、文句ない追い切りができましたね」 栗東トレセンに駆けつけて、初めてパートナーの感触を確かめた後藤が笑顔を見せた。栗東坂路で僚馬ザサンデーフサイチ(牡7、1600万下)を追いかけてスタートし、残り3ハロン過ぎからしばらく併走。ゴール前で鞍上のゴーサインに反応してスッと抜け出し、2馬身先着した。550キロを超える巨漢だが、その動きは軽快。4ハロン53秒9-39秒9-13秒1という時計以上にスピード感を感じさせた。 「すぐに息が入ったし、フォームが崩れないまま走っていた」と納得の表情だった後藤は「いかにこの馬のよさを引き出せるかですね」と2週連続のクラシック制覇に向けて意欲を燃やす。 松田国英調教師も最終追い切りの動きには満足の様子。「馬の後につけて、並びかけて、抜け出す。この一連の動きを、頭を低くしたフォームでできるかどうかをチェックしていましたが、できていましたね」と、合格点を出した。過去に02年のタニノギムレット、04年のキングカメハメハでダービー2勝のトレーナー(現役では松山康調教師と2人)。ダービーの勝ち方を知る男の厳しいチェックはクリアだ。 前走は先行して直線で失速したが「前回で悪かったところを修正し、ウチの厩舎のスタイルに合うと思い後藤騎手にお願いした。馬は、筋肉がつくべきところについているし、今回は10キロぐらいは馬体が増えて出走できそう」と松田国師は万全の態勢を強調する。 ダービー2勝トレーナーとオークスを制した騎手のコラボレーション。そして父に04年ダービー馬のキングカメハメハ。ベルシャザールの秘める素質が、本番で開花する可能性は高い。
2011年5月26日(木) 05:04

 730

【3歳次走報】リアライズノユメ関東オークスへ
 ★…兵庫チャンピオンS6着リアライズノユメ(栗・森、牝)は、関東オークス(6月15日、川崎、交流GII、ダ2100メートル)に出走する。
2011年5月26日(木) 05:00

 782

80年オークス馬のケイキロク死亡
 1980年のオークス馬ケイキロク(父ラディガ、母ケイスパーコ、母の父キノー)が24日午前8時55分、繋養先の北海道日高町の外舘孝一牧場で老衰のため死亡した。34歳だった。 同馬は77年4月28日生まれで、千葉県成田市・東牧場の生産馬。内田敦子氏の持ち馬として、栗東・浅見国一厩舎からデビュー。岡部幸雄さんとのコンビで80年オークスを制覇し、重賞は他に81年中京記念も制覇。通算27戦4勝。重賞優勝馬は出せなかったが、ケイコバン(父マルゼンスキー)が88年菊花賞(18着)、ゴールデンベル(父ヘクタープロスペクター)が99年桜花賞(10着)と産駒は2頭がクラシック出走を果たした。97年に繁殖生活を引退し、外舘牧場で余生を送っていた。 同馬を所有する下河辺俊行氏は「安らかに息を引き取りました。小柄ながら競走馬、母馬として多くの活躍馬を輩出してくれた名牝でありました」と話した。
2011年5月25日(水) 05:01

 790

ケイキロク老衰で死ぬ…80年オークス馬
 軽種馬育成調教センターは24日、1980年の競馬のオークスを勝ったケイキロク(34歳牝馬)が同日、老衰のため、余生を送っていた北海道日高町の牧場で死んだと発表した。 同馬はオークスのほか、81年の中京記念を勝つなど通算27戦4勝。(共同)
2011年5月24日(火) 17:55

 1,313

優駿牝馬(オークス)のニュースをもっと見る >

【池添トーク】桜はうまく乗れなかった
 臨戦態勢は万全だ。オークスの追い切りが18日、茨城県の美浦トレーニングセンターで行われ、ホエールキャプチャが坂路で弾けた。スピード感あふれるフットワークで好タイムを叩き出し、文句なしの『S』評価を獲得。2着に惜敗した桜花賞からの巻き返しへ、陣営は自信を深めた。 --最終追い切りは騎乗しませんでした 「1週前に乗ったので。今週の時計は聞きましたし、動いているみたいですね。厩舎からは柔らかくていい感じだと聞きました」 --いい状態で臨める 「そうですね。桜花賞の後に馬体が戻るのに少し時間がかかったようですが、今は問題ないし、1週前に乗った感じも良かったですしね」 --桜花賞は大外から追い上げて2着 「外枠(8枠16番)のことは言い訳になるので言いたくありません。一旦、下げて内に入れれば良かったのかもしれない。自分がうまく乗れなかったということです」 --2400メートルは 「引っかかる馬ではないから、距離は気にしていません。位置取りは関係なく、この馬の競馬をするだけ。桜花賞の借りを返したいですね」
2011年5月19日(木) 11:31

 1,329

【オークス】ホエール、桜2着の借り返す
 臨戦態勢は万全だ。オークスの追い切りが18日、茨城県の美浦トレーニングセンターで行われ、ホエールキャプチャが坂路で弾けた。スピード感あふれるフットワークで好タイムを叩き出し、文句なしの『S』評価を獲得。2着に惜敗した桜花賞からの巻き返しへ、陣営は自信を深めた。オークスの枠順は19日午後に確定。21日に前日発売が実施される。 樫の女王だけは、どうしても譲れない。蒸気した芦毛の馬体から、これ以上ない気迫が伝わってきた。阪神JFに続き、1番人気の桜花賞でも2着に泣いたホエールキャプチャが、美浦トレセンの坂路で軽々と好タイムをマーク。究極の仕上がりをアピールだ。 「思った通りの最終追い切りができました。申し分のない調整ができたと思います」 見届けた田中清隆調教師は、愛馬の動きに満点の評価を与えた。1本目に4ハロン65秒7で脚慣らししたあとの2本目に、単走でスタート。外ラチ沿いをスムーズに駆け上がり、持ったままで加速していく。ゴールまで脚さばきは乱れることなく、スピード感十分に4ハロン50秒1-36秒5-11秒8でフィニッシュ。4ハロン、ラスト1ハロンともにこの日の坂路全体で2番目となるタイムを、まったくの馬なりで叩き出した。 過去2回のGIが阪神競馬場だったのに対し、今回はホームの東京競馬場。阪神での2戦は栗東トレセンに滞在することで輸送の負担を軽減してきたが、今回は慣れた美浦で思う存分に仕上げられたのもプラス材料だ。東京ではGIIIクイーンCで強い競馬を見せており、「東京では上手に競馬している。コースに不安はない」と田中清師。地の利は大きなアドバンテージとなる。 田中清厩舎のオークス参戦は、レディパステルで優勝した2001年以来、ちょうど10年ぶり。パステルは桜花賞には出走しておらず、サンスポ賞フローラS2着からの参戦で、5番人気と挑戦者の立場だった。「あのときは半信半疑だったけど、今回は実力的に上位だし、向かう姿勢は全然違う」とトレーナー。無冠とはいえ、ホエールは挑戦者ではない。勝たなければいけない馬だと強く自覚している。 「今回は目一杯に仕上げたつもり。あとは悔いの残らないように、自分の競馬ができればいいと思います」 こん身の仕上げを施した田中清師は、愛馬を信じてレース当日を待つ。やれることはすべてやった。過去2度のGIでほんのちょっとだけ足りなかった運を、呼び込むだけの態勢は整っている。(越智健一)
2011年5月19日(木) 05:10

 943

【オークス】マルセ、スパルタ2冠デモ
 オークスの追い切りが18日、東西のトレセンで行われた。桜花賞馬マルセリーナは栗東CWコースで併走馬を圧倒し、ラスト1ハロン12秒4をマーク。動き、反応とも文句なしだった。2冠制覇へ視界は良好だ。ディープインパクト産駒の伏兵メデタシも坂路で軽快なフットワークを披露。仕上がりは絶好で、桜花賞4着以上の走りが可能だ。 2冠制覇へ一点の曇りもない。桜花賞馬マルセリーナがCWコースでハードな併せ馬を敢行。東京への長距離輸送を控えながら、手加減はなしだ。 前日の雨で重くなったCWコース。ベストクルーズ(牝4、1600万下)を相手にピッチを上げていくと、4コーナー過ぎでパートナーが脱落。そこからは標的を前方の併せ馬に変更し、直線半ばから“変則3頭併せ”へ突入。ムチが3発、4発入るにつれて、加速度を増していく。6ハロン81秒8、ラスト1ハロン12秒4の好時計をマーク。ハード調教はゴール後も100メートルほど続いたが、脚勢は最後まで鈍らなかった。 「先週が少し遅かった(6ハロン89秒2)から行くようにいっておいた。ラスト1ハロンもいい時計だった。まあ、変わりなくきているし、いまが成長している時期だろう。今回は馬体の回復が早かったし、万全の態勢でレースまでもっていけるな」と松田博調教師は笑顔で絶好調を宣言した。 桜花賞から中5週。疲労回復が早くなったことが、この日のハード追いにもつながっているが、それだけではない。担当の大當調教助手が進化を証言する。 「最近は蹄鉄の減りが早くなった。トモ(後肢)に力がついてきたからで、これまで通り2週間に1回のペースで(替えていて)は厳しくなってきた」 蹄鉄は人間でいう靴の役目を果たし、一般的に蹴りが強くて、速く走る馬ほど蹄鉄の減りが早いといわれ、超一流馬だと10日ぐらいで替えることもある。走る時に最も力を要するのが後肢で、その蹄鉄の減りが早くなっているのはパワーアップしている証拠だ。 「いつも距離(2400メートル)がどうこういわれるけど、ベガやブエナビスタもそうだったように、桜花賞の上位馬がそのままくることが多い。何の不安もないよ」 自ら育てた春のクラシック2冠牝馬と手応えは同じ。マルセリーナへの信頼は揺らがない。桜の舞台からさらにパワーアップした女王が、史上13頭目の桜花賞&オークス制覇の快挙を果たす。(瀬戸聡)
2011年5月19日(木) 05:09

 1,059

【オークス】エリンコート、充電完了12秒7
 500万下→忘れな草賞と連勝。急上昇中のエリンコートは坂路単走で、4ハロン54秒0-39秒4-12秒7をゴール前仕掛けてマークした。 「東京までの輸送を考慮してやったが、予定通り。2走前でうまく折り合っていたので、前走の2000メートルでもうまく走れたね。中間はリフレッシュ放牧を挟んで、2400メートルに対応できるように調整してきた。チャレンジャーのつもりだが、GIの雰囲気にのまれなければ結果は出ると思う」と笹田調教師は好勝負を見込んでいる。
2011年5月19日(木) 05:06

 1,259

優駿牝馬(オークス)の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


優駿牝馬(オークス)過去10年の結果

2010年5月23日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:稍重
1着 アパパネ 蛯名正義 2:29.9 3.8倍 95.2
1着 サンテミリオン 横山典弘 同着 8.5倍 95.2
3着 アグネスワルツ 柴田善臣 18.7倍 93.8
2009年5月24日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
1着 ブエナビスタ 安藤勝己 2:26.1 1.4倍 98.9
2着 レッドディザイア 四位洋文 ハナ 6.0倍 98.9
3着 ジェルミナル 福永祐一 22.1倍 96.4
2008年5月25日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:稍重
1着 トールポピー 池添謙一 2:28.8 9.7倍 96.0
2着 エフティマイア 蛯名正義 アタマ 32.5倍 96.0
3着 レジネッタ 小牧太 1 1/2 12.1倍 95.1

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

優駿牝馬(オークス)ステップレース

2011年5月8日() 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 13 グランプリボス C.ウィリアムズ 1:32.2 4.6倍 103.5
2着 17 コティリオン 小牧太 1 1/2 4.8倍 102.0
3着 1 リアルインパクト 内田博幸 3/4 6.1倍 101.2
4着 3 エイシンオスマン 後藤浩輝 3/4 14.7倍 100.4
5着 8 プレイ 柴田大知 クビ 18.9倍 99.7
2011年5月1日() 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 3 アカンサス 後藤浩輝 1:48.0 3.5倍 94.6
2着 5 シシリアンブリーズ 田中勝春 クビ 3.5倍 94.6
3着 8 マイネクイーン 柴田大知 2 1/2 8.7倍 91.9
4着 6 ピュアオパール 吉田豊 アタマ 11.2倍 91.9
5着 13 オースミマイカ 三浦皇成 5.4倍 88.6
2011年4月23日() 東京競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 8 バウンシーチューン 三浦皇成 2:03.3 26.9倍 89.6
2着 1 マイネソルシエール 柴田大知 アタマ 199.1倍⑮ 89.6
3着 5 ピュアブリーゼ 内田博幸 クビ 5.1倍 89.6
4着 14 ハッピーグラス 松田大作 1/2 19.2倍 89.0
5着 13 マイネイサベル 松岡正海 3/4 5.0倍 88.4
桜花賞   G1 
2011年4月10日() 阪神競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 8 マルセリーナ 安藤勝己 1:33.9 3.8倍 97.6
2着 16 ホエールキャプチャ 池添謙一 3/4 3.1倍 96.9
3着 17 トレンドハンター 岩田康誠 3/4 7.4倍 96.1
4着 14 メデタシ 浜中俊 1 1/4 34.4倍 94.6
5着 1 フォーエバーマーク 吉田豊 1 1/4 44.2倍 93.1

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

優駿牝馬(オークス)の歴史と概要


2012年の優勝馬ジェンティルドンナ

3歳牝馬のみに出走が許される、うら若き乙女たちによる頂上決戦。牝馬クラシックの2冠目にあたり、全馬ほぼ未経験となる2400mの距離で世代トップの座を争う。牝馬クラシック1冠目の桜花賞に勝ち、このオークスもものにし、そして秋に開催される(クラシックレースにはカウントされない)3冠目の秋華賞(1995年以前はエリザベス女王杯)を制して“牝馬3冠”を達成したのは、過去にメジロドーベル(1986年)、スティルインラブ(2003年)、アパパネ(2010年)、ジェンティルドンナ(2012年)の4頭。オークス勝ち馬の多くはその後も活躍し、第40回(1979年)のアグネスレディー、第44回(1983年)のダイナカール、第54回(1993年)のベガ、第57回(1996年)のエアグルーヴ、第66回(2005年)のシーザリオなど、競走馬としてはもちろんのこと、引退後の繁殖牝馬として成功を収めた名牝が多数誕生している。2010年に行われた第71回は、アパパネサンテミリオンによるJRA史上初のG1同着決着となり、場内が騒然となった。

▼2010年はJRAのG1競走で史上初となるアパパネとサンテミリオンによる1着同着。

歴史と概要をもっと見る >

優駿牝馬(オークス)の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年12月15日(
ターコイズステークス  G3
2018年12月16日(
朝日フューチュリティ  G1

競馬番組表

2018年12月15日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2018年12月16日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
92,522万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡4
54,047万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
72,022万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 ステルヴィオ 牡3
27,773万円
4 エポカドーロ 牡3
27,016万円
5 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
6 フィエールマン 牡3
17,886万円
7 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
8 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
9 ルヴァンスレーヴ 牡3
16,344万円
10 エタリオウ 牡3
14,754万円
» もっと見る