会員登録はこちら
天皇賞(秋) G1   日程:2011年10月30日() 15:40 東京/芝2000m

レース結果

天皇賞(秋) G1

2011年10月30日() 東京/芝2000m/18頭

本賞金:13,200万 5,300万 3,300万 2,000万 1,320万


レコード:1分57秒2
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 12

トーセンジョーダン

牡5 58.0 N.ピンナ  池江泰寿 478(-8) R1.56.1 33.3 7
2 4 7

ダークシャドウ

牡4 58.0 F.ベリー  堀宣行 508(+2) 1.56.2 1/2 5.7 2
3 4 8

ペルーサ

牡4 58.0 横山典弘  藤沢和雄 520(+14) 1.56.3 1/2 8.2 6
ラップタイム 12.5 - 11.0 - 10.8 - 10.8 - 11.4 - 11.8 - 12.0 - 11.9 - 12.1 - 11.8
前半 12.5 - 23.5 - 34.3 - 45.1 - 56.5
後半 59.6 - 47.8 - 35.8 - 23.9 - 11.8

■払戻金

単勝 12 3,330円 7番人気
複勝 12 850円 7番人気
7 260円 3番人気
8 350円 6番人気
枠連 4-6 910円 4番人気
馬連 7-12 7,020円 19番人気
ワイド 7-12 2,520円 21番人気
8-12 3,950円 31番人気
7-8 1,090円 14番人気
馬単 12-7 23,560円 54番人気
3連複 7-8-12 22,790円 55番人気
3連単 12-7-8 214,010円 418番人気

天皇賞(秋)のニュース&コラム

秋天Vジョーダン、JCで世界迎撃だ
 7番人気の低評価を覆して日本レコードで天皇賞・秋を制したトーセンジョーダン(栗・池江寿、牡5)は一夜明けた10月31日、滋賀県栗東トレセンの自厩舎で激戦の疲れを癒した。次走は予定通り、ジャパンC(27日、東京、GI、芝2400メートル)。今度は国内だけでなく、海外の強豪も相手にGI2勝目を狙う。 驚異的な日本レコードでGI初制覇を遂げたトーセンジョーダンは、一夜明けても元気だった。01年にツジノワンダーが新潟でマークした芝2000メートルの日本レコード1分56秒4を0秒3、08年ウオッカのコース&レースレコードを1秒1も更新する1分56秒1で激走したのがうそのような雰囲気。担当の中澤調教助手は「午前1時30分に帰厩しました。馬運車の中でもおとなしかったし、今朝のカイバもペロリと平らげて元気いっぱい。(同厩舎で他の助手が担当のオルフェーヴルの)菊花賞は見に行って(3冠達成に)ウルウルしたが、今回の喜びはジワジワという感じ」とGI制覇の感慨に浸っていた。 次走予定のジャパンCには、すでに4頭の外国馬の参戦が決定しており、10月31日には来日スケジュールも発表された。凱旋門賞をレコード勝ちしたドイツ産馬デインドリーム(独=P・シールゲン、牝3)と2着のシャレータ(仏=A・ドロワイユデュプレ、牝3)、加GIカナディアンインターナショナルを勝ったサラリンクス(仏=J・ハモンド、牝4)が16日、米GIマンハッタンH優勝馬ミッションアプルーヴド(米=N・チャタポール、牡7)が11日に来日する。この4頭だけでも近年にない好メンバーだが、JCに同年の凱旋門賞1、2着馬がそろって参戦するのは初めてという点が強調できる。大きな盛り上がりを見せることは間違いない。 外国馬だけでなく、ドバイワールドCを勝ったヴィクトワールピサやGI5勝ブエナビスタなど国内からも豪華メンバーが集結。トーセンジョーダンは天皇賞・秋以上のメンバーを相手にすることになるが、中澤調教助手は「東京は相性がいいし、次も頑張ってほしい」と期待を寄せている。400メートルの距離延長も望むところ。トーセンジョーダンが今後は同じ東京で世界制圧に乗り出す。
2011年11月1日(火) 05:07

 862

【AR共和国杯】カリバーン出世R先物買い
 今週はGIはひと休みで、東京では日曜にGIIアルゼンチン共和国杯が行われる。昨年の覇者トーセンジョーダンが先週の天皇賞・秋を日本レコードで制覇するなど、近年は勝ち馬の出世が目立つレース。今年はカリバーンに注目だ。 創設当初は春に施行されていたアルゼンチン共和国杯は、1984年のグレード制導入に伴い秋に移設された。その後、GIの谷間で低調なレース傾向が続いていたが、近年はその傾向が大きく変化。昨年の勝ち馬トーセンジョーダンは、先週の天皇賞・秋で驚異の日本レコード勝ち。さかのぼって07年の勝ち馬アドマイヤジュピタが翌08年の天皇賞・春を制し、08年の優勝馬スクリーンヒーローは勢いに乗って次走のジャパンCも連勝した。2着馬からも、ジャガーメイルやアーネストリーが後にGIを制しており、出世レースとして古馬中長距離GIと密接にリンクしている。 今年はカリバーンが興味深い。7カ月の休み明けのうえ、重賞初挑戦だった2走前のGII札幌記念で、後の天皇賞馬トーセンジョーダンから0秒3差の5着に好走。続く前走の産経賞オールカマーでも3着と着実に力をつけていることをアピール。その後河野厩舎の解散により、鹿戸雄厩舎に移籍した。「連絡をもらった時は、いい馬を預かることになり楽しみと同時に、期待に応えなければと責任を感じました。カイバの調合などはウチのやり方ですが、10月12日に放牧先から美浦に入れ、週2本ずつペースを落とさずに時計も出しています」と、鹿戸雄調教師は順調な調整ぶりに胸を張る。期待されて重賞に挑んだものの完成度の差で掲示板止まりだったという“遅れてきた大物”的なタイプがこのレースでは絶好の狙い目。出世レースへと変貌した近4年の傾向を調べてみると、前記した勝ち馬3頭はすべて4歳馬で、連対馬も8頭中6頭と圧倒的だ。 10月26日のWコースでの1週前追い切りは、5ハロン71秒1と時計は地味ながら「3頭併せでいい動きでした。臨戦態勢は整っていますと」と、トレーナーは3年前のスクリーヒーローの再現を狙っている。アーサー王が持っていたとされる伝説の聖剣カリバーンの切れ味が、いよいよ目覚める時がきた。
2011年11月1日(火) 05:06

 1,092

【天皇賞(秋)】ジョーダン驚異レコードV
 第144回天皇賞・秋(30日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝2000メートル、1着本賞金1億3200万円 =出走18頭)GIホース7頭が揃った古馬最高峰の一戦は、驚異の日本レコードでの決着となった。天皇賞・秋は、ニコラ・ピンナ騎乗の7番人気トーセンジョーダンが後方から直線力強く抜け出して、GI初制覇を成し遂げた。管理する池江泰寿調教師は、菊花賞に続く2週連続のGI勝利を達成。1番人気で、史上初の牝馬による秋の天皇賞連覇を狙ったブエナビスタは4着に敗れた。 電光掲示板に表示された見たことのない勝ちタイムに場内がどよめいた。1分56秒1。7番人気の伏兵馬トーセンジョーダンが、従来のレースレコードを1秒1も更新する日本レコードで歓喜のゴールに飛び込んだ。 「機械にのっているみたいに扱いやすかった。ペースが流れてくれたのは良かったし、完璧に騎乗できたよ」 圧巻の走りにニコラ・ピンナ騎手が満足げな表情を見せた。道中は11番手から。前半1000メートルが56秒5の超ハイペースの中、力を温存して4コーナーを回る。直線では先行勢が失速する中、外からグイグイ伸びる。最後はダークシャドウとの叩き合いを制し、GIホース7頭が参戦した秋の盾を堂々と奪取した。 ゴール後、ピンナ騎手が高々と右手を突き上げる。母国のイタリアでは勝つことはおろか、GIに1度も騎乗させてもらえずにいただけに、「来日したときからGIを勝つのが夢だった」。今年の短期免許終了日に、見事に夢を実現した。各国で活躍できるように騎乗技術だけでなく語学の勉強も怠らない努力家。「今回の勝利は自分のキャリアの中でも大きなこと。自信がついた」と23歳は胸を張った。 管理する池江泰寿調教師はオルフェーヴルによる菊花賞での3冠達成に続き、自身初の2週連続のGI制覇。3歳時にはクラシックの有力候補といわれながら、裂蹄でシーズンを棒に振った。遠回りして得たタイトルに喜びもひとしおだった。今年重賞3勝目の愛馬に「順調に使えるようになったのが大きい。トップクラスの馬というのを証明できてよかった」と笑顔を見せた。 トレーナーが学生時代の91年に東京競馬場で天皇賞・秋を観戦。そのとき、父・泰郎氏が管理していた1番人気のメジロマックイーンが1位入線から18着に降着…。あれから20年。「競馬を長くやっていると不思議な縁がある。あの時の悔しさを少しは晴らせたかな」と感慨深げに語った。 次走はジャパンC(11月27日、東京、GI、芝2400メートル)。「今回の2000メートルよりもJCの方が競馬がしやすいんじゃないかな」と指揮官の見通しは明るい。来年の海外遠征が期待される新王者が、次は世界に立ち向かう。(宇恵英志)
2011年10月31日(月) 05:05

 1,336

【天皇賞・秋】世界レコードはチリで記録
 第144回天皇賞・秋(30日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝2000メートル、1着本賞金1億3200万円 =出走18頭)トーセンジョーダンの勝ちタイム1分56秒1は、01年7月14日に新潟で行われたNiLS21S(準OP)でツジノワンダーがマークした1分56秒4を0秒3更新する日本レコード。ツジノワンダーの記録は新潟のリニューアルオープン初日のレースでマークしたもので、まだコースレコードではなく基準タイムとして残っている。従来の東京芝2000メートルのレコードは、08年天皇賞・秋でウオッカがマークした1分57秒2で、これを1秒1も更新。ちなみに2000メートルの世界レコードは、99年9月26日にチリのクラブイピコ競馬場で行われた3歳GIナシオナルリカルドリオン賞(芝)で牝馬のクリスタルハウスがマークした1分55秒4とみられている。
2011年10月31日(月) 05:04

 1,936

天皇賞(秋)のニュースをもっと見る >

【天皇賞・秋】ブエナビスタ連覇へ万全!
 天皇賞・秋(30日、東京、GI、芝2000メートル)の追い切りが26日、滋賀県の栗東トレーニングセンターで行われた。昨年の覇者ブエナビスタ(栗東・松田博資厩舎、牝5歳)は、CWコースで併せ馬を行い格下馬に2馬身遅れたが、「内容はよかった」と松田博資調教師(65)=栗東=は満足の表情で、不安を払拭。6ハロン84秒6も、この馬とすれば水準のタイム。女王が真の力を見せる態勢は整った。天皇賞・秋は27日枠順確定、28日に一部ウインズで金曜発売が実施される。出走予定馬 追い切りは、あくまでもトレーニング。格下馬に2馬身の後れを取ったが、何ら不安はない。ブエナビスタの脚取りに乱れなし。史上初となる牝馬の天皇賞・秋連覇へ向けて、準備は完了した。 「遅れ? そんなことは、これまでも気にしたことはない。内容はよかったと思ってるよ。しっかりと調教できたし、順調が何よりやからな」 松田博資調教師がそう振り返った追い切りは、まだ薄暗い午前6時すぎに開始。滋賀県・栗東トレーニングセンターのCWコースで、僚馬ラフォルジュルネ(牝4、1600万下)を追走。4コーナー手前で内から追いついたが、ラフォルジュルネがラスト200メートルで前に出て、ジワジワと差を広げる。ブエナビスタはムチが入ってビッシリと追われたが、結局は2馬身の遅れとなった。 それでも、松田博師は涼しい顔。「相手が走りすぎた。先着した1週前(菊花賞9着ユニバーサルバンクに1馬身先着)よりも、動きは今回のほうがよかった」と話す。今のCWコースは力が必要な状態で、6ハロンでふだんより1秒は要する。6ハロン84秒6、3ハロン39秒4-12秒4は、昨年の83秒5、37秒5-11秒7と比較してもそん色ない。 また、調教では最後に気を抜くクセがあり、併せ馬で先着することはほとんどない馬。重要なのは、最終追い切りで併せ馬を敢行したことだ。昨年6月の宝塚記念2着以来、1年4カ月ぶりで、この時も格下相手に何とか併入だった。「まだ太い」(松田博師)という理由はあるにせよ、ハードトレを積めたことは体調のいい証明。そして、陣営の意欲の表れだ。 「賢い馬やから、大丈夫。これまでどおりに、自分で体を作るから」 松田博師は、愛馬に揺るぎない信頼を寄せる。GI5勝を含む8勝、2着8回、3着3回。大敗は今年のドバイワールドC8着だけで、国内では一度も凡走がない。昨秋の天皇賞以来、Vはないが「今さら強くはならないが、春の競馬や調教から力が衰えたとは思えない」と師は自信満々だ。 鞍上の岩田康誠騎手(37)=栗東・フリー=も「古馬最強を僕が証明してあげたい」と気合満点。陣営に調教の遅れなど気にする様子は全くない。昨秋の天皇賞は、2馬身差の圧勝。そのブエナビスタが能力を発揮できる態勢を整えた今、連覇は限りなく近づいた。 (柴田章利)
2011年10月27日(木) 05:10

 1,100

【天皇賞・秋】フラッシュ「今が一番の状態」
 天皇賞・秋(30日、東京、GI、芝2000メートル)の追い切りが26日、東西のトレセンで行われた。昨年のダービー馬エイシンフラッシュは、栗東CWコースで鋭い伸びを披露。4カ月ぶりの実戦となるが、好仕上がりをアピール。 ド派手なパフォーマンスで、この一戦にかける思いを伝えた。昨年のダービー馬エイシンフラッシュが、勝負の秋3番勝負の第1ラウンドを最高の状態で迎える。 「追い切りも予定通りだったし、状態はすごくいいね。古馬になってだいぶ完成されてきて、今が一番の状態だといえる」 藤原英調教師が万全の仕上がりに胸を張る。朝一番のCWコースに閃光(せんこう)が走った。大きく先行させたゴッドエンブレム(牡6、1600万下)を目標に、徐々にピッチを上げていく。スピードを乗せて直線へ。見せ場は標的が目前に迫った直線半ばだった。一瞬にして内から僚馬を置き去りにすると、あとはゴールまで一直線。前日の雨で少し力のいる馬場だったが、お構いなしにラスト1ハロン11秒5(6ハロン81秒2)の切れ味で大差先着を果たした。秋初戦から全開モードに突入だ。 「昨年は体の弱さがあったけど、いまは体質が強くなってコンスタントに調教できているのが大きい」。4歳秋になってようやく完成形に近づく愛馬の成長に藤原英調教師が目を細める。担当の久保調教助手も「以前は繊細な面があって1回調教をやると馬体が減って、それを戻しての繰り返しだったけど、いまは心配しなくてもいい」と精神的な成長も強調する。 ダービーで頂点を極めたが、その後は先輩馬や同世代のライバルたちに行く手を阻まれてきた。もう1度栄光を-。陣営の思いはひとつだ。 「これからは結果がすべて。ここが叩き台だとは思っていないし、3つとも勝ちにいく気持ち」 勝負と位置づける4歳秋。思惑通りに成長を遂げ、勝負できる仕上がりになったからこそトレーナーにも力が入る。 この後はジャパンC(11月27日、東京、GI、芝2400メートル)→有馬記念(12月25日、中山、GI2500メートル)と王道路線を歩む予定で、初戦から強気な姿勢は崩さない。エイシンフラッシュがダービー以来の勝利を思い出の府中であげる態勢は整った。 (瀬戸聡)出走予定馬
2011年10月27日(木) 04:37

 989

【天皇賞・秋】キッチリ12秒7!アーネスト
 天皇賞・秋(30日、東京、GI、芝2000メートル)の追い切りが26日、東西のトレセンで行われた。今年の宝塚記念を勝ったアーネストリーは、栗東坂路で力強い動き。GI2勝目に向けて陣営も自信を見せている。 気温15度のヒンヤリした空気を、熱気あふれる動きが切り裂いた。坂路での最終追い。静かに闘志を燃やしたアーネストリーが、力強く駆け上がった。愛馬の背中から伝わる好感触に、佐藤哲騎手の白い歯がこぼれた。 「先週、ビシッと負荷をかけてどう変わるかと思ったけど、思った通りに変わってくれた。馬がイメージ通りに作ってきてくれている」 スタートから1ハロンを14秒3で入り、スムーズにペースアップ。ラスト1ハロンで左ムチを一発入れて、ギアチェンジのゴーサインを出す。ゴールまでまっすぐに駆け上がって、4ハロン52秒0、ラスト1ハロン12秒7をマーク。充実期を迎えた鹿毛が朝日を浴びて輝いていた。 動きを見届けた佐々木晶調教師も声を弾ませた。「何の不安もない。仕上がりは今までで一番いい」。左前脚球節の軽いねんざで札幌記念を回避。仕切り直しとなった産経賞オールカマーは力の違いで優勝したが、決して万全の状態ではなかった。しかし、今回はこれが6本目の時計(前走は4本)。順調に仕上げてきた自信がある。 2日のスプリンターズSで左肋骨を骨折した佐藤哲騎手は、秋の盾にあわせるかのように先週復帰。「心配なく乗れている」と宝塚記念に続くGI2勝目に向けて人馬とも態勢は整った。 「6歳で進化し続ける馬は初めて。一番強い馬だと思って、調教をしてきています。自分の競馬をするだけ。それで差されたら仕方がない」と佐々木晶調教師がいえば、佐藤哲騎手は「アーネストリーにはアーネストリーの競馬がある。今まで通りの競馬をするだけ」と決意を口にした。 狙うは先行して早め先頭で押し切った宝塚記念の再現。6歳馬アーネストリーが女傑ブエナビスタ、強力な4歳世代をもう1度退け、秋も主役を務める。 (川端亮平)出走予定馬
2011年10月27日(木) 04:37

 664

【天皇賞・秋】キングダム坂路軽快に51秒9
 京都大賞典を制したローズキングダムは、赤木騎手(実戦はメンディザバル騎手)を背に坂路で併せ馬を敢行。軽快にピッチを刻んでラスト1ハロンを一杯に追われ、4ハロン51秒9(ラスト1ハロン13秒3)でアーセナルゴール(1000万下)に2馬身半先着した。 橋口調教師は「体調や仕上がりに自信を持っている。去年のジャパンCがああいう勝ち方(1位入線のブエナビスタ降着で繰り上がり)だったんで、秋のGI戦線で1回、有無をいわせない勝ち方をしてほしい」と力を込めた。出走予定馬
2011年10月27日(木) 04:36

 637

天皇賞(秋)の直前追い切り情報をもっと見る >

天皇賞(秋)過去10年の結果

2010年10月31日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:稍重
1着 ブエナビスタ C.スミヨン 1:58.2 2.2倍 105.0
2着 ペルーサ 安藤勝己 8.9倍 103.2
3着 アーネストリー 佐藤哲三 1 1/2 4.9倍 102.0
2009年11月1日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 カンパニー 横山典弘 1:57.2 11.5倍 109.8
2着 スクリーンヒーロー 北村宏司 1 3/4 31.4倍 108.0
3着 ウオッカ 武豊 クビ 2.1倍 108.0
2008年11月2日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ウオッカ 武豊 1:57.2 2.7倍 104.9
2着 ダイワスカーレット 安藤勝己 ハナ 3.6倍 104.9
3着 ディープスカイ 四位洋文 クビ 4.1倍 104.9

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

天皇賞(秋)ステップレース

2011年10月9日() 京都競馬場/芝2400m
天候: 馬場:
1着 7 ローズキングダム 後藤浩輝 2:24.1 1.8倍 105.6
2着 8 ビートブラック 安藤勝己 1 1/4 10.0倍 104.6
3着 4 オウケンブルースリ 浜中俊 クビ 6.6倍 104.6
4着 3 ジャガーメイル 四位洋文 アタマ 4.1倍 104.6
5着 1 フォゲッタブル N.ピンナ 2 1/2 30.0倍 102.7
2011年10月9日() 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 8 ダークシャドウ 福永祐一 1:46.7 2.0倍 100.0
2着 7 リアルインパクト 岩田康誠 クビ 6.8倍 100.0
3着 10 ミッキードリーム 和田竜二 クビ 10.0倍 99.3
4着 1 エイシンアポロン 田辺裕信 アタマ 36.1倍 99.3
5着 5 セイクリッドバレー 丸山元気 3/4 34.7倍 98.7
2011年9月25日() 中山競馬場/芝2200m
天候: 馬場:
1着 7 アーネストリー 佐藤哲三 2:11.2 1.4倍 101.3
2着 1 ゲシュタルト 藤岡佑介 1 1/2 23.0倍 100.2
3着 6 カリバーン 蛯名正義 1/2 5.4倍 99.7
4着 2 コロンバスサークル 横山典弘 3/4 28.4倍 99.2
5着 3 マコトギャラクシー 吉田豊 3/4 13.0倍 98.6
2011年8月21日() 札幌競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 13 トーセンジョーダン 福永祐一 2:00.4 3.0倍 103.7
2着 2 アクシオン 吉田隼人 ハナ 7.6倍 103.7
3着 8 レッドディザイア 四位洋文 1/2 6.2倍 103.2
4着 10 コスモネモシン 津村明秀 1 1/4 16.1倍 102.0
5着 4 カリバーン 蛯名正義 ハナ 11.4倍 102.0

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

天皇賞(秋)の歴史と概要


2016年の優勝馬 モーリス

秋の中距離王決定戦。中距離のスペシャリストに加え、一流マイラーと一流ステイヤーも参戦し、名勝負を紡ぎ出す。逃げるダイワスカーレットウオッカがギリギリ差し切った「2cm差のレコード決着」(第138回・2008年)は今でも語り草となっている。第154回(2016年)は最強マイラー・モーリスが2000mの舞台でもその強さを見せつけた。天皇賞の春秋連覇を成し遂げたのはタマモクロス(第98回・1988年)、スペシャルウィーク(第120回・1999年)、テイエムオペラオー(第122回・2000年)、メイショウサムソン(第136回・2007年)の4頭。第104回(1991年)では、天皇賞春秋連覇を目指したメジロマックイーンが6馬身差の圧勝を演じたかに見えたが、2コーナーで斜行して他馬の進路を妨害していたことが発覚し、18着に降着。1位入線馬の降着はG1史上初のことだった。

▼1991年はメジロマックイーンが2コーナーで斜行、G1レース初の降着となった

歴史と概要をもっと見る >

天皇賞(秋)の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月29日(
シリウスステークス G3
2018年9月30日(
スプリンターズS G1

競馬番組表

2018年9月29日(
4回中山8日目
4回阪神8日目
2018年9月30日(
4回中山9日目
4回阪神9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る