会員登録はこちら
桜花賞 G1   日程:2011年4月10日() 15:40 阪神/芝1600m

レース結果

桜花賞 G1

2011年4月10日() 阪神/芝1600m/18頭

本賞金:8,900万 3,600万 2,200万 1,300万 890万


レコード:1分32秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 8

マルセリーナ

牝3 55.0 安藤勝己  松田博資 452(+4) 1.33.9 3.8 2
2 8 16

ホエールキャプチャ

牝3 55.0 池添謙一  田中清隆 454(-6) 1.34.0 3/4 3.1 1
3 8 17

トレンドハンター

牝3 55.0 岩田康誠  松田博資 474(+2) 1.34.1 3/4 7.4 4
ラップタイム 12.1 - 11.0 - 11.5 - 12.1 - 11.8 - 11.3 - 12.0 - 12.1
前半 12.1 - 23.1 - 34.6 - 46.7 - 58.5
後半 59.3 - 47.2 - 35.4 - 24.1 - 12.1

■払戻金

単勝 8 380円 2番人気
複勝 8 140円 2番人気
16 120円 1番人気
17 230円 4番人気
枠連 4-8 410円 1番人気
馬連 8-16 620円 1番人気
ワイド 8-16 260円 1番人気
8-17 560円 6番人気
16-17 470円 2番人気
馬単 8-16 1,230円 2番人気
3連複 8-16-17 1,480円 1番人気
3連単 8-16-17 5,880円 3番人気

桜花賞のニュース&コラム

オークス有力候補、トレンドハンター骨折
 桜花賞3着馬トレンドハンター(栗・松田博、牝3)は15日、右第1指節種子骨々折を発症していることが分かった。全治には1年以上かかる見込み。同馬はGIIIフラワーCの勝ち馬で、僚馬で桜花賞馬のマルセリーナとともに、オークス(5月22日、東京、GI、芝2400メートル)の有力候補とみられていた。 「きょう(15日)の昼に骨折が分かった。おそらく、レース中にやったんじゃないか。難しい場所だから、完治するには時間がかかるだろう」と松田博調教師は話していた。
2011年4月16日() 05:01

 1,267

桜花賞3着のトレンドハンターが骨折
 JRAは15日、トレンドハンター(牝3歳、栗東・松田博資厩舎)の右第1指節種子骨々折が判明したと発表した。1年以上の休養を要する見込み。 トレンドハンターは11年フラワーC(GIII)優勝馬で、10日の桜花賞(GI)でも3着に好走。次走にはオークス(5月22日、東京、GI、芝2400メートル)が予定されており、有力馬と目されていた。 なお、同厩舎のレーヴディソールも骨折で戦列を離れている。
2011年4月15日(金) 16:01

 1,225

桜花賞馬マルセリーナ、まず2冠へ前進!
 欧州の3歳牝馬マイル王決定戦、コロネーションS(6月17日、アスコット競馬場、GI、芝8ハロン)への遠征プランが浮上した桜花賞馬マルセリーナ(栗・松田博、牝3、父ディープインパクト)について、松田博調教師は14日、自身の考えを明らかにした。「(遠征は)選択肢のひとつとしてあるのは確か。ただし、オークス(5月22日、東京、GI、芝2400メートル)の結果が大事だし、その後の馬の様子を見極めてからになる」と話し、まずは牝馬クラシック2冠制覇に全力を注ぐ構えを見せていた。
2011年4月15日(金) 11:14

 1,587

【POG】桜Vマルセリーナで2冠だ!
松永 デスク、マルセリーナの桜花賞制覇おめでとうございます!! 我がPOG軍団ではレーヴディソールに次ぐ2頭目のGI馬誕生ですデスク これで少しは黒田との賞金差が詰まっただろう。オークス(5月22日、東京、GI、芝2400メートル)では2冠を期待したいね。それにしても松田博厩舎からは、次から次へとGI馬が出てくるなぁ黒田 桜花賞で1、3着ですからね。ボクのレーヴが出ていればマツパク厩舎が1、2着を独占していたでしょう片岡 桜花賞の負け組回顧もよろしく和田 ダンスファンタジアは7着。直前輸送でも落ち着いていたし、馬の雰囲気は阪神JF(9着)の時よりも数倍良かった。今回は結果が伴わなかったけど、精神的にも成長しているので次につながるはず黒田 スピードリッパーは10着で初めて馬券圏内から外れてしまいました。ポップロックの半妹だし、オークスでの巻き返しに期待ですデスク 片岡のエイシンオスマンがニュージーランドTを勝ってたな片岡 はい。07年ピンクカメオ(NHKマイルC)以来の重賞勝ち。会社で大声を出してみんなに迷惑かけたけど、久々の重賞勝ちでメッチャ嬉しかったんや!和田 皐月賞(24日、東京、GI、芝2000メートル)にも登録があるけど、NHKマイルC(5月8日、東京、GI、芝1600メートル)が本線なんでしょ?片岡 よっしゃ、今から松永昌博厩舎に行って聞いてくる板津 お願いします。リベルタスは賞金的に皐月賞出走は可能だけど、ユニバーサルバンクは1頭回避すれば1/4の抽選にかかるんですからね。ちゃんと聞いてきて下さいよ松永 ボクのエバーグリーンが栗東に入厩して坂路調教を開始。片岡さんのウイントゥルーラヴも攻め馬が進んでいるので、近いうちに使えるかもデスク オークス、ダービーに向けて紙上POGをさらに盛り上げるためにも、人馬ともに頑張ってくれよ!!
2011年4月13日(水) 05:00

 831

桜花賞のニュースをもっと見る >

【桜花賞】ホエール、桜の女王へ満開追い!
 春のクラシックの第1弾・桜花賞の追い切りが6日に行われた。クイーンCを快勝したホエールキャプチャは、滋賀県・栗東トレーニングセンターの坂路で絶好の動きを見せつけた。最優秀2歳牝馬レーヴディソールが骨折でリタイアしたいま、人気、実力ともナンバーワンに浮上。桜の舞台で堂々と主役をつとめる。桜花賞の枠順は7日午後に確定する。 朝日に輝く白い馬体が躍動する。蹴り上げるウッドチップの勢いが、パワーアップした姿を物語る。クイーンCを制したホエールキャプチャが、最終追い切りで坂路を豪快に駆け上がり、女王戴冠へ力強く前進した。 「思っていたより時計が速かったですね。でも無理はしてませんし、順調にきている。言うことはありません」 手綱を取った池添謙一騎手が、ホエールキャプチャのあまりの好調ぶりに思わず相好を崩した。 午前7時の馬場開場とともに坂路入り。最初のラップを1ハロン14秒3とゆったり入ったが、そこから13秒5、12秒1と加速していく。手綱はそれほど動いていないのに、ラスト1ハロンも11秒7とそのスピードは止まらなかった。4ハロン51秒6は、昨年2着になった阪神JFの最終追い切りでマークした52秒0より速い。この数字からも成長しているのは明らかだ。 「ここ2週でけっこう速い時計を出していたからね。53~54秒ぐらいでと思っていたけど、無理をしたわけじゃないからね。デキは満点と言えますよ」 美浦から栗東に駆けつた田中清隆調教師は満足顔だ。今回は2歳女王のレーヴディソールにリベンジを果たすつもりだったが、ライバルは骨折でリタイア。大本命がいなくなって、混戦と言われるが、「横一線と言っていいでしょうね。それだけにデキのいい馬が勝つんじゃないかな」と、気負いはなく、あくまでホエールの仕上げに集中している。自身にとっては01年オークス(レディパステル)以来のGI制覇がかかる。 「レーヴディソールの関係者は残念だと思いますが、こちらは無事に送り出すだけ。馬体がふっくらして成長しているし、せっかくのチャンスですからね」 再戦はライバルが復帰してからでいい。まずは目の前のタイトルに全力を尽くす。ホエールキャプチャが“混戦”の声をかき消す走りを見せつける。(柴田章利) 
2011年4月7日(木) 05:07

 1,105

【桜花賞】マルセリーナ、楽々2馬身先着
 牝馬クラシックの第1弾、桜花賞の追い切りが6日、東西のトレーニングセンターで行われた。 3戦2勝。エルフィンS1着以来となるマルセリーナはCWコースで併せ馬。フロムジオリエント(牡5、1000万下)を相手に、馬なりで楽々と2馬身の先着。ラスト1ハロンを11秒9でまとめた。前走減っていた馬体もふっくらと回復しており好気配だ。「ラストだけやるよう指示したが、やるたびに上向いている」と松田博調教師は仕上がりの良さを強調。唯一の敗戦がキャリアの差が出たシンザン記念(3着)だけという素質だけに、陣営の期待はふくらむばかりだ。
2011年4月7日(木) 05:04

 1,062

【桜花賞】ホエール11秒7の極上切れ!
 4月10日に阪神競馬場で行われる3歳牝馬クラシック第一弾「第71回桜花賞」(GI、芝1600メートル、1着賞金8900万円)に向けて有力各馬が、栗東、美浦のトレーニングセンターで最終追い切りを行なった。 世代最強レーヴディソールの回避で一転して乱れ桜の様相。一躍クローズアップされたのが、2歳女王決定戦で前記レーヴに肉薄し、前哨戦のクイーンCを制した関東馬ホエールキャプチャ。 先月下旬に栗東滞在してからは至って順調。けさも主戦の池添騎手を鞍上に坂路コースで追われ、快時計を叩き出した。前半はスローペースで進み徐々にペースアップし、ゴール前仕掛けた程度で、4F51秒6を軽々とマーク。ラスト1F11秒7の切れはまさに絶好調の雰囲気。万全の状態で本番へ臨めそうだ。 同じく栗東に滞在して、トライアルのフィリーズレビュー勝ちのフレンチカクタスもそのまま居残っている。レース間隔が詰まっており、この日は余裕残しの調整。それでも坂路コースで52秒8-37秒7-12秒7を計時。フットワークに乱れはないし、大幅な上積みこそないが、高いレベルで安定している。 主役を欠いた松田博厩舎ではマルセリーナ、トレンドハンターの2頭がスタンバイ。やや間隔の開いているマルセリーナは長めの併せ馬を敢行。Cウッドコースで僚馬フロムジオリエントと併走し、4コーナーからは実戦ムード。ラスト1Fで気合を入れられると2馬身突き放した。時計も6F81秒6-5F65秒8-4F51秒0-3F37秒8。ラスト1Fも11秒9をマークし、休み明けの不安は払拭。 フラワーC勝ちのトレンドハンターも併せ馬。もともと攻め馬は動くタイプで、けさも併せた2頭を問題にしなかった。時計も81秒1-65秒7-51秒5-37秒9-11秒7。ゴール前追われて、内に1馬身、中に1・9秒先着し、更に上積みが感じられる。 一方、美浦では横山典騎手に乗り替わるダンスファンタジアが坂路で単走追い。鞍上の手綱は全く動かない馬任せながら51秒4-37秒8-12秒2をマーク。気性の難しい面も出さず、終始、リラックスムードを醸し出し、まずは順調な仕上がりを見せている。 枠順は4月7日(木)に確定し、レースは10日、阪神競馬場11R、午後3時40分にスタートが切られる。
2011年4月6日(水) 16:38

 803

【桜花賞】マルセリーナ順調アピール
 牝馬クラシック第1弾の桜花賞が10日、阪神競馬場で行われる。戦線を離脱した2歳女王レーヴディソールの穴を埋めるのが、同じ松田博資厩舎に所属するマルセリーナだ。デビュー当時は心身ともに未完成だったが、1戦ごとにグングン上昇。成長度ではメンバー随一だ。フラワーCを勝った僚馬トレンドハンターも侮れない力を秘めており、桜花賞はこの2頭から目が離せない。 無念のリタイアを喫した僚馬へ、マルセリーナが力走を捧げる。骨折により回避を余儀なくされたレーヴディソールに代わって、“主役”を演じる。 「順調に調整はやれているし、特に変わったことはしないよ。冬毛が抜けたし、体調は上向いている。レーヴの分まで頑張ってほしいな」 ベガ(93年桜花賞&オークス馬)、世界をまたにかけて活躍中のブエナビスタ(10年天皇賞などGI5勝)など、大物牝馬を数多く手掛けてきた松田博資調教師が期待を持って送り出すディープインパクト産駒。ここまでレーヴの陰に隠れる存在だったが、素質は入厩当初から高く評価されていた。 「使うたびにドンドン良くなっているな」と名伯楽が上昇気配を口にする。以前とは、あらゆる意味で雲泥の差。調教、レースにおける動きが特に変化した。デビュー当初のモタモタした動きが消え失せて、今は自らハミを取って走るようになっている。「体ができてきたし、経験を積んできたことで、自分から走る気持ちを出すようになってきた」とトレーナーは解説。調教を積むごとに緩かった体も引き締まり、筋肉がついた。「見栄えのする体つきになったな。いい方向に成長してきているのは確か」と満足げだ。 桜花賞トライアルのチューリップ賞への出走も思案されたが結局はパス。エルフィンSから直行する形で指揮官は成長をうながした。「トライアルを使わなくて正解だった思う。使っていれば体がガリガリになっていた可能性もあるからな。落ち着きがあるし、今は体もフックラと見せている」と納得の表情を浮かべた。 全休日明けの5日は、青空の下、坂路を元気に登坂して順調度をアピール。「前回は後ろからの競馬でいい脚を使った。(レース)センスがいいよな。(1600メートルは)ずっと走ってきた距離だし、いい競馬をしてほしい」と松田博師は本番を楽しみにする。 シンザン記念は強豪牡馬相手に3着。エルフィンSは出走馬中、最速の末脚(ラスト3ハロン34秒2)で突き抜けた。キャリアはまだ3戦。相当な伸びしろも残されている。器の大きさは一級品。マルセリーナがレーヴの代役を見事につとめて見せる。 (宇恵英志)
2011年4月6日(水) 05:08

 1,270

桜花賞の直前追い切り情報をもっと見る >

桜花賞過去10年の結果

2010年4月11日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 アパパネ 蛯名正義 1:33.3 2.8倍 97.4
2着 オウケンサクラ 安藤勝己 1/2 9.9倍 96.7
3着 エーシンリターンズ 福永祐一 クビ 29.1倍 96.7
2009年4月12日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ブエナビスタ 安藤勝己 1:34.0 1.2倍 99.8
2着 レッドディザイア 四位洋文 1/2 14.4倍 99.1
3着 ジェルミナル 福永祐一 1 1/2 25.2倍 97.5
2008年4月13日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 レジネッタ 小牧太 1:34.4 43.4倍 95.8
2着 エフティマイア 蛯名正義 1/2 94.3倍 95.0
3着 ソーマジック 後藤浩輝 クビ 10.8倍 95.0

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

桜花賞ステップレース

2011年3月26日() 阪神競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 5 トレンドハンター 岩田康誠 1:47.0 8.6倍 94.5
2着 11 ハブルバブル U.リスポリ 1 1/4 3.5倍 93.2
3着 3 マヒナ 蛯名正義 2 1/2 12.7倍 90.5
4着 17 マイネイサベル 松岡正海 クビ 4.0倍 90.5
5着 12 ライブインベガス 大庭和弥 アタマ 90.9倍 90.5
2011年3月21日() 阪神競馬場/芝1400m
天候: 馬場:稍重
1着 11 フレンチカクタス 北村宏司 1:22.3 7.7倍 94.1
2着 14 スピードリッパー 横山典弘 1 1/4 11.5倍 92.3
3着 6 エーシンハーバー 武豊 クビ 10.2倍 92.3
4着 12 ドナウブルー U.リスポリ クビ 3.4倍 91.4
5着 8 ラテアート 松岡正海 3/4 37.6倍 90.6
2011年3月5日() 阪神競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 8 レーヴディソール 福永祐一 1:34.5 1.1倍 93.7
2着 10 ライステラス 岩田康誠 12.1倍 88.3
3着 5 メデタシ 浜中俊 クビ 90.1倍 88.3
4着 2 タガノラヴキセキ 武豊 ハナ 27.4倍 88.3
5着 6 ビッグスマイル 小牧太 クビ 106.6倍⑧ 87.6
2011年2月12日() 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:稍重
1着 9 ホエールキャプチャ 池添謙一 1:35.4 3.6倍 91.1
2着 4 マイネイサベル 松岡正海 3/4 16.6倍 90.4
3着 10 デルマドゥルガー 内田博幸 3/4 15.6倍 89.6
4着 11 フレンチカクタス 北村宏司 クビ 12.8倍 88.8
5着 2 メーヴェ 蛯名正義 ハナ 86.4倍 88.8

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

桜花賞の歴史と概要


2016年の優勝馬ジュエラー

皐月賞東京優駿日本ダービー)、菊花賞優駿牝馬オークス)とともに“3歳クラシック”の一角を成すレースであり、牝馬3冠の1冠目に数えられる。仕上がりの早さとスピード能力が問われる一戦で、過去に多くの快速牝馬たちが栄冠を勝ち取ってきた。この桜花賞、約1カ月半後に開催されるオークス、秋に行われる秋華賞(このレースはクラシック外)の3タイトルをものにし“牝馬3冠”の称号を手にしたのは、メジロラモーヌ(1986年)、スティルインラブ(2003年)、アパパネ(2010年)、ジェンティルドンナ(2012年)の4頭が存在する。第35回(1975年)は単勝支持率88%で1.1倍の断然人気を集めたテスコガビーが、2着に1.9秒という桜花賞史上最大着差をつけて勝利。この圧勝劇は、実況を担当した関西テレビの杉本清アナウンサーの「後ろからはなんにも来ない」という名調子とともに、今も語り草となっている。第50回(1990年)の勝ち馬アグネスフローラ、第53回(1993年)の勝ち馬ベガは、繁殖にあがってからも優秀な産駒を輩出し、G1ホースの母となった。阪神競馬場が改修されて直線距離が延びてからは鮮烈な追い込み勝ちも見られるようになり、第69回(2009年)のブエナビスタ、第74回(2014年)のハープスター、第76回(2016年)のジュエラーらが、目の覚めるような直線一気を決めて先頭でゴール板を駆け抜けている。

▼2014年のハープスターは最後方から直線で他の17頭をごぼう抜きし優勝。

歴史と概要をもっと見る >

桜花賞の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年8月26日(
キーンランドカップ G3
新潟2歳ステークス G3

競馬番組表

2018年8月25日(
2回札幌3日目
2回新潟9日目
2回小倉9日目
2018年8月26日(
2回札幌4日目
2回新潟10日目
2回小倉10日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 レッドファルクス 牡7
46,924万円
10 サウンズオブアース 牡7
46,745万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る