ナムラアッパレ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ナムラアッパレ
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2015年3月30日生
調教師高野友和(栗東)
馬主奈村 信重
生産者いとう牧場
生産地日高町
戦績17戦[1-0-2-14]
総賞金1,488万円
収得賞金400万円
英字表記Namura Appare
血統 ネオユニヴァース
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ポインテッドパス
ナムラミーティア
血統 ][ 産駒 ]
サクラバクシンオー
ハナコスマイル
兄弟 ナムラマミーナムラアイドル
前走 2018/06/30 3歳以上500万下
次走予定

ナムラアッパレの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/06/30 中京 12 3歳以上500万下 芝2000 125531.288** 牡3 54.0 秋山真一高野友和458(-4)2.01.8 1.434.2⑫⑫⑫⑪ヴェルテアシャフト
18/06/09 阪神 12 3歳以上500万下 芝1800 98917.868** 牡3 54.0 秋山真一高野友和462(-4)1.48.8 2.134.8⑦⑦ドミナートゥス
18/03/04 阪神 9 アルメリア賞 500万下 芝1800 1181194.71010** 牡3 56.0 国分優作高野友和466(+2)1.47.5 2.135.2⑪⑪フランツ
18/02/10 小倉 9 あすなろ賞 500万下 芝2000 127962.173** 牡3 56.0 秋山真一目野哲也464(-12)2.01.5 0.734.7⑪⑪⑩⑧エポカドーロ
18/01/27 京都 9 梅花賞 500万下 芝2400 989192.197** 牡3 56.0 国分優作目野哲也476(-4)2.29.8 0.934.9⑨⑨⑨⑨メイショウテッコン
18/01/14 京都 6 3歳500万下 ダ1800 76650.666** 牡3 56.0 幸英明目野哲也480(+8)1.55.3 2.639.3⑥⑥④⑤スマハマ
17/12/24 阪神 9 千両賞 500万下 芝1600 98839.076** 牡2 55.0 国分優作目野哲也472(+6)1.35.5 0.733.4⑧⑨サンラモンバレー
17/11/25 京都 11 京都2歳S G3 芝2000 989268.096** 牡2 55.0 国分優作目野哲也466(0)2.02.9 1.334.6⑨⑨⑨⑨グレイル
17/11/11 京都 11 デイリー2S G2 芝1600 989277.995** 牡2 55.0 国分優作目野哲也466(0)1.37.3 1.035.4⑤⑤ジャンダルム
17/10/22 京都 8 なでしこ賞 500万下 ダ1400 134540.1811** 牡2 55.0 国分優作目野哲也466(+6)1.26.9 3.539.9⑧⑩ハヤブサマカオー
17/09/30 阪神 9 ヤマボウシ賞 500万下 ダ1400 13812104.3134** 牡2 54.0 国分優作目野哲也460(+2)1.25.9 0.937.6⑧④ドンフォルティス
17/09/16 阪神 9 野路菊S OP 芝1800 933181.497** 牡2 54.0 国分優作目野哲也458(-2)1.50.1 0.834.3ワグネリアン
17/09/03 小倉 11 小倉2歳S G3 芝1200 18612153.01513** 牡2 54.0 太宰啓介目野哲也460(+16)1.09.9 0.836.0⑧⑧アサクサゲンキ
17/07/29 小倉 1 2歳未勝利 芝1200 6445.531** 牡2 54.0 秋山真一目野哲也444(-2)1.09.5 -0.135.4タイセイソニック
17/07/16 中京 1 2歳未勝利 芝1400 115526.774** 牡2 54.0 国分優作目野哲也446(-2)1.22.4 0.636.2④④レッドシャーロット
17/07/02 中京 1 2歳未勝利 芝1400 1281283.493** 牡2 54.0 国分優作目野哲也448(-6)1.23.4 1.234.3⑪⑪コーディエライト
17/06/18 阪神 5 2歳新馬 芝1600 126790.71010** 牡2 54.0 国分優作目野哲也454(--)1.36.8 2.838.2コスモインザハート

ナムラアッパレの関連ニュース

 2月10日の小倉9R・あすなろ賞(3歳500万下、芝2000メートル)は、戸崎圭太騎手騎乗の1番人気エポカドーロ(牡、栗東・藤原英昭厩舎)が鮮やかな逃げ切り勝ち。タイムは2分0秒8(稍重)。

 3馬身半差の2着に直線大外を追い込んだスーパーフェザー(2番人気)、さらに半馬身差遅れた3着に後方追走から直線馬場の真ん中を伸びたナムラアッパレ(7番人気)。

 あすなろ賞を勝ったエポカドーロは、父オルフェーヴル、母ダイワパッション、母の父フオーティナイナーという血統。通算成績は3戦2勝。

 ◆戸崎圭太騎手(1着 エポカドーロ)「ドッシリした馬でフットワークがいい。前走が逃げ切り勝ちだったので、モマれるよりは、と思ってハナを切ったけど、控えても競馬はできそうですよ」



★10日小倉9R「あすなろ賞」の着順&払戻金はこちら

【朝日杯FS出馬確定】ダノンプレミアムなど16頭 2017年12月14日(木) 14:34

 12月17日(日)に阪神競馬場で行われる第69回朝日杯フューチュリティステークス(2歳オープン、牡・牝、GI、芝1600メートル、馬齢、フルゲート18頭、1着賞金=7000万円)の出走馬が14日、発表された。



 デビュー2連勝でサウジアラビアロイヤルカップを制しているダノンプレミアム、京王杯2歳ステークスを制したタワーオブロンドン、夏の2歳ステークス覇者・アサクサゲンキ(小倉2歳ステークス)、カシアス(函館2歳ステークス)、フロンティア(新潟2歳ステークス)などが名を連ねている。



 なお、登録馬のうちナムラアッパレ、ニシノベースマンが出走回避し、今年の朝日杯FSは16頭立てで行われることとなった。



 出走16頭は以下の通り。



アイアンクロー   55.0kg(牡、栗東・斉藤崇史厩舎)

アサクサゲンキ   55.0kg(牡、栗東・音無秀孝厩舎)

イシマツ      55.0kg(牡、栗東・森秀行厩舎)

カシアス      55.0kg(牡、栗東・清水久詞厩舎)

ケイアイノーテック 55.0kg(牡、栗東・平田修厩舎)

ケイティクレバー  55.0kg(牡、栗東・目野哲也厩舎)

ステルヴィオ    55.0kg(牡、美浦・木村哲也厩舎)

ダノンスマッシュ  55.0kg(牡、栗東・安田隆行厩舎)

ダノンプレミアム  55.0kg(牡、栗東・中内田充正厩舎)

ダブルシャープ   55.0kg(牡、栗東・渡辺薫彦厩舎)

タワーオブロンドン 55.0kg(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)

ヒシコスマー    55.0kg(牡、栗東・清水久詞厩舎)

ファストアプローチ 55.0kg(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)

フロンティア    55.0kg(牡、栗東・中内田充正厩舎)

ムスコローソ    55.0kg(牡、美浦・手塚貴久厩舎)

ライトオンキュー  55.0kg(牡、栗東・昆貢厩舎)



★朝日杯FSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【朝日杯フューチュリティステークス】特別登録馬2017年12月3日() 17:30

[もっと見る]

【京都2歳S】単勝オッズ タイムフライヤーが断然人気/13:00時点 2017年11月25日() 13:22

 25日の京都メインは、ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GIII、芝2000メートル)。重賞になってから歴史は浅いが、今年から年末に芝2000mの2歳GI・ホープフルSが創設されたこともあり、ここが本番に向けた重要なステップレースになる可能性が高そうだ。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



枠番-馬番 馬名      単勝オッズ1- 1 ケイティクレバー  12.72- 2 タイムフライヤー   1.93- 3 マイハートビート   7.14- 4 アイトーン     44.55- 5 ランリーナ    146.56- 6 グレイル       5.47- 7 シスターフラッグ  30.18- 8 スラッシュメタル   5.28- 9 ナムラアッパレ  132.7



京都2歳Sの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都2歳S】タイムフライヤー2枠2番!枠順確定 2017年11月24日(金) 10:49

 11月25日に京都競馬場で行われる「第4回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス」(GIII、京都11R、2歳オープン、馬齢、芝2000メートル、1着賞金3300万円)の枠順が24日に確定した。



 メンバー唯一のオープン特別(萩S)勝ち馬となるタイムフライヤーは2枠2番、2戦目から連勝中のマイハートビートは3枠3番、新馬勝ちの勢いで重賞制覇に挑むグレイルは6枠6番、スラッシュメタルは8枠8番にそれぞれ決まった。



 ラジオNIKKEI杯京都2歳2歳Sは11月25日、京都競馬場(11R)で、午後3時40分にスタートが切られる。



(左から枠 馬番 馬名 斤量 騎手)1- 1 ケイティクレバー 55.0 林徹弥2- 2 タイムフライヤー 55.0 C.デムーロ3- 3 マイハートビート 55.0 幸英明4- 4 アイトーン    55.0 国分恭介5- 5 ランリーナ    54.0 長岡禎仁6- 6 グレイル     55.0 武豊7- 7 シスターフラッグ 54.0 岩田康誠8- 8 スラッシュメタル 55.0 M.デムーロ8- 9 ナムラアッパレ  55.0 国分優作



京都2歳Sの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都2歳S】追って一言2017年11月23日(木) 05:03

 ◆アイトーン・五十嵐師 「坂路で上がり重点。デキは維持しているが、遊んで走っているので集中力が問題」

 ◆グレイル・野中師 「攻めでもスッと動けるようになって、新馬戦のときより数段良化」

 ◆ケイティクレバー・目野師 「デキはいい。ハナにはこだわらない先行力もある」

 ◆シスターフラッグ・西村師 「しっかり動けた。長く脚を使うので距離が延びるのもいい」

 ◆スラッシュメタル・西村師 「1回使ってグンと良化。センスのいい走りに期待している」

 ◆タイムフライヤー・松田師 「攻めも前走時あたりから動けるようになりました。これをクリアしないと、GIとかは言えませんからね」

 ◆ナムラアッパレ・目野師 「中1週で体はできているし、元気いっぱい。距離ももつと思う」

 ◆マイハートビート・中塚助手 「乗り込み十分。瞬発力勝負になったときがどうか」

 ◆ランリーナ・長岡騎手 「順調に調教をこなせた。長く脚を使えるので、それを生かせれば」

[もっと見る]

⇒もっと見る

ナムラアッパレの関連コラム

閲覧 1,643ビュー コメント 0 ナイス 10



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われるG1出走予定馬の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回からはシンプルに前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。
尚、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますのでそちらでご確認ください


◇賞金順◇

カシアス(新馬戦の印◎)E
時計は出る方の馬。にもかかわらず、1週前追い切りのCWで終いかなり時計がかかって大きく遅れていて、何かいつもとは違う感じあり。

アサクサゲンキ(新馬戦の印△)D
坂路で速い時計の出るタイプではあるが、どちらかというと終い甘くなるところのある馬。1週前追い切りでも先着はしているものの終いは甘くなっていたので、最終追い切りで終いしっかり伸びているかが調子の良し悪しの基準になりそう。

フロンティア(新馬戦の印△)C
調教ではすごく走るという馬ではないが、前走時の休み明けも物足りない動きで、今回の1週前追い切りもモタモタしていた。最終追い切りでどこまで変わるかに注目。

ダノンスマッシュ(新馬戦の印◎)B
デビュー前から好時計の出ていた馬で、前走後も間隔がありジックリ乗り込まれている
。1週前追い切りではまだ少し重い感じにも見えたが、最終追い切りでビシッと追われてしっかり伸びているようなら好勝負可能。

アイアンクロー(新馬戦の印△)E
休み明けで乗り込まれているものの目立つ時計が出ておらず、状態面での不安あり。

ファストアプローチ(新馬戦の印△)C
今回は休み明けになり、乗り込まれているものの距離を意識してか坂路中心に変えてきた。走り方を見ると首が高い走りで本来はダート向きの馬か。速い時計での決着だと厳しそうだが、時計のかかる馬場なら出番がありそう。

ダブルシャープ(新馬戦の印門別のレースで予想ナシ)A
ホッカイドウ競馬所属で出走した前走は向こう正面で不利があり、道中も力みながらの追走。それでも直線もしぶとく伸びて大きくは負けていない。クローバー賞では、タワーオブロンドンに先着していて、札幌2歳Sでも3着に好走と能力のある馬。JRAに転入し、栗東での調教となって以降も優秀な時計が出ているので、環境の変化が良い方にでてくれれば上位争いに加われるだけの馬だろう。

ヒシコスマー(新馬戦の印▲)E
新馬勝ちから中2週、中1週と使われてきて今回も中1週と厳しいローテーション。前走の直線の伸び方を見ると短い距離が良さそうな馬で、今回は上積みはなさそう。

ムスコローソ(新馬戦の印△)D
前走時も最終追い切りでは遅れていたが、この中間も目立つ時計は出ておらず物足りない調教内容となっている。相手が一気に強化される今回は厳しい戦いになりそう。

ケイアイノーテック(新馬戦の印◎)B
前走は休み明けでもしっかり乗り込まれていたものの、成長分と絞り切れない分で大きく馬体が増えていた。この中間も坂路で乗られているが反動を気にしてか1週前までは馬なりで調整できている。最終追い切りでビシッと追ってくるようなら上積みも期待できそう。

ケイティクレバー(新馬戦の印▲)C
9月にデビューしてすべて2000m戦を使われてきている馬。逃げてきたことが多い馬で,、今回距離短縮でペースも変わってくると思うので流れに乗れるかがポイント。加えて、使い詰めで疲れもありそう。

ナムラアッパレ(新馬戦の印△)回避予定
ニシノベースマン(新馬戦の印△)回避予定

ライトオンキュー(新馬戦の印○)C
新馬戦時はかなり入念に乗り込まれていてレースでは3着。中1週での叩き2戦目は、坂路でかなり良い時計が出ての初勝利と、この2戦はセットで勝ちにきた感じ。この中間は少し物足りないところがあるので、相手強化もあり厳しい戦いになりそう。

イシマツ(新馬戦の印△)D
転入初戦だが、坂路で速い時計を出す厩舎なので時計は出ている。1週前の動きを見ると首が高めの走りで物足りない印象を受けた。クローバー賞で芝経験はあるが、実績的にここでは相手が強くて......。


今週も2歳G1朝日杯FSが行われます。今年から28日に行われるホープフルSがG1になり、レースの価値が下がるような感じもありますが、陣営によって考え方や選択するレースは様々で、各レースに強い馬が出走する予定です。この2つのレースに出走しない馬も含めて、それぞれのレースで好走した馬たちが、ケガなく無事に来年のクラシックを迎えられることが、最終的にレースを盛り上がることに繋がると思います。それらレースの価値を上げるのは、最終的には出走している馬がどんなレースをするかにかかっているのかもしれませんね。その意味でも、強い馬が強いレースを見せてくれることを、今週も期待したいと思っています。

それでは、次回有馬記念編でお会いしましょう。


朝日杯FS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年12月13日(水) 11:00 km
【G1データブレイカー 2nd season】 ~朝日杯フューチュリティステークス~
閲覧 1,594ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。
今週は、2歳スピード王決定戦『朝日杯フューチュリティステークス』を分析します。


■2017秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9354


このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝利馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を「データブレイカー」と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします! 
データ競馬全盛期の今だからこそ、“逆張り”は威力を発揮します。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。


G1データブレイカー 2nd season
朝日杯フューチュリティステークス

朝日杯フューチュリティステークスは、近5年で3連単10万円オーバーを3回記録しています。中山から阪神に舞台が替わっても、荒れるレースと考えていいようです。

2016年朝日杯フューチュリティステークス
1着 サトノアレス
主なデータブレイク項目(0/6)

Frankelの初年度産駒ミスエルテに注目が集まった昨年でしたが、今年の藤沢和雄厩舎フィーバーを予期するかのようにサトノアレスが快勝しました。
では、来年のトレンドが潜む宝の海へ航海に出かけましょう!


・前走馬体重471kg以下【0.1.2.32】
・馬体重465kg以下【0.0.0.25】


アイアンクロー
アサクサゲンキ ←オススメ
イシマツ
カシアス ←オススメ
ケイティクレバー
ステルヴィオ ←オススメ
ダノンスマッシュ
ナムラアッパレ
ニシノベースマン
フロンティア ←オススメ

中山開催の朝日杯フューチュリティステークスと言えば巨漢マイラーの巣窟だったのですが、翌々週にホープフルSができたことで短距離馬の登録が目立ちます。
通常なら短距離馬の方がマイラーよりも筋肉質なわけですが、ここで指す短距離馬は、早熟で馬体が小さくまとまっている馬です。2歳G1ならまだまだ完成度で勝負ができます。
アサクサゲンキカシアスの2頭は夏の重賞制覇以後も順調に歩んできました。同じく、フロンティアも復帰戦こそ4着ですが、完調手前のもので巻き返しが期待できます。重馬場のコスモス賞を勝った後も東京で好走したステルヴィオは、勢いのあるロードカナロア産駒で、のびのび走れる阪神外回りコースは合うはずです。
他にも小粒でも中身の濃い早熟短距離馬が、完成前のマイラー軍団に挑みます。ビバ、早熟馬!

[もっと見る]

2017年12月12日(火) 14:30 覆面ドクター・英
朝日杯FS・2017
閲覧 1,392ビュー コメント 0 ナイス 6



ラッキーライラックに本命を打った阪神JFも当たり、3週連続G1中と調子は上がってきた感じですが、3週連続WIN4止まりと、もどかしいところでもあります。今週の朝日杯FSも阪神JF同様、人気上位馬の力は本物で、そう荒れそうではないのですが、うまく力関係を把握して馬券につなげたいところ。


全頭診断へ。

タワーオブロンドン:ここまで4戦3勝で京王杯2歳Sも圧勝してきた。エンジンのかかりがやや悪いが掛かってからの迫力はなかなかのもの。当然中心視して良さそうだが、気になるのは札幌のクローバー賞(1500m)で今回中央入りして、ここにも出てくるダブルシャープに差された際にルメール騎手がスタミナなく使える脚が短いから1200~1400が今後いいのでは、とか1400mのききょうSを勝った際にスプリンター体系で短い距離が良い、と発言しているところか。血統的には母がダルシャーンとサドラー系の重そうな配合だけに父がゴーンウエスト系でもマイルならこなせそうではあるが……。ルメール騎手もG1では勢い無く、 藤沢和厩舎とのタッグだけに人気過剰も心配なところ。

ダノンプレミアム:サウジアラビアRCを1番人気だったステルヴィオの猛追を凌いで勝って2戦2勝で本番に向かってきた。阪神JFでは人気になったであろうベルーガが骨折で出られなかった新興勢力の中内田厩舎(G1だけにギリギリまで攻めた結果だけに仕方なかったのでしょうが)も今週こそと思っているだろうが、直線でも頭の高いフワフワした走りで阪神の直線でキレ負けがちょっと心配。

ステルヴィオダノンプレミアムに負けて1番人気を裏切った形になったサウジアラビアRCだが、外枠で位置取り悪くなって最後の脚は鋭かっただけに本番巻き返してもおかしくない。距離はマイルくらいあった方が良さそうだが兄や姉もそれほど活躍しておらず底力やスケールがやや不安か。

ファストアプローチ:藤沢和厩舎の2頭出しの人気薄の方で札幌2歳S(1800m)で阪神JF1番人気だったロックディスタウンに敗れ2着、芙蓉S(2000m)でも2着と父がガリレオ系でもあり中距離以上が良さそうでホープフルSの方が向きそうで阪神マイルだとキレ負けしそう。ただ先行して安定感あり、香港でのハイランドリール同様ガリレオの血が並ばれてからの粘り強さを現わすかも。

カシアス:函館2歳Sの覇者で前走の京王杯2歳Sでも、外を突き抜けたタワーオブロンドンには完敗も、うまく内を突き2着したように、この時期ならマイルでも立ち回りの上手さで上位に来れるのでは。

ダノンスマッシュ:前走のもみじSで3馬身差で完勝してきたように父ロードカナロア譲りのスピード豊かなタイプで最終的には安田隆厩舎だけに、スプリンターになっていくのかもしれないが、この時期なら能力でマイルでも好戦可能そう。調教では豪快な動きを見せており、ロードカナロア×ハードスパンと旬な配合で頭まであるかも。

フロンティア:新潟2歳Sの覇者で前走デイリー杯2歳Sは不利もあり休み明けも悪かったのか1番人気4着と凡走したが血統的にもドリームパスポートの下だけに巻き返しあっておかしくない。

アサクサゲンキ:小倉2歳Sの覇者で前哨戦の京王杯2歳Sでも3着とそこそこ走っているが阪神芝マイル向きではなく、血統的にはダートで見てみたい。

アイアンクロー:夏の小倉でフェニックス賞3着、小倉2歳Sで2着と活躍したが小さい馬で、阪神マイルで期待できるタイプでない。

イシマツ:道営からの転入馬で夏の札幌でタワーオブロンドンから0.6秒差で走っているが近況悪く一変は無いのでは。

ケイアイノーテック:半年ぶりのデイリー杯2歳Sでも3着したディープインパクト産駒だが良くなるのはまだ先では。

ケイティクレバー:ずっと2000Mを使ってきて逃げてきた馬で、ハービンジャーの距離短縮もハナきれないのも状況的に厳しい。

ダブルシャープ:マル地だが、今回有力視されているタワーオブロンドンに唯一土をつけた馬で札幌2歳Sでも3着したように実力をちゃんと備えた馬ではある。中央入りして長距離輸送でなく調整できるので体調安定して前走以上にやれておかしくない。

ナムラアッパレ:すでに10戦を消化していてオープン入り後は低調な成績で期待薄。

ニシノベースマン:連闘で使ってくるか微妙だが頭打ちの成績で自己条件でも負けただけに期待薄。

ヒシコスマー:デイリー杯2歳Sでビリから、リングハミに替えて自己条件の前走万両賞を勝ってきた。フロック視されているようなら妙味あり。

ムスコローソ:5馬身差の衝撃的な新馬勝ちで新潟2歳Sでも1番人気となったが、12着と不利あったにしても惨敗。500万下を勝ってきたが、ヘニーヒューズ産駒で阪神マイルでドンと来いというタイプではない。

ライトオンキュー:さほどインパクトの無い未勝利勝ち直後だけにまだここでは厳しい。


<まとめ>
先週同様上位人気馬での決着となると思われる。

有力:タワーオブロンドンダノンスマッシュダノンプレミアムカシアスステルヴィオファストアプローチ

穴で期待:ヒシコスマーダブルシャープ

[もっと見る]

2017年11月25日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第315回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス G3
閲覧 1,001ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、タイムフライヤー1頭。
第2グループ(黄)は、ケイティクレバーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のマイハートビートまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、グレイルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアイトーンシスターフラッグスラッシュメタルナムラアッパレまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、1位→2位間に3.7ポイントの開きがみられややタイムフライヤーが抜けた格好。そして、3位→4位間にも少し差が生じているものの、その下4位以下は拮抗している状況となっています。

そんななか今回の私の本命は◎シスターフラッグとしました。重賞格上げ以降の過去3回を見ると、3回ともに少頭数の割に差しが決まっていて特に時計が掛かった年は上がり上位馬が優勢な点や、ハーツクライ産駒が好相性、といったところが目立ちます。今年だと、人気の○タイムフライヤー、▲グレイルあたりが傾向に合致してきますが、2頭ともに前走雨でぬかるんだ馬場でのレースでもあり、今回良で再び抜けた末脚を発揮できるかはまだ半信半疑。また、(いずれもしっかりと負荷のかかる調教を消化してきているようなので杞憂に終わるとは思いますが)疲労という点での心配も若干ありますので、それならばということで新馬戦のパフォーマンスを評価して◎シスターフラッグに期待しました。その新馬戦で記録した指数はメンバー中3位のもので、2戦目で臨んだ札幌2歳Sでの指数の伸びもまずまず。前走のマイルは忙し過ぎた印象で度外視可能。鞍上も岩田騎手に戻り、ルーラーシップ産駒も、このコースはハーツクライを凌ぐ複勝率を誇り条件好転。なだめて後方からになりがちで、追っ付け通しになることが濃厚なタイプから、この小頭数もこの馬にとって大きなアドバンテージになるのではないかと見ています。タフな今の差し馬場でこの馬の息の長い末脚に期待します。
そして、今回の私の馬券は、◎=○▲からの3複で勝負とします。

【3複フォーメーション】
◎=○▲=印
7=2,6=2,3,4,6,8(7点)

[もっと見る]

ナムラアッパレの口コミ


口コミ一覧
閲覧 49ビュー コメント 2 ナイス 20

今週のPOG戦線は日曜日の各競馬場で1頭ずつ、合計3頭が出走します。


【出走】
・8月5日 札幌1R
△マキ(ジョアン・モレイラ騎手)

先陣を切るのは札幌の未勝利戦に出走するマキです。

マキ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 武 藤 ◇美南W稍 67.9 52.5 38.8 13.3[7]馬なり余力
 助 手 7.22 函W良 55.5 40.6 13.2[5]馬なり余力
★助 手 7.25 函W良 68.7 53.3 38.7 12.5[3]一杯に追う
       アドマイヤスコール(新馬)馬なりの内同入
 助 手 7.29 函W良 56.5 41.5 13.3[2]馬なり余力
☆助 手 8. 1 函W良 69.3 54.3 39.5 13.3[9]強目に追う
       ルヴォワール(古500万)馬なりの外1.0秒先行同入

6月の新馬戦4着以来のレースになります。
大箱の東京1400mの次に小回りの札幌1500mを選択したのがどう出るかというところですが、1コーナーまでの距離が短いこの舞台で8頭立てとはいえ1番枠を引けたのは好材料。
ただ、頭数の割にはメンバーが揃った印象は否めません。
マキ自身の追い切りも時計の字面だけなら先週の方が良かった印象なので、「このメンバーなら負けられない」と胸を張って言える感じではないですね。
人気とのバランスを考えるとむしろ危なっかしいぐらいではありますけど、そこは土曜日に5勝を挙げたマジックマンの腕に期待したいですね。


・8月5日 小倉5R
△キラープレゼンス(北村友一騎手)

小倉の新馬戦にキラープレゼンスが出走します。

キラープレゼンス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 助 手 5. 6 栗坂良 2 回 57.9 41.8 26.5 12.8 馬なり余力
       レーヌルネサンス(三未勝)馬なりと同入
 助 手 5.13 栗坂良 2 回 57.0 41.1 26.7 12.6 馬なり余力
       ゴールドホイッスル(三未勝)馬なりと同入
 助 手 5.16 栗E良 14.7 ゲートなり
 助 手 5.20 栗坂良 2 回 56.9 41.4 26.8 13.4 馬なり余力
       ナムラアッパレ(三500万)一杯に0.1秒先行0.1秒先着
 助 手 5.23 栗坂良 2 回 55.0 39.7 25.7 12.7 一杯に追う
       ナムラアッパレ(三500万)一杯と同入
 助 手 5.27 栗坂良 2 回 56.2 40.3 26.1 12.4 馬なり余力
       クインアマランサス(古500万)馬なりに0.2秒先行0.2秒先着
 助 手 5.30 栗坂良 2 回 55.9 40.8 26.7 12.8 一杯に追う
       ダノンバリアント(新馬)一杯に0.2秒先行0.4秒先着
 助 手 7.15 栗坂良* 2 回 56.4 40.4 25.6 12.2 強目に追う
       グランソード(三未勝)馬なりに0.1秒先行同入
 助 手 7.18 栗坂良 2 回 56.7 40.2 25.6 12.3 一杯に追う
       センテリュオ(古500万)強目に0.1秒先行0.2秒遅れ
 助 手 7.22 栗坂良 1 回 55.5 39.2 25.4 12.4 馬なり余力
       タイムレスメロディ(古500万)馬なりを0.3秒追走同入
★助 手 7.25 栗坂良 2 回 55.3 39.3 25.4 12.3 一杯に追う
       センテリュオ(古500万)一杯を0.1秒追走0.2秒遅れ
 助 手 7.29 栗坂不 2 回 55.6 40.0 25.9 12.4 一杯に追う
       ガナドゥール(三未勝)馬なりを0.1秒追走同入
☆北村友 8. 1 栗坂良 2 回 52.8 38.5 25.3 12.7 一杯に追う
       アウステルリッツ(古500万)一杯に0.2秒先着

追い切りは坂路で乗られていて、コース追いがないのがちょっと引っ掛かりますけど、それでも坂路での時計ではほぼ毎回終いを12秒前半でまとめているのは好感。頭数は揃いましたが、このメンバーの中でも上位争いに加われそうな手応えは感じます。
しかしながらこのレース、他にも調教で動いている馬がそれなりにいるのよね。
それにそもそもの話、これは個人的になイメージなんですけどコーナー4回の競馬で牝馬を信用していないので、その点でも頭から勝負とは思っていません。まあ単勝は買うとしても、本当にそれは応援馬券なわけで。

………あっ、今、オッズ見たら結構突っ込みたくなってきましたw
とりあえず好勝負を期待します。


・8月5日 新潟5R
☆マイディアライフ(戸崎圭太騎手)

返す刀で、新潟の新馬戦にマイディアライフが出走します。

マイディアライフ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 助 手 6. 6 栗E不 14.8 15.4 ゲートなり
 難 波 7.19 栗CW良* 83.2 67.2 53.1 39.3 12.5[8]馬なり余力
       アレンタウン(新馬)直強目の内0.1秒先着
★助 手 7.25 栗坂良 1 回 54.1 39.6 26.0 13.2 馬なり余力
 助 手 7.28 栗坂良 1 回 56.9 40.3 25.8 12.9 馬なり余力
       インテグリティー(障未勝)馬なりに0.1秒先行同入
☆助 手 8. 1 栗坂良 1 回 56.2 39.8 25.6 13.0 末強目追う

ゲート試験に合格後に放牧に出て、7月中旬に栗東に戻ってきたわけですけど、正直なところ、調整過程を見ると不安の方が先立ちます。
7月19日のCWの時計はともかく、その後の坂路の時計はとても威張れたものではないから。

ただ、幸運にも8頭立ての少頭数。
どう考えてもハイペースにはならないだろうから、正味3ハロンのヨーイドン!の競馬になればなんとかなってしまうのかもしれません。

いずれにせよ「叩いてから」のムードなのは間違いないので、まずは次に繋がる内容であればいいのかと。

【調教】
アガラス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 助 手 ■美南W良 66.5 51.4 37.9 13.0[6]馬なり余力
★助 手 7.29 函W良 41.8 13.6[5]馬なり余力
☆助 手 8. 1 函W良 71.5 54.9 41.0 13.3[6]馬なり余力

ブラックモリオン
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 助 手 4.29 栗坂良 1 回 56.5 41.3 27.6 14.1 馬なり余力
 助 手 5. 3 栗E良 14.3 ゲート強目
☆助 手 8. 1 栗坂良* 1 回 56.5 40.5 26.1 12.8 馬なり余力
       メイショウシンバ(三未勝)強目に0.7秒先行同入

来週の札幌のコスモス賞にアガラスがスタンバイ。
ここはキッチリと決めたいだけに、今週の3頭が露払いとなってくれればいいのですが。

 藤沢雄二 2018年7月29日() 09:59
“ホーム”の力を見せろ!~POG第9節~
閲覧 63ビュー コメント 4 ナイス 16

今週のPOG戦線は1頭が出走します。

【出走】
・7月29日 新潟1R
△シャドウセッション(内田博幸騎手)

東京開幕週の新馬戦で5着だったシャドウセッションが2戦目を迎えます。

シャドウセッション
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 18. 5ベスト美南坂良 1 回 55.2 40.0 26.1 13.1 馬なり余力
 木幡初 ◇美南W良 69.6 54.4 40.4 13.1[8]馬なり余力
 助 手 7. 4美南W良 55.1 40.3 13.5[6]馬なり余力
 助 手 7. 8美南坂良 1 回 54.4 39.3 25.8 13.2 馬なり余力
 助 手 7.11美南坂良 1 回 53.3 39.4 26.1 13.0 末強目追う
       ショワドゥロワ(古500万)強目に1.2秒先行同入
 助 手 7.15美南坂良 1 回 54.2 39.5 25.8 12.5 馬なり余力
★内田博 7.18美南坂良 1 回 55.4 40.3 26.5 12.9 馬なり余力
       レッドアメリア(古500万)馬なりに0.5秒先行0.2秒先着
 助 手 7.22美南坂良 1 回 54.4 39.3 25.3 12.6 馬なり余力
       ヒーロークライシス(三未勝)末強目を0.5秒追走0.1秒先着
☆助 手 7.25美南坂良 1 回 53.2 39.3 25.8 12.8 馬なり余力
       ウインドトレイル(三未勝)馬なりを0.3秒追走同入

7月早々に美浦に戻ってきて、その時点でアイビスサマーダッシュに福永が遠征するという話だったので、番組表を見ながらてっきり「7月29日のマイルの未勝利戦を福永で」ということなのだと思っていたら、18日の調教に内田博が乗っていたので「あれ、福永が乗れない理由でもあるの?」と調べてみたところ、中京開幕の新馬戦で2着だったケイデンスコールが参戦するとのことで…。

確かに、先週の中京2歳Sが楽勝だったアドマイヤマーズとハナ差だから、そりゃ単純に考えて未勝利戦なら確勝級だ。
だけどケイデンスコールの掲示板を覗いてみると、やれ「単勝元返し」だとかかなり言いたい放題で、もちろん厩舎スタッフの方たちは引き締めてはいるとは思うけど、外野はかなり油断している印象はある。
シャドウセッション(推し)の立場からすれば、当然そこに付け入る隙がある。

で、福永が乗れないとして、代役が内田博なのか?を考えると、おそらく「新潟2歳Sまでセットでの騎乗依頼があるのでは」と考えてみる。
シャドウセッションの馬主さんは新潟馬主会の所属なので“ホーム”であるわけですよ。単純に目先の勝利だけを狙うならミルコが空いているのでミルコでいいんですよ。
でも新潟2歳Sの週は札幌でワールドオールスタージョッキーズが行われるわけでミルコは乗れない。
その辺までイメージして「継続騎乗ができる騎手」を探した結果、内田博が浮上したのではなかろうか。

前述の通り、ここでケイデンスコールを負かせばその比較で「重賞でも」と言えますからね。
なので、地元の重賞に駒を進められる結果を期待します。


【調教】
マキ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 武 藤 ◇美南W稍 67.9 52.5 38.8 13.3[7]馬なり余力
★助 手 7.22 函W良 55.5 40.6 13.2[5]馬なり余力
☆助 手 7.25 函W良 68.7 53.3 38.7 12.5[3]一杯に追う
       アドマイヤスコール(新馬)馬なりの内同入

キラープレゼンス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 助 手 5. 6 栗坂良 2 回 57.9 41.8 26.5 12.8 馬なり余力
       レーヌルネサンス(三未勝)馬なりと同入
 助 手 5.13 栗坂良 2 回 57.0 41.1 26.7 12.6 馬なり余力
       ゴールドホイッスル(三未勝)馬なりと同入
 助 手 5.16 栗E良 14.7 ゲートなり
 助 手 5.20 栗坂良 2 回 56.9 41.4 26.8 13.4 馬なり余力
       ナムラアッパレ(三500万)一杯に0.1秒先行0.1秒先着
 助 手 5.23 栗坂良 2 回 55.0 39.7 25.7 12.7 一杯に追う
       ナムラアッパレ(三500万)一杯と同入
 助 手 5.27 栗坂良 2 回 56.2 40.3 26.1 12.4 馬なり余力
       クインアマランサス(古500万)馬なりに0.2秒先行0.2秒先着
 助 手 5.30 栗坂良 2 回 55.9 40.8 26.7 12.8 一杯に追う
       ダノンバリアント(新馬)一杯に0.2秒先行0.4秒先着
 助 手 7.15 栗坂良* 2 回 56.4 40.4 25.6 12.2 強目に追う
       グランソード(三未勝)馬なりに0.1秒先行同入
★助 手 7.18 栗坂良 2 回 56.7 40.2 25.6 12.3 一杯に追う
       センテリュオ(古500万)強目に0.1秒先行0.2秒遅れ
 助 手 7.22 栗坂良 1 回 55.5 39.2 25.4 12.4 馬なり余力
       タイムレスメロディ(古500万)馬なりを0.3秒追走同入
☆助 手 7.25 栗坂良 2 回 55.3 39.3 25.4 12.3 一杯に追う
       センテリュオ(古500万)一杯を0.1秒追走0.2秒遅れ

マイディアライフ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 助 手 6. 6 栗E不 14.8 15.4 ゲートなり
★難 波 7.19 栗CW良* 83.2 67.2 53.1 39.3 12.5[8]馬なり余力
       アレンタウン(新馬)直強目の内0.1秒先着
☆助 手 7.25 栗坂良 1 回 54.1 39.6 26.0 13.2 馬なり余力


来週は3頭が出走の構え。
とにかく秋競馬が始まるまでに戦力の厚みを増していかないと。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2018年7月21日() 12:13
今週2勝できるといいのだけど…~POG第8節~
閲覧 63ビュー コメント 2 ナイス 18

今シーズンのPOGも早くも2開催を消化することになります。
開幕からコンスタントに出走を重ねており、今週も2頭が出走します。

【出走】
・7月21日 福島5R
☆ボスジラ(田辺裕信騎手)

ボスジラ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 助 手 6.24美南坂稍 1 回 57.1 41.5 27.4 13.5 馬なり余力
       エクスポジション(三未勝)馬なりに0.5秒先行同入
 助 手 7. 1美南W良 58.7 42.8 14.6[4]馬なり余力
       サトノエルドール(新馬)馬なりの外1.0秒先行同入
 助 手 7. 4美南W良 84.3 68.0 52.2 37.8 12.9[5]馬なり余力
       レッドチェイサー(三未勝)馬なりの外1.5秒先行同入
 助 手 7. 8美南坂良 1 回 57.0 41.1 27.2 13.4 馬なり余力
★田 辺 7.12美南W良 70.5 54.7 40.2 13.0[8]G前仕掛け
       ピラータ(三未勝)馬なりの外0.6秒先行同入
 助 手 7.15美南坂良 1 回 58.0 41.7 28.2 14.1 馬なり余力
☆田 辺 7.18美南W良 67.3 52.1 38.3 13.0[8]馬なり余力
       ヒラボクプレミアム(三未勝)馬なりの内1.0秒追走同入

厩舎的にも血統的にも、初戦からドンと来い!というタイプではないので、正直なところ、なにがなんでも勝たなければいけないとは思っていません。
2着惜敗というのが妥当な結果になるのではないかと思っていますが、別に勝ってくれる分には何の不満もありませんw
ここを勝つようなら楽しみが広がるとは思います。

・7月22日 中京1R
☆アドマイヤジャスタ(福永祐一騎手)

アドマイヤジャスタ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 18. 5ベスト 栗坂稍 1 回 54.4 39.1 25.4 12.6 末強目追う
 松 田 ■ 栗芝不 84.7 67.6 52.1 38.2 13.1[3] 叩き一杯
 助 手 7. 5 栗坂稍 1 回 62.8 44.8 28.7 14.0 馬なり余力
 助 手 7. 8 栗坂不 1 回 57.3 41.6 27.4 13.3 馬なり余力
 助 手 7.10 栗坂良 1 回 63.8 46.2 29.6 14.4 馬なり余力
★福 永 7.12 栗坂良 1 回 51.9 37.7 24.6 12.5 馬なり余力
       フュージョンロック(古500万)一杯に0.2秒先行0.2秒先着
 助 手 7.15 栗CW良 44.7 14.2[6]馬なり余力
☆畑 端 7.18 栗坂良 1 回 53.9 38.5 24.7 12.4 末強目追う
       ロワアブソリュー(古オープン)馬なりに0.1秒先行同入

ここはもう、四の五の言わずに勝て!ですねw
とにかく結果だけを求めたいところです。


【調教】
シャドウセッション
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 18. 5ベスト美南坂良 1 回 55.2 40.0 26.1 13.1 馬なり余力
 木幡初 ◇美南W良 69.6 54.4 40.4 13.1[8]馬なり余力
 助 手 7. 4美南W良 55.1 40.3 13.5[6]馬なり余力
 助 手 7. 8美南坂良 1 回 54.4 39.3 25.8 13.2 馬なり余力
★助 手 7.11美南坂良 1 回 53.3 39.4 26.1 13.0 末強目追う
       ショワドゥロワ(古500万)強目に1.2秒先行同入
 助 手 7.15美南坂良 1 回 54.2 39.5 25.8 12.5 馬なり余力
☆内田博 7.18美南坂良 1 回 55.4 40.3 26.5 12.9 馬なり余力
       レッドアメリア(古500万)馬なりに0.5秒先行0.2秒先着

キラープレゼンス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 助 手 5. 6 栗坂良 2 回 57.9 41.8 26.5 12.8 馬なり余力
       レーヌルネサンス(三未勝)馬なりと同入
 助 手 5.13 栗坂良 2 回 57.0 41.1 26.7 12.6 馬なり余力
       ゴールドホイッスル(三未勝)馬なりと同入
 助 手 5.16 栗E良 14.7 ゲートなり
 助 手 5.20 栗坂良 2 回 56.9 41.4 26.8 13.4 馬なり余力
       ナムラアッパレ(三500万)一杯に0.1秒先行0.1秒先着
 助 手 5.23 栗坂良 2 回 55.0 39.7 25.7 12.7 一杯に追う
       ナムラアッパレ(三500万)一杯と同入
 助 手 5.27 栗坂良 2 回 56.2 40.3 26.1 12.4 馬なり余力
       クインアマランサス(古500万)馬なりに0.2秒先行0.2秒先着
 助 手 5.30 栗坂良 2 回 55.9 40.8 26.7 12.8 一杯に追う
       ダノンバリアント(新馬)一杯に0.2秒先行0.4秒先着
★助 手 7.15 栗坂良* 2 回 56.4 40.4 25.6 12.2 強目に追う
       グランソード(三未勝)馬なりに0.1秒先行同入
☆助 手 7.18 栗坂良 2 回 56.7 40.2 25.6 12.3 一杯に追う
       センテリュオ(古500万)強目に0.1秒先行0.2秒遅れ


マイディアライフ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 助 手 6. 6 栗E不 14.8 15.4 ゲートなり
☆難 波 7.19 栗CW良* 83.2 67.2 53.1 39.3 12.5[8]馬なり余力
       アレンタウン(新馬)直強目の内0.1秒先着

とりあえずお盆までの出走機会を全部勝ってくれるようだと、その先のゲーム運びが楽になるんですけどね。
さすがに全部は勝てないでしょうけど、全部勝ちそうな手応えはそれなりにあるのですが、どうなることやら。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ナムラアッパレの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ナムラアッパレの写真

ナムラアッパレ

ナムラアッパレの厩舎情報 VIP

2018年6月30日3歳以上500万下8着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ナムラアッパレの取材メモ VIP

2018年6月9日 3歳以上500万下 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。