中央競馬ニュース

【マーメイドS2024】直撃取材!プロ予想家最速予想 「シムーン」「パンチ定食」の狙いは!? 注目馬&妙味ある穴馬候補に迫る!

 0   6   5,174
シェアする  x facebook LINEで送る


パンチ定食ー極限まで絞った買い目が生み出す強烈な一撃!


レース映像の徹底回顧と、外れ馬券を買わない手法で、回収率を爆上げ! パンチ定食プロにマーメイドSについてお聞きしました。

―ハンデ戦らしく難解に映りますが、狙い馬は決まっているでしょうか。

そうですね。ひとまず、4頭には目星をつけています。


―では、評価の高い順にお願いします。1番手はどの馬でしょうか。

アリスヴェリテですね。

―前走2勝クラスを突破し、格上挑戦ですね。どのあたりを評価していますか。

2走前に2着だった四国新聞杯はベリーヴィーナスが勝ったレースですけど、アリスヴェリテは番手付近のラチ沿いに収まり、逃げられず外からも被せられ、展開的に勝ち馬より苦しかったはずです。それでも、直線は勝ち馬と同じ脚色でしたし、ハナを奪えていれば勝っていたと思います。

―3着馬には3馬身差をつけていますね。

次走は大逃げの形でしっかり勝ちましたし、斤量50キロで出られるならなかなか止まらないかなと。前走はタイムも良く、前々走は重馬場でも走れていますから、馬場を問わないのもいいですよね。あとは内枠を引いてほしいです。

―50キロは軽いですねえ。今回もベリーヴィーナスがいますが、ポンとハナを切るようだと怖いです。

ベリーヴィーナスの番手につけ、2頭で逃げるような形でも期待できるかなと思います。


―2番手はどの馬になりますか。

2番手の序列付けに迷いますが、残りの3頭はベリーヴィーナスエーデルブルーメミッキーゴージャスになります。

―先に名前が出ていたベリーヴィーナスも高評価ですか。こちらも人気薄です。

アリスヴェリテと案外喧嘩しないような気もしていて、条件戦とはいえ2走前は2頭で行ってともに粘っていますし、お互い軽斤量を活かせると面白いかなと。

―馬券的には、2頭の行った行ったが最高ですね。

まあ、厳しいかもしれませんが(笑)。

エーデルブルーメは前走3勝クラスを勝ち、重賞初挑戦ですね。

速い時計というか、多少流れてほしいような気はしますね。前走なんかも4コーナー手前くらいから川田騎手が追いっぱなしで、最後は切れる脚を使いましたけど、多少ずぶさも感じます。よーいドンの競馬より、スムーズにスピードに乗っていける形がいいのかなと。


―となると、飛ばしそうな馬がいるのはいいかもしれませんね。

ただ、想定1番人気ですか……。

―福永厩舎と川田騎手のタッグで余計に売れそうです。

それはありますよね。それでも、川田騎手の2000mの成績はすさまじいですし、なかなか馬券対象から外しにくいです。

ミッキーゴージャスは2走前に愛知杯を勝ち、前走の大阪杯は14着でした。

愛知杯は外を回しながら、無難に押し切ったので評価はしています。当時は54キロで今回は56.5キロですよね。この点がどう出るかでしょう。

大阪杯の14着は気になりませんか。

展開が向きませんでしたし、相手が強かったのもありますからね。


―順当に力上位という感じですね。券種的にはいつもとおり3連複でしょうか。

そうですね。3連複で考えています。

―挙がった4頭以外に、馬券対象として検討中の馬がいればお願いします。

あとはピンハイ……、まあちょっと人気しそうなので、どうなのかなと思うのですが。良馬場を前提に相手に入れてもいいかなと。

ピンハイは54キロですか。軽いですね。どういう条件だと力を出しやすいでしょう。

3勝クラスを勝った西宮Sでは、速いタイムで速い上がりを使っていますよね。前走もタイムが良かったですし、高速馬場のほうが合うと思いますね。ミッキーアイル産駒というのもありますし。

―2000mはどうでしょうか。

この馬に関しては許容範囲だと思いますね。オークスもいいところまで来ていましたし、当時は本命だったんですよ。


―13番人気4着ですか。これは惜しいですね。ほかに条件付きで考えている馬はいますか。

反対に重馬場になれば、ホールネスがいいかなと。重馬場の前走はいい走りでしたし、斤量52キロも魅力ですよね。

―先に挙がった4頭を中心に、良馬場ならピンハイ、重馬場ならホールネスですか。

あと、もう1頭挙げるならタガノパッションも。

―デムーロ騎手に乗り替わりですね。

そこは悩みどころです。出遅れから途中で捲りを入れて、直線もたないんじゃないかなとか(笑)。京都内回りだと外を回す形でも厳しいでしょうけど、前崩れの追い込み決着で期待したいですね。

タガノパッション愛知杯2着があるのに53キロですか。

愛知杯では内々を立ち回ったコスタボニータに先着しているんですよ。


―そのコスタボニータは人気サイドですが、いまいちでしょうか。

マイルの馬だと思っているんですよね。愛知杯も直線は脚が上がり気味で、前走の福島牝馬Sは最内でしたからね。外枠を引くようなら軽視したいです。


取材後記:ハンデと能力の兼ね合いが難しいですね。行った行ったの競馬を期待したいです。


シムーンー元馬乗りの感性が創る芸術予想


育成牧場業務に3年ほど身を投じた異色の経験を活かし、馬の性格や適性、騎手の騎乗技術を的確に分析。鋭い感性とレース映像の徹底検証により、劇的な変わり身が見込める馬を狙い当てるシムーンプロに、マーメイドSについてお聞きしました。

―予想のポイントからお願いします。

軽ハンデの馬がよく穴をあける印象なので、そういう馬を探したいです。自分の予想を振り返っても、2015年に比較的軽ハンデで勝利したシャトーブランシュを本命にし的中していたり、いいイメージをもっているレースです。

―53キロで8番人気でしたか。この年は3着にも53キロの10番人気が来ていたり、よく荒れますね。


それにしてもシャトーブランシュは、現役時代G1級ではなかったと思いますが、繁殖牝馬として超G1級のあの馬を輩出しましたからね。改めて血統って面白いですよね。

イクイノックスがセットで浮かびますが、ほかにも重賞勝ち馬を出していますし、今後も産駒には期待したいですね。お話にありましたが、今年軽いハンデで穴をあけそうな馬はいるでしょうか。

とりあえず、ファユエンかなと。前走は混合重賞で最内の馬場の悪いところを突きながら、少差まで詰めてきていました。引き続き53キロで牝馬限定重賞なら、面白いかもしれません。まぁでも、ほかの軽ハンデ馬や抽選対象馬にも魅力的な馬はいるので、最終的な出走馬、枠やオッズを加味して、いい穴馬を見つけたいですね。

ファユエンはかなり人気がなく楽しみです。未確定要素が多いですし、最終的な狙い馬は「プロ予想MAX」での予想に注目ですね。人気サイドもお聞きすると、エーデルブルーメは重賞初挑戦でも期待感はあるでしょうか。

2走前は外を回って捲り気味の進出が中途半端な感じになり、内を回った馬に先着されたんですが、川田騎手に鞍上強化の前走は、馬の後ろで我慢させたことが効果的で、直線は弾けました。3走前には川田騎手で最内をイン突きして2着もありますし、この鞍上なら、重賞でも自在性のある騎乗をして好走に導くのではと思います。

―やはり継続騎乗は大きいですか。川田騎手は愛知杯勝利時にミッキーゴージャスに騎乗していましたが、こちらに乗るんですね。ミッキーゴージャスは前走の大阪杯14着でも、力は上位になるでしょうか。

前走の大阪杯は混合G1でしたし、展開的に最内枠も悪いほうに出た印象です。道中の立ち回りが上手く行かなかったので、鞍上のデムーロ騎手も諦めるのが早く、直線はしっかり追っていませんでした。悲観する敗戦ではありません。牝馬限定重賞のここなら、格というか、絶対能力でこの馬が一番だと思うので、トップハンデでも勝ち負けを十分意識できると思います。

―なるほど。となると、現状は軸という感じでしょうか。


そうですね、能力的にミッキーゴージャスですね。ただ、人気を背負うでしょうから力を出し切る競馬をしないといけないので、一発を狙ってロスなく乗る軽ハンデ馬に足元をすくわれる可能性は考えないといけません。そういう意味で、頭固定というより、連軸としては信頼できるという評価です。

―ありがとうございます。人気馬の取捨も重要になるかと思うのですが、人気サイドで何かしら嫌う要素のある馬がいればお願いします。

コスタボニータは好位から器用さを活かしたいタイプなので、「フルゲートの外枠に入って、外を回されたときにどうなるかな……」という気がします。でも中山1800mの2走前なんかは、最初のコーナーで外を回されながら最後まで伸びていたので余計な心配かもしれませんけどね。凡走パターンとしては、「2000mで外を回されたら微妙に距離が長かった」というケースですね。愛知杯は内枠からでの好走でしたから。

―ありがとうございます。どうもこの馬はよく内枠を引きますよね。外枠なら多少割引が必要ということで。最後に挙がった馬以外に注目馬がいればお願いします。

抽選対象ですが、キミノナハマリアを挙げます。前走は落馬のアオりを受け外に膨れ、後は流しただけなので参考外です。3走前は今回と同舞台で、重馬場のなか6馬身差の大楽勝でした。抽選を通って雨が降ってと、2つのハードルをクリアできれば楽しみです。


取材後記:お話のあった軽ハンデ馬や抽選対象馬にも魅力的な馬はいるとのこと。最終結論はどうなるのでしょうか。


以上、プロ予想家2名のマーメイドSへの見解と注目馬を紹介しました。人気サイドではエーデルブルーメミッキーゴージャスが共通して高評価でした。人気薄からも複数の馬名が挙がり、俄然レースが楽しみになりますね。それでは、また来週お会いしましょう。



この記事はいかがでしたか?
ナイス (6)

このニュースへのコメント

コメントはありません。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月21日()
中京記念 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月14日()
函館記念 G3
7月13日()
函館2歳S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 ドウデュース 牡5
102,726万円
2 スターズオンアース 牝5
84,098万円
3 リバティアイランド 牝4
74,444万円
4 ディープボンド 牡7
73,123万円
5 ジャスティンパレス 牡5
65,388万円
6 シャフリヤール 牡6
59,685万円
7 ソールオリエンス 牡4
57,546万円
8 タスティエーラ 牡4
57,005万円
9 テーオーロイヤル 牡6
51,827万円
10 セリフォス 牡5
51,113万円
» もっと見る

3歳
1 ジャスティンミラノ 牡3
40,307万円
2 ダノンデサイル 牡3
38,200万円
3 ジャンタルマンタル 牡3
32,053万円
4 ステレンボッシュ 牝3
28,331万円
5 アスコリピチェーノ 牝3
22,165万円
6 チェルヴィニア 牝3
21,519万円
7 シンエンペラー 牡3
19,041万円
8 コスモキュランダ 牡3
15,392万円
9 レガレイラ 牝3
11,278万円
10 ライトバック 牝3
11,256万円
» もっと見る