最新競馬ニュース

【神戸新聞杯】祐一激白!シャフリヤール信頼絶大


©サンケイスポーツ


 2,037  11  1

【神戸新聞杯】祐一激白!シャフリヤール信頼絶大

 秋のGIシーズンが目前に迫った中央競馬では、26日に菊花賞トライアル・神戸新聞杯が中京競馬場で行われる。前走で世代の頂点に立った日本ダービーシャフリヤール(栗東・藤原英昭厩舎、牡3歳)が、ここで始動。紫苑SローズSと2週連続重賞制覇と絶好調の福永祐一騎手(44)=栗東・フリー=に、無敗2冠馬コントレイルで制した昨年との気持ちの違いや、引き続きコンビを組む同馬への期待度を聞いた。(取材構成・川端亮平)

 ◇

 --シャフリヤールには過去4戦のうち3戦で騎乗。デビュー戦を勝った直後から、日本ダービーの舞台を意識していた。改めてハナ差で制した前走を振り返って

 「よく勝ってくれたよね。ダービー前に想像以上に良くなっていて、(無傷の4連勝で皐月賞を制し、2冠を狙う)エフフォーリアは強いけど、『これなら勝負になる』と感じていた。2400メートルに距離が延びていいタイプだと思っていたけど、期待通りの伸びを見せてくれた」

 --今回は約4カ月ぶりの始動戦。調教にまたがった中で、春からの成長を感じる点は

 「少し体がたくましくなった。ダービー前にだいぶ良くなっていたので、そこから劇的に変わったということはないよ」

 --気性面の変化は

 「気性は変わりはないけど、追い切りでは春に比べて前進気勢が強くなっている。それでも、競馬にいけば問題ないと思うよ。ここまでにいろいろと教えてきているからね」

 --体の成長とともに徐々に距離適性が見えてくる時期になってきた

 「ディープインパクト産駒特有のいいばねがあって、春は440キロ台のサイズ感(前走時444キロ)も良さの一つだった。そこから少し体が大きくなって、つくり方次第では1600メートルから2000メートル向きのタイプになってくる可能性はある。(全兄アルアインが2000メートルの皐月賞大阪杯をVと)血統的にもそういう面があるからね」

 --中間は追い切りに3回騎乗し、16日の1週前追い切りでは栗東CWコースで6ハロン85秒2-11秒7。仕上がり具合は

 「2週前追い切り(8日)では動きに物足りなさがあったけど、(16日は)一杯にやってしっかり動けていて、最後の反応も良かった。当週(最終追い切り)に強い負荷をかけなくてもいいくらいの動きをしていた」

 --神戸新聞杯には、昨年のコントレイル(1着)に続いて、日本ダービー馬での参戦になる

 「気持ちは全然違うね。昨年は(史上3頭目の無敗での3冠達成がかかる菊花賞を次戦に控えて)ここでは負けられなかったから。(今年は)気楽に臨めるよ」

 --このレースでのテーマや確かめたいことは

 「特にない。デビュー前から関わってきて、問題や課題を先送りにせずに取り組んできたからね。今から教えないといけないこともない。このままでいい。順調にさえいってくれれば大丈夫だよ」

神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

★重賞4連続連対!秋も絶好調…福永騎手は2年連続で夏の新潟リーディングを獲得、秋も好調ぶりを見せつけている。18~20日の3日間開催で7勝。18日には騎乗機会4連勝で、自身が持つJRA最長記録を更新する12年連続、通算13回目のJRA年間100勝を達成した。重賞での活躍は特筆もので、9月に入って小倉2歳S2着(5日、スリーパーダ)、紫苑S1着(11日、ファインルージュ)、産経賞セントウルS2着(12日、ピクシーナイト)、ローズS1着(19日、アンドヴァラナウト)と、2週連続Vを含む騎乗機会4戦連続連対。セントライト記念は7着(20日、ルペルカーリア)に終わったが、神戸新聞杯でも華麗な騎乗を見せてくれそうだ。

★10頭出走し8頭V!連対率100%…神戸新聞杯は有力馬の参戦が多く、日本ダービー馬の出走も多い。実際、2001年から昨年までの日本ダービー馬20頭(2頭はレース後、故障で引退)のうち10頭がここで始動。うち8頭が1着、2頭が2着と連対率100%で、世代ナンバーワンの貫禄を示す結果になっている。

★第88回日本ダービーVTR…前半1000メートル60秒3の平均ペースのなか、シャフリヤールは7番手を追走。無敗2冠を狙うエフフォーリアは4コーナーで内を回り、残り300メートルで先頭に立った。4コーナーで外を回ったシャフリヤールは、残り300メートルで進路が開いてからエンジン点火。残り50メートルは2頭の一騎打ちで、内からエフフォーリアに並びかけたシャフリヤールが約10センチの僅差で栄冠を手にした。

 コメント(1

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

HELPRO
9月21日(火) 14:42

ダービー馬が控えてれば友道厩舎のシーザリオ産駒でも勝てる訳がなかった。
福永は人気を人気通りに走らせれば勝ちに繋がると言う恵まれた人間なのでバカでも連対はするはずだ。
親の名声だけの武豊と同じ人種なので連対出来なかったら恥。
本人には是非それを弁えて騎乗して欲しい。どうせ日本人鞍上は全員が徒党してるのだから。
(序列制が敷かれているお陰!)

ナイス! (0)

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

10月31日()
天皇賞(秋) G1
10月30日()
MBSスワン G2
アルテミスS G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

10月24日()
菊花賞 G1
10月23日()
富士S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
102,623万円
2 グランアレグリア 牝5
90,189万円
3 コントレイル 牡4
83,051万円
4 オジュウチョウサン 牡10
79,852万円
5 キセキ 牡7
70,140万円
6 マカヒキ 牡8
63,008万円
7 インディチャンプ 牡6
59,504万円
8 ブラストワンピース 牡6
58,942万円
9 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
10 ダノンキングリー 牡5
51,506万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
33,714万円
2 シャフリヤール 牡3
29,019万円
3 タイトルホルダー 牡3
28,746万円
4 エフフォーリア 牡3
27,992万円
5 シュネルマイスター 牡3
24,972万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
23,087万円
7 ピクシーナイト 牡3
22,764万円
8 アカイトリノムスメ 牝3
22,268万円
9 ユーバーレーベン 牝3
19,636万円
10 ファインルージュ 牝3
14,990万円
» もっと見る