最新競馬ニュース

【ダイヤモンド】レース展望

SANSPO.COM

 1,587

 東京競馬場で最も長い距離となる芝3400メートルが舞台のハンデGIIIダイヤモンドSが、土曜(16日)メインに組まれている。過去の勝ち馬にアルバートフェイムゲームなどの名ステイヤーが名を連ねるが、今年のメンバーに3000メートル以上のレースを勝った馬はいない。先々まで長距離界をにぎわすような、新・長距離砲の誕生なるか-。

 V最有力とみられるのが菊花賞3着、万葉S2着の実績を持つユーキャンスマイル(栗東・友道康夫厩舎、牡4歳)だ。強いと評判の現4歳世代ではただ1頭の参戦となる。前走の万葉Sは勝ち馬にうまく逃げ切られてしまったが、3000メートルで2戦続けて上がり最速をマークしており、ステイヤーとしての資質は十分だ。ハンデ54キロも、実績を考えれば妥当な数字だが、比較上は有利に映る。重賞初Vのチャンスだろう。

 そのユーキャンに万葉Sでクビ差まで迫る3着に奮闘したのがグローブシアター(栗東・角居勝彦厩舎、牡5歳)=55キロ。距離を少しずつ延ばして台頭し、昨年は3勝をマークした。母が日米オークスを制したシーザリオという良血がようやく開花してきた印象だ。半兄エピファネイア菊花賞ジャパンC)と全兄リオンディーズ朝日杯FS)、そして半弟サートゥルナーリアホープフルS)に次ぐ4兄弟重賞Vを果たすか、大いに注目される。

 重賞V実績がある2頭も忘れてはいけない。昨年の目黒記念を勝ったウインテンダネス(栗東・杉山晴紀厩舎、牡6歳)=56キロ=は前走の日経新春杯で11着に大敗したが、GII優勝を含む4勝を挙げる左回りなら一変する可能性がある。

 福島記念5着で復調の兆しを見せたルミナスウォリアー(美浦・和田正一郎厩舎、牡8歳)=56キロ=も未知の距離ではあるが、一昨年の函館記念を勝った実力馬で侮れない。

 タイトルこそないが、前年の3着馬で重賞経験豊富なソールインパクト(美浦・戸田博文厩舎、牡7歳)=54キロ=も昨秋の豪州遠征の疲れが残っていなければ、いきなり好勝負しても不思議ではない。

 他ではダートから芝に路線を替えて1着、4着と底を見せていないカフェブリッツ(栗東・池江泰寿厩舎、牡6歳)=54キロ、定年を控える美浦・谷原義明調教師が1年5カ月ぶりに重賞へ送り込むサンデームーティエ(牡5歳)=50キロ=も、1000万下ながら長丁場のGIIIでどんな走りを見せるか興味深い。



ダイヤモンドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(2
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

2月24日()
中山記念 G2
阪急杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月17日()
フェブラリー G1
小倉大賞典 G3
2月16日()
ダイヤモンド G3
京都牝馬S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,047万円
6 マカヒキ 牡6
49,910万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
9 レッツゴードンキ 牝7
42,556万円
10 キセキ 牡5
41,956万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
14,762万円
2 ダノンファンタジー 牝3
10,342万円
3 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,100万円
5 ファンタジスト 牡3
8,779万円
6 クロノジェネシス 牝3
8,492万円
7 ダノンチェイサー 牡3
5,871万円
8 グランアレグリア 牝3
5,845万円
9 クラージュゲリエ 牡3
5,774万円
10 ダノンキングリー 牡3
5,560万円
» もっと見る