会員登録はこちら
京都記念 G2   日程:2016年2月14日() 15:35 京都/芝2200m

レース結果

京都記念 G2

2016年2月14日() 京都/芝2200m/15頭

本賞金:6,200万 2,500万 1,600万 930万 620万


レコード:2分10秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 7

サトノクラウン

牡4 56.0 M.デムー  堀宣行 474(-6) 2.17.7 9.2 6
2 4 6

タッチングスピーチ

牝4 53.0 福永祐一  石坂正 466(+8) 2.18.2 5.3 3
3 2 2

アドマイヤデウス

牡5 57.0 岩田康誠  橋田満 488(+4) 2.18.2 クビ 7.3 4
ラップタイム 13.0 - 12.0 - 13.0 - 13.0 - 12.6 - 12.7 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 12.1 - 12.5
前半 13.0 - 25.0 - 38.0 - 51.0 - 63.6
後半 61.4 - 49.0 - 36.7 - 24.6 - 12.5

■払戻金

単勝 7 920円 6番人気
複勝 7 320円 6番人気
6 210円 2番人気
2 240円 4番人気
枠連 4-4 2,870円 12番人気
馬連 6-7 2,880円 12番人気
ワイド 6-7 1,040円 12番人気
2-7 1,290円 21番人気
2-6 820円 6番人気
馬単 7-6 5,690円 24番人気
3連複 2-6-7 8,020円 33番人気
3連単 7-6-2 45,480円 182番人気

京都記念のニュース&コラム

【古馬次走報】サトノルパン、高松宮記念に直行
 ★京都記念を勝ったサトノクラウン(美・堀、牡4)は、状態を確認してから産経大阪杯(4月3日、阪神、GII、芝2000メートル)かクイーンエリザベス2世C(同24日、香港シャティン、GI、芝2000メートル)を目標に調整される。 ★早春Sを勝ったリヤンドファミユ(栗・池江、牡6)は、大阪-ハンブルクC(4月10日、阪神、OP、芝2400メートル)で連勝を狙う。 ★佐賀記念2着マイネルクロップ(栗・飯田雄、牡6)は、マーチS(3月27日、中山、GIII、ダ1800メートル)連覇を狙う。3着クリノスターオー(栗・高橋忠、牡6)は黒船賞(3月15日、高知、交流GIII、ダ1400メートル)と名古屋大賞典(3月17日、名古屋、交流GIII、ダ1900メートル)の両にらみ。 ★シルクロードS6着サトノルパン(栗・村山、牡5)は、高松宮記念(3月27日、中京、GI、芝1200メートル)に直行する。 ★京都記念8着スズカデヴィアス(栗・橋田、牡5)は中日新聞杯(3月12日、中京、GIII、芝2000メートル)へ向かう。飛鳥Sを勝ってオープン入りしたナムラアン(栗・福島、牝4)も同レースを視野。 ★昨年の日本ダービー15着ベルラップ(栗・須貝、牡4)は、小倉大賞典を除外された場合は大阪城S(3月6日、阪神、OP、芝1800メートル)へ。洛陽S8着テイエムイナズマ(栗・福島、牡6)も参戦予定。
2016年2月18日(木) 05:00

 671

【京都記念】圧勝で復活!クラウン11カ月ぶり美酒
 第109回京都記念(14日、京都11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6200万円 =出走15頭)ミルコ・デムーロ騎乗で6番人気のサトノクラウンが、好位追走から力強く抜け出して重賞3勝目を挙げた。タイム2分17秒7(重)。道悪馬場を克服して、昨年の弥生賞以来の復活V。今後の古馬中距離路線をにぎわしそうだ。2着はタッチングスピーチ、1番人気のレーヴミストラルは12着だった。 季節外れの陽気に、泥んこの馬場。波乱の予感漂う淀のターフを沸かせたのは、単勝6番人気のサトノクラウンだ。3カ月半ぶりの始動戦で、昨年の弥生賞以来11カ月ぶりとなる復活V。初コンビのミルコ・デムーロ騎手は、満面の笑みでパートナーをねぎらった。 「強かったですね。久々だったので、返し馬ではうるさくて、首も頭も低い走り。こういう馬場はどうかなあと思ったけど、スタートしてからは違う走りだった。いい手応えで最後までよくがんばってくれた」 道中は2、3番手を追走。前半1000メートル通過が63秒6のスローペースを絶好の位置で流れに乗った。直線の入り口で先頭に立ち一気にリードを広げると、後続の追撃を許さず、最後は3馬身差で悠々とゴールした。 鞍上にとっては、これが10年連続のJRA重賞勝利。「きょうは2、3着ばかりだったから、誰か来るかなあと思っていたけど、最後まで誰も来なかったね」と満足げに振り返った。 11年連続の重賞勝利となった堀調教師も、素質馬の復活に頬を緩めた。東スポ杯2歳S、弥生賞と重賞を連勝し、無傷のまま迎えた昨年の皐月賞では単勝1番人気に支持(6着)された。ダービー3着後は疲労が抜けず、ぶっつけ本番で年長馬に挑んだ天皇賞・秋は17着に敗れていた。 ジョッキーは「すごく馬はよくなっていると思う。これからが楽しみですよ」と先を見すえた。 今後は未定ながら、僚馬で昨年の年度代表馬モーリス、最優秀3歳牡馬ドゥラメンテとともに、古馬GI戦線の主役を担う存在になることは間違いない。 (川端亮平)★14日京都11R「京都記念」の着順&払戻金はこちら
2016年2月15日(月) 05:06

 845

【京都記念】レースを終えて…関係者談話
 ◆橋田師(アドマイヤデウス3着) 「内枠(〔2〕枠(2)番)やったからね。なかなか(外めの)馬場のいいところにもっていけなかった」 ◆田中勝騎手(ヒストリカル4着) 「馬場のいい外めを通った。ノメることもなく、脚をためられて最後は伸びてくれた」 ◆池添騎手(ヤマカツエース5着) 「手応え十分で、サトノを捕まえられそうだったが、脚をとられたこともあって最後は苦しくなった。馬場が悪すぎた」 ◆内田騎手(ワンアンドオンリー6着) 「タフな馬場でよく頑張っている。状態は完璧に近いぐらい。そうでないと、ここまで頑張れない」 ◆小牧騎手(トウシンモンステラ7着) 「強い相手を考えると、よく頑張ってくれた」 ◆藤岡佑騎手(スズカデヴィアス8着) 「もう少し(逃げる)ペースを緩めたかった。かわされてからも、大きくバテてはいない」 ◆フォーリー騎手(トーセンレーヴ9着) 「ずっと空回りしていた。スタミナと根性があるのは感じた」 ◆ヴェロン騎手(トラストワン10着) 「相手が強く、馬場も悪かった」 ◆和田騎手(ミュゼゴースト11着) 「力んでいたし、スタートも遅かった」 ◆高倉騎手(マイネルディーン13着) 「ノメってかわいそうだった」 ◆田辺騎手(ショウナンバッハ14着) 「こういう(重い)馬場はよくない」 ◆国分恭騎手(コスモロビン15着) 「ペースが上がった時について行けなかった」★14日京都11R「京都記念」の着順&払戻金はこちら
2016年2月15日(月) 05:05

 869

【京都記念】1番人気ミストラル、見せ場なく12着
 第109回京都記念(14日、京都11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6200万円 =出走15頭)1番人気のレーヴミストラルは、見せ場もなく12着に惨敗した。前走で見せた鋭い末脚は影をひそめたまま終わった。「この(悪い)馬場ではまったく無理でした」と川田騎手は言葉少なく肩を落とした。2月限りで定年となる松田博調教師は「馬はよくなっていたんだが…。この後は未定だが、馬はこれからもっとよくなるよ」とエールを送った。★14日京都11R「京都記念」の着順&払戻金はこちら
2016年2月15日(月) 05:04

 655

京都記念のニュースをもっと見る >

【京都記念】レーヴミストラル、優秀伸び12秒0!
 京都記念の追い切りが10日、東西トレセンで行われた。レーヴミストラルは、CWコース単走で上がり重点のいつも通りのメニュー。ラスト1ハロン12秒0と鋭く伸び、重賞3勝目へ、態勢を整えた。タッチングスピーチは坂路で3カ月ぶりを感じさせない抜群の動きを見せ、サンケイスポーツ調教評価で最高ランクの『S』を獲得した。 気温1度の午前7時過ぎ。雪が舞うCWコースを熱のこもった走りで駆け抜けた。日経新春杯に続く重賞連勝へ、レーヴミストラルが躍動。松田博厩舎でのラストランに向け、仕上げに狂いはない。 「いつもと同じですね。前回と同じように単走でやって、無事に終わったのが何よりですし、変わらずきています」 騎乗した川田騎手が好感触を伝える。スタートからゆったりと進んで徐々に加速。馬なりで最後の直線に入り、ゴール前で軽く手綱をしごかれると、ラスト1ハロン12秒0(6ハロン87秒1)とシャープな伸び。強い向かい風をものともせず、真っすぐに駆け抜けた。 見届けた松田博調教師もうなずいた。「上がりだけサッと。この馬のパターンだし、あんなもんやろ。体質がさらに強くなったら直前でももっとやれるが、現状の体力ではこれが一番いい仕上げだと思う。相変わらずリラックスしているのがいいね」と白い歯を見せた。 前走は最後方からメンバー最速の上がり3ハロン33秒1の豪脚を披露。大外一気で昨年の青葉賞以来の重賞2勝目をマークした。「中途半端に動かん方がいい。あれがあの馬のパターン。一番いい競馬やったな。安心してみていられる」とトレーナーはいう。 「あとはそれが2回続けてできるかどうか。まぁ、ゴールしてみたら分かるわな」。距離は前走より1ハロン短くなるが、同じ直線の長い京都外回りなら好勝負になる。 松田博調教師は今月いっぱいで定年となるため、レーヴミストラルを出走させるのは最後となる。レース後は栗東の高野厩舎に転厩する。「甘かったトモ(後肢)がしっかりしてきたからな。今年一番強くなるぞ」と指揮官が期待を寄せる逸材。“有終の美”を飾って、春のGI戦線に殴り込みをかける。 (渡部陽之助)★京都記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年2月11日(木) 05:09

 814

【京都記念】ヤマカツエース、13秒4も納得
 福島記念、中山金杯と重賞連勝中のヤマカツエースは、CWコースを馬なりで駆け抜けて6ハロン82秒1、3ハロン39秒0-13秒4。ラストは時計を要したが、朝一番は雪が降っており、池添調教師は「馬場状態がよくなかったからね。全体の時計は先週より速かったし、いいと思う」と満足の表情。昨夏から中距離路線に変更して成績が安定。トレーナーは「トモ(後肢)がしっかりしたことで、力をつけたし、距離ももつようになった。2200メートルに延びても大丈夫だと思う」と意欲を見せた。★京都記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年2月11日(木) 05:08

 764

【京都記念】追って一言
 ◆アドマイヤデウス・橋田師 「今週の動きもよかったし、いい状態をキープできている」 ◆コスモロビン・清水英師 「1年ぶりの前走を使って体は締まってきたし、少し良くなっている」 ◆ショウナンバッハ・上原師 「しまい重点で予定通り。京都の外回りに替わるのはプラス」 ◆スズカデヴィアス・橋田師 「中2週で動きはいいですよ。前走は6着も、よく踏ん張っている。今回もハナに行かせるつもり」 ◆トウシンモンステラ・村山師 「3頭併せでこの馬なりにいい動き。前が速くなりそうにない点がどうか」 ◆トラストワン・庄野師 「DPコースでしっかりやった。強いメンバーだけにロスなく運んでいければ」 ◆トーセンレーヴ・池江師 「今週は先週よりさらに動きがよくなって、ひと追いごとに状態も回復している」 ◆ヒストリカル・音無師 「先週に比べると、だいぶよくなったね。(ペースが)速く流れて、差しが決まる展開になってほしい」 ◆マイネルディーン・鹿戸師「しまい重点の併せ馬はいつも通り。良い雰囲気だ」 ◆ミュゼゴースト・大江原師 「追い切りは反応を見る程度だったがよかったと思う。休ませて疲れが取れて、背丈も伸びた」★京都記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年2月11日(木) 05:08

 1,503

【京都記念】サトノクラウン、道中チグハグ
 天皇賞・秋17着以来になる昨年の弥生賞馬サトノクラウンは、Wコースの3頭併せで5ハロン68秒3、3ハロン37秒9-12秒4をマーク。外ルフォール(3歳500万下)と併入、中リナリア(未勝利)には1秒2先着した。「先週追い切って、ようやく(気配が)上向いてきた。追い切りは少しチグハグになったけど、しまいはしっかりと脚を使っていたので問題ない」と橋本助手。★京都記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年2月11日(木) 05:08

 1,152

京都記念の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


京都記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月14日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv107 
5,690円 5,690円
Lv101 
240円 24,000円
Lv101 

8,020円
5,690円
27,420円
Lv100 
2,880円 8,640円
Lv99 
820円 41,000円

的中情報をもっと見る >

京都記念過去10年の結果

2015年2月15日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 ラブリーデイ 戸崎圭太 2:11.5 8.5倍 105.4
2着 スズカデヴィアス 藤岡佑介 ハナ 16.1倍 105.4
3着 キズナ 武豊 クビ 2.3倍 105.4
2014年2月16日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:稍重
1着 デスペラード 横山典弘 2:16.0 34.3倍 105.9
2着 トーセンラー 武豊 3/4 3.7倍 105.4
3着 アンコイルド 後藤浩輝 1 1/4 11.5倍 104.3
2013年2月10日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 トーセンラー 武豊 2:12.5 9.2倍 100.8
2着 ベールドインパクト 小牧太 1 1/2 6.6倍 99.8
3着 ショウナンマイティ 浜中俊 クビ 4.0倍 99.2

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

京都記念の歴史と概要


2015年の優勝馬ラブリーデイ

かつて年に2回開催されていた歴史ある古馬重賞。ハンデ戦から別定戦に改められた1994年以降は実績上位馬が参戦しやすくなり、同年の第87回は前年の菊花賞ビワハヤヒデが出走。2着のルーブルアクトに7馬身差をつける圧勝劇を演じた。第93回(2000年)のテイエムオペラオー、第100回(2007年)のアドマイヤムーン、第103回(2010年)のブエナビスタ、第108回(2015年)のラブリーデイ、第109~110回(2016~2017年)連覇のサトノクラウンなど、G1を複数回勝利した強豪が威厳を誇示するケースも多い。

歴史と概要をもっと見る >

京都記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年2月24日(
中山記念  G2
阪急杯  G3

競馬番組表

2019年2月23日(
2回中山1日目
1回阪神1日目
1回小倉5日目
2019年2月24日(
2回中山2日目
1回阪神2日目
1回小倉6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,047万円
6 マカヒキ 牡6
49,910万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
9 レッツゴードンキ 牝7
42,556万円
10 キセキ 牡5
41,956万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
14,762万円
2 ダノンファンタジー 牝3
10,342万円
3 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,100万円
5 ファンタジスト 牡3
8,779万円
6 クロノジェネシス 牝3
8,492万円
7 ダノンチェイサー 牡3
5,871万円
8 グランアレグリア 牝3
5,845万円
9 クラージュゲリエ 牡3
5,774万円
10 ダノンキングリー 牡3
5,560万円
» もっと見る