会員登録はこちら
東京優駿(日本ダービー) G1   日程:2016年5月29日() 15:40 東京/芝2400m

レース結果

東京優駿(日本ダービー) G1

2016年5月29日() 東京/芝2400m/18頭

本賞金:20,000万 8,000万 5,000万 3,000万 2,000万


レコード:2分22秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 2 3

マカヒキ

牡3 57.0 川田将雅  友道康夫 502(+4) 2.24.0 4.0 3
2 4 8

サトノダイヤモンド

牡3 57.0 C.ルメー  池江泰寿 500(-4) 2.24.0 ハナ 3.8 2
3 1 1

ディーマジェスティ

牡3 57.0 蛯名正義  二ノ宮敬 472(-4) 2.24.1 1/2 3.5 1
ラップタイム 12.6 - 11.1 - 11.9 - 12.1 - 12.3 - 12.9 - 13.1 - 11.8 - 12.0 - 11.6 - 11.0 - 11.6
前半 12.6 - 23.7 - 35.6 - 47.7 - 60.0
後半 58.0 - 46.2 - 34.2 - 22.6 - 11.6

■払戻金

単勝 3 400円 3番人気
複勝 3 130円 2番人気
8 120円 1番人気
1 140円 3番人気
枠連 2-4 700円 2番人気
馬連 3-8 700円 1番人気
ワイド 3-8 240円 1番人気
1-3 280円 2番人気
1-8 310円 3番人気
馬単 3-8 1,420円 3番人気
3連複 1-3-8 850円 1番人気
3連単 3-8-1 4,600円 5番人気

東京優駿(日本ダービー)のニュース&コラム

【日本ダービー】川田が男泣き!マカヒキで勝った
 第83回日本ダービー(東京優駿)(29日、東京10R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝2400メートル、1着本賞金2億円=出走18頭)3番人気で川田将雅騎乗の皐月賞2着マカヒキが、直線で馬群の内から力強く抜け出しGI初勝利。ダービー史上9度目となるハナ差の接戦を制し、2013年生まれのサラブレッド6913頭の頂点を極めた。タイム2分24秒0(良)。今後は未定だが、父ディープインパクトが果たせなかった日本馬初の凱旋門賞(10月2日、シャンティー、仏GI、芝2400メートル)制覇への夢が広がった。 力強く新緑のターフを駆け抜けた。自慢の切れ味を発揮したマカヒキがハナ差の接戦を制し、頂点に立った。両手を大きく叩き、人馬を出迎えた友道調教師の声は心なしか震えていた。 「久しぶりにゴール前で声が出ましたね。何といっていたかは覚えていないけど、とにかく叫んでました。100%の仕上げで、これで負けたら仕方ないと思っていた。ホッとしましたね」 後方2番手から追い込み2着だった皐月賞の敗戦を糧にした。同じ(3)番枠となったが、パドックで川田騎手に「前につけられるね」と作戦を確認。その通りに中団の内で流れに乗った。最後の直線もあわてず、馬群が割れた残り400メートルでスパート。ラスト150メートルで先頭に立つと、外から迫るサトノダイヤモンドの追撃を約8センチ差で退け、大一番でリベンジVだ。2009年、1番人気の皐月賞馬アンライバルドで12着に敗れた指揮官の無念も晴れた。 一つの目標を達成した後は、福島県のノーザンファーム天栄へ。今後は未定だが、秋は登録している凱旋門賞も視野に入る。 「まだ伸びしろはある。今まで管理した馬にはいないくらい、オンオフがはっきりしていて、(海外への)輸送にも不安がない。斤量差もあるし、十分にやれるチャンスはあると思う」 友道師は、次の大舞台へ思いをはせた。マカヒキが描く夢には、まだまだ続きがある。 (川端亮平)★29日東京10R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら
2016年5月30日(月) 05:05

 2,899

【日本ダービー】史上最強オーナー!金子氏3度目制覇
 第83回日本ダービー(東京優駿)(29日、東京10R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝2400メートル、1着本賞金2億円=出走18頭)ダービー馬のオーナーになるのは一国の宰相になるよりも難し…くはなかった。少なくとも金子真人オーナー(71)=(株)図研代表取締役社長=には、このイギリスの格言は通用しない。2004年キングカメハメハ、05年ディープインパクトに続く3度目のダービー制覇となった。 今回は4頭出しで挑んだ。「冷静に各馬の動きを追えていましたが、しまいはもうマカヒキしか…」と振り返り、「(27日に急死した愛馬)カネヒキリが最後にひと押ししてくれたんでしょうね」と続けた。 GI26勝目はダービー史上、(有)サンデーレーシングと並ぶ最多の3勝目に。「今回は何と言うか、新鮮な気持ちで受け止めています」と格別な勝利だったようだ。 母ウィキウィキも所有しており、2歳牝馬ナニアヒアヒ(父キングカメハメハ)は須貝厩舎に所属する。1歳はいないが、当歳は全弟。今年は5月17日にディープと交配した。 今後については、凱旋門賞に登録したが「(06年に)ディープインパクトで負けたときは、リベンジを誓ったものだが、10年もたつと、そうムキにもならなくなった」と、あくまでも選択肢のひとつのようだ。そして「菊花賞はどうなんでしょう。2400メートルがベストの馬であることは確か。ジャパンCということもある。とにかく今は、勝った喜びにひたっていたいと思います」と締めくくった。 (水戸正晴)★29日東京10R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら
2016年5月30日(月) 05:04

 1,859

【日本ダービー】ルメール悔し…落鉄ダイヤ、ハナ差届かず2着
 第83回日本ダービー(東京優駿)(29日、東京10R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝2400メートル、1着本賞金2億円=出走18頭)世代最強の座にはわずか8センチ届かなかった。ダービーへ向けて渾身(こんしん)の仕上げを施されたサトノダイヤモンドはマカヒキと馬体を並べた叩き合いの末、2着に惜敗。レース中に左後肢を落鉄する不運もあった。 引き揚げてきたルメール騎手は悔しそうな表情だったが、「完璧に乗れたし、いいレースができてうれしかった。でも、ほんのギリギリでダメだった。きょうはハナだけ負けたけど、この馬もマカヒキと同じくらい強い」と言い、パートナーの健闘をたたえた。 池江調教師も「あれ以上のレースはできない。たぶん向こう正面でだと思うが、左トモを落鉄していたのは残念だった。(後肢は)推進力を生む部分だからね。でもこれも競馬だと思う」と振り返る。秋については「菊花賞、天皇賞・秋、凱旋門賞とあらゆる選択肢がある」と明かした。★29日東京10R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら
2016年5月30日(月) 05:03

 3,234

【日本ダービー】マジェスティ3着で蛯名またも栄冠届かず
 第83回日本ダービー(東京優駿)(29日、東京10R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝2400メートル、1着本賞金2億円=出走18頭)2冠を目指した1番人気ディーマジェスティはハナ、1/2馬身差の3着だった。道中はマカヒキとサトノダイヤモンドをみる位置でレースを進め、直線は外へ。先頭に迫る勢いをみせたが、なかなか差が詰まらなかった。 「勝たせてもらえないね。仕方がない」と蛯名騎手。24度目の挑戦で、悲願のダービー制覇は持ち越しとなった。「道中はいい感じで運べたけれど、直線で寄られてラストでもう一度、外に持ち出さなくてはいけなかった。運がなかった」。騎手生活30年目のベテランは、冷静にレースを振り返る。 「中間、体調を崩したが、よく持ち直してくれた。理想的な競馬をして前をとらえ切れなかったのだから、相手が強い」と二ノ宮調教師。勝つためには“運”が必要とされるダービー。皐月賞馬には今回、それが少しだけ足りなかった。★29日東京10R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら
2016年5月30日(月) 05:02

 1,876

東京優駿(日本ダービー)のニュースをもっと見る >

【日本ダービー】吉木りさ「赤が大好き!レッドエルディスト」
 東京競馬場で29日に行われる競馬の祭典「第83回日本ダービー」まであと3日。有名人にダービーなど競馬の魅力についてインタビューした連載の最終回に登場してくれたのは、タレントの吉木りささんだ。競馬はビギナーだが、ギャンブラーとしての資質は十分!? 吉木さんはつい最近まで競馬とは縁がなかったが、ひとつのきっかけで興味が芽生えた。昨年の暮れ、ラジオ番組で有馬記念の馬券を買おうという企画が立ち上がったのだが、それが何と…。 「ロンブーさん、千鳥さんと一緒にやっているラジオの番組で、チャンネル(周波数)の数字を組み合わせて馬券を買ったんです。そしたらゴールドアクターが勝って、3連単12万5870円が的中! 100円が…すごいですよね」 快進撃は止まらない。今年4月に初めて京都競馬場に行って、たまたま買った単勝がズバリ。 「それも、番組の企画で京都競馬場に行ったんです。合間にカワイイ馬名を見つけたので馬券を買ってみました。ピュアコンチェルトという馬だったんですが、それが優勝しちゃった。1頭しか買っていませんでした」 今年のダービー、ズラリと並んだ馬名からピンと来たのは、レッドエルディストだ。 「色は赤が大好き! レッドエルディストという馬名に惹かれました。競馬は詳しくないのですが、騎乗する四位さんの名前も知っていました。それとハワイが好きなので、キングカメハメハの子供もチェックしたい」 キングカメハメハ産駒のエアスピネルとリオンディーズ。ハワイの収穫祭が馬名の由来となっているマカヒキも、吉木さんのダービー馬候補となりそうだ。
2016年5月26日(木) 12:17

 2,515

【日本ダービー】ディーマジェスティ馬体パワフル
 皐月賞馬ディーマジェスティは26日、美浦・北馬場の角馬場をじっくり周回した。パワフルな馬体は、他のディープインパクト産駒と一線を画している。「追い切り後もリラックス。ピークを持ってこれるように理想的な調整ができている」と二ノ宮調教師。「東京は力を発揮できるコースだし、血統的に長いところも大丈夫。ダービーは何回か挑戦させてもらったが、重みがある。みんなで一丸となって獲りたい」と大一番へ意気込む。(夕刊フジ)★「日本ダービー」特集!馬柱&調教タイム&談話などを無料公開
2016年5月26日(木) 12:17

 1,314

【日本ダービー】マカヒキ迫力アップ ダイヤ馬体重理想
 皐月賞2着マカヒキは26日、栗東の厩舎周辺で引き運動を消化した。中間は鋭い動きを連発して前走以上の気配を醸しだし、「順調だね。1週前にビシッとやって、今週は余力を残す狙いどおりの調整ができた。馬体重は今506キロだから、競馬だとだいたい前走(498キロ)くらいになりそう。もともと前の肩の筋肉はすごかったけど、今回はトモもしっかりして見える」と、友道調教師も迫力を増した愛馬の姿に手応えを隠さない。 同3着サトノダイヤモンドも栗東の厩舎周辺で引き運動を1時間ほど。「今まで負荷をかけなさすぎた感じもあるんで、今回は一段階、負荷を強めてやってきた。馬体重は500キロを切るくらいが理想だけど、そこまで絞れるかどうか。とにかくここが目標ですから」と池江調教師。(夕刊フジ)★「日本ダービー」特集!馬柱&調教タイム&談話などを無料公開
2016年5月26日(木) 12:16

 1,942

【日本ダービー】未知の魅力全開!アジュール上昇一途
 アジュールローズはTRプリンシパルSを快勝。芝に転じてから(4)(1)(1)着と底を見せておらず、未知の魅力十分だ。 朝一番の美浦Wコースで3頭併せ。僚馬2頭に挟まれてもまったくひるむことはなく、外ポルトドレーヴ、内ワンブレスアウェイと馬体を合わせてフィニッシュ。そのままペースを落とすことなく2コーナー付近まで流され、タイム以上の負荷をかけてきた。 「きっちりと最終追いができたし、中2週でも順調です。前走は長くいい脚を使った。競馬が上手な点を、本番でも鞍上がうまく引き出してくれれば」と古賀慎調教師。期待を担う豪州No.1ボウマン騎手は、「少し幼さが残るが、とてもいい馬です。2400メートルもピッタリだと思う」と腕を撫していた。(夕刊フジ)★「日本ダービー」特集!馬柱&調教タイム&談話などを無料公開
2016年5月26日(木) 12:14

 931

東京優駿(日本ダービー)の直前追い切り情報をもっと見る >

東京優駿(日本ダービー)の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

5月29日 15:39更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv126 
850円 4,250円
Lv114 
4,600円 4,600円
Lv110 
130円 13,000円
Lv108 

1,420円
850円
9,080円
Lv107 
140円 140円

的中情報をもっと見る >

東京優駿(日本ダービー)過去10年の結果

2015年5月31日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2014年6月1日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2013年5月26日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
1着 キズナ 武豊 2:24.3 2.9倍 99.7
2着 エピファネイア 福永祐一 1/2 6.1倍 99.2
3着 アポロソニック 勝浦正樹 1 1/4 61.6倍 98.2

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

東京優駿(日本ダービー)ステップレース

2016年5月8日() 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 4 メジャーエンブレム C.ルメール 1:32.8 2.3倍 99.8
2着 5 ロードクエスト 池添謙一 3/4 6.4倍 99.1
3着 18 レインボーライン 福永祐一 クビ 40.7倍 99.1
4着 10 ダンツプリウス 丸山元気 1 1/4 21.2倍 97.6
5着 7 トウショウドラフタ 田辺裕信 アタマ 10.0倍 97.6
2016年5月7日() 京都競馬場/芝2200m
天候: 馬場:
1着 2 スマートオーディン 戸崎圭太 2:12.6 2.0倍 97.5
2着 11 アグネスフォルテ 松山弘平 3/4 41.5倍 97.0
3着 9 ロイカバード 池添謙一 1 1/2 7.2倍 95.9
4着 13 ブラックスピネル C.ルメール クビ 4.9倍 95.4
5着 7 エルプシャフト 横山典弘 1 3/4 6.1倍 93.7
2016年5月7日() 東京競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 1 アジュールローズ H.ボウマン 1:59.2 14.3倍 93.6
2着 5 マイネルラフレシア 柴田大知 1 1/4 15.5倍 92.4
3着 12 ゼーヴィント 石川裕紀人 3/4 5.8倍 91.8
4着 6 ピースマインド 吉田豊 1 1/2 40.0倍 90.6
5着 4 シャリオヴァルト 田辺裕信 ハナ 63.0倍 90.6
2016年4月30日() 東京競馬場/芝2400m
天候: 馬場:
1着 6 ヴァンキッシュラン 内田博幸 2:24.2 5.1倍 97.6
2着 4 レッドエルディスト 四位洋文 1 1/4 9.0倍 96.6
3着 13 レーヴァテイン C.ルメール 4.2倍 94.1
4着 12 プロディガルサン 戸崎圭太 1 1/4 4.6倍 93.1
5着 11 メートルダール H.ボウマン 1 1/4 4.7倍 92.1
皐月賞   G1 
2016年4月17日() 中山競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 18 ディーマジェスティ 蛯名正義 1:57.9 30.9倍 102.9
2着 3 マカヒキ 川田将雅 1 1/4 3.7倍 101.7
3着 11 サトノダイヤモンド C.ルメール 1 1/4 2.7倍 100.5
4着 15 エアスピネル 武豊 ハナ 16.1倍 99.9
5着 16 リオンディーズ M.デムーロ 1/2 2.8倍 99.9

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

東京優駿(日本ダービー)の歴史と概要


2005年の優勝馬ディープインパクト

「競馬の祭典」と称される、日本競馬の頂点に君臨するレースで、その年の3歳ナンバーワンを決める大一番。皐月賞に続く、クラシックの2冠目としても知られる。名馬、名勝負の宝庫であり、そのすべてをわずかなスペースで語り尽くすことはできない。それほど偉大なレースである。過去にはセントライト、シンザン、ミスターシービーシンボリルドルフナリタブライアンディープインパクトオルフェーヴルの7頭が、1冠目の皐月賞に続きこのレースを制し、さらには秋の菊花賞にも勝って3冠馬となった。平成以降だけを見ても、約20万人の大観衆が集まり場内に「ナカノコール」が響き渡ったアイネスフウジンの第57回(1990年)、父シンボリルドルフに次いで親子制覇を達成したトウカイテイオーの第58回(1991年)、名手・柴田正人騎手が19回目の挑戦で涙の戴冠を果たしたウイニングチケットの第60回(1993年)、戦後初めてキャリア3戦目で頂点をきわめたフサイチコンコルドの第63回(1996年)、64年ぶりにして史上3頭目の牝馬による制覇となったウオッカの第74回(2007年)など、話題性にあふれる年は枚挙にいとまがない。

▼2007年はウオッカが64年ぶりにして史上3頭目の牝馬による制覇を果たした。

歴史と概要をもっと見る >

東京優駿(日本ダービー)の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年10月20日(
富士ステークス G3
2018年10月21日(
菊花賞 G1

競馬番組表

2018年10月20日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2018年10月21日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
58,278万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
8 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
9 リリーノーブル 牝3
13,810万円
10 ラブカンプー 牝3
13,756万円
» もっと見る