会員登録はこちら
マイルチャンピオンS G1   日程:2016年11月20日() 15:40 京都/芝1600m

レース結果

マイルチャンピオンS G1

2016年11月20日() 京都/芝1600m/18頭

本賞金:10,300万 4,100万 2,600万 1,500万 1,030万


レコード:1分31秒4
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 16

ミッキーアイル

牡5 57.0 浜中俊  音無秀孝 484(-2) 1.33.1 5.9 3
2 4 8

イスラボニータ

牡5 57.0 C.ルメー  栗田博憲 480(-2) 1.33.1 アタマ 4.8 2
3 7 15

ネオリアリズム

牡5 57.0 R.ムーア  堀宣行 502(+6) 1.33.2 3/4 14.0 7
ラップタイム 12.3 - 10.9 - 11.2 - 11.7 - 11.4 - 11.7 - 11.6 - 12.3
前半 12.3 - 23.2 - 34.4 - 46.1 - 57.5
後半 58.7 - 47.0 - 35.6 - 23.9 - 12.3

■払戻金

単勝 16 590円 3番人気
複勝 16 230円 3番人気
8 180円 2番人気
15 440円 8番人気
枠連 4-8 830円 2番人気
馬連 8-16 1,590円 4番人気
ワイド 8-16 600円 3番人気
15-16 2,100円 28番人気
8-15 1,220円 12番人気
馬単 16-8 3,390円 9番人気
3連複 8-15-16 8,360円 27番人気
3連単 16-8-15 40,290円 118番人気

マイルチャンピオンSのニュース&コラム

14年秋のマイル王ダノンシャークが引退、種牡馬に
 2014年のマイルCS・GIの優勝馬ダノンシャーク(牡8歳、栗東・大久保龍志厩舎、父ディープインパクト、母カーラパワー、母の父カーリアン)が11月25日付でJRAの競走馬登録を抹消する。今後は生まれ故郷の北海道日高町の下河辺牧場で種牡馬となる予定。 ダノンシャークは通算成績39戦7勝。獲得賞金は4億8677万8000円。重賞勝ちは上記の2014年マイルCSのほか、2013年京都金杯・GIII、富士S・GIIIの計3勝。先週のマイルCS(4着=14番人気)がラストランになった。★ダノンシャークの競走成績はこちら
2016年11月24日(木) 17:53

 513

’14マイルCS馬シャーク引退 下河辺牧場で種牡馬に
 マイルCS4着のダノンシャーク(栗・大久保、牡8)、12着のウインプリメーラ(栗・大久保、牝6)が引退することになった。23日、大久保調教師が発表した。 2014年のマイルCSでGIを制したダノンシャークは北海道日高町・下河辺牧場で種牡馬に、今年のGIII京都金杯を勝ったウインプリメーラは北海道新冠町・ビッグレッドファームで繁殖牝馬となる。「シャークはGIを勝って、大きな花を咲かせてくれました。プリメーラは京都金杯の勝利が印象に残っています」と大久保調教師は語った。★ダノンシャークの競走成績はこちら
2016年11月24日(木) 05:00

 412

ミッキーアイル、マイルCS一夜明けニンジン催促
 マイルCSでGI2勝目を挙げたミッキーアイル(栗・音無、牡5)は一夜明けた21日、滋賀・栗東トレセンの自厩舎で元気な姿を見せた。平井助手は「よく頑張った。褒めてあげてください」と第一声。「朝からニンジンを催促するし、疲れはありません」と続けた。斜行で後味の悪さが残ったとはいえ、強豪相手に逃げ切った内容は称賛に値する。「この距離が合うと思っていたし、GIひとつで終わる馬じゃないと思っていたので、本当にうれしい」と喜びを語った。
2016年11月22日(火) 05:04

 515

【マイルCS】アイル、GI2勝目も後味悪い斜行V
 第33回マイルチャンピオンシップ(20日、京都11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・外1600メートル、1着本賞金1億300万円 =出走18頭)浜中俊騎乗の3番人気ミッキーアイルが1分33秒1(良)のタイムで逃げ切り勝ち。2014年NHKマイルC以来、2年6カ月ぶりとなるGI2勝目を挙げた。2着は2番人気のイスラボニータ、3着は7番人気のネオリアリズムだった。なお、浜中騎手は他馬の進路を妨害したため、開催日8日間の騎乗停止処分となった。 頭上の曇り空が笑顔なきGI勝利を象徴しているようだった。ミッキーアイルが自慢の快速で2度目のビッグタイトル奪取に成功。ただ、手綱をとった浜中騎手は下馬した後も、表情をこわばらせたまま。最後の直線で他馬の進路を妨害した事実が、鞍上の笑みを奪い去っていた。 「ミッキーアイルは一生懸命に走ってくれましたが外へ斜行したことで、大変な迷惑をかけました。自分の責任です。気持ちのいいレースにはなりませんでした。ミッキーアイルは悪くない」 スタートを決めて、マイペースの逃げに持ち込んだ。軽快にラップを刻み、余力を残してホームストレッチの攻防へ。ゴール手前で右ステッキが飛ぶと、外側によれてネオリアリズムを押し出す形になり、結果、後続の進路を妨害。勝つには勝ったが、浜中騎手が26日から12月18日まで開催日8日間の騎乗停止処分になり、後味の悪いものとなった。 「他馬に迷惑をかけて申し訳ない」と音無調教師も頭を下げる。それでも、3歳のNHKマイルC以来となるGI2勝目で、マイルCSの逃げ切りは1991年ダイタクヘリオス以来史上2頭目。また、3歳マイル王者の古馬マイルGI制覇は史上初の快挙だ。 「馬体があわさってから、もうひと伸びしてくれましたね。よく踏ん張ってくれました」と鞍上がねぎらう。トレーナーも「(ラップ的に)ちょうどいい前半の入りができました。きょうはしぶとかったですね」と愛馬をたたえた。 この後は阪神C(12月24日、阪神、GII、芝1400メートル)が視野に入るが、このまま休養の可能性も。「1600メートルのGIだけでなく、1200メートルのGIも勝てる馬にしたいですね。あきらめずに挑戦していきたい」と音無調教師はスプリント、マイルの“2階級制覇”を目指す。来年の大舞台では、すっきりとした形で結果を残す。 (宇恵英志)★20日京都11R「マイルチャンピオンシップ」の着順&払戻金はこちら
2016年11月21日(月) 05:08

 2,971

マイルチャンピオンSのニュースをもっと見る >

【マイルCS】ネオリアリズム、ムーア太鼓判
 札幌記念で厩舎の大エース・モーリスを完封したネオリアリズムが初めてマイルに挑む。 美浦Wコースでムーア騎手を背にハナレイムーンを2馬身追走したが、頭を何度も振り上げて、気性の難しさをのぞかせた。手綱を緩められたラスト1Fで前との差をグイッと詰め、馬体を並べてフィニッシュ。寒い時季の休み明けとあって馬体は多少余裕残しか。当日の馬体重もチェックポイントになりそうだ。 「状態は良さそう。動きも良かった。頭を上げていたのは問題ないし、最後はしっかり下げていた」とムーア。「1年前(ウェルカムS1着)に乗ったときより馬体は大きくなっている。あとは日曜の走りで成長を証明してくれれば」と、レースを心待ちにしていた。 堀調教師は初舞台を、「緩急のつく流れに対応するのが難しい気性、口向きなので、マイルのほうが乗りやすいと思う」と歓迎。「けさも道中でスローに落とすと口向きの悪さを見せた。鞍上も把握はしているが、課題としてある。ただ、1週前からグッと上がってきた感じで、息づかいも含めて態勢は整っていると思う」。香港Cに挑むモーリスから、マイル王の称号を引き継ぎたい。(夕刊フジ)★マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2016年11月17日(木) 11:34

 4,079

【マイルCS】ダコール優秀4F51秒4
 11年6月のあずさ賞2着以来のマイル戦に挑む古豪ダコールが、栗東坂路で快走した。テンから13秒5-12秒7-12秒3と快ラップを刻み、一杯に追われたラスト1Fは12秒9。開門から40分が過ぎた時間帯としては4F51秒4は優秀だ。活気のある走りで、デキの良さがうかがえる。 「見せムチで、最後で気を抜かせないようにした。この時間帯にしては時計は速いね」と騎乗した小牧騎手。中竹調教師も、「ゴール前で気を抜くのでビシッとやってもらった。いい動き。見た目より時計が出ているのは具合がいいから。さらに柔らかくなってきた」と納得の笑顔を見せた。 となると、カギはやはりマイル。一応【1・3・1・0】の実績があり、「スタートさえ決まれば対応できると思う。老け込んだ感じもしないし、好スタートから一瞬の脚を生かしたい」と、ジョッキーは一発を狙っている。(夕刊フジ)★マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2016年11月17日(木) 11:33

 1,213

【マイルCS】マイルの鬼復活!アイル、坂路51秒7
 中央競馬の秋のマイル王決定戦、マイルチャンピオンシップ(20日、京都、GI、芝1600メートル)の追い切りが16日に行われ、GI2勝目を狙うミッキーアイル(栗東・音無秀孝厩舎、牡5歳)が、滋賀・栗東トレセンで軽快な動きを見せた。久々のマイル戦となるが、2年前のGI・NHKマイルCの覇者。実績のある距離で頂点を目指す。 2度目のGI制覇が見えてきた。ミッキーアイルが坂路で4ハロン51秒7-12秒4をマーク。想定通りの追い切りを終えて、陣営は好ムードだ。 「動きはよかったです。いつも51秒台くらいは出ますし、内容もよかったですね。この馬の持ち味が生きるように気分よく走らせたいです」 いい意味で背中の感触は変わらない。2014年のNHKマイルCでGI勝利に導いた浜中騎手は、昨年12月の香港スプリント7着以来となる感触に笑みを浮かべた。 柔らかい日差しの下、ダノンリバティ(オープン)を追走する。僚馬の真後ろで我慢し、ラスト400メートルで右側に進路を取って鞍上がゴーサイン。最後までしっかりと伸び、追いついてフィニッシュした。 50秒前後を楽に出せる馬とすれば時計は遅いが、音無調教師は「予定通り」。今回は4日に50秒7、9日に50秒6を出し、態勢は整っている。オーバーワークを避けることが陣営の意図で、時計が速くなりすぎる単走よりも、前に馬を置くパターンを選択。相手も調教で走ることを考えれば、併入にも納得だ。 今回の鍵は1600メートルの距離。最近は1200メートル戦を中心に戦っており、マイル戦は昨年6月の安田記念15着以来、1年半ぶりとなる。過去にはあふれるスピードを抑えきれないシーンも見られたが、「今のアイルなら違う結果を出せると思う。その可能性にかけたい」と音無調教師は精神面の成長に期待する。 以前はマイペースで逃げられないともろかったが、GIでもまれてたくましくなった。今年の高松宮記念は控える競馬で2着。スプリントGIの激しい流れでも、自分の競馬ができるようになった。実は1200メートル戦では勝利がなく、全7勝中5勝が芝1600メートル戦。京都芝コースも4戦3勝で、実績を残す舞台にたくましくなって帰ってくる今、一気の押し切りは十分に可能だ。 音無調教師は「最後に脚を残せるように、自分のペースで行けるかですね」。今回のメンバーなら自慢のスピードで楽に先手を奪える。心身ともに成長したミッキーアイルが、2度目の戴冠へ迷いなく突っ走る。 (宇恵英志)★マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2016年11月17日(木) 05:06

 3,413

【マイルCS】フィエロ、元気な7歳12秒2
 スワンS9着のフィエロが坂路で軽快な動きをみせた。単走で追われ、4ハロン53秒9-12秒2。ゴール前で仕掛けられ、しっかりと伸びた。藤原英調教師は「日頃の調教で馬を柔らかくしながらやってきた。1回叩いて、素軽くなっている。あとは年齢との戦い」と元気な7歳馬に目を細める。 一昨年、昨年と2着。実力は上位だが重賞は未勝利で、指揮官は「ラストチャンスだと思っている。できる範囲で目いっぱいやっていきたい」とタイトル奪取に意欲満々だ。★マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2016年11月17日(木) 05:05

 1,909

マイルチャンピオンSの直前追い切り情報をもっと見る >

マイルチャンピオンSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

11月20日 15:39更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv114 
180円 3,600円
Lv111 

2,100円
1,590円
8,090円
Lv109 
590円 59,000円
Lv102 
180円 3,600円
Lv102 
590円 5,900円

的中情報をもっと見る >

マイルチャンピオンS過去10年の結果

2015年11月22日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 モーリス R.ムーア 1:32.8 5.7倍 106.0
2着 フィエロ M.デムーロ 1 1/4 5.1倍 104.5
3着 イスラボニータ 蛯名正義 クビ 3.2倍 104.5
2014年11月23日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ダノンシャーク 岩田康誠 1:31.5 18.1倍 105.2
2着 フィエロ 福永祐一 ハナ 5.6倍 105.2
3着 グランデッツァ 秋山真一郎 1 1/2 18.6倍 103.7
2013年11月17日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

マイルチャンピオンSステップレース

2016年10月30日() 東京競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 8 モーリス R.ムーア 1:59.3 3.6倍 105.0
2着 12 リアルスティール M.デムーロ 1 1/2 13.0倍 103.8
3着 14 ステファノス 川田将雅 1 1/4 11.2倍 102.6
4着 3 アンビシャス 横山典弘 6.0倍 101.4
5着 5 ロゴタイプ 田辺裕信 アタマ 43.2倍 101.4
2016年10月29日() 京都競馬場/芝1400m
天候: 馬場:
1着 11 サトノアラジン 川田将雅 1:20.7 4.0倍 102.3
2着 2 サトノルパン 和田竜二 1 1/4 24.5倍 100.6
3着 13 エイシンスパルタン 岩田康誠 ハナ 13.3倍 100.6
4着 9 ダンスディレクター 浜中俊 3/4 7.1倍 99.7
5着 6 ムーンクレスト 松田大作 クビ 55.1倍 98.8
2016年10月22日() 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 3 ヤングマンパワー 戸崎圭太 1:34.0 5.6倍 99.3
2着 4 イスラボニータ C.ルメール 3/4 6.9倍 98.5
3着 2 ダノンプラチナ 蛯名正義 1/2 5.2倍 97.7
4着 6 マイネルアウラート 柴田大知 クビ 127.2倍⑪ 97.0
5着 8 ガリバルディ 福永祐一 クビ 15.1倍 97.0
2016年10月9日() 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:稍重
1着 10 ルージュバック 戸崎圭太 1:46.6 3.3倍 104.1
2着 7 アンビシャス C.ルメール クビ 4.5倍 104.1
3着 1 ヒストリカル 横山典弘 75.3倍 100.7
4着 4 ロンギングダンサー 吉田豊 1 1/4 124.5倍⑫ 99.4
5着 2 ステファノス 川田将雅 1/2 4.2倍 98.7
2016年10月2日() 中山競馬場/芝1200m
天候: 馬場:
1着 13 レッドファルクス M.デムーロ 1:07.6 9.2倍 103.7
2着 15 ミッキーアイル 松山弘平 アタマ 8.2倍 103.7
3着 4 ソルヴェイグ 田辺裕信 クビ 27.1倍 103.7
4着 5 シュウジ 川田将雅 クビ 13.6倍 102.6
5着 7 スノードラゴン 大野拓弥 ハナ 37.9倍 102.6
2016年9月11日() 中山競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 10 ロードクエスト 池添謙一 1:33.0 2.8倍 100.1
2着 3 カフェブリリアント 戸崎圭太 1/2 12.3倍 99.3
3着 5 ダノンプラチナ 蛯名正義 1 1/4 5.7倍 97.8
4着 1 ダイワリベラル 北村宏司 1 1/2 11.1倍 96.3
4着 6 クラリティスカイ 田辺裕信 1 1/2 16.7倍 96.3

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

マイルチャンピオンSの歴史と概要


2006、07年の優勝馬ダイワメジャー

秋のチャンピオンマイラーを決める一戦。逆転はとうてい不可能と思われる位置からバンブーメモリーを捕らえ切った第6回(1989年)におけるオグリキャップの追撃は、競馬ファンの心に永遠に刻み込まれている。過去、同年の安田記念と併せて勝利し「春秋マイル統一王座」を獲得した馬はニホンピロウイナー(第2回)、ノースフライト(第11回)、タイキシャトル(第15回)、エアジハード(第16回)、ダイワメジャー(第24回)、モーリス(第32回)の6頭。錚々たる名が並ぶ。2年連続で道中で掛かり気味に先頭に立ちながらそのまま押し切ったダイタクヘリオス(第8、9回)や、鮮烈な追い込みを決めたデュランダル(第20、21回)など、勝ち馬には個性派も多い。

▼デュランダルは豪快な末脚を武器に2003、2004年と同レース連覇を達成した。

歴史と概要をもっと見る >

マイルチャンピオンSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月29日(
シリウスステークス G3
2018年9月30日(
スプリンターズS G1

競馬番組表

2018年9月29日(
4回中山8日目
4回阪神8日目
2018年9月30日(
4回中山9日目
4回阪神9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る