会員登録はこちら
皐月賞 G1   日程:2016年4月17日() 15:40 中山/芝2000m

レース結果

皐月賞 G1

2016年4月17日() 中山/芝2000m/18頭

本賞金:10,000万 4,000万 2,500万 1,500万 1,000万


レコード:1分57秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 18

ディーマジェスティ

牡3 57.0 蛯名正義  二ノ宮敬 476(0) 1.57.9 30.9 8
2 2 3

マカヒキ

牡3 57.0 川田将雅  友道康夫 498(+2) 1.58.1 1 1/4 3.7 3
3 6 11

サトノダイヤモンド

牡3 57.0 C.ルメー  池江泰寿 504(+6) 1.58.3 1 1/4 2.7 1
ラップタイム 12.0 - 10.7 - 11.5 - 11.7 - 12.5 - 11.5 - 12.4 - 12.2 - 11.6 - 11.8
前半 12.0 - 22.7 - 34.2 - 45.9 - 58.4
後半 59.5 - 48.0 - 35.6 - 23.4 - 11.8

■払戻金

単勝 18 3,090円 8番人気
複勝 18 530円 8番人気
3 160円 3番人気
11 150円 2番人気
枠連 2-8 450円 2番人気
馬連 3-18 6,220円 18番人気
ワイド 3-18 1,730円 17番人気
11-18 1,760円 18番人気
3-11 320円 3番人気
馬単 18-3 17,680円 38番人気
3連複 3-11-18 6,000円 17番人気
3連単 18-3-11 70,390円 172番人気

皐月賞のニュース&コラム

【3歳次走報】ゼンノタヂカラオ、京都新聞杯へ
 ★皐月賞8着のロードクエスト(美・小島茂、牡)の次走は、NHKマイルC(5月8日、東京、GI、芝1600メートル)かダービー(5月29日、東京、GI、芝2400メートル)の二択で近日中にも決まる見込み。 ★はなみずき賞を勝ったゼンノタヂカラオ(栗・中内田、牡)は、京都新聞杯(5月7日、京都、GII、芝2200メートル)へ。 ★皐月賞2着マカヒキ(栗・友道、牡)、4着エアスピネル(栗・笹田、牡)、9着アドマイヤダイオウ(栗・友道、牡)、15着のドレッドノータス(栗・矢作、牡)、16着ジョルジュサンク(栗・鮫島、牡)はダービーへ。 ★忘れな草賞を完勝したロッテンマイヤー(栗・池添学、牝)は、T・ベリー騎手とのコンビでオークス(5月22日、東京、GI、芝2400メートル)へ。 ★皐月賞12着ミライヘノツバサ(美・伊藤大、牡)は放牧へ。ラジオNIKKEI賞(7月3日、福島、GIII、芝1800メートル)か、北海道シリーズのいずれかに出走し、秋はセントライト記念(9月18日、中山、GII、芝2200メートル)を目指す。 ★16日の中山500万下を勝ったミエノドリーマー(美・国枝、牡)はNHKマイルCに登録する。
2016年4月20日(水) 05:01

 670

【フローラS】ビッシュ、樫の主役奪取だ!
 関東圏の競馬は中山から東京へ舞台が移る。開幕週の日曜メインはサンケイスポーツ賞フローラステークス(24日、GII、芝2000メートル)。上位3頭に与えられるオークス(5月22日、GI、芝2400メートル)の出走権を目指して登録した27頭の中で、注目を集めるのは2戦2勝のビッシュだ。皐月賞で上位を独占したディープインパクト産駒で、その末脚はまさに父譲り。3連勝で樫の舞台へ向かう。 前週の皐月賞で1~3着を独占したディープインパクト産駒。その能力と勢いは、やはり無視できない。2戦2勝でフローラSに参戦するビッシュも、小柄な馬体に大きな可能性を秘めている。 「まだ能力だけで走っている現状だけど、少しずつ成長している。ここでも互角に戦える力はあると思う」 管理する鹿戸調教師も手応えを感じている。ゆっくり成長を促したためデビューは2月21日と遅くなったが、初戦の東京で5馬身差圧勝。続く中山の500万下一般戦も半馬身差でVと、牡馬相手に連勝を決めた。小回りの前走はなかなか勢いがつかず苦しい状況だったが、ラスト1ハロンだけで先行馬をのみ込む好内容。横山典騎手も「コーナーがあまり上手じゃないのでペースが上がったときに手応えが怪しくなったが、直線を向いてからはしっかりと伸びてくれた」と振り返った。 トレーナーと主戦が「広いコースの方が良さそう」と口をそろえるように、舞台が東京に戻るのは大歓迎だ。ディープ産駒は2010年のデビュー以降、東京芝の188勝に対し、中山芝は106勝。芝重賞に絞ると東京28勝、中山12勝となる。もちろん、勝率はどちらも東京の方が上だ。初めての2000メートルについても、「距離は延びてもいい」と鞍上は太鼓判を押す。 桜花賞上位組が優勢とみられるオークス路線だが、無敗で重賞Vを果たせば、勢力図が変わるのは間違いない。遅れてきた大物ビッシュが、樫を意識させる走りを見せる。★サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年4月19日(火) 05:05

 1,013

マジェスティ、皐月賞疲れなんの驚きのタフさ
 皐月賞を制したディーマジェスティ(美・二ノ宮、牡3)は、激戦から一夜明けた18日、茨城県美浦トレーニングセンターの自厩舎で過ごした。 「いつもの月曜と変わらない。レース後からびっくりするくらいケロッとしているね」と島田調教厩務員は愛馬のタフさに驚き、2012年エリザベス女王杯(レインボーダリア)以来となる担当馬のGI勝利に、笑みがこぼれた。 大外の(18)番枠から皐月賞を制したのは91年トウカイテイオー、97年サニーブライアンに続く3頭目で、前記2頭は春2冠を達成。また、平成に入ってから4月17日の皐月賞を制したのはナリタブライアンとディープインパクトの2頭で、どちらも3冠馬に輝いた。“吉兆”が感じられるVだ。 この後は在厩して調整され、ダービー(5月29日、東京、GI、芝2400メートル)で、昨年のドゥラメンテに続く史上24頭目の春2冠を目指す。★ディーマジェスティの競走成績はこちら
2016年4月19日(火) 05:03

 1,270

【皐月賞】3強蹴散らすレコード!マジェスティ1冠
 第76回皐月賞(17日、中山11R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝・内2000メートル、1着本賞金1億円、1~4着馬に日本ダービーの優先出走権 =出走18頭)蛯名正義騎乗で8番人気のディーマジェスティが、大外から徐々に進出して直線も力強く伸び、人気の3頭を堂々と打ち破ってGI初制覇。勝ちタイムはレースレコードの1分57秒9(良)だった。1馬身1/4差の2着は3番人気のマカヒキで、1番人気サトノダイヤモンドが3着。2番人気リオンディーズは4位で入線したが、5着に降着となった。 風速19メートルの強風は、3強ではなく8番人気の伏兵を後押しした。体いっぱいに風を受けて馬上で躍動する蛯名正義。その叱咤に応えてディーマジェスティの末脚が爆発する。1分57秒9の皐月賞レコード。3強を完璧に打ち負かして、クラシック1冠目を制した。 「あれ? かわすんだあ。勝つんだあ」 ゴールしても驚きを隠せないジョッキーだが、デビュー30年目、47歳のベテランの経験と技術が勝利を呼び込んだ。 大外(18)番枠からのスタートは速くなかった。しかし、後方でじっくりと構えると、向こう正面に吹く強烈な向かい風が多くのジョッキーのペース判断を狂わせた。3強の一角リオンディーズがハイペースで先頭に。だが蛯名は冷静に先行争いをみていた。「こういう展開も想定していました。長く(騎手を)やっているので、引き出しは多いから」。じっくりと3コーナー過ぎから進出を開始。4コーナーで外に持ち出して直線に向くと、「突き抜けるだろう」という感触どおりにディーマジェスティがはじけた。 「3強といわれていたけど、自分の馬の競馬をするだけ。他が前を追いかけてもあわてなかったのは、僕が年を取ったからかな」 笑いを誘うジョッキーだが、円熟味を帯びてきた騎乗ぶりは常にリーディング上位に名を連ねる名手の真骨頂だ。 「クラシックはなかなか勝てなくてねえ。困っています」 初のクラシック制覇となった二ノ宮敬宇調教師が苦笑いする。これがディープインパクト産駒の皐月賞初勝利だが、「ディープは飛ぶ走りといわれたけど、この馬は沈む走りをする」と調教師は対照的な表現をした。 ここ5年で4勝目となる共同通信杯から皐月賞の黄金ローテ。昨年のドゥラメンテはダービーも制した。もちろんこの馬も次の目標は日本ダービー(5月29日、東京、GI、芝2400メートル)だ。 24度目のダービーに挑む主戦は「中山より東京の方が向いている」と悲願達成のチャンスを冷静にうかがう。絶好の舞台設定で迎える大一番。“3強”から“4強”の図式になるが、頂点の座を譲るつもりはない。ディーマジェスティが世代最強の名を確固たるものにする。 (柴田章利)★17日中山11R「皐月賞」の着順&払戻金はこちら
2016年4月18日(月) 05:12

 2,679

皐月賞のニュースをもっと見る >

【皐月賞】ダイヤモンド良化確実 マカヒキ深まる自信
 人気を背負う無敗馬2頭は14日朝、それぞれゆったりと息を整えた。 きさらぎ賞から2カ月半ぶりという異例のローテーションのサトノダイヤモンドは、厩舎周りでいつもどおりに運動を消化。確実な良化が見え好ムードだ。兼武助手も、「先週の段階でほぼできているので、今週も変わらない。雰囲気もいいね。放牧から帰ってきたときは少し緩かった馬体も、ここへきて締まってきた。シルエットが良くなってきたね」と目を細めていた。 弥生賞馬マカヒキは厩舎周りで1時間ほど引き運動。「昨日の追い切りも馬場が重いなかバランス良く走れたし、本当に順調。前回で長距離輸送をクリアできたのは大きいし、道中もしっかり折り合い、ポジションを上げていけた。あの感じなら枠順はどこでも。楽しみ」と、大江助手は自信を見せていた。(夕刊フジ)★皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年4月14日(木) 12:09

 1,645

【皐月賞】アドマイヤダイオウ、軽めも好感触
 若葉Sは直線、差し返す芸当でV。抜群の勝負根性が武器のディープインパクト産駒アドマイヤダイオウは、13日にゲート再審査を無事にパスして、けさは栗東CWコースでゆったり。「15-15で十分」という友道調教師の指示どおりに楽に流し、ラスト1F13秒4で引き上げた。 テンションも上がらず落ち着いた様子に、「ゲート再審査を考慮して先週までに仕上げた。けさは雰囲気づくりだけ。良かったね」と、手綱を取った大江助手は好感触。 新パートナーの福永騎手は「これまでスタートが悪い分、極端な競馬になっているから、今回もカギはスタート。長くいい脚を使えるし、かといってスピードがないわけでもないから、上手に出られれば」と、ゲートが腕の見せどころとなりそう。自身も昨年のリアルスティールなどここ4年で2着が3回と惜敗が続くだけに、Vへ気合が入る。(夕刊フジ)★皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年4月14日(木) 12:09

 1,175

【皐月賞】マウントロブソンしぶとさピカイチ
 白い刺客が“3強”の一角崩しを狙う。3連勝でフジテレビ賞スプリングSを制したマウントロブソンが持ち前のしぶとい走りを披露した。 未明から降り続く雨のなか、美浦Wコースで2頭を追走。直線は真っ先に手綱が動き始め、鞍上が追いに追ってようやくエンジンが点火。中スウィフトレイド、外レインオーバーにやっとこさ追いつきゴールした。お世辞にも見映えのする動きではないが、瞬発力よりもスタミナに秀でたタイプ。事実、3連勝の上がり3Fはすべて35秒台。バテ比べの展開なら大きく浮上してきそうだ。 「落ち着いていたし、雨で重くなったWコースでも快適に走っていた。大きなストライドで動きは良かったと思う」と、騎乗したT・ベリー騎手は好感触。 「3連勝の映像を見たが、ゴールするときの強い末脚が印象に残った。(稍重だった)2走前の内容なら道悪でも困らない。GIを勝てるよう頑張りたい」と、豪州の名手は意気込み十分だ。(夕刊フジ)★皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年4月14日(木) 12:08

 1,397

【皐月賞】父の道突っ走る!マカヒキ無敗1冠へ万全
 牡馬クラシック3冠の第1弾・皐月賞の追い切りが13日、滋賀県の栗東トレセンで行われた。無傷の3連勝で前哨戦の弥生賞を制したマカヒキ(栗東・友道康夫厩舎、牡3歳)は坂路で予定通りの馬なり調整。父ディープインパクトをほうふつさせる雄大なフットワークで駆け上がった。万全の仕上がりで父に続く無敗の皐月賞Vへ、視界良好だ。枠順は14日に確定。15日にウインズ後楽園で金曜発売が実施される。 大舞台で“飛ぶ”準備は整った。曇天の下、マカヒキが、涼しい顔で坂路を駆け上がる。静の調整でも仕上がりは万全。手綱を取った大江助手は、背中から伝わる好感触に目を細めた。 「重たい馬場だったけど、苦にせずにバランスよく走れていた。前走を使った上積みも感じる。何の不安もないですね」 坂路はウッドチップの入れ替え中で力を要する状態ながら、大きなフットワークで徐々にスピードに乗っていく。ノメる馬が続出するなか、走りは全くぶれない。最後は手綱を抑えるくらいの馬なり調整で、4ハロン52秒7-13秒0をマークした。 6日の1週前追い切りでは、CWコース6ハロン77秒8-11秒7の猛時計を叩き出して、レース当週のソフトな仕上げは予定通り。動きを見届けた友道調教師は「いつものパターン。全く無理していない感じで53秒を切るくらいだったね」と満足げにうなずいた。 前走の弥生賞では、後方待機策からメンバー最速の末脚を繰り出し、先に抜け出した2歳王者リオンディーズを差し切った。上がり3ハロン33秒6は同レース過去最速で、勝ち時計1分59秒9もレースレコード。記録ずくめの重賞初Vで“3強”を形成するに至った。 走りが“飛んでいる”といわれた父ディープインパクトをほうふつさせる異次元の走り。その秘密について、トレーナーは「骨盤の可動域が広いから動きが大きい。お父さんもそんな感じだった。受け継いだものでしょう」と語る。 1週前追い切りで感触を確かめた川田騎手は「トモ(後肢)の踏み込みがすごくいいですね。これだけサイズがありながら、トモが弾んでくるのはなかなか経験できないことです。(2月で引退した)松田(博資)厩舎の走る牝馬と似た特徴を感じました」と証言した。 ディープは新馬、若駒S、弥生賞を勝ち、無敗で皐月賞をV。友道調教師は「ローテが同じなのはたまたまだけど、偉大な父の背中を追ってここまで3連勝できた。少しでも近付けるようにがんばりたい」と締めた。ディープの血を色濃く受け継ぐマカヒキが、父に続く無敗の皐月賞馬として歴史に名を刻む。 (川端亮平)★皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら★ディープのデビュー3戦 マカヒキは父ディープインパクトと同じローテーションで皐月賞に挑む。父も1冠目までの3戦はすべてメンバー最速の上がりでV。その後、無敗で3冠馬となった。 父のデビューは2004年12月19日の阪神芝2000メートルで、4馬身差のV。タイム2分3秒8で上がり3ハロンは33秒1だった。2戦目の若駒S(05年1月22日、京都、芝2000メートル)は6番手から直線で伸びて5馬身差の圧勝。タイム2分0秒8で上がり3ハロンは33秒6。3戦目の弥生賞(3月6日)は7番手から早めに進出したが、アドマイヤジャパンの抵抗を受けてクビ差の辛勝(タイム2分2秒2、上がり3ハロン34秒1)だった。
2016年4月14日(木) 05:13

 1,251

皐月賞の直前追い切り情報をもっと見る >

皐月賞の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

4月17日 15:39更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv113 
6,000円 24,000円
Lv107 
160円 160円
Lv106 
6,000円 18,000円
Lv103 

320円
150円
470円
Lv100 
6,220円 31,100円

的中情報をもっと見る >

皐月賞過去10年の結果

2015年4月19日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ドゥラメンテ M.デムーロ 1:58.2 4.6倍 102.4
2着 リアルスティール 福永祐一 1 1/2 3.8倍 101.2
3着 キタサンブラック 浜中俊 2 1/2 9.7倍 98.9
2014年4月20日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2013年4月14日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ロゴタイプ M.デムーロ 1:58.0 3.7倍 100.1
2着 エピファネイア 福永祐一 1/2 3.9倍 99.5
3着 コディーノ 横山典弘 1 1/4 4.4倍 98.4

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

皐月賞ステップレース

毎日杯   G3 
2016年3月26日() 阪神競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 10 スマートオーディン 戸崎圭太 1:47.3 1.7倍 96.3
2着 2 アーバンキッド 石橋脩 1 1/4 6.8倍 94.9
3着 5 タイセイサミット 川田将雅 3/4 4.6倍 94.3
4着 6 レインボーフラッグ 小牧太 1/2 51.8倍 93.6
5着 1 ロワアブソリュー A.シュタルケ 1/2 6.1倍 92.9
2016年3月20日() 中山競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 1 マウントロブソン A.シュタルケ 1:48.1 8.0倍 95.5
2着 4 マイネルハニー 柴田大知 クビ 9.4倍 95.5
3着 10 ロードクエスト 池添謙一 クビ 1.7倍 94.9
4着 8 プランスシャルマン 内田博幸 1 1/4 60.3倍 93.6
5着 7 ミッキーロケット C.ルメール クビ 6.3倍 93.6
2016年3月19日() 阪神競馬場/芝2000m
天候: 馬場:稍重
1着 7 アドマイヤダイオウ M.デムーロ 2:02.2 1.7倍 94.8
2着 6 ナムラシングン 池添謙一 ハナ 5.7倍 94.8
3着 4 ゼンノタヂカラオ 川田将雅 11.5倍 87.1
4着 9 ノガロ 戸崎圭太 1/2 6.4倍 86.5
5着 5 メイショウカクオビ 和田竜二 3/4 166.8倍⑨ 85.9
2016年3月6日() 中山競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 11 マカヒキ C.ルメール 1:59.9 2.6倍 97.9
2着 10 リオンディーズ M.デムーロ クビ 1.9倍 97.9
3着 4 エアスピネル 武豊 4.2倍 96.1
4着 3 タイセイサミット 内田博幸 20.8倍 90.8
5着 1 アドマイヤエイカン 岩田康誠 3/4 39.1倍 90.2
2016年2月14日() 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:稍重
1着 4 ディーマジェスティ 蛯名正義 1:47.4 22.6倍 94.9
2着 9 イモータル 戸崎圭太 1 1/4 14.0倍 93.6
3着 6 メートルダール C.ルメール 1/2 6.4倍 92.9
4着 2 リスペクトアース 大野拓弥 9.9倍 90.9
5着 7 ファイアクリスタル 石川裕紀人 186.6倍⑨ 87.5

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

皐月賞の歴史と概要


2011年の優勝馬オルフェーヴル

クラシック3冠の幕開けを飾る一戦。「最も速い馬が勝つレース」と言われ、スピードとスタミナを兼備した3歳のトップホースたちが中山芝2000mを舞台に覇を競う。グレード制導入以前は、第33回(1973年)のハイセイコー、第35回(1975年)のカブラヤオー、第36回(1976年)のトウショウボーイなど、ファンの多い個性派たちが栄冠を獲得するケースが多く見られた。グレード制導入後は、競走体系の整備が進んでよりスピード色の強いレースとなり、第55回(1995年)のジェニュイン、第64回(2004年)のダイワメジャー、第73回(2013年)のロゴタイプと、3頭のこのレースの勝ち馬が古馬になってマイルG1を制している。また、セントライト、シンザン、ミスターシービーシンボリルドルフナリタブライアンディープインパクトオルフェーヴルの7頭が、皐月賞制覇のあと2冠目の日本ダービー、3冠目の菊花賞とタイトル獲得を重ねて3冠馬となった。第75回(2015年)はドゥラメンテが直線入口で大斜行するも、異次元の末脚を繰り出して圧勝。その衝撃的な勝ちっぷりは、すでに伝説となりつつある。

▼2015年のドゥラメンテは最後の直線で大斜行も末脚を披露し圧勝した。

歴史と概要をもっと見る >

皐月賞の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月23日(
産経賞オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

競馬番組表

2018年9月22日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2018年9月23日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る