ディアシューター(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ディアシューター
ディアシューター
写真一覧
現役 牡4 黒鹿毛 2014年4月7日生
調教師高木登(美浦)
馬主ディアレストクラブ 株式会社
生産者中島牧場
生産地浦河町
戦績10戦[1-0-3-6]
総賞金1,540万円
収得賞金400万円
英字表記Dear Shooter
血統 サムライハート
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
エアグルーヴ
ナムラクロシェット
血統 ][ 産駒 ]
Miswaki
Romy
兄弟 シャララナムラボルカーン
前走 2017/11/18 伊達特別
次走予定

ディアシューターの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/18 福島 10 伊達特別 500万下 ダ1700 157122.618** 牡3 55.0 吉田隼人高木登504(0)1.47.3 1.338.7⑨⑩⑤⑤サウスザスナイパー
17/10/28 東京 12 3歳以上500万下 ダ1600 151121.063** 牡3 55.0 大野拓弥高木登504(+8)1.37.5 1.136.5⑤⑤イーグルバローズ
17/03/05 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 12812119.11010** 牡3 56.0 大野拓弥高木登496(-4)2.04.2 1.035.9カデナ
17/02/12 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 112273.395** 牡3 56.0 田辺裕信高木登500(0)1.47.9 0.434.8④④スワーヴリチャード
17/01/21 中山 9 若竹賞 500万下 芝1800 146916.865** 牡3 56.0 吉田隼人高木登500(-2)1.49.1 0.835.8⑥⑦⑦⑦ウインブライト
16/12/25 中山 9 ホープフルS G2 芝2000 1411152.5138** 牡2 55.0 大野拓弥高木登502(-4)2.02.3 1.037.3⑤④レイデオロ
16/12/03 中山 4 2歳未勝利 ダ1800 167142.211** 牡2 55.0 大野拓弥高木登506(+2)1.54.9 -0.538.7トワードポラリス
16/09/24 中山 1 2歳未勝利 ダ1800 165103.413** 牡2 54.0 大野拓弥高木登504(+2)1.54.8 0.239.1⑥⑧⑥④ビービーガウディ
16/09/04 新潟 1 2歳未勝利 芝1600 18234.623** 牡2 54.0 蛯名正義高木登502(-8)1.35.7 0.734.0⑫⑪ロジムーン
16/08/14 新潟 5 2歳新馬 芝1600 1861210.944** 牡2 54.0 大野拓弥高木登510(--)1.36.4 0.233.8⑪⑫シャイニードライヴ

ディアシューターの関連ニュース

 ◆ルメール騎手(ダンビュライト3着) 「ペースが遅くて、まだ瞬発力もあまりないからね。距離はいいけど、レース前にテンションが上がっていたりして若さが残る」

 ◆戸崎騎手(ベストアプローチ4着) 「どれが行くのかはっきりせず、ポジションを一列下げてしまった。直線もスムーズじゃなかったが、最後は伸びている」

 ◆シュタルケ騎手(サトノマックス5着) 「きょうはペースが遅くてリズムが取れなかったが、能力はある」

 ◆城戸騎手(テーオーフォルテ7着) 「最後も止まっていないが、瞬発力よりもいい脚を長く使うタイプ。もっとペースが流れてほしかった」

 ◆角居師(グローブシアター8着) 「道中はしっかりとハミを取っていなかったみたい。気持ちの面など、まだ課題もある」

 ◆大野騎手(ディアシューター10着) 「4コーナーまではうまく回って来られた。距離はもう少し詰めてもいいかも」

 ◆蛯名騎手(スマートエレメンツ11着) 「芝の走りは悪くないが、まだ緩いところがあってブレて走っている感じ。そのあたりが良くなれば…」

★5日中山11R「弥生賞」の着順&払戻金はこちら

【報知杯弥生賞】カデナが大外から差し切って皐月賞の切符獲得 2017年3月5日() 15:53

 3月5日の中山11Rで行われた第54回弥生賞(3歳オープン、GII、芝・内2000メートル、馬齢、12頭立て、1着賞金=5400万円)は、福永祐一騎手騎乗の1番人気カデナ(牡、栗東・中竹和也厩舎)が制して、昨年の京都2歳S・GIIIに続く重賞連勝を飾った。タイムは2分3秒2(良)。2着のマイスタイル(8番人気)、3着のダンビュライト(5番人気)までが、皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。

 レースはマイスタイルが逃げ、ダイワキャグニーテーオーフォルテディアシューターが続く展開。9番手につけたカデナは3〜4コーナーにかけて徐々に進出すると、直線で大外から一気に脚を伸ばし、内で粘るマイスタイルを1/2馬身差で差し切った。5番手から直線で内めを伸びたダンビュライトがさらに1馬身1/4離れた3着。3番人気コマノインパルスは6着、2番人気ダイワキャグニーは9着だった。

 カデナは、父ディープインパクト、母フレンチリヴィエラ、母の父フレンチデピュティという血統。北海道新ひだか町・グランド牧場の生産馬で、馬主は前田幸治氏。通算成績は5戦3勝。弥生賞は、中竹和也調教師は初勝利。福永祐一騎手は2003年エイシンチャンプ、15年サトノクラウンに次いで3勝目。

 ◆福永祐一騎手「休み明けでしたが、調教で乗ったときより動ける感じがしていました。スタートはいつもより出てくれましたし、早めにスパートをしたのに、よく伸びてくれましたね。(皐月賞は)ペースも頭数も違うので、きょうみたいなおおざっぱな競馬はできませんが、持ち味を殺さないようにしたいです」

★5日中山11R「弥生賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】厩舎の話2017年3月3日(金) 05:11

 ◆カデナ・中竹師 「攻めもいいリズムで走れていた。体つきも休養前より良くなっている」

 ◆キャッスルクラウン・渋谷信師 「順調そのもの。初めてなので馬場見せをするつもりです」

 ◆グローブシアター・辻野助手 「前走時より乗り込めて、騎手の感触も良かったですよ」

 ◆コマノインパルス・田辺騎手 「前回と違い、今回はいつもの落ち着きがあって好状態」

 ◆スマートエレメンツ・鹿戸師 「動きがよかった。今の感じなら芝も大丈夫じゃないかな」

 ◆ダイワキャグニー・菊沢師 「中山は初めてだけど、いずれ経験しなくてはいけない。先行して折り合える」

 ◆ダンビュライト・東田助手 「追い切りは、しっかりとやれている。距離が延びるのはいい」

 ◆ディアシューター・高木師 「動きはいい。長くいい脚を使える」

 ◆テーオーフォルテ・藤岡師 「使った上積みはある。勝つつもりで臨みたい」

 ◆ベストアプローチ・荻野助手 「調整はうまくいったし、好勝負が期待できる」

 ◆マイスタイル・昆師 「予定通りのけいこ。今の時点としてはかなりの状態にある」

★弥生賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】追って一言2017年3月2日(木) 05:10

 ◆サンライズソア・河内師 「奧手でまだ子供っぽいが、追ってしぶといタイプ」

 ◆スマートエレメンツ・鹿戸師 「動きが良かったので使う方向。最初に芝を使ったときはフラフラしていたけど、きょうの感じなら大丈夫じゃないかな」

 ◆ダンビュライト・東田助手 「追い切りはしっかりとやれている。距離が延びるのはいい」

 ◆ディアシューター・高木師 「動きは良かった。長くいい脚を使えるタイプで、ゲートを出てリズム良く運べれば」

 ◆テーオーフォルテ・藤岡師 「使った上積みは見込めると思うよ。新馬がセンスのある勝ち方。権利取りではなく、勝つつもりで」

 ◆ベストアプローチ・荻野助手 「調整はうまくいったし、好勝負が期待できる。長く脚を使える」

 ◆マイスタイル・昆師 「予定通りに上がりを伸ばすけいこ。かなりの状態にある」

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】特別登録馬2017年2月26日() 17:30

[もっと見る]

【共同通信杯】レースを終えて…関係者談話2017年2月13日(月) 05:04

 ◆ルメール騎手(タイセイスターリー4着) 「リラックスして走れていたが、最後は疲れていた。距離がちょっと長かったようだ」

 ◆田辺騎手(ディアシューター5着) 「最後の2〜5着争いに加われたし、(2着からは)そんなに離されていない。頑張っていると思う」

 ◆田中勝騎手(ビルズトレジャー7着) 「一瞬、来そうだったけどね。牡馬相手によく頑張っているよ」

 ◆内田騎手(チャロネグロ8着) 「スタートが速くないのであの位置(後方)から。最後は伸び切れなかったが、これからの馬だから」

 ◆石川騎手(アサギリジョー9着) 「ゲート内で(力んで)体を硬くしていた。速い上がりに対応できる脚が使えなかった」

 ◆石橋騎手(エテレインミノル10着) 「しまいを生かす競馬で、自分のタイミングで動いた。きょうは相手も強かった」

 ◆今野忠騎手(サイバーエレキング11着) 「初めての芝でムキになって、一生懸命になりすぎていた。頑張っているけど、メンバーが強かった」

★12日東京11R「共同通信杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディアシューターの関連コラム

閲覧 846ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「報知杯弥生賞 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ダンビュライト1頭。
第2グループ(黄)は、ダイワキャグニーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のコマノインパルスまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、グローブシアターから1.0ポイント差(約1馬身差)内のディアシューターまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第1G→第2G間をはじめとして第4G内まで各所に1.0ポイント以上の開きが見られる配置になっていて、12頭立ての割に“溝”が多く点在する状況となっています。ただ、3歳重賞ですのでいつものようにこれまでのキャリアの差と、今回の伸びしろには注意が必要でしょう。参考までに、例年U指数80台から10ポイント位跳ね上げて馬券に絡むというパターンが多く見受けられますので、そのあたりも考慮に入れたほうが良さそうです。

ここは戦歴、重賞実績、ここへの臨戦過程などから狙いたい馬が2頭いますのでその2頭を◎○に置いた馬券を組んでみたいと思います。
◎はコマノインパルス皐月賞直行というプランもあった中でここを使ってくるだけあって、ここ2週の追い切り内容を見ても状態はかなり良さそうです。これまでの戦績からそれだけで十分といった印象のこの馬に今回の本命◎を託します。
○はカデナ。こちらも2勝馬で重賞勝利実績も併せ持っていることを考えればここでは十分立派な戦績。しかもそこに含まれない2走前百日草特別も、アドマイヤミヤビを相手に、こちらは外を通って一度狭くなるシーンもありながら猛然と追い込んでの2着という中身のある敗戦でした。(当日のオッズ次第ですが、)こちらのほうが若干過剰人気感が漂うので2番手評価としましたが逆転があっても驚けません。
以下、▲グローブシアター、☆ダンビュライトと印を回し、今回の私の馬券は◎○からの3複と馬単で勝負としたいと思います。


【3複2頭軸流し】
◎○=▲☆+10,12
7,11=3,4,10,12(4点)

【馬単フォーメーション】
◎○→◎○▲☆
7,11→3,4,7,11(6点)

計10点


登録済みの方はこちらからログイン

2017年2月15日(水) 18:55 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(2/11〜2/13)☆まんでがんプロが京都6R◎△○で37万超払い戻し!
閲覧 719ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は11(土)に東京競馬場でG3デイリー杯クイーンカップが12(日)に京都競馬場でG2京都記念が、東京競馬場でG3共同通信杯がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。


G3デイリー杯クイーンカップレーヌミノルが先頭で直線コースへ。レーヌミノルのリードは2馬身、後続は最内からアルミューテン、中からはスズカゼアエロリット、その一列後ろに1番人気アドマイヤミヤビの態勢!残り200mを通過、ここで先頭のレーヌミノルを目掛けてアエロリットアドマイヤミヤビが併せ馬の形で猛追!残り100m、ここで脚色一杯となったレーヌミノルを捉えたアドマイヤミヤビが最後まで食い下がるアエロリットとの叩き合いを制して重賞初制覇!半馬身差の2着にアエロリット、そこから2馬身差の3着にフローレスマジックが入っています。

公認プロ予想家では西野圭吾育成プロ他6名が的中しています。


G2京都記念ヤマカツライデンが先頭で直線コースへ。先頭のヤマカツライデンのリードは半馬身、2番手にガリバルディ、後続は横に広がって外めを選んだサトノクラウンマカヒキ、内からはスマートレイアーが追い込み態勢!残り200mを通過、ここでサトノクラウンが先頭に変わると内からスマートレイアー、外からはマカヒキが一気に加速!3頭が馬体を併せての激しい追い比べ!残り100m、ここでスマートレイアーマカヒキは脚色が鈍くなりますが、サトノクラウンは力強い脚でもうひと伸び!京都記念連覇を達成しました!1馬身1/4差の2着にスマートレイアー、そこからクビ差の3着にマカヒキが入っています。
 
公認プロ予想家では☆まんでがんプロ他16名が的中しています。


G3共同通信杯タイセイスターリーが先頭で直線コースへ。逃げるタイセイスターリーのリードは半馬身、後続からはエトルディーニュディアシューターサイバーエレキングが仕掛けて前を追います。残り200mを通過、先頭のタイセイスターリーエトルディーニュの2頭が叩き合うところを中からスワーヴリチャードが一気に捉えて先頭!ゴールに向かってグングン加速し、2着エトルディーニュに2馬身半差をつけて完勝しました!エトルディーニュから半馬身差の3着にムーヴザワールドが入っています。

公認プロ予想家では夢月プロ他3名が的中しています。

------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
12(日)京都6Rで◎△◯の印で3連単743.7倍を500円的中!37万1850円を払い戻しました!同日の京都11R京都記念G2では『凱旋門賞大敗でもダービー馬。そんな人気のマカヒキ。振り返れば勝ったニエル賞のレベルにも疑問がある。大阪杯を見据えればサトノクラウンのほうが妙味あろう』と本命に推した◎サトノクラウン頭固定の3連単160.7倍を400円的中させ、6万4280円を払い戻しました!週末トータル回収率110%、収支プラス7万5300円をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
13(日)小倉2Rで『ダート向きの印象。初ダートの今回が狙い目。』と狙った◎ブライトメジャーが見事1着!単勝14.9倍を3500円、対抗の○ウイナーズロードとの馬単34倍を1000円、馬連11.3倍を3000円的中させ、12万50円を払い戻しました!週末トータル回収183%をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
11(土)東京10Rで『前々走は今回と同コースで0.4秒差の3着に好走、直線内で包まれて追えない時間が多かったことを考えれば、着差以上に評価していい内容だった』とコメントした◎ポイントブランクからのワイド27.9倍、3連複317.4倍を的中!さらに京都1Rでは印を打った3頭がワンツースリー!馬連28.4倍、ワイド11.8倍を本線で仕留めました!週末トータル回収率128%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
12(日)京都11R京都記念G2で『昨年、前半のレース内容、成績から地力強化は明らか。前走の香港ヴァーズは、休養明けの府中牝馬Sで3着と好走後の一戦だったために反動が出ましたが、今回は休養明け3戦目。ローテーションと前で立ち回れる強みで巻き返しを期待します。』と狙った◎スマートレイアーの複勝3.6倍を5000円、馬連36.2倍を1000円的中させ、5万4200円を払い戻しました!週末トータル回収率118%をマークしています。
 
この他にもKOMプロ(%)、霧プロ(%)が回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
    
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年2月12日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第245回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜共同通信杯 G3
閲覧 518ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「共同通信杯 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、タイセイスターリーのみ1頭。
第2グループ(黄)は、ビルズトレジャーディアシューターエトルディーニュの3頭。
第3グループ(薄黄)は、アサギリジョーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のムーヴザワールドまでの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位勢では総合トップのタイセイスターリービルズトレジャー間に2.1の溝があるぐらいでほぼ横一線と言える分布となっています。

私の本命は◎チャロネグロとします。昨日のクイーンカップと比べるとメンバーレベルが高くなく、500万下を戦える能力さえあれば通用しそうなイメージ。オッズは4強となっていますが、正直そこまで抜けているとは思えませんので1頭ぐらい割って入れる可能性も!?と思っています。

◎チャネグロは前走内容が秀逸、先行馬が止まらない前有利の流れを大外一気で撫で切る強烈な内容。2戦目で一気にパフォーマンスを跳ね上げました。まだまだ粗削りですが、更なる伸びしろを期待したいと思います。以下、○ムーヴザワールド、▲スワーヴリチャード、▲エアウィンザーと印を打ちます。

【3連複流し】
9

1,4,5

【ワイド流し】
9

1,4,5

計6点

[もっと見る]

2016年12月2日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2016年12月02日
閲覧 879ビュー コメント 0 ナイス 1

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2016年12月3日()の凄馬!>
超凄馬
中山4R 2歳未勝利
ディアシューター(+3.5)

超凄馬
中京4R 2歳未勝利
イヴノオモイデ(+3.4)

超凄馬
中京9R 3歳以上500万以下
ジュンツバサ(+3.2)

超凄馬
阪神7R 3歳以上500万以下
オルナ(+2.7)

超凄馬
阪神1R 2歳未勝利
カロス(+2.5)

超凄馬
中山9R 葉牡丹賞
アピールバイオ(+2.4)

超凄馬
中京1R 2歳未勝利
ブラックジェイド(+2.4)

超凄馬
中京7R 3歳以上500万以下
レッドオルバース(+2.4)

超凄馬
中山8R イルミネーションJS
タイセイドリーム(+2.3)

超凄馬
中山2R 2歳未勝利
プレシャスクイン(+2.2)

超凄馬
中山10R 舞浜特別
メイショウユメゴゼ(+2.2)

超凄馬
中京6R 3歳以上500万以下
マリエラ(+2.2)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日〜2016年12月4日、集計数:27,132レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

ディアシューターの口コミ


口コミ一覧
閲覧 287ビュー コメント 0 ナイス 8

先週の本命馬回顧をしていきます。


【5回京都5日】

■7R ドライバーズハイ 2人気1着

4角まで絶望的な位置にいましたけど、
道中でしっかりと脚を溜めた事が直線での伸びに繋がったんだと思います。
次走からは1000万下に再昇級しますが、展開さえ向けば、上のクラスでも勝ち負けできるはずです。

■8R トリオンフ 2人気1着

中途半端に控えるのではなく、
積極的に前のポジションを取りに行ったC・デムーロ騎手のファインプレーも光りました。
渋った馬場もこの馬に味方したようです。

■9R ライジングドラゴン 1人気7着

結果的には過剰な1番人気に手を出した、という事になります。
混戦ムードだったので、最初から波乱含みの予想をすべきでした。

■10R ジャズファンク 5人気5着

54kg+タフな馬場なら、何とかなると思っていたんですけどね…。
もっと速い展開にならないと厳しいのでしょう。

■11R ゲッカコウ 7人気6着

スタートでの致命的な出遅れをしていながら、まずまずの走りを見せていますので、
スタートがまともだったら、もっと上位にこれたかもしれません。

■12R ビットレート 2人気5着

超スローペースの2番手、という絶好のポジションにいたんですけどね…。
他馬の決め手の方が上でした。


【5回東京5日】

■7R クレバーバード 5人気11着

前に行ってどこまで粘れるか、というタイプですから、
後方からの競馬になった時点でノーチャンスでした。

■8R グッドスカイ 1人気2着

道中3番手からスムーズな競馬ができていたんですけど、
平地での脚比べでシンキングダンサーに見劣ってしまいました。

■9R メトロポリス 2人気13着

直線手前で早々に手ごたえがなくなりました。
キャリア2戦で初の東京、という厳しい状況で◎をつけるのはナンセンスですよね…。

■10R ウインファビラス 8人気10着

7ヶ月の休み明けだったとはいえ、降級の牝馬限定戦でからっきし、という内容。
次に変わり身を見せてくれないと、先々が厳しくなりますから、次走が勝負どころになります。

■11R(東スポ杯2歳S)ワグネリアン 1人気1着

見た目通りの完勝でしたね。
奥の深さではルーカスの方が上ですけど、現時点での完成度はワグネリアンの方が圧倒的に上ですから、
今後もこのままの調子でクラシック路線を歩んでもらいたいです。

■12R ハウメア 1人気1着

逃げの手に出て、ドーヴァーとの一騎打ちを制しました。
最内枠が良かったですし、1400mの距離も合っていたと思います。


【3回福島5日】

■7R ユトリチャン 6人気13着

ペース自体は問題なかったんですけどね…。
菜七子騎手のタニマサガールとのハナ争いに敗れ、控える競馬になったのが裏目に出ました。

■8R ミネット 1人気2着

大外枠だったので、道中の位置取りがいつもより後方になってしまいましたが、
直線でもしっかりとした脚を使っていますし、現級力上位である事を改めて証明してくれました。

■9R ハルク 1人気5着

道中3番手で折り合っていたんですけど、直線で末脚不発。
これといった敗因が見当たらないので、成績にムラのあるタイプ、と解釈するしかなさそうです。

■10R ディアシューター 1人気8着

位置取りが後ろになるのは想定内だったんですが、
直線入り口で4・5番手に追い上げたところで見せ場が終わってしまいました。
小回りが全く合わないのか、前走好走の反動があったのか…。

■11R ヒメタチバナ 4人気2着

上手く立ち回ったんですけどね…。
でも、2600mに対応できたのは収穫ですから、今後も長距離戦で上位争いしてくれる事でしょう。

■12R ウォーブル 7人気3着

好スタートを決めて、好位の内から上手く立ち回りました。
道中で捲る競馬をするケースが多いのですが、
今回のようなレースができれば、500万下突破も近いと思います。



【5回京都6日】

■7R メイショウタチマチ 3人気13着

前走で暴走気味の逃げをうって凡退していますから、今回は控える競馬をするだろう…
と思っていたんですけど、出ムチ入れての大逃げ、という極端すぎる競馬をしてしまいました。
ペースメーカーになっただけでしたね。

■8R リアルプロジェクト 3人気7着

3番手で控えていましたが、直線入り口付近で手応えが怪しくなり、直線半ばで息切れ。
中途半端な競馬をするとダメな事がハッキリしましたから、次こそは積極的なレースをしてほしいです。

■9R デルマキセキ 6人気10着

サッパリな内容だったので、本調子じゃなかったんでしょうけど、
道中の位置取りが悪すぎましたし、距離も長かったのかな?と思っています。
来年の北海道開催まで様子見する事にします。

■10R エイシンティンクル 2人気9着

いつも通り、速いペースで逃げましたが、最後はバタバタでした。
良化途上だった前走を使って調子が上がっていると思っていたんですけどね…。

■11R(マイルCS)レッドファルクス 3人気8着

道中が押しながらの追走だったので、嫌な予感がしていましたが、人気を裏切る結果になってしまいました。
主戦のM・デムーロ騎手がペルシアンナイトに乗っているのですから、
ペルシアンナイトの方にチャンスがあった、と考えるべきでした。

■12R オウケンビリーヴ 2人気2着

直線で前が壁になりそうなところを上手く抜け出しましたけど、
スムーズなレースをしていた勝ち馬に出し抜けをくらい、2着まで。
レース展開次第、という馬ですが、いつも安定して走ってくれるので、今後も追いかけたいです。


【5回東京6日】

■7R バスカヴィル 1人気3着

終始チグハグなレースでした。
最後は地力の高さで3着を確保しましたけど、最低でも連対してくれないと…。

■8R スマートダンディー 2人気2着

好位の外から上手くレースを進めましたが2着まで。
外めをスムーズに回る形なら力を出し切りますから、今後も外枠配置なら要注意です。

■9R ミュージアムヒル 3人気2着

馬場の内めを通った戸崎騎手・マウレアの方が一枚上手でした。
でも、直線がもっとスムーズだったら差し切っていたのかな?という走りでしたし、次にはつながったと思います。

■10R ヒデノインペリアル 8人気2着

五分のスタートから果敢にハナを奪い、2着に粘り込みました。
8Rのダート戦で川須騎手が逃げ切り勝ちを決めていたので、もう1つ勝ってくれたら最高だったんですけど、
最善を尽くした中での2着なので、本当に立派だと思います。

■11R ダノンフェイス 2人気1着

中団やや前の位置取りでしたけど、
浜中騎手が上手く馬群の外へと持ち出し、サウススターマンとの叩き合いを制しました。
まだまだこれからの馬ですが、今の充実っぷりなら重賞でも通用すると思います。

■12R ウインテンダネス 3人気9着

冷静に考えてみたら、超スローペースしかない、というメンバー構成でしたから、
この状況で追い込み一辺倒の馬を狙うのはナンセンスでした。


【3回福島6日】

■7R マイネルクラフト 6人気6着

2着馬とほぼ同じ位置にいましたから、上位争いしても不思議ないんですけどね…。
直線に入ってから全く伸びませんでした。

■8R サイモンゼーレ 1人気3着

菜七子騎手が騎乗停止になった馬でしたので、リベンジを期待しましたが、ダメでした。
前半の行きっぷりがイマイチでしたから、1150mは若干忙しいのかもしれません。

■9R アイムウィッシング 5人気5着

スタートは良かったんですけど、二の脚がつかず、中団からのレースに。
最後の直線でそこそこ伸びていただけに、序盤の位置取りが悪かったところが致命的でした。

■10R カウントオンイット 2人気9着

先手を奪いましたが、レッドミラベルに捲られたところでリズムが崩れてしまいました。
忙しい競馬になりやすいローカルの小回りコースが合わなかったのでしょうか。

■11R ブライトアイディア 6人気2着

シンガリから2番手の位置にいましたけど、直線で鋭い脚を使って2着を確保。
ローカルの1700mがベストですから、今後もベスト条件なら好勝負してくれると思います。

■12R スナークスカイ 5人気1着

好位の内という絶好位置から一気の差し切り勝ち。
枠順に恵まれたとはいえ、とても鮮やかな勝ちっぷりだったと思います。


マイルCSは「今週もミルコ!」というようなレースになりましたね。

エアスピネルが先に抜け出したところをペルシアンナイトが差す、
という形はリオンディーズが朝日杯FSを勝った場面のリプレイを見ているかのような感じがしました。

今週のジャパンカップもM・デムーロ騎手に注目が集まる事でしょう。

今回はサトノクラウンとのコンビで参戦。
キタサンブラックへのリベンジを狙う事になりますが、どんなレースを見せてくれるのでしょうか。

 激闘競馬野郎【穴馬探 2017年3月5日() 23:25
[中央重賞] 弥生賞 チューリップ賞 結果と反省
閲覧 41ビュー コメント 0 ナイス 2

チューリップ賞の事前予想

◎ リスグラシュー
〇 ソウルスターリング
注 アロンザモナ


[買い目]

馬単 ⇒ ⇒ 厚め
馬単 ⇒´きキΑ ’め
ワイド - 抑え

[チューリップ賞 結果と反省]

チューリップ賞の結果はソウルスターリングが1着、リスグラシューが3着
ある意味では想定通りと言う結果でした。リスグラシューの負け方は少し言い訳が出来ない部分も大きいです。上がり時計と走破時計の比較でしたが、リスグラシューとの決着付けは終わったとみるべきですね。

もう一つ想定外が全く無警戒のミスバンテール。
久々の競馬で新馬勝ちしかない。新馬勝ちのタイムも平凡ということで切りにしましたが……流石にこの馬を抑えるのは難しいですね。チューチップ賞は完敗です。

[反省点]
強い馬は下手な考えをせずに強いと認めるべきでした。


弥生賞の事前予想
◎ ダイワキャグニー
〇 グローブシアター
▲ コマノインパルス
注 ディアシューター


馬連
- きЛ 

ワイド
-

[弥生賞 結果と反省点]
ダイワキャグニーが9着に敗れました。勝ったのはカデナですが、時計が足りないという懸念。
ただ、時計的に見てみると途中まで相当スローな競馬でした。
しかし、中盤から展開は加速。前半63秒に対して後半が60秒。上がり三ハロンが35.0秒と言う後半はスタミナレースになりました。

この流れになってしまうと、逃げた馬は残りますが先行は潰れるという中央の競馬では珍しい競馬になります。(ローカルや地方では良くある)
マイスタイルは腹を決めて先行したのが大正解。自分のペースに持ち込んで、逃げ残りを図りましたが少し足りませんでした。
カデナは戦ってきたメンバーが違ったと言うことでしょう。最後は大外に振られましたが力が違いました。
タンビュライトはルメール騎手が手掛けてきた馬。これも重い印を打たねば行けませんでした。

[結果と反省]
騎手が重く見ている馬は基本的に強い。グローブシアターとカデナではカデナの方が買いだった。
特に持ち馬がたくさんある中の騎手の選択には注意する必要がある。

[もっと見る]

 すにく 2017年3月5日() 08:01
弥生賞 渾身予想
閲覧 79ビュー コメント 0 ナイス 5

これといった逃げ馬も見当たらずスローの瞬発力勝負になりそう。
キレ自慢なら何頭かいる。
大体こうなれば人気通りに終わる可能性も。

その中でも東京で先行してゴール前まで垂れない脚を見せた9.ダイワキャグニーで行こう。
スタートはかなり巧い。
全2戦とも前目につけてスローの瞬発力勝負を制している。
後方からの切れ味自慢の馬も、更に前で速い脚を使われては追いつけないものだ。
小回り4つコーナーに立ち回りだけ気をつければここは十分に勝ち切るイメージが沸く。

相手も小回り瞬発力勝負を制している11.カデナ、7.コマノインパルスを挙げる。
ここまででガチガチ予想になってしまった。

惑星に12.ディアシューター。
ダートから芝に転戦し、全くいいとこなしだったが、
前走、共同通信杯で強いメンツと2着争いの5着。
ハナを奪ったあと、譲り更に直線で詰め寄るなかなか渋いレースを展開した。芝のレースでもハマればやれるか。
スローの流れを考えればヒョイっと残る可能性も…。

◎9
◯11
▲7
△12
×4.5

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディアシューターの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ディアシューターの写真

ディアシューター
ディアシューター

ディアシューターの厩舎情報 VIP

2017年11月18日伊達特別8着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ディアシューターの取材メモ VIP

2017年11月18日 伊達特別 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。