サトノマックス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
サトノマックス
サトノマックス
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2014年2月1日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主里見 治
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 2戦[1-0-0-1]
総賞金1,140万円
収得賞金400万円
英字表記Satono Max
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ラシャルマンテ
血統 ][ 産駒 ]
Indygo Shiner
La Magie
兄弟 カレンマタドールサルドナ
前走 2017/03/05 報知杯弥生賞 G2
次走予定

サトノマックスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/03/05 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 12559.865** 牡3 56.0 A.シュタ堀宣行486(+2)2.03.5 0.334.6⑩⑩⑪⑨カデナ
17/02/12 東京 4 3歳新馬 芝1600 168162.111** 牡3 56.0 C.ルメー堀宣行484(--)1.37.3 -0.233.7⑦⑦レッドアーサー

サトノマックスの関連ニュース

 ★ニュージーランドTで重賞初制覇を飾ったジョーストリクトリ(栗・清水久、牡)は、NHKマイルC(5月7日、東京、GI、芝1600メートル)に向かう。6着スズカメジャー(栗・橋田、牡)も同レースに登録するが、除外ならプリンシパルS(5月6日、東京、OP、芝2000メートル)へ。

 ★桜花賞4着カラクレナイ(栗・松下、牝)、8着ライジングリーズン(美・奥村武、牝)はNHKマイルCに向けて調整。9着ジューヌエコール(栗・安田隆、牝)は、函館SS(6月18日、函館、GIII、芝1200メートル)を目指す。12着アドマイヤミヤビ(栗・友道、牝)は、12日に滋賀県のノーザンファームしがらきへ放牧に出された。オークス(5月21日、東京、GI、芝2400メートル)へ直行する。左後肢跛行で、桜花賞の出走を取り消したサロニカ(栗・角居、牝)も、オークスに向けて調整を進める。

 ★アーリントンC3着ディバインコード(美・栗田博、牡)と、フィリーズレビュー15着アズールムーン(美・斎藤誠、牝)は橘S(22日、京都、OP、芝1400メートル)へ。

 ★山吹賞勝ちチャロネグロ(美・大和田、牡)と、弥生賞5着サトノマックス(美・堀、牡)はプリンシパルSでダービー出走権獲得を目指す。

 ★フラワーC5着ハナレイムーン(美・堀、牝)は石橋騎手でスイートピーS(30日、東京、OP、芝1800メートル)を予定。

 ★9日の中山未勝利(ダ1800メートル)を勝ったトワードポラリス(美・加藤征、牡)はわらび賞(5月6日、新潟、500万下、ダ1800メートル)へ。

【報知杯弥生賞】レースを終えて…関係者談話2017年03月06日(月) 05:05

 ◆ルメール騎手(ダンビュライト3着) 「ペースが遅くて、まだ瞬発力もあまりないからね。距離はいいけど、レース前にテンションが上がっていたりして若さが残る」

 ◆戸崎騎手(ベストアプローチ4着) 「どれが行くのかはっきりせず、ポジションを一列下げてしまった。直線もスムーズじゃなかったが、最後は伸びている」

 ◆シュタルケ騎手(サトノマックス5着) 「きょうはペースが遅くてリズムが取れなかったが、能力はある」

 ◆城戸騎手(テーオーフォルテ7着) 「最後も止まっていないが、瞬発力よりもいい脚を長く使うタイプ。もっとペースが流れてほしかった」

 ◆角居師(グローブシアター8着) 「道中はしっかりとハミを取っていなかったみたい。気持ちの面など、まだ課題もある」

 ◆大野騎手(ディアシューター10着) 「4コーナーまではうまく回って来られた。距離はもう少し詰めてもいいかも」

 ◆蛯名騎手(スマートエレメンツ11着) 「芝の走りは悪くないが、まだ緩いところがあってブレて走っている感じ。そのあたりが良くなれば…」

★5日中山11R「弥生賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】夕刊フジ・調教チェッカーズ 2017年03月04日() 11:48

 ルーキー5人がデビューする。あちこちで言われているのが、「この世代はレベルが特に高い」ということ。競馬学校のカリキュラムが変わった等理由はあるようだが、話題に事欠かない二世たちが実力もあるなら言うことなし。太く長くを目指してガンバレ。

 1番手はダイワキャグニー

 先週併せ馬で追われ、今週は単走馬なりで流したが、脚さばきが軽やかで印象度はかなりのもの。時計が速いのは内めを回った分だが、メリハリの利いた走りは雰囲気にあふれており、1戦ごとの上昇ぶりは顕著だ。

 サトノマックスは半マイル追い。余力十分に直線に向くと手応えどおりにスパッと弾け、併走馬を一気に突き放した。落ち着き十分で上積みはバッチリ。

 コマノインパルスは1週前に古馬相手に堂々の先着。今週は相手に歩調を合わせたが、折り合いは完璧でフットワークも実に軽やか。前走時を上回る好気配だ。(夕刊フジ)

★弥生賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】サトノマックス、クラシック戦線へ殴り込み! 2017年03月03日(金) 05:12

 弥生賞に出走するサトノマックスの追い切りが2日、美浦トレセンで行われた。新コンビとなるアンドレアシュ・シュタルケ騎手(43)を背に、Wコースで好反応。併せ馬で楽々と1馬身先着した。堀厩舎は3週連続で重賞を勝っており、今週も勝てば史上初の快挙となる。

 厩舎の4週連続重賞Vへ、新星が羽ばたこうとしている。1戦1勝のサトノマックスが、新コンビとなるシュタルケ騎手を背に躍動した。

 Wコースでバリングラ(3歳500万下)を半馬身差で追走。直線で内に入れ、ゴールの100メートルほど手前で鞍上が追い出す。スッと反応してあっさり1馬身先着と上々の反応をみせた。4ハロン54秒5、ラスト1ハロンは12秒3の好タイムだ。

 「3〜4コーナーから手応えはよかったけど、そのままホールドしてゴール前で追い出した。いい反応だったね」

 初コンタクトのシュタルケも好感触だ。デビュー戦は東京のマイル。中団に待機して上がり3ハロン33秒7の末脚で差し切った。実はレースの前週に発熱して2、3日馬場入りを休むアクシデントがあってのもの。陣営の心配を吹き飛ばす完勝だった。

 森助手は「今回は順調に調整できて、前走以上の状態です。レースで注文がつくタイプではないし、距離はむしろ延びた方がいい。他馬とは経験値の差はあるけど、素質は互角以上だと思っています」と、2戦目で皐月賞トライアルという高いハードルも、越えてくれることを期待していた。

 ジョッキーは昨春、ダービー卿CT(マジックタイム)とフジテレビ賞スプリングSマウントロブソン)を勝っており、中山とは好相性。マックスにも「まだ若い馬だけど、能力は感じたよ。中山は初めてでも、きょう乗った感じでは問題ない。期待したいね」と意欲をみせた。

 堀厩舎は、京都記念サトノクラウン)、ダイヤモンドSアルバート)、中山記念ネオリアリズム)と重賞を勝っており、勝てば史上初の4週連続重賞Vとなる。素質馬サトノマックスならその偉業を成し遂げ、クラシックロードの主役に躍り出ておかしくない。 (柴田章利)

★今週は2重賞

 堀調教師は2月12日の京都記念サトノクラウン)、同18日のダイヤモンドSアルバート)、同26日の中山記念ネオリアリズム)と3週連続で重賞V。今週はサトノマックスと、夕刊フジ賞オーシャンSバクシンテイオーを重賞に送り出す。これまで3週連続は藤沢和調教師が3度、国枝、角居、池江調教師がそれぞれ2度達成しているが、4週連続の壁は厚かった。名だたる一流厩舎が阻まれてきた記録に、関東のトップトレーナーが挑む。

★弥生賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】堀厩舎の大物正式GOサイン マックス豪快走 2017年03月02日(木) 11:54

 クラシックの勢力図を塗り替えるか。新馬戦完勝の大器サトノマックスが抜群の瞬発力を披露し、2戦目Vへ存在を強くアピールした。

 美浦Wコースでバリングラ(弥生賞を回避して次週以降に出走)を1馬身追いかけて加速。シュタルケ騎手が冷静になだめながら直線を向いたが、圧巻だったのはそこから。一枚上の切れ味でパートナーを一瞬で抜き去ると、馬なりのまま1馬身半突き放した。

 「4コーナーまで手応え良く走っていたし、直線での反応も良かった。1回使ったことで上積みがありそうだし、きょうの走りなら初の中山でも心配なところはありません」。キャリア1戦とは思えぬメリハリの利いたアクションに、鞍上が笑顔を見せる。

 その後、陣営からも正式にGOサインが出され、「熱発で馬場入りを休んだ初戦を思った以上の内容で勝ってくれた。今回は順調で状態は前走以上。距離もむしろ延びたほうがいいし、鞍上の指示にすぐ反応できるから(小回りの)中山でも問題ないはず。当日、馬場が回復してくれれば、軽い馬場向きの瞬発力を使えると思う」と、森助手も手応えを隠さない。

 京都記念サトノクラウン)→ダイヤモンドSアルバート)→中山記念ネオリアリズム)と3週続けて重賞獲得中の堀厩舎。偉業へ、超新星が絶好の態勢を整えた。(夕刊フジ)

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】コマノインパルス、主役張るっす! 2017年02月28日(火) 05:04

 いよいよ明日から3月。クラシックの蹄音が間近に迫ってきた。今週は東西で注目のトライアルが行われる。中山の日曜メインは弥生賞(GII、芝2000メートル)。関東の期待を背負って出陣するのは、京成杯を制したコマノインパルスだ。中山で抜群の成績を残す田辺騎手とのコンビで重賞連勝を果たし、牡馬クラシックの主役の座を狙う。

 関東の主役として、トライアルに堂々と出陣だ。京成杯を制したコマノインパルスが、皐月賞と同じ舞台で重賞連勝を狙う。

 「トモ(後肢)に丸みが出てきて、状態は良さそう。前走よりさらに充実していると思います」

 順調にパワーアップする愛馬に、菊川調教師は頼もしげに笑みを浮かべる。デビューから一貫して芝2000メートルのレースに出走してきた。東京でデビュー戦を快勝。2戦目こそ、3戦無敗でダービーの有力候補ともいわれるレイデオロの2着に敗れたが、前走の京成杯は格上挑戦ながら1番人気に支持され、重賞初制覇を飾った。

 「前走後に疲れがなかったので、弥生賞の出走を決めました。皐月賞に向けて、順調に使えるにこしたことはないですね」。トレーナーが思い描いた通りの臨戦過程で、クラシック制覇を強く意識する。

 現3歳世代で芝重賞を勝った関東の牡馬は他に3頭(サトノアレスレイデオロブレスジャーニー)いるが、トライアルの王道といえる弥生賞へ順調に参戦できそうなのはコマノインパルスしかいない。東のエース格と言ってもいい存在だ。

 22日に行われた1週前追い切りは、美浦Wコースで田辺騎手が騎乗して一杯に追われ、5ハロン65秒4−12秒5をマーク。ジョッキーは「まだ動きはモコモコしていたけど、来週がありますからね。前回(の追い切り)はカリカリしていたので、気持ちが落ち着いているのはいいと思います」と、デビューから全3戦でコンビを組む相棒の成長を感じている。

 田辺騎手は年明けから関東リーディングを快走し、関東の開催が中山に替わった先週も土日で5勝。人馬ともに好調で、ムードは高まるばかりだ。その名の通り衝撃的な走りを見せ、本番にはずみをつける。

★菊川師も中山は“庭”

 新馬戦からコマノインパルスとコンビを組んでいる田辺騎手は、今年23勝で関東リーディングの首位。先週も5勝を挙げるなど、特に中山での活躍が目立つ。今年の中山騎乗実績は【16・7・5・42】で、勝率22・9%というハイアベレージだ。また、コマノインパルスを管理する菊川調教師もJRA通算222勝のうち中山で最多の54勝をマークしており、重賞3勝のうち2勝が中山。人馬とも“コース巧者”といえる。

展望

 3連勝中のブレスジャーニーは回避の公算が大きく、例年にない混戦ムード。実績では重賞勝ちのあるコマノインパルスカデナがリードしているが、断然という存在感はない。新馬−セントポーリア賞を強い内容で連勝したダイワキャグニーホープフルS3着ながら兄に2頭のGI馬をもつグローブシアターも素質では互角かそれ以上という印象だ。きさらぎ賞3着で地力を見せたダンビュライト、新馬勝ちの内容が光るサトノマックス、自在性のあるマイスタイルなどにも注意を払いたい。

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノマックスの関連コラム

関連コラムはありません。

サトノマックスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 112ビュー コメント 0 ナイス 0

【弥生賞 予想結果】こじはる(小嶋陽菜) 競馬予想2017 3連単5頭ボックス予想まとめ!!
2017/03/05 15:58 http://keiba51.blog.fc2.com/blog-entry-511.html

競馬ファンの間ではすっかりお馴染みのAKB48のこじはる(小嶋陽菜)による競馬予想。
毎週『うまズキッ!』の番組内で発表される3連単5頭ボックスを楽しみにしている人も多いでしょう。

ただ、その『うまズキッ!』が2016年いっぱいで打ち切り。
2017年1月8日から『馬好王国〜UmazuKingdom〜』がスタートしました。

こじはるは新番組に引き続きMCとして出演。
2017年は『馬好王国〜UmazuKingdom〜』の中で3連単5頭BOX予想が披露されています。

今年はどんな結果となるのでしょうか。
こじはるの3連単5頭ボックスの昨年2016年の最終成績は50戦11勝。
安田記念の15万馬券的中などもあり昨年も年間プラス収支で一年を終えました。

2016年は最終的に的中率が22%、収支が+41,410円でした。
※凱旋門賞の結果を含めた収支

今年は3年連続のプラス収支を狙うこじはる。
ここまでの3連単5頭ボックスの成績はどうなっているのでしょうか。

2017年の成績は『弥生賞』を終えて9戦1勝。

弥生賞も当てることができず馬券はこれで6連敗。
今年の2勝目はまたもお預けとなりました。

今年の成績はここまで勝率11%、収支は-25,020円となっています。
気になる次回の3連単5頭ボックス予想は『フィリーズレビュー』の予定です

◆こじはる(小嶋陽菜)、2017年競馬予想&結果!

≪弥生賞(GII)≫ ぶー, ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!! ( ̄× ̄)b゛
◇◎ 3.グローブシアター

◆3連単5頭ボックス
1.ベストアプローチ
3.グローブシアター
4.ダンビュライト
5.サトノマックス
11.カデナ

◆レース結果
1着 11.カデナ
2着 10.マイスタイル
3着 4.ダンビュライト

◆払戻金
3連単:11-10-4 46,720円 182番人気

・・・・・・・・・・・・・・・

 トーホーアマ 2017年03月05日() 18:13
弥生賞〜回顧〜
閲覧 133ビュー コメント 3 ナイス 9

今日でいよいよマイナス突入。来週から練り直し。馬単もなかなか当たらないもんだなと。しかし、自分は連で買うから馬券に関係ないのだが、阪神11Rのガリバルディが3着きたのが結構心折れた。

本題。
馬券ハズレ。カデナの転がしだけ。

出かける前に馬券購入。結果論馬券はハズレはしたが、パドックみるとカデナとサトノマックスの馬体が良かったなと。この2頭は今年1番2番ディ―プらしい体系(瞬発力ある)してると新馬戦のパドック見て思ったので大成するのではないのかなと思う。サトノマックス皐月賞に出れないのは惜しい気がする。馬券はカデナもコマノを本命にしてもはずれたわけで1番は消極的選択をしたのかなと。流れ悪いわけでどう転んでも外れる場合はどっかで当たるまで我慢。

12.4 11.4 12.8 13.2 13.4 12.7 12.3 11.9 11.4 11.7
12.4 23.8 36.6 49.8 63.2 75.9 88.2 100.1 111.5 123.2

カデナ
マイスタイルを唯一差し切ったことはとりあえずは能力の証明した。外々捲る競馬もできたので強い競馬をみせてもらえたと思う。今日の内容で皐月もダービーもこの馬が勝つのではないのかなと思ってる。ペース早ければ早いほどハマりそうなきもする。後ろからなので取りこぼしはあるだろうけど馬券内は外さないような気がする。

マイスタイル
自分のペースで、前半63秒通過なら勝たないといけないと思う。このペースで残れなかったダイワギャグニーとディア―シューターは相当弱いわけで。自己条件で。

ダンビュライト
ガリバルデイもそうだけどこの馬との相性も本当に悪いきがする。一応レースは終わった時間に帰宅してパドック→レースみたのだがなんか朝日杯よりはパドックよくなってるのかなと思えた。ずっとインべたの分脚もためれたと思うしルメールの腕も。これで皐月で食い込まれたらお手上げなのだけど。。


ベストアプローチ
サトノマックスがでれないとなるとむしろ皐月で狙いたい馬はこれ。脚余して負けてるのでペースあがる皐月ならハマる率は高まるだろう。惜しい結果だけど今後に美味しい結果にはなったのではないかな。あまり短絡的に評価してもお金損するだけなのでレース見直して相手関係もきっちり見極めたい。皐月賞、賞金足りてるかどうかはわからないけど。

サトノマックス
馬券買わないのはシュタルケだったから。本当に。。。川田とシュタルケは本当に。。。馬は2400m距離延長でも十分やれると思う。むしろ鞍上変わった時に本命。シュタルケ→川田の場合はみおくり。


ダイワギャグニー
口向きも悪いし右回りもだめといったらそうだけど、負けすぎ。今回カデナを一発負かすならこの馬かな思ってた競馬をマイスタイルにやられてしまったので選択ミス。かかりやすい、気性の悪さが全面にそのまんま的中したのだけど、次走も人気しそうなタイプな馬に思うが本当に強いのかは疑問。この日記だけみたら手のひら返しのような書き方だけど、せめて馬券買ってる身からしたら今日のペースで残れないことに呆れた。選んだ自分に1番呆れた

コマノインパルス
中山で今まで1着2着の成績で6着なのだから中山向きの馬場ではなかったとも言えるけど。いつもより早めに動いたとはいえちょうど1000m通過と同時に動いてそれが前半ペース63秒通過だったのみるとこのレースだけでみると動いたのが早かったのかと思う。本番はもっと早くなるペースで後半に仕掛けるタイミング遅くらせてどうなるか。全く足りない気するけどオッズ次第ではと思うけどやっぱ足りないかな。

グローブシアター
小柄で更に馬体重へらしてきたのはきびしい。秋以降に期待。しかし本当に小柄な馬と思う。


共同通信杯と弥生賞見た限り核となる馬は勝ったはしたものの2着以下の馬の評価は本当に難しい。とりあえずはレース名忘れたが前哨戦のトリコロールブルーとアウトライアーズの結果に注目したい。

[もっと見る]

 ちびざる 2017年03月05日() 14:45
弥生賞の予想
閲覧 27ビュー コメント 0 ナイス 0

◎:カデナ
○:ダイワキャグニー
▲:グローブシアター
△:Д灰泪離ぅ鵐僖襯
×:ぅ瀬鵐咼絅薀ぅ
×:ゥ汽肇離泪奪ス
×:.戰好肇▲廛蹇璽
×:マイスタイル


【買い目】
3連単1着・3着固定
→Лきキ´→
→Лきキ´→

個人的には、グローブシアターに期待したいですね。
血統的な背景も魅力的なのでぜひクラシックで見てみたいですね。
ここはメイチで権利をとりに来ると思います。
そういう意味でも注目したいです。

[もっと見る]

サトノマックスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サトノマックスの写真

サトノマックス
サトノマックス

サトノマックスの厩舎情報 VIP

2017年3月5日報知杯弥生賞 G25着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サトノマックスの取材メモ VIP

2017年3月5日 報知杯弥生賞 G2 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。