最新競馬ニュース

【フェブラリーS】レース展望


©サンケイスポーツ


 10,151  5  0

【フェブラリーS】レース展望

2024年のJRA・GⅠがいよいよ開幕。18日の東京競馬場では、ダート路線の猛者が激突するフェブラリーS(1600メートル)が行われる。ダート路線の主力は海外遠征で不在だが、実力が拮抗したメンバーがそろった国内の戦いも大いに盛り上がりそうだ。

キングズソード(栗東・寺島良厩舎、牡5歳)は前走の東京大賞典こそ5着に終わったが、2走前のJBCクラシックでの4馬身差圧勝が鮮烈だった。初の東京マイル、経験の少ない芝スタートが鍵となるが、爆発力が戻ればチャンスは十分ある。

ウィルソンテソーロ(美浦・小手川準厩舎、牡5歳)はチャンピオンズC東京大賞典で連続2着。GⅠタイトルにあと一歩まで迫っている。その2戦の勝ち馬レモンポップウシュバテソーロが不在ならチャンスは十分。逃げから追い込みまで、どの脚質でも好結果を残しているのが魅力で、戦法の多彩さは大一番で強力な武器となりそうだ。

ドゥラエレーデ(栗東・池添学厩舎、牡4歳)はダート【1・1・2・0】と安定感がある。芝GⅠホープフルSの勝ち馬だが、ダートでも海外のGⅡ・UAEダービーで2着、国内GⅠも目下2戦連続3着と力をぐんぐんつけている。初のマイルでも自分のリズムで先行できるようなら面白い。池添厩舎も前週の京都記念プラダリアで制して勢いに乗っている。


昨年2着のレッドルゼル(栗東・安田隆行厩舎、牡)も8歳馬ながら7カ月半ぶりの前走、武蔵野Sで3着に入っており自慢の末脚は健在だ。管理する安田隆調教師も定年が迫る中で、GⅠ勝利なるか注目される。

ドンフランキー(栗東・斉藤崇史厩舎、牡5歳)は昨年、プロキオンS東京盃と重賞を2勝。骨折休養明けとなるが、そのスピードは驚異だ。昨年のNHKマイルCの覇者シャンパンカラー(美浦・田中剛厩舎、牡4歳)、安田記念4着、天皇賞・秋5着の実力派ガイアフォース(栗東・杉山晴紀厩舎、牡5歳)、重賞3勝のカラテ(栗東・辻野泰之厩舎、牡8歳)といった芝からの転戦組も侮れない。

今年は地方勢も強力な布陣だ。昨年のJBCスプリントの覇者で2年連続NAR年度代表馬に輝いたイグナイター(兵庫・新子雅司厩舎、牡6歳)、昨年、無敗で南関東3冠制覇を飾ったミックファイア(大井・渡辺和雄厩舎、牡4歳)、昨年の6着馬であり、前走の東京シンデレラマイル連覇で復活を果たしたスピーディキック(浦和・藤原智行厩舎、牝5歳)の3本の矢がJRA勢に挑む。1999年のメイセイオペラ(岩手)以来となる地方馬の勝利が見られるかもしれない。

12日現在除外対象(繰り上がり順2位)だが、回避馬が出て出走枠に滑り込むようならオメガギネス(美浦・大和田成厩舎、牡4歳)が有力候補に浮上する。ここまで【3・2・0・0】の崩れ知らずで、重賞のレパードS東海Sでともに2着とハイレベルの戦績。昨秋、東京ダ1600メートルのリステッドで見せた圧勝劇なら、いきなりGⅠでも通用する。

このニュースへのコメント

コメントはありません。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

2月25日()
中山記念 G2
阪急杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月18日()
フェブラリー G1
小倉大賞典 G3
2月17日()
ダイヤモンド G3
京都牝馬S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 ドウデュース 牡5
102,726万円
2 スターズオンアース 牝5
84,098万円
3 リバティアイランド 牝4
74,444万円
4 ディープボンド 牡7
67,569万円
5 ジャスティンパレス 牡5
65,388万円
6 シャフリヤール 牡6
59,685万円
7 タスティエーラ 牡4
57,005万円
8 ジャックドール 牡6
49,004万円
9 ソールオリエンス 牡4
47,668万円
10 セリフォス 牡5
46,879万円
» もっと見る

3歳
1 ジャンタルマンタル 牡3
13,291万円
2 アスコリピチェーノ 牝3
10,494万円
3 レガレイラ 牝3
8,278万円
4 コラソンビート 牝3
7,811万円
5 シンエンペラー 牡3
6,906万円
6 エコロヴァルツ 牡3
5,584万円
7 シュトラウス 牡3
5,390万円
8 ダノンデサイル 牡3
5,313万円
9 ノーブルロジャー 牡3
4,885万円
10 ステレンボッシュ 牝3
4,884万円
» もっと見る