シンデン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 2014年2月28日生
調教師牧光二(美浦)
馬主ケンレーシング組合
生産者山際 辰夫
生産地日高町
戦績22戦[1-4-1-16]
総賞金1,865万円
収得賞金200万円
英字表記Shinden
血統 コンデュイット
血統 ][ 産駒 ]
Dalakhani
Well Head
ハーレムスウィング
血統 ][ 産駒 ]
マンハッタンカフェ
コールミースーン
兄弟 フュテールディアデム
前走 2018/06/09 3歳以上500万下
次走予定

シンデンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/06/09 東京 7 3歳以上500万下 芝2400 1166101.8911** 牡4 56☆ 木幡巧也牧光二486(-2)2.29.6 2.035.7⑦⑦⑦⑧エストスペリオル
18/05/19 新潟 12 荒川峡特別 500万下 芝2400 155815.8711** 牡4 57.0 木幡巧也牧光二488(0)2.32.7 1.538.6⑦⑦⑥⑥フォーラウェイ
18/04/29 新潟 8 4歳以上500万下 芝2400 13228.937** 牡4 56☆ 木幡巧也牧光二488(+12)2.27.4 2.338.2⑥⑥⑤⑤エイシンクリック
18/04/08 福島 10 浄土平特別 500万下 芝2000 163560.1146** 牡4 57.0 木幡巧也牧光二476(-8)2.01.9 0.436.3⑫⑫⑭⑨ヤマニンリュウセイ
18/01/13 中京 9 4歳以上500万下 芝2000 1881841.11211** 牡4 55☆ 木幡巧也牧光二484(+2)2.03.6 0.934.9⑮⑯⑫⑬モザイク
17/12/17 中京 9 3歳以上500万下 芝2200 1824114.0155** 牡3 54☆ 木幡巧也牧光二482(-6)2.13.1 0.236.2⑮⑯⑫⑨マサハヤダイヤ
17/11/19 福島 6 3歳以上500万下 ダ1700 151132.31012** 牡3 55.0 中井裕二牧光二488(+6)1.48.7 1.439.0⑦⑥⑧⑦フィルムフランセ
17/11/04 福島 7 3歳以上500万下 芝2000 152221.7913** 牡3 53△ 森裕太朗牧光二482(+2)2.01.8 1.738.1④④ビービーブレスユー
17/08/12 札幌 6 3歳未勝利 芝2000 16485.831** 牡3 56.0 勝浦正樹牧光二480(-6)2.04.7 -0.037.4⑧⑧⑦⑤ロキ
17/07/16 函館 6 3歳未勝利 芝2000 16473.726** 牡3 56.0 木幡初広牧光二486(+10)2.03.4 0.437.5⑥⑥⑧⑨アドマイヤアルパマ
17/06/25 函館 6 3歳未勝利 芝2000 12672.012** 牡3 56.0 木幡初広牧光二476(-2)2.00.5 0.236.3④④カフジブレイブ
17/06/17 函館 6 3歳未勝利 芝2000 166123.312** 牡3 56.0 木幡初広牧光二478(+6)1.59.3 0.036.1⑥⑥⑥④ミヤビエメライン
17/05/14 新潟 6 3歳未勝利 芝2000 16352.913** 牡3 56.0 津村明秀牧光二472(+6)2.02.1 0.236.0⑤⑤⑤④ウインクリムゾン
17/04/29 新潟 6 3歳未勝利 芝2000 15476.542** 牡3 56.0 津村明秀牧光二466(-2)2.01.5 0.035.8⑥⑥④④ミルトプレスト
17/04/09 福島 7 3歳未勝利 芝2000 157139.755** 牡3 55☆ 木幡巧也牧光二468(-4)2.01.1 0.436.1⑤⑤④ダノンスターズ
17/01/08 中山 5 3歳未勝利 芝2200 16486.529** 牡3 54△ 木幡巧也牧光二472(+4)2.16.4 1.437.6⑥⑥ウインイクシード
16/12/24 中山 3 2歳未勝利 芝2000 1781610.754** 牡2 53△ 木幡巧也牧光二468(-4)2.04.7 0.337.3⑬⑫アダマンティン
16/12/03 中山 3 2歳未勝利 芝2000 1781626.072** 牡2 53△ 木幡巧也牧光二472(-4)2.02.6 0.036.3ウォーブル
16/11/12 福島 4 2歳未勝利 芝2000 15119.944** 牡2 55.0 木幡初広牧光二476(+12)2.03.6 0.737.8エンドゲーム
16/09/03 新潟 2 2歳未勝利 芝2000 162411.146** 牡2 51▲ 木幡巧也牧光二464(-4)2.03.8 0.736.5⑤⑤⑥⑧ヴァンクールシルク

⇒もっと見る


シンデンの関連ニュース

 《美浦》7月3日の福島新馬戦(芝1800メートル)を8馬身差で圧勝したアピールバイオ(牧、牝)は、坂路で4ハロン51秒0-12秒4。シンデン(2歳未勝利)に3馬身先着した。「動きはいい。マイルでも大丈夫ですし、ここは試金石の一戦」と牧調教師。

シンデンの関連コラム

閲覧 1,434ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2017年6月17日()の凄馬!>
極凄馬
東京1R 2歳未勝利
スプリングマン(+7.1)

超凄馬
阪神1R 2歳未勝利
マイネルエメ(+3.8)

超凄馬
東京9R 八丈島特別
ルネイション(+3.5)

超凄馬
函館6R 3歳未勝利
シンデン(+3.3)

超凄馬
東京11R ジューンステークス
プロディガルサン(+3.3)

超凄馬
東京12R 3歳以上500万以下
ソレイユドパリ(+2.7)

超凄馬
阪神8R 3歳以上500万以下
クィーンズベスト(+2.4)

超凄馬
東京10R 相模湖特別
ドーヴァー(+2.3)

超凄馬
東京4R 障害3歳以上未勝利
リアルキング(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率47%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2017年6月18日、集計数:28,891レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください


登録済みの方はこちらからログイン

2016年7月25日(月) 18:52 ター坊
【中京記念他】先週の結果などふり返り byうまカレ
閲覧 1,123ビュー コメント 0 ナイス 5

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。

中京記念

●Sir Gaylord≒Secretariatを持つディープ産駒
中京記念を制したガリバルディは福永騎手の好騎乗ももちろんですが、血統的にマクロな視点でみれば、ナスキロ血脈の中でも特に柔らかい、Somethingroyalの仔、ディープインパクトが持つSir GaylordとGone Westが持つSecretariatをクロスした配合で、こういうタイプは緩さが抜けるまで時間が掛かりますからクラシック戦線で能力が開花することは少ないです。同じく母がGone Westを持つティルナノーグも、クラシックを嘱望されましたが、「坂のない」という点で緩さがそれほどマイナスにならない、京都1800の白百合S上がり最速4着と、次走新潟の信濃川特別がベストパフォーマンスでした。それでもガリバルディ京都新聞杯3着馬ですし、都大路は伸びないを外目を走り、米子Sは道悪、それを考慮すれば拾わなければなりませんか…。といっても単勝は11.7倍ですから、人気薄というわけではないんだなぁ(^^;)

●完璧に乗った小牧騎手
2着ピークトラムは馬群を嫌う気性があるので、「スタート→出していって外目3番手」という小牧騎手の完璧な騎乗。これは乗り続けていたからできることです。小牧騎手は他にもヒットザターゲットダコールなど、お手馬ではしっかり結果を出すので好きな騎手の1人です。

中京記念の「キンカメとトニービン」
荒れた内を通って0.3秒差6着だったタガノエトワールは、内容的には馬券圏内と同レベルでしょう。展望コラムにも書きましたが、このレースで穴をあけ続けたミッキードリームと15/16同血、母系にトニービンを持つキングカメハメハ産駒で、やはり「直線の長いコースのマイル~1800」がベストコースでしょう。今後も中京記念は「トニービン持ちのキングカメハメハ産駒」に注意しましょう。

カレンケカリーナとUnbridled’s Song
同じ牝馬で0.4秒差7着だったカレンケカリーナも今後注目したい1頭。紫苑Sを制したアカンサスの3/4妹で、母父Unbridled’s SongはMr.ProspectorにCaro、そして母母もナスキロ血脈なので、この血を持つ馬はトーホウジャッカルダノンプラチナバンドワゴンなど、非常に柔らかな体質を持ちます。この3頭は注視すれば、「柔らかいなぁ、コーナーで加速するのが難しそうだなぁ」と思えるはずです(だからトーホウジャッカルは完調でJCに出てきてください)。カレンケカリーナの母センスオブハートは、母系にFleet Nasrullahも持つので、Mr.Prospector的な柔らかさをさらに増幅していますし、ケカリーナ自身はPromised Landのクロスも持ちます。このクロスはルージュバックウインバリアシオンなど切れ味を引き出すクロスでもあります。ケカリーナも外回り向きで、中山のターコイズSや福島牝馬などでは大敗しましたが、東京の府中牝馬では0.4秒差8着、今年も府中牝馬や愛知杯などで待ちましょう


【函館2歳ステークス】

●日本向きの配合だったレヴァンテライオン
函館2歳Sを制したレヴァンテライオンは、昨年の米三冠馬American Pharoahを輩出したPioneerof the Nileの産駒。その父はエンパイアメーカーです。Pioneerof the Nileの母母父Key to the KingdomはBold Ruler×Princequilloというボルキロ血脈で、日本的な柔らかさを引き出すにはこころ攻めるのが得策なはずで、レヴァンテライオンには母系にDynaformerなど重厚な血もありますが、3代母父のStar SpangledがRound Table×Bold Rulerというボルキロ血脈、さらにBlue LarkspurまでKey to the Kingdomと共通です(つまりKey to the Kingdom≒Star Spangled4×4)。母はRed God≒Sir Ivor5×4でもありますし、日本の芝の重賞を勝つのも納得がいきます。この馬のストロングポイントはレースセンスと、折り合いに不安がないということでしょう。

●将来性高いバリンジャー
出遅れ→大外追込6着と、幼さを露呈しながらも素質を感じさせたバリンジャーは、ステイゴールド産駒らしいというよりも、ステイゴールドらしいしなやかさがあります。しかし母父Storm Catでノーザンテースト≒Storm Bird4×3、3代母Knitted GlovesにはHyperionとDonatello、さらに大きく見ればHyperionとSwynfordの組み合わせを複数持ち、これはノーザンテーストの配合のキーであるLady Angela(ノーザンテーストはLady Angela4×2)を増幅しているので、成長力、底力は担保されています。将来的にはもう少し長い距離で大成する馬とみていますが果たして。

【新馬戦】

●社台Fのローエングリン産駒
社台Fのローエングリン産駒といえば、ロゴタイプがその筆頭でしょう。そのロゴタイプが活躍の後、種付けされたのが現2歳世代。土曜は福島でも中京でもローエングリン産駒が制しました。
中京新馬(芝1400m)を制したヴゼットジョリーは、スウェプトとの間でベルルミエールを産んだ名繁殖フレンチビキニの仔で、Halo≒Red God4×3・6、そして母系に入るBlushing Groomの影響か、なかなかしなやかな走りをしますし、ただ者でない気もします。母母フェンジーは非常にハイインロー(HyperionとSon-in-Law)が豊富ですから、アースライズ(激流だったオークス4着、秋華賞5着)のように、厳しいペースになればいつでも好走するようなタイプになりそうです。
福島(芝1800m)のペイドメルヴェイユはヴゼットと同じ母父サンデーなのですが、母母がホワイトウォーターアフェア(ヴィクトワールピサの母)で、これはMachiavellian持ちですからHalo4×3・5。さらに面白いのは、ホワイトウォーターアフェアの母Much Too Riskyの仏血(ヴィミー、Prince Rose、Djebel)がカーリングと脈絡することで、ピサ産駒のジュエラーも、アジュールローズもMuch Too Riskyの仏血を増幅していましたから、似たようなデザイン。こういう切れは牝馬の方が伝わりやすいです。

●ハイレベルな1戦
日曜中京の新馬(芝1600m)の1,2着馬はハイレベルだと思います。
勝ったクライムメジャーは、個人的にPOGでも持っていますが、サトノノブレスの3/4弟で、ベガで有名なアンティックヴァリュー牝系なので、Halo≒Moonscape(Nasrullah≒Royal ChergerとTom Fool)3×5で母父がトニービン。Haloのニアリークロス且つ母父が中長距離の本格派(本馬はトニービン)というのはコパノリチャードメジャーエンブレムなどと同じダイワメジャー産駒の走るパターンで、母系に入るAlibhaiもノーザンテーストを増幅しています。ダイワメジャー産駒は前で受けて粘る競馬が身上ですが、新馬戦でこういう勝ち方(あっさり差し切り)をするのは重賞級である証でしょう。
2着アドマイヤミヤビグランアルマダの4/3弟で、母がレディスキッパーは名繁殖への道を駆け上がっています。母のクロフネ×デインヒルという組み合わせによる筋力補強は、晩成のハーツクライにとってこの筋力補強はプラス。しかしこの筋力だけではダート馬になってしまうので、3代母ウインドインハーヘアを通じるHalo≒Sir Ivor3×6の柔らかさも必要なのです。本来は中距離でこそのタイプでしょう。ヌーヴォレコルトだって2歳の頃はマイルを走っていましたから、心配ないです。

●明らかに能力が抜けていた勝ち方
日曜福島の新馬(芝2000m)を制したのはルーラーシップ産駒のキングズラッシュルーラーシップはHornbeam≒パロクサイドを持つので、トニービン直仔らしい直線の長いコース向きの産駒を輩出します。キングズラッシュは3代母がナスキロのクロス、そこにサンデー→シンボリクリスエスですから大箱向きで、この勝利は能力の違い。目指せゆりかもめ賞、青葉賞タイプでしょう。

【その他】

●歴史的コンデュイット馬場
僕はコンデュイット産駒を日本一応援しているという自負がありますが(ちょうど彼が来日したJCくらいに競馬にハマッたので…)、日曜日ほど彼の産駒が輝いた日はないでしょう。

福島1R ダイイチターミナル 1着
福島2R マイネルラプティス 2着
福島5R シンデン 4着
福島7R マイネルビッグバン 1着
  シンキングダンサー 2着
福島9R マイネヴァリエンテ2着

道悪過ぎても良く無い種牡馬ですから、程よい差し馬場だったのでしょう。

この種牡馬 すごいと君が言ったから 7月24日は コンデュイット記念日

アイルランドで元気にしてるかな…


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

シンデンの口コミ


口コミ一覧

12月3日中山3R芝2000

 dayama 2016年12月3日() 12:46

閲覧 100ビュー コメント 0 ナイス 1

今日の中山はメインがアルバート、モンドが濃厚でつまらないので、他のレースで面白そうなものと探した結果、これはと思ってこのレースだけ買ったところ

ウォーブル(13人)-シンデン(7人)の馬連15万7480円の馬券をとれたので、今回の思考過程をまとめておく

今回、16番木幡タクのシンデン(26倍)(1-1-14-5)からの馬連総流しで馬券をとった。

人気馬は
1番人気が11番ルメールのパルフェクォーツ(1.7倍)(2-5-3-1)
2番人気が5番北村のブリッツシュラーク(3.8倍)(13-13-1-2)
3番人気が6番柴田のマイネルラプティス(7.6倍)(7-4-8-3)
4番人気が3番ムーアのオメガドラクロワ(13.9倍)(10-8-9-6)

このレース逃げ馬となりそうな馬があまり見当たらない。
先行馬勢で逃げそうなのがシンデンとパルフェであるが、パルフェはルメールであるし、無理に逃げるレースはしないとみえた。
そうなると外枠であるが、シンデンが前に来ることが予想できる。
その内13番でスタートが良いウォーブル(4-3-11-8)もある程度前に出てきて、その内11番のパルフェよりも前に被せてくることが予想できる。

この流れになってくると、その他の6番などの先行馬はパルフェを目標とすることからあまり出ず(無理に逃げず)、パルフェを包むと予想できる。

ここまで来ると、展開的にはウォーブル逃げ、その外の好位にシンデンが逃げて、さらに後方にパルフェでその他の先行馬にマークされて出方を伺うといった形で進行するとみえる

そうなると逃げ馬連中を無視して、中段勢でやりあう展開となるため、展開的にはシンデンの逃げ切りが濃厚に見えてくる。

次に、自分的に逃げ馬買うときの条件の1つとして、タイムで1番人気を上回ったことがあることというのがあり、今回、1番人気のパルフェは東京新馬1800しか経験がなく、1.49.2(上がり34.8)
シンデンは新潟で、重量も軽かったものの、1800で1.48.6(上がり34.3)。十分戦える脚を持っている。
2~4番人気のタイムと比較しても同じ距離のベストタイムで勝っており戦える。

そうなると、上記の展開で、脚もあるシンデンが7番人気と舐められて、無視されているのは最高に美味しい状況であり、馬連総流し十分有り得る。
案の定、馬連のオッズをみると、8頭と1000倍代、6頭と100倍代、残り2頭パルフェ相手で27倍、ブリッツ相手で30倍で、ラプティスやドラクロワ相手では100倍以上つけているという美味しい状況

このレースはシンデンとウォーブル逃げるがその後ろは見合ってごちゃつく可能性があり、どれが来るか全く読めない展開であるため、人気馬だけに流すのではなく、17頭とはいえ、総流しが推奨されるレース。

パルフェとブリッツは一応400円で買ったが、ほかは300倍代から7000倍まであり、大体1000倍以上つけているので、100円で十分
ということで総額2200円の総流しをかけたら、ほぼ予想どおりの展開となり、ウォーブルとシンデンの逃げ切りとなり、パルフェはスタートで無理せず後退して中段を進行し、差しきれず3着で終わった。

1番ブラックモトヒメが逃げたのは全くの予想外であったが、慣れないことをして保つわけもなく16着に沈んだ上、1番がスタート決めたおかげで、他の先行馬が見合ってくれて、予想通りの展開になったので藤田菜七子に感謝したい。

結局予想外のことも含めて予想通り外ウォーブル、シンデンが逃げ、そのほかの先行馬はパルフェを包み、パルフェは包まれて中段にとどまって、差しきれずという展開になってくれて大満足な結果となった。
あえて欲をいうなら、ここまで展開を読めていたのであるから、ウォーブルにも400円で流せたし、ワイドでも買っておくことも考えられたのが悔やまれる。

シンデンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

シンデンの写真

投稿写真はありません。

シンデンの厩舎情報 VIP

2018年6月9日3歳以上500万下11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

シンデンの取材メモ VIP

2018年4月29日 4歳以上500万下 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。