イシュトヴァーン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
イシュトヴァーン
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2015年2月12日生
調教師石坂正(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 4戦[1-0-1-2]
総賞金750万円
収得賞金400万円
英字表記Istvan
血統 ルーラーシップ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
エアグルーヴ
ドナウブルー
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
ドナブリーニ
兄弟 ドナウデルタ
前走 2018/05/20 3歳500万下
次走予定

イシュトヴァーンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/05/20 京都 6 3歳500万下 芝1600 128114.223** 牡3 56.0 松山弘平石坂正516(-10)1.33.9 0.135.9ラセット
18/05/05 京都 3 3歳未勝利 ダ1400 165106.031** 牡3 56.0 松山弘平石坂正526(+22)1.26.1 -0.936.2マースゴールド
18/01/07 京都 5 3歳未勝利 芝1600 1671420.8610** 牡3 56.0 岩田康誠石坂正504(-10)1.35.7 1.236.8ラセット
17/12/17 阪神 5 2歳新馬 芝1800 10225.625** 牡2 55.0 福永祐一石坂正514(--)1.50.6 1.034.6ギベオン

イシュトヴァーンの関連ニュース

<今日の出来事>
■第2回東京第5日(5月5日(祝日・土曜))
●競走除外
3R
8番 プリサイスプロミス号(嶋田 純次騎手)
馬場入場後に他の馬に蹴られて左後肢挫創を発症したため
9番 プロットデバイス号(内田 博幸騎手)
馬場入場後に他の馬に蹴られて左前肢挫創を発症したため

<明日の取消・変更等>
■第2回東京第6日(5月6日(日曜))
取消・変更等はございません(17時30分現在)


<今日の出来事>
■第3回京都第5日(5月5日(祝日・土曜))
●出走取消
5R
6番 ダカーポ号(M.デムーロ騎手)
右前肢跛行のため

●競走除外
1R
16番 ハクユウゴールド号(国分 恭介騎手)
馬場入場後に左前肢跛行を発症したため
7R
2番 アイアンエフケイ号(岩崎 翼騎手)
馬場入場後に左前肢跛行を発症したため

●競走中止
3R
5番 キワミスパイラル号(松若 風馬騎手)
疾病を発症したため、最後の直線コースで競走を中止
馬:左第1指骨複骨折(予後不良)
騎手:異状なし

●石坂 正調教師 JRA通算600勝達成!
3Rで、10番イシュトヴァーン号(松山 弘平騎手)が第1着となり、石坂 正調教師(栗東)は現役13人目のJRA通算600勝を達成しました。
コメント
オーナーの理解とファンの皆様の声援のおかげです。常々勝とうと思ってやっていますが、従業員・生産者の思いがこの数字に表れていると思います。また厩舎ゆかりの血統で達成できてよかったです。

<明日の取消・変更等>
■第3回京都第6日(5月6日(日曜))
取消・変更等はございません(17時30分現在)


<今日の出来事>
■第1回新潟第3日(5月5日(祝日・土曜))
本日の掲載事項はございません

<明日の取消・変更等>
■第1回新潟第4日(5月6日(日曜))
取消・変更等はございません(17時30分現在)

【めざせクラシック】バジル全弟トーセンアルタイル、22日初陣2017年10月4日(水) 05:02

 デスク 今週から秋の京都、東京開催がスタート。毎年、大物新馬がデビューする時期だし、気分がうきうきしてくる。

 長田 まずは栗東からトーセンアルタイルをおすすめします。

 デスク 京都大賞典に出走を予定しているトーセンバジルの全弟だな。

 長田 佐々木調教師は「乗り込むたびによくなってきた。促したら自分から走る気を見せるし、癖がなく乗りやすい」と近況を話してくれました。初陣は22日京都の新馬戦(芝2000メートル)で、和田騎手が手綱をとります。

 デスク ほかには?

 長田 重賞を2勝したドナウブルーの初仔になるイシュトヴァーンが9月20日に入厩していますよ。

 デスク 母の全妹にGI7勝を挙げた名牝ジェンティルドンナがいるな。

 長田 今週か来週にゲート試験を受ける予定です。杉山助手は「追い切りで併せると、むきになるが、ハミを取って抜かそうとする勝負根性がある。跳びが大きいし、前向きさもありますよ」と好感触を伝えてくれました。

 デスク ほかには?

 長田 それなら同じ石坂厩舎所属で、兄にGI9勝のヴァーミリアンなどがいるミルコメダはどうでしょう。古川助手は「兄たちと比べると小柄(460キロ)だけど、いいフットワークをしている。我の強いとこはあるけど乗りやすいタイプだし、走ることにまじめで手がかからない」とコメント。4日にゲート試験を受ける予定です。

 デスク じゃあ、締めは、美浦から挙げてくれ。

 花田 1日中山の新馬戦(芝1800メートル)を鮮やかに逃げ切ったグローリーヴェイズですね。

 デスク 3代母は1986年の牝馬3冠を制したメジロラモーヌか。

 花田 はい。尾関調教師は「強い勝ち方でしたね。最後に後ろを突き放したときの伸びは、いいところが出た感じ。体が小さい馬(432キロ)なので、次はちょっと間隔を開けて」と振り返りました。

[もっと見る]

イシュトヴァーンの関連コラム

閲覧 2,253ビュー コメント 0 ナイス 6

 2017年の2歳戦もいよいよ佳境。11月4日までにアサクサゲンキ(Ameliaの2015)、カシアス(ラブディランの2015)、ダノンプレミアム(インディアナギャルの2015)、タワーオブロンドン(スノーパインの2015)、フロンティア(グレースランドの2015)、ベルーガ(アドマイヤライトの2015)、ラッキーライラック(ライラックスアンドレースの2015)、ロックディスタウン(ストレイキャットの2015)と8頭のJRA重賞ウイナーが誕生し、今後も11月11日のデイリー杯2歳ステークス(2歳GII・京都芝1600m外)、11月18日の東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GIII・東京芝1800m)、11月25日の京都2歳ステークス(2歳GIII・京都芝2000m内)と、来月の2歳GIや来春のクラシック戦線に繋がっていきそうなレースが続きます。同世代のライバルを下し、JRA賞最優秀2歳牡馬ならびに牝馬のタイトルを獲得するのはどの馬でしょうか。

 今回は現在の戦況を整理すべく、「注目POG馬ランキング(2017/11/06 12:00時点」上位馬の成績や近況をまとめてみました。GI、GII、GIII、オープンの各ワールドは11月6日と12/4に新たな仮想オーナー募集枠が開放されるため、ご自身の仮想オーナー馬数とPOGポイントに余裕があれば、まだすべての馬に入札が可能。指名馬選びの参考にしていただければ幸いです。

 まずは「注目POG馬ランキング」20位以内の各馬をご覧ください(成績はいずれも11月5日終了時点)。

■1位 スターリーステージ(スターアイルの2015) 3戦0勝 580万円
■2位 シンハラージャ(シンハリーズの2015) 未出走
■3位 フラットレー(リッチダンサーの2015) 2戦1勝 860万円
■4位 グレートウォリアー(プラウドスペルの2015) 未出走
■5位 レイエンダ(ラドラーダの2015) 1戦1勝 700万円
■6位 シルヴァンシャー(アゼリの2015) 1戦1勝 700万円
■7位 タニノフランケル(Vodkaの2015) 3戦1勝 1180万円
■8位 トゥザフロンティアトゥザヴィクトリーの2015) 3戦1勝 1340万円
■9位 ヘンリーバローズ(シルヴァースカヤの2015) 2戦1勝 780万円
■10位 アドマイヤキング(アドマイヤテンバの2015) 2戦1勝 700万円
■11位 ミカリーニョ(ミスエーニョの2015) 2戦1勝 780万円
■12位 ルーカス(メジロフランシスの2015) 1戦1勝 700万円
■13位 サトノエターナル(ソーメニーウェイズの2015) 1戦0勝 280万円
■14位 ステルヴィオ(ラルケットの2015) 3戦2勝 3600万円
■15位 ルナステラ(ピラミマの2015) 未出走
■16位 ヴェルテアシャフト(ヒルダズパッションの2015) 未出走
■17位 サトノソルタス(アイランドファッションの2015) 1戦1勝 700万円
■18位 ソシアルクラブブエナビスタの2015) 1戦1勝 700万円
■19位 シーリアシーザリオの2015) 未出走
■20位 ジナンボーアパパネの2015) 1戦1勝 700万円

 既に20頭中15頭がデビューを果たし、うち13頭が初勝利をマーク。サトノエターナルスターリーステージも2着となった経験ならありますから、勝ち上がりは時間の問題だと思います。
 未出走馬5頭のうち、シンハラージャ(シンハリーズの2015)とシーリアシーザリオの2015)は既に入厩済み。デビューは目前と見ていいでしょう。また、グレートウォリアー(プラウドスペルの2015)やヴェルテアシャフト(ヒルダズパッションの2015)も、報道等を見る限りでは近いうちに入厩してきそう。他の「注目POG馬ランキング」上位馬がいずれも順調ですし、未出走組もそれぞれ初陣が楽しみです。

 11月5日時点で未出走、かつ「注目POG馬ランキング」で100位以内の馬は、前出5頭の他に22頭いました。

■22位 ブレステイキング(シユーマの2015) 未出走
■25位 ソリッドドリーム(Danedreamの2015) 未出走
■27位 サラキア(サロミナの2015) 未出走
■39位 ダノンマジェスティ(ドバイマジェスティの2015) 未出走
■42位 フランツ(ロベルタの2015) 未出走
■45位 ダブルフラット(アガルタの2015) 未出走
■48位 デサフィアンテアヴェンチュラの2015) 未出走
■50位 ヴィルトゥース(ドナブリーニの2015) 未出走
■52位 パスティス(ハヤランダの2015) 未出走
■57位 クルークヴァールクィーンズバーンの2015) 未出走
■59位 サトノグロワール(シャムロッカーの2015) 未出走
■63位 ザスリーサーティ(ツーデイズノーチスの2015) 未出走
■66位 イシュトヴァーンドナウブルーの2015) 未出走
■68位 カザン(シャンパンドーロの2015) 未出走
■74位 リンフォルツァンド(リッスンの2015) 未出走
■76位 アドマイヤデジタルフサイチエアデールの2015) 未出走
■78位 エルディアマンテディアデラノビアの2015) 未出走
■80位 シエラ(ゴールデンドックエーの2015) 未出走
■81位 キタノコマンドール(ベネンシアドールの2015) 未出走
■87位 ミッキーワイルド(ワイルドラズベリーの2015) 未出走
■89位 エリスライト(クリソプレーズの2015) 未出走
■99位 センテリュオ(アドマイヤキラメキの2015) 未出走

 このうちブレステイキング(シユーマの2015)、ソリッドドリーム(Danedreamの2015)、サラキア(サロミナの2015)、フランツ(ロベルタの2015)、エルディアマンテディアデラノビアの2015)、シエラ(ゴールデンドックエーの2015)、ミッキーワイルド(ワイルドラズベリーの2015)、エリスライト(クリソプレーズの2015)、センテリュオ(アドマイヤキラメキの2015)の9頭は既に入厩済み。デビュー戦の内容次第では、クラシック戦線の新星として一気に注目を集めるかもしれません。

 11月5日時点でデビュー済みかつ未勝利だった馬のうち、「注目POG馬ランキング」で100位以内の馬は前出2頭の他に29頭います。

■21位 レピアーウィット(ランニングボブキャッツの2015) 2戦0勝 480万円
■24位 リシュブール(ラストグルーヴの2015) 2戦0勝 480万円
■28位 マルケッサ(マルペンサの2015) 1戦0勝 0万円
■30位 トーセンブレイヴ(ギーニョの2015) 2戦0勝 200万円
■33位 アプルーヴァル(ファシネイションの2015) 1戦0勝 0万円
■34位 ダノンチェリー(ウィーミスフランキーの2015) 2戦0勝 0万円
■36位 レリカリオ(Unrivaled Belleの2015) 1戦0勝 0万円
■37位 プリメラビスタビワハイジの2015) 1戦0勝 0万円
■38位 サトノオンリーワン(クリームオンリーの2015) 2戦0勝 480万円
■41位 ローズベリル(モルガナイトの2015) 1戦0勝 0万円
■43位 グラマラスライフ(プリティカリーナの2015) 1戦0勝 70万円
■46位 レーヴドリーブ(レーヴドスカーの2015) 1戦0勝 110万円
■47位 ピボットポイント(ペンカナプリンセスの2015) 1戦0勝 70万円
■51位 ブレイニーラン(プチノワールの2015) 1戦0勝 180万円
■54位 ゴールドフラッグ(ポイントフラッグの2015) 4戦0勝 490万円
■55位 ダノンポピー(マネーキャントバイミーラヴの2015) 1戦0勝 70万円
■56位 シャンデリアスピンダンスインザムードの2015) 2戦0勝 0万円
■61位 サラーブ(サマーハの2015) 1戦0勝 180万円
■62位 プリュス(サラフィナの2015) 1戦0勝 0万円
■65位 ミルコメダ(スカーレットレディの2015) 1戦0勝 0万円
■70位 イダエンペラー(アドマイヤセラヴィの2015) 2戦0勝 0万円
■77位 アドマイヤビクター(ツィンクルヴェールの2015) 1戦0勝 110万円
■86位 イッツパーフェクト(パーフェクトトリビュートの2015) 1戦0勝 0万円
■88位 スヴァルナ(ブルーミングアレーの2015) 2戦0勝 180万円
■91位 ローザフェリーチェローズバドの2015) 1戦0勝 110万円
■92位 ネプチュナイト(タンザナイトの2015) 1戦0勝 0万円
■93位 ミッキーハイド(ハイドバウンドの2015) 1戦0勝 280万円
■95位 ノチェブランカ(ナイトマジックの2015) 2戦0勝 0万円
■96位 モトカ(Sasuelaの2015) 1戦0勝 0万円

 このうち2着となった経験ならあるのはレピアーウィット(ランニングボブキャッツの2015)、リシュブール(ラストグルーヴの2015)、サトノオンリーワン(クリームオンリーの2015)、ゴールドフラッグ(ポイントフラッグの2015)、ミッキーハイド(ハイドバウンドの2015)の5頭。順調ならば近いうちに勝ち上がりを果たせるんじゃないでしょうか。また、他もそれなりの良血馬や評判馬ばかりなので、使っているうちに変わってくる可能性は並みの馬よりも高いはず。入札における人気はこれまでよりも下がるでしょうから、安易に指名候補から外すことなくしっかりチェックしておきたいところです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋~2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

イシュトヴァーンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 428ビュー コメント 0 ナイス 1

馬場状態
内回り及び外回りの3から4コーナー内側に傷みが出始めましたが、その他の箇所については良好な状態です。

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去3年の1着馬3頭の傾向
実績:3頭全てが初勝利は1600m~2000m。
前走:ベゴニア賞が2頭。新馬戦が1頭。(3頭全てが前走で1着)
時計:1分34秒台半ば~1分35秒台半ばの決着に対応できれば問題なさそう。
脚質:後方から競馬する追い込み馬が3連勝中。
末脚:上がり3Fメンバー中1位の馬が2頭、2位の馬が1頭。
血統:ディープインパクト産駒が2頭。キングカメハメハ産駒が1頭。
枠順:8枠が2頭。1枠が1頭。
人気:1・2・6番人気馬が1頭ずつ。

予想
過去3年の1着馬3頭の傾向を見ると、
・1600m~2000mをこなせる中距離適性
・中団~後方でじっくり競馬する脚質
・メンバー中上位の上がり3Fを出せる瞬発力の質の高さ
・ディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒というGIよく勝つ主流の血統

もっと簡単にまとめると、
「中距離こなせて(中距離こなせそうな馬も含む)速い上がり3Fが出せる差し・追い込み脚質の良血馬」を買っておけば当たりやすい。
ってことなんで、それを参考にして本命馬を絞り込んでいきましょう。

逆に、
・1200mや1400mで勝ってる短距離適性ある馬
・逃げ先行馬
・上がりのかかる持久力勝負でしぶとく粘るのが持ち味の馬
・マイナー血統の馬
この辺は過去の傾向とは逆の適性なんで、勝たれたら仕方ないと割り切って、本命馬候補からはバッサリと消したいです。

☆結論☆
◎ステルヴィオ
・1600mをメンバー中1位の上がり3Fで1着
・1800mをメンバー中2位の上がり3Fで1着
・サウジアラビアRCで道中14-16の位置からメンバー中1位の上がり3Fで2着
重馬場の1800mでも勝ってる中距離適性、3戦全てでメンバー中2位以内の上がり3F瞬発力の質の高さともに過去の傾向にバッチリあってるんで、素直にこの馬本命ですね~。
新種牡馬でGI実績がまだないロードカナロア産駒なんで血統面が過去の傾向にはあってませんが、ロードカナロアはキングカメハメハ産駒なのでギリギリ過去の傾向に合ってるとも言えなくないし、これからGIよく勝つ主流の血統になる可能性もありますからね~。
後方からメンバー中上位の上がり3Fで突き抜けるようなシーンを期待したいです。

本命馬がステルヴィオに決まったんで、馬券をどう買うか・・・。
「単勝」
2歳戦なんで2・3着に変なのきて、本命馬1着でも馬券ハズレのパターンは普通にあるから、6倍つくなら単勝買っておいていいかな~。
過去の傾向を基準にして絞り込んでいったら、たった2頭しか残らなかったんで、本命・対抗の単勝2点は買っておきましょう。

「本命・対抗のワイド」
2頭ともに馬券圏内にきて単勝とのWゲットを少し期待してますが、
仮に2頭が2・3着の場合、単勝で外れてもワイドなら救済してもらえるのもいいですね。

ということで、馬券は、
「本命・対抗の単勝」
「本命・対抗のワイド」
でいってみましょう。

〇ケイアイノーテック
・1600mをメンバー中1位の上がり3Fで1着
・ディープインパクト産駒
瞬発力の質の高さ、血統ともに過去の傾向にはあってるんで、問題は中距離適性あるかどうかですけど、ディープインパクト産駒なんで1600m~2000mぐらいは守備範囲かな~と期待してみます。
デイリー杯2歳Sは0.6差3着でしたが、5ヶ月ぶりで+22kgだったんで、休み明け2走目の今回は前走から大幅にパフォーマンス上げてきてもおかしくないかも。
「結局は素直にディープインパクト産駒買っとけばいいだけのレースやったんかよ~」ってパターンに期待です。

☆朝日杯FS 買い目☆
単勝 10(ステルヴィオ) 3000P
単勝 5(ケイアイノーテック) 1000P
ワイド 5-10 2000P 合計6000P



--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(土曜日の結果報告)☆
ターコイズS ワンブレスアウェイ・・・8着

レース後1秒で負けを確信しました・・・。

投資3100Pが0Pになっちゃいました。




--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
朝日杯FS ステルヴィオ

本命馬ですし、単勝買ってるぐらいなんで複勝圏内にはきてほしいです。

☆買い目☆
複勝 10 1000P


--------------------------------------------------------------------------------
☆12月17日の2歳新馬戦予想対決の指名馬☆
中山5R(ダ1800m) 指名馬ヌーヴェプレジール
ダートがどうかな~?ってとこあるけど、父ゼンノロブロイ、母父ブライアンズタイムなんでスタミナとパワーありそう。

阪神5R(芝1800m) 指名馬イシュトヴァーン
母がジェンティルドンナの全姉ドナウブルー、父がルーラーシップ。
両親ともに好きな馬だったんでPOG登録したから頑張ってほしいです。

中山6R(芝1600m) 指名馬ウィズデライト
父ローエングリン、母父ダイワメジャーなんでスピードと中山適性ありそう。51kgもいいですね。

阪神6R(芝1400m) 指名馬リーズン
父ロードカナロア、母父フジキセキなんでスピードありそうやし、安田厩舎なんで短距離で頼もしいし、新馬戦得意なイメージの福永騎乗など好材料が多いかな。



--------------------------------------------------------------------------------
☆超おいしい単勝選手権☆
朝日杯FS ケイアイノーテック

前走デイリー杯2歳Sで休み明け+22kgで3番人気3着に負けただけで、
ディープインパクト産駒で20倍以上つくのはおいしすぎます。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決


どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までまでの間、指名馬を受け付けております。

ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄に書いてくださればOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。



--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
ワグネリアン、ルーカス、ヘンリーバローズなどなどが不在なので、いまいちテンションが上がらないです。

 やすの競馬総合病院 2017年8月23日(水) 21:37
POG2017-2018のオルフェーヴル産駒を物色するの巻
閲覧 119ビュー コメント 0 ナイス 5

今年、産駒がデビューした新種牡馬のオルフェーヴルですが、これからオルフェーヴルの種牡馬的価値を高めていくためにも初年度産駒は気合い入れて生産されていると思うんで、当然ですが要チェックかも。

今までオルフェーヴル産駒は数頭しか紹介できてなかったので、今回はオルフェーヴル産駒だけに絞って物色して、いいな~と思う馬がいたらいろんなところで開催されてるPOG大会の指名馬に決定しようと思います。

2歳馬に関しての知識は本当に少ないので、ただただPOG初心者が知識もないまま指名馬を探ってるだけという、読んでも何も得しない非常に薄っぺらい内容ですが許してくださいね。

と、最初に毎回恒例の言い訳のような謝罪を済ませたので、早速やっていきましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

牡馬 アルゼンチンスターの2015(父オルフェーヴル 母アルゼンチンスター ??厩舎)
半兄に、GI未勝利でも競馬ファンからの人気は超GI級だったペルーサがいるという良血馬ですが・・・。
ネット上でいろいろ情報を探してみても、馬主も厩舎もわかりませんでした。
なので、近況や評判もわかりませんが、ペルーサの弟で新種牡馬のオルフェーヴル産駒となると夢やロマンにあふれてるし、ペルーサは青葉賞を見て大好きになった馬。
そのペルーサの弟なんで、情報が全く出てなくても応援の意味も込めて・・・。
「新種牡馬のロマン枠」で指名決定!!

牡馬 サトノテラス(父オルフェーヴル 母サトノアマゾネス 藤沢和厩舎)
去年の朝日杯FS1着馬サトノアレスの半弟ですが、3頭いる兄はディープインパクト産駒で3頭ともに3勝以上と走ってるんで、父がオルフェーヴルに代わってさらに強い馬が出るのか、その逆になるのかわかりませんが、血統のイメージ的に中・長距離で持ち味が出るのかな~?未知な部分が多いけど楽しみです。
9月2日の札幌芝1500mでルメール騎乗でデビュー予定なのもあってか調教も自己ベスト更新中で順調そうです。

牝馬 レーヴドリーブ(父オルフェーヴル 母レーヴドスカー 高野厩舎)
阪神JFを勝ったレーヴディソールを筆頭に、兄や姉が早い時期から重賞以上で活躍してるエリート血統ですが・・・。
ケガで戦線離脱する率もかなり高い血統という面もあるんで、強ければ強いほどケガが気になってしまいます。
いろんな種牡馬との配合でも安定して走ってるんで、新種牡馬で未知数のオルフェーヴル産駒ですけど水準以上の活躍はしてきそう。
父・母ともにスタミナ面あるんで、桜花賞よりはオークス向きかもしれませんね~。
個人的に、レーヴディソールなど、この馬の兄や姉をよく指名してたんで、この馬には頑張ってほしいです。
今は、成長を促しつつ調教を進めてるそうですが、馬体は評価高いみたいなんでデビューが楽しみです。

牝馬 リリーオブザヴァレーの2015(父オルフェーヴル 母リリーオブザヴァレー ??厩舎)
半兄は引退しちゃいましたが、去年の青葉賞1着馬のヴァンキッシュラン。
母父がガリレオということもあってか、ディープインパクト産駒のヴァンキッシュランでも2400mで2勝してたり中距離以上で活躍してたんで、オルフェーヴル産駒なら半兄と同等もしくはそれ以上にスタミナ豊富な仔が出るのかな?
ネット上でいろいろ情報を探してみても、馬主も厩舎もわかりませんでした。
なので、近況や評判もわかりませんが、桜花賞よりはオークス向きっぽい馬だと思うんでデビューが遅くなったとしても期待したいです。


--------------------------------------------------------------------------------

☆今回のまとめ☆
・シーリア(毎年の固定枠)
・ダイワメモリー(毎年の固定枠)
・シーイズドーター(2歳戦からバリバリ活躍してほしい馬枠)
・タニノフランケル(なんでも選べる自由枠)
・イシュトヴァーン(クラシック制覇を期待する牡馬枠)
・?????(クラシック制覇を期待する牡馬枠)
・イルーシヴグレイス(クラシック制覇を期待する牝馬枠)
・?????(クラシック制覇を期待する牝馬枠)
・アルゼンチンスターの2015(新種牡馬のロマン枠)
・?????(なんでも選べる自由枠)

これで7頭決まって残りは3頭ですね~。
まあ、ボチボチ行きましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
高校野球の決勝戦は、14-4で花咲徳栄(はなさきとくはる)高校が優勝しましたね~。

決勝で10点差ついちゃいましたけど、夏の暑い中、勝ち進めば勝ち進むほど試合日程の間隔が短くなるという非常に過酷な大会なんで、勝った方はもちろんすごいけど、負けた方も決勝まできてる時点ですごいです。

このあとは、甲子園出た球児だけでなく、甲子園に出れなかった球児なども合わさった高校日本代表が世界を相手に戦うということで、日本代表の方でも頑張ってほしいです。

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年8月17日(木) 20:51
POG2017-2018のキングカメハメハ産駒を物色するの巻
閲覧 94ビュー コメント 0 ナイス 3

今日は、POG2017-2018シーズンの人気馬を物色して、いいな~と思う馬がいたら、netkeibaやJRA-VANなどいろんなところで開催されてるPOG大会の指名馬に決定しようと思います。

ディープインパクト産駒とキングカメハメハ産駒は大物をよく輩出する日本競馬の主流の種牡馬なんで、今日は、今までまだ紹介できてなかったキングカメハメハ産駒を物色していきましょう。

2歳馬に関しての知識は本当に少ないので、ただただPOG初心者が知識もないまま指名馬を探ってるだけという、読んでも何も得しない非常に薄っぺらい内容ですが許してくださいね。

と、最初に毎回恒例の言い訳のような謝罪を済ませたので、早速やっていきましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

牡馬 リシュブール(父キングカメハメハ 母ラストグルーヴ 藤原英厩舎)
母ラストグルーヴ(父ディープインパクト 母エアグルーヴ)の初仔ということで、どこまでやってくれるか未知数な面もありますが、超良血馬の初仔。
父にキングカメハメハ、母の父にディープインパクトという、今の日本の主流血統が父と母に入ってる完成型のような血統に加えて、
陣営のコメントが「クラシックを意識させる馬」と高い評価なんですごくワクワクします
8月20日の札幌芝1800mで福永騎乗でデビューということで今週末にレースで走ってる姿が見れますね~。

牡馬 グレートタイム(父キングカメハメハ 母ミラクルレジェンド ??厩舎)
セレクトセールで1億5120万円という高額馬の時点で、かなり期待されてる馬ですが、
母がJBCレディスクラシックを連覇したミラクルレジェンド、ミラクルレジェンドの弟は東京大賞典などを勝ったローマンレジェンドというダートで大活躍した一族。
キングカメハメハ産駒は芝でもダートでも走るし、ホッコータルマエなどダートでも強い馬を出してるんで、この馬もダートでの活躍がすごく楽しみです。
ネットで情報を集めようとしても、馬主が金子さんというぐらいしか情報入手できませんでしたが、デビューに向けて順調に育ってほしいです。

牝馬 デサフィアンテ(父キングカメハメハ 母アヴェンチュラ 角居厩舎)
秋華賞馬のアヴェンチュラの初仔のキングカメハメハ産駒。
母の母の父がサンデーサイレンス、父がキングカメハメハなんで、今の日本の主流血統が父系にも母系にも入ってますね~。
母のアヴェンチュラは瞬発力よりも持久力が持ち味の馬だったし、キングカメハメハ産駒は能力のバランスいい馬を多く出す印象なんで、この馬も器用系で持久力勝負に強いタイプになるのかな?
器用系で持久力勝負に強いタイプだった場合は、桜花賞よりもオークス、オークスよりも秋華賞向きっぽい感じはするけど、POG期間中の活躍期待したいです。
関係者の評価も高いらしいし、気性も落ち着きあるそうで、秋のデビューに向けて調教を積んでるところらしいです。

牝馬 テネイシャス(父キングカメハメハ 母ヒカルアマランサス 池江厩舎)
1歳上の全姉クインアマランサスがダートの未勝利で1勝だけなんで、全妹もどうなのかな~?という不安はありますが・・・。
母のヒカルアマランサス(父アグネスタキオン)はヴィクトリアマイル2着など活躍した馬なんで、ヒカルアマランサスとキングカメハメハの配合だったら芝で強い馬が出ても全然おかしくないんで、姉の成績だけで判断するのはダメかも。
夏の暑さで夏バテ気味だったのか調教のペースを落とした時もあったそうですが、暑さにも慣れてきて調教もこなせてるそうです。
1600mが得意そうっていう評価もあるし、母も1600m得意だったので、桜花賞が1番向いてるのかも。


--------------------------------------------------------------------------------

☆今回のまとめ☆
POG2017-2018の指名決定馬
・シーリア(毎年の固定枠)
・ダイワメモリー(毎年の固定枠)
・シーイズドーター(2歳戦からバリバリ活躍してほしい馬枠)
・タニノフランケル(なんでも選べる自由枠)
・イシュトヴァーン(クラシック制覇を期待する牡馬枠)
・?????(クラシック制覇を期待する牡馬枠)
・イルーシヴグレイス(クラシック制覇を期待する牝馬枠)
・?????(クラシック制覇を期待する牝馬枠)
・?????(新種牡馬のロマン枠)
・?????(なんでも選べる自由枠)

今回は即指名!って馬はいなくて、残り4頭のままですが、まあ、ボチボチ行きましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
今日の夜8:00に門別で行われた
ブリーダーズゴールドCは、しっかり予想する時間がなかったので馬券は買わなかったけど、買うとしたら・・・という架空の買い目をツイッターに書いて遊んでみました。

1番人気で単勝1.5倍のクイーンマンボは関東オークス勝った以外は3歳未勝利と3歳500万下を勝っただけなんで、この程度の実績だと1000万下などで好走実績ある古馬の条件馬の方が上っぽいな~。
クイーンマンボは2・3着になりそう。

ということで、
4番人気のオージャイトからの馬単流しが正解かな~と思ったら・・・

勝ったのは、
大敗続きで、前走の大沼Sなんか5.5差14着の最下位に負けてたマイティティーでした。
マイティティーは1600万下を勝ってるんで実績ある馬なんですけど、まさか大沼Sの5.5差14着(最下位)から巻き返してくるとは・・・。
馬券買ってないのに、
前走含む近走の不振は一体なんやったや~と泡吹いて倒れそうになりました。


ぼくには、マイティティーが好走するなんて全く思ってなかったので、何の言い訳もできない完敗でしたが、今日マイティティーの好走を察知して馬券当てた人はすごい予想センスですね~。

このブログを読んでおられる人の中に、ブリーダーズゴールドC当てた人いたら、おめでとうございます!


あなたの予想センスは素晴らしいです!!!

[もっと見る]

⇒もっと見る

イシュトヴァーンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

イシュトヴァーンの写真

イシュトヴァーン

イシュトヴァーンの厩舎情報 VIP

2018年5月20日3歳500万下3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

イシュトヴァーンの取材メモ VIP

2018年5月20日 3歳500万下 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。