最新競馬ニュース

【直撃取材!プロ予想家最速予想】中山記念2024「豚ミンC」「くりーく」の狙いは!? 注目馬&妙味ある穴馬候補に迫る!


ウマニティ


 2,135  3  0

【直撃取材!プロ予想家最速予想】中山記念2024「豚ミンC」「くりーく」の狙いは!? 注目馬&妙味ある穴馬候補に迫る!


毎週プロ予想MAXの予想家に週末重賞への見解、注目馬について取材、紹介する連載「プロ予想家最速予想」。第55回は中山記念についてくりーくプロ・豚ミンCプロの2名にお話を伺いました。今週の当欄でも激走馬への見解は聞かれるのでしょうか?! 早速、ご紹介していきたいと思います。



くりーくー“新馬戦キラー”の異名を持つ実力派!!


オグリキャップを破り、天皇賞秋を勝ったスーパークリークに魅せられ競馬人に。一般的には注目度の低いレースで淡々と結果を出し続ける、くりーくプロに中山記念についてお聞きしました。

―いつもどおり、調教が良く見えた馬を挙げていただけますか。


まずは、エルトンバローズです。

―マイルCS4着から今年の始動戦ですね。どのあたりが良かったでしょう。

乗り込んでいますし、いつも1週前にびっしりやる馬なのですが、今回もジョッキー騎乗でしっかり追われています。毎日王冠の時が良く、そこに比べると少し重い気もしますが、しまいは伸びていたので問題ないと思います。その後、最終追い切りは坂路でさらっとという、好走パターンの調教過程です。

―自身の力を発揮できるとなれば、あとは相手関係ですが、前走G1・4着ですしね。

コーナーが多くなるのもプラスで、前に行ける馬ですから、内目の枠でロスなく走れるなら期待できそうです。

―道悪の可能性もありそうですが、そのあたりはどうでしょう。

開幕週ですし、多少悪くなってもと思いますね。

―特に割引く材料はないという感じですね。次点はどの馬でしょうか。


ボーンディスウェイですね。

―前走は中山金杯2番人気4着。今回は少し人気が落ちそうです。

乗り込みも豊富ですし、先週は併せ馬、今週は単走で外を回る形でしたが、迫力を感じましたね。動きはよかったです。この馬も前に行ける馬ですから、いいと思います。

―中山金杯よりいいですか。

前回よりいいですね。調子が上がっている印象を持っています。その分のもうひと押しを期待したいです。弥生賞3着の馬ですし、能力的にもいいのかなと。

―そのほか、調教を評価できる馬はいますか。

次いで、ソールオリエンスソーヴァリアントです。ソールオリエンスは特に悪くなっている感じはないんですよね。

―脚質的に開幕週はどうかという気はします。


基本的には調子が良くて前に行きたい馬を買いたいですよね。ただ、位置を取りにいく馬もいますし、そこそこ流れるはずなので、そうなると展開は味方してくれます。

―逃げ馬がわりと多いですよね。

中途半端にポジションを取りに行くと包まれるリスク生じますから、直線にかけるくらいの極端な競馬でもいいと思いますね。道中はなるべくロスなく運び、直線だけ外に出して末脚を活かす競馬をしてほしいですね。

ソーヴァリアントはどうでしょうか。

調子は良く映ります。去年は人気を背負って負けてしまいましたが、当時以上だと思います。最終追い切りは手応え良く、先着しました。武豊騎手も最近好調子で、1~2番人気にはならないでしょうから、気負わず乗れそうなのもいいですよね。自在に乗ってくれそうなイメージがあるので、鞍上込みで期待したいと思っています。

―武騎手はここに来てまたすごいですね。

姿勢がぶれないですよね。ずっと同じ姿勢というか。追い込む馬に乗っているときは、じっと進路をうかがっている感じがします。仕掛ける場所はある程度決めていると思うんですよね。「この馬ならここから行けば」とか。特に最近はどこを捌いて、どこに位置を取ればいい脚を使えるか、といったあたりが上手くハマっている印象です。

―上位評価の4頭だと、エルトンバローズが最も信頼できそうですか。


まあ脚質的にも無難な感じですよね。

―人気馬ではヒシイグアスの名前が挙がりませんでしたが、もうひとつでしょうか。

ちょっと重い印象です。調子がいい時は、1週前にびしっと追って突き放す感じがある馬。今回はモタモタしていて、勝った昨年より良いという感触は受けませんでした。最終追い切りだけを見ると悪くないですが、この中間のトータルで見た場合重いなあという感じですね。

イルーシヴパンサーはどうでしょうか。昨年は不利もあり8着でした。

この馬は馬なりばかりなんですよね。1週前にしっかりやっていない上、距離も1600mのほうがいいかなと思います。

―去年の2着ラーグルフは、そこから3戦凡走続きですが、調教的に何か変わったところはありますか。

この馬は2歳の時、丸田騎手とのコンビで、調教も丸田騎手が乗っていたんですよね。そこから戸崎騎手中心にほかの騎手が乗るようになり、次第に騎手が乗らずに調教するようにシフトしていった過程を見るに、「丸田騎手が癖を掴んでいたのかな」と思います。ホープフルSで本命にしていたくらいで、調教は良く見える馬だったんですが、その当時に比べると力んで走っているような感じで……。


取材後記:ボーンディスウェイはこの相手だときついかと思っていましたが、状態上昇となると楽しみですね。人気もないでしょうから、狙ってみたいです。



豚ミンCー庶民にやさしく、効き目抜群ですぐはつらつ!その“神眼“で見抜く◎!!


10年間の厩務員生活を経て、友人のすすめきっかけにプロ予想家へ。レースリプレイの検証で妙味ある穴馬を見抜く豚ミンCプロに中山記念の予想についてお聞きしました。

―予想のポイントからお願いします。

開幕週の中山の1800mですからね。距離ロスを少なく走れそうな馬を上位と見ていいと思います。ただ、去年みたいな事故になるケースもありますから。

―ラチ沿いへの斜行がありましたね。

外から差してきたラーグルフは2着まで来ましたが、実質着順はおそらく4着です。レース内容を見るとやはりロスなく乗ることが基本ですかね。余談ですが、競馬は「当たった、やったー!」って言うのはそれはそれでいいのですが、実質着順が判断できないと次に繋がりません。その場の当たり外れだけしか見ていない人は、通算では負けていることがほとんどですよね。

―レースを振り返ったり、分析する人は少ないかもしれません。

あと当たった時だけを切り取ってSNSに上げる人とか。当たった時だけ言うのは、普段外れてますよー、と宣言しているようなものだと私は思っています(笑)。


―なるほど(笑)。話を戻して、今回特に中山芝1800mに適性を感じる馬はいるでしょうか。

もうそれはヒシイグアスじゃないですか! だって中山記念2勝してますもん。

―昨年と3年前の勝ち馬ですね。

それに中山で馬券にならなかったのは1回だけですよね。余計なことを考えず、この馬を買っておけば当たるような気がしています!

―となると、軸はこの馬になりますか。

今の時点ではそうなりますね。中山記念は来ていますから。

エルトンバローズはどうでしょうか。1ハロン延長ですが、距離適性をどうお考えですか。

成績的にもマイルから1800mがベストなのでしょう。ただ、前走のマイルCSでは、差し決着のなか、比較的前に行って地味にずっと粘っていましたから、2000mも大丈夫なような気はしますね。


大阪杯など狙えますかね。

ただ、相手が揃う2000mのG1となると、勝ち切るにはちょっと難しいかもしれませんね。

イルーシヴパンサーは昨年冒頭で挙がった事故の影響もあり8着でした。マイル中心ですが、もう少し距離を延ばすと良さは出ませんかね。

去年のレース内容から1800mは問題ないでしょうね。それ以上は正直やってみないとわからないですね……。

―ありがとうございます。近走力を発揮できず、スムーズな競馬で通用しそうな馬がいればお願いします。

ラーグルフですかね。大阪杯がよかったのでその後期待していたのですが、特殊な馬場にやられた感があるので。当日良馬場なら巻き返してもいいと思っています。

―当日の馬場状態は要チェックですね。

でも、馬ってなんだかんだ道悪は気持ちの部分が大きいですからね。昔の馬だとカンパニーなんかは道悪ダメとか言っておきながらあっさり勝ったりしていましたし(笑)。というか競馬を始めたときから、「道悪はどの馬も基本ダメ、走るかは気持ち次第!」って思ってやっています。馬と直接触れあうようになってから、さらにそれを感じましたね。まぁ何十年も前の話なので、今やみんな知っていることでしょうが。


―人間も雨の日に走りたくないですからねえ。

で、そのなかでも一部道悪だとやる気を出す馬がいたり、あとは血統的なものはどうしても出ますね。道悪の時にヨーロッパの系統がよく来たりするので、そういう時こそ血統で予想している人は当たりまくってもいいと思っています。

―関東は今週雨続きですが、道悪の皐月賞を勝ったソールオリエンスはどうでしょう。

注目していますよ。皐月賞の結果からも道悪は問題ないですし、むしろそっちのほうが苦にしない馬っぽいので雨は歓迎かと思います。それは母系が効いているんでしょうね。人気ですが、雨が降ったら本命も考えています。

―おお。やはり馬場状態には注目ですね。

一連のレース内容を見ると結局直線は1番外からがいいんでしょうね。今回は田辺騎手なので、道中内にいてもおそらく3角辺りからジワッと外に出して直線でも外に出す、この馬にとっては理想の競馬をしそうな気がします。

―鞍上込みで期待ですね。反対に嫌いたい馬がいましたらお願いします。

上位人気はそれなりに来そうですからねえ。人気ではないでしょうが、ドーブネは買わないですかね。パッと見、今回はそれなりに流れそうなメンバー構成なので、展開的に厳しくなりそうな気がします。去年3着ですが、事故った馬もいて恵まれたし、なんと言ってもここでも前走白富士Sのバフがかかっていましたからね(笑)。



取材後記:穴っぽいところで期待したいのはグリューネグリーンとのこと。理由は京都記念の『爆穴』記事を読むとご納得いただけるかと。


以上、プロ予想家2名の中山記念への見解と注目馬を紹介しました。お二方とも人気サイドはそれなりに評価されていますね。穴馬では、ボーンディスウェイグリューネグリーンに注目したいところです。


(文・垣本大樹)


⇒気になる最終結論は、レース当日のプロ予想MAXでチェック!(予想をアップする時間帯は予想家によって異なります。)
豚ミンCプロの最新予想ページはこちら
りーくプロの最新予想ページはこちら

※週末の枠順発表までは直前週結果ページへ遷移します。

このニュースへのコメント

コメントはありません。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

4月14日()
皐月賞 G1
アンタレスS G3
4月13日()
中山GJ G1
アーリントン G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

4月7日()
桜花賞 G1
4月6日()
阪神牝馬S G2
NZT G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 ドウデュース 牡5
102,726万円
2 スターズオンアース 牝5
84,098万円
3 リバティアイランド 牝4
74,444万円
4 ディープボンド 牡7
67,569万円
5 ジャスティンパレス 牡5
65,388万円
6 シャフリヤール 牡6
59,685万円
7 タスティエーラ 牡4
57,005万円
8 ジャックドール 牡6
49,004万円
9 ソールオリエンス 牡4
48,668万円
10 ナムラクレア 牝5
47,685万円
» もっと見る

3歳
1 ステレンボッシュ 牝3
21,547万円
2 アスコリピチェーノ 牝3
16,854万円
3 ジャンタルマンタル 牡3
13,291万円
4 コラソンビート 牝3
9,942万円
5 エトヴプレ 牝3
9,644万円
6 スウィープフィート 牝3
9,386万円
7 シンエンペラー 牡3
9,128万円
8 レガレイラ 牝3
8,278万円
9 エコロブルーム 牡3
7,861万円
10 シックスペンス 牡3
7,287万円
» もっと見る