最新競馬ニュース

【ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)】チャンピオンズC2022 栗東Pで上々の動きを披露したジュンライトボルトを高評価!


ウマニティ


 5,410  3  0

【ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)】チャンピオンズC2022 栗東Pで上々の動きを披露したジュンライトボルトを高評価!


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はチャンピオンズC・調教予想(水曜版) をお届けします!


日曜日に行われるチャンピオンズカップの登録馬の水曜追い切り(追い切り映像が確認できた馬に限る)について、1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。なお、出走馬確定後に最終版記事を改めて掲載します。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

オーヴェルニュ【C】
栗東CW単走。掛かり気味にコーナーを回ってきたせいか、直線に入っての伸びは今一歩。1週前と比べれば、反応や折り合い面は多少なりとも良くなっているのだが……。可もなく不可もなし、といった印象。現状のワンペースに近い走りを活かすには、渋い馬場の出現が必要となろう。

クラウンプライド【B】
栗東坂路併走。先行する僚馬を追いかける形から、しっかりと追って先着を果たした。坂路駆けしないタイプとすれば、悪くない内容と言える。ただ、力みがちな走りは変わっていない。ようは実戦に行ってコントロールがきくかどうか。ジョッキーの手腕に委ねるほかない。

グロリアムンディ【B】
栗東CW単走。ハミ取りが甘いせいか、直線で鋭く切れる感じはない。とはいえ、きちんと折り合いはついているし、1週前に比べれば体の使い方や反応は良くなった。脚さばきの重さが解消されつつあるのもいい傾向。それなりに帳尻を合わせてきた印象を持つ。

サンライズノヴァ【B】
栗東坂路併走。柔らかいフットワークで登坂。最後まで集中を保ち、ブレの少ないフォームで走れていた。久々に「らしい」動きを見せたが、惜しむらくは相手がノットゥルノだったこと。誘導に重きを置いて、自分のリズムで運び切れなかった点がもったいなく思える。

サンライズホープ【B】
栗東坂路単走。切れこそ感じないが、体をしっかり使って伸びやかな走り。豪快なフットワークで駆け上がるさまは見映えがいい。促しに対する反応がもう少し素早くなれば文句なしだが、大きく割り引くほどではない。いい意味での平行線だろう。

シャマル【B】
栗東坂路単走。頭の位置が高めで後肢に若干の甘さを感じるも、四肢の回転はスムーズ。気合乗りもいい。ラスト1ハロン付近で鞍上が促すと、徐々に姿勢が高くなった点は気になるが、右手前1本で走り抜いたことを考慮すれば、酌量の余地はある。及第点の仕上がりではないか。

ジュンライトボルト【A】
栗東P単走。コーナーを抑え気味に回り、直線では手前を左に替えて淡々と進む。そのまま終わるかと思いきや、直線半ばで鞍上が手前を右に戻させると鋭く加速。完歩を広げて迫力のある伸びを見せた。左回りのレースに臨むにあたり、右手前の強い走りは大きな武器。高く評価したい1頭だ。

スマッシングハーツ【C】
栗東坂路単走。持ち前の柔らかいフットワークを駆使して登坂。強く促さずとも、それなりに脚を伸ばしていた。反面、前回の中間に比べると脚元の力感を欠いているようにも見える。当時のデキが良すぎたという点を考慮しても、何かしら物足りなさを覚える内容。評価は上げづらい。

タガノビューティー【C】
栗東CW併走。頭を低く保ち、四肢のさばきも素軽い。ただ、いい頃と比較してトビが低く映るのは気になるところ。追われてからの反応が鈍く、尻にステッキを入れてもスイッチが入らない。いい脚が長く続かない印象。強調できるほどの上昇は感じない。

テーオーケインズ【B】
栗東坂路単走。手前変換時に体が少し流れたことや、その後の顔をやや右に向けながらの走りは減点材料。ただ、この馬にはよくあることだし、フットワークの弾力性も高い。ラストの反応と伸びも悪くなかった。完璧には至らないまでも、前回のデキを下回るということはない。

ノットゥルノ【B】
栗東坂路併走。1週前にしっかり攻めた効果もあってか、脚さばきが軽くなり、トビに高さも出てきた。首の振り幅こそ安定しないが、気合乗りは悪くなく、鞍上の手ごたえに見合った走りができている。状態は上向きなので、あとは実戦で気分を損ねず運べるか否か。そのあたりが好凡走の鍵を握る。

ハピ【B】
栗東坂路単走。終始右手前だったが、右手前を多用する中京のG1に臨むことを思えば悪い材料ではない。鞍上も気にしておらず、過度に不安視する必要はなさそう。地味な内容だが、鞍上の手はほとんど動いていない。これで十分という判断なのだろう。この馬なりに走れる態勢と判断したい。

バーデンヴァイラー【B】
栗東CW併走。首が短く太いため、こぢんまりと映るものの、四肢のさばきは力強く、前後のバランスもいい。鞍上の促しにスッと反応し、伸び脚も悪くなかった。ゴール板付近で頭が上がった点は割引材料だが、ひと追いごとに上向いているのは確か。それなりに動ける仕上がりとみたい。

レッドガラン【B】
栗東坂路単走。しっかりハミを取って力強く登坂。四肢の可動域が広く、トビも高い。ラスト1ハロン付近から徐々に姿勢が高くなった点はいただけないが、鞍上のゲキに応えるべく、最後までひたむきに脚を伸ばしていたところは評価できる。砂被りに対応できれば、面白い存在になりそうだ。

レッドソルダード【C】
栗東P併走。新馬、未勝利馬が相手とあって悠々と先着。体軸がしっかりしていて、しまいの伸びも悪くなかった。一方、前を行く2頭に並びかける際、少し顔を左に背けて嫌気を出したのは気になるところ。とにかく揉まれたり、砂を被ると嫌がる馬。強豪集うG1で囲まれた時の不安は残る。


【調教予想からの注目馬】
ジュンライトボルト

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

2月12日()
京都記念 G2
共同通信杯 G3
2月11日()
クイーンC G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月5日()
東京新聞杯 G3
きさらぎ賞 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 イクイノックス 牡4
80,660万円
2 タイトルホルダー 牡5
79,311万円
3 エフフォーリア 牡5
77,664万円
4 デアリングタクト 牝6
61,092万円
5 ソダシ 牝5
57,624万円
6 ヴェラアズール 牡6
54,968万円
7 シャフリヤール 牡5
54,685万円
8 ディープボンド 牡6
54,083万円
9 レシステンシア 牝6
44,953万円
10 ジェラルディーナ 牝5
39,945万円
» もっと見る

3歳
1 ドルチェモア 牡3
11,154万円
2 リバティアイランド 牝3
8,543万円
3 ドゥラエレーデ 牡3
8,497万円
4 キタウイング 牝3
7,528万円
5 トップナイフ 牡3
6,757万円
6 フリームファクシ 牡3
5,609万円
7 ブトンドール 牝3
5,059万円
8 ダノンタッチダウン 牡3
5,045万円
9 ソールオリエンス 牡3
4,732万円
10 ライトクオンタム 牝3
4,731万円
» もっと見る