最新競馬ニュース

【根岸S】武蔵野Sでハナ差2着のレモンポップが今度こそ 田中博師「1400メートルがベスト」


©サンケイスポーツ


 949  3  0

【根岸S】武蔵野Sでハナ差2着のレモンポップが今度こそ 田中博師「1400メートルがベスト」

〈美浦トレセン〉

武蔵野Sでハナ差2着のレモンポップが、改めて重賞初Vを狙う。「楽な競馬で勝ち切れなかった。状態が今ひとつだったのか、距離なのか」と前走を振り返る田中博調教師は、「1400メートルがベストなのは確か。短期放牧明けになるが、12月半ばに帰厩して、きっちり調整できている。前走より走りのバランスも良化。楽しみ」と反撃に手応え十分。

すばるSを勝ったバトルクライも7ハロン戦は得意で、「前回は芝スタート。今回はダートスタートになるし、行き脚が違うと思う。体重が一戦ごとに増えているのは状態がいい証拠」と高木調教師。東京コースは【2・0・2・0】と走れる条件がそろっている。

オーロラテソーロは角馬場からダートコースを流し、リズムに乗った走りを見せた。畠山調教師は「稽古は動かないが、1週前の追い切りは併せ馬で実に良かった。状態はいい意味で平行線。ハナにはこだわらないし、スムーズに自分の競馬ができれば、いい結果を出せる」と話した。

〈栗東トレセン〉

ギルデッドミラーは、ダートに転じて3戦2勝、2着1回。前走は武蔵野Sで重賞初勝利を飾った。松永幹調教師は「ダートもいいけど、年を重ねて落ち着きが出て、競馬でも結果が出ている。ワンターンの1400メートルもいいですね」と力を込める。

昨年2着ヘリオスは、転厩初戦となるが、近2走はJpnⅠで2、3着。西園正調教師は「手探りなところはありますが、すごく素直な馬で追い切りの反応もいいですね。実績を考えても、しっかり走ってくれると思う」と楽しみにする。

一昨年のアーリントンCを勝っているホウオウアマゾンは、16戦目で初のダート戦。池田厩務員は「ダートは一度、試してみたかった。1400メートルに対応できるスピードはあるし、パワーもあるので」と新味に期待する。

エアアルマスは、2走前の室町S(1着)のように気分良く走れたときは素晴らしい走りを発揮する。池添学調教師は「1400メートルになれば、ある程度ポジションは取れそう。あとは枠ですね。外めをスムーズに運びたいですね」とイメージした。





 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

2月5日()
東京新聞杯 G3
きさらぎ賞 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月29日()
シルクロード G3
根岸S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 イクイノックス 牡4
80,660万円
2 タイトルホルダー 牡5
79,311万円
3 エフフォーリア 牡5
77,664万円
4 デアリングタクト 牝6
61,092万円
5 ソダシ 牝5
57,624万円
6 ヴェラアズール 牡6
54,968万円
7 シャフリヤール 牡5
54,685万円
8 ディープボンド 牡6
54,083万円
9 レシステンシア 牝6
44,953万円
10 ジェラルディーナ 牝5
39,945万円
» もっと見る

3歳
1 ドルチェモア 牡3
11,154万円
2 リバティアイランド 牝3
8,543万円
3 ドゥラエレーデ 牡3
8,497万円
4 キタウイング 牝3
7,528万円
5 トップナイフ 牡3
6,757万円
6 ブトンドール 牝3
5,059万円
7 ダノンタッチダウン 牡3
5,045万円
8 ソールオリエンス 牡3
4,732万円
9 ライトクオンタム 牝3
4,731万円
10 オールパルフェ 牡3
4,636万円
» もっと見る