最新競馬ニュース

【フェブラリー】レッドルゼル距離の壁ぶち破る


©サンケイスポーツ


 2,182  3  0

【フェブラリー】レッドルゼル距離の壁ぶち破る |競馬ニュース|ウマニティ

 本来ならハイレベルだった昨年のチャンピオンズC組を主軸にするべきだが、最上位3着だったインティは次戦の東海S12着が示すとおり、自分の形に持ち込めないとモロい。勝った一昨年も、過去10年で前半3Fが最も遅いペースに持ち込んでの逃げ切りだっただけに、信頼度はひと息だ。

 今年は前哨戦で好走した馬を狙う。期待したいのは、根岸Sを勝ったレッドルゼルだ。

 過去5年で根岸Sの勝ち馬は16年モーニン、18年ノンコノユメ、昨年のモズアスコットが勝っている。3頭に共通しているのは、根岸Sを1分23秒を切る速いタイムで勝って、かつメンバー3位以内の上がり3Fをマークしているという点。ルゼルのVタイムは1分22秒3、上がり3F35秒1はメンバー中2位だ。

 気になるのはやはり初めてのマイルだが、陣営はこの舞台を意識しながら競馬を教えてきた。川田騎手も「初めて乗ったときから素晴らしい背中をしているなと思いました」と才能に太鼓判を押し、「(最初から)今年のフェブラリーSを意識していました。そういう時間を過ごしてきたつもりです」と話す。

 特に昨秋以降は差す競馬が板についた。マイルを意識しながらの競馬でも、6~7Fできっちり賞金を加算できたのは、能力とセンスの高さだろう。振り返れば、父ロードカナロア安田記念で久々のマイルを不安視されながら勝った。芝とダートこそ違うが、偉大なDNAを受け継ぐ息子にも距離の壁を打ち破る快走を期待したい。

 究極の3連単はレッドを1着に固定。2、3着には根岸Sで斤量59キロを背負いながら、レッドと0秒2差に踏ん張ったアルクトスを据えて流す12点で勝負する。(夕刊フジ)



フェブラリーSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(3
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

4月18日()
皐月賞 G1
アンタレスS G3
4月17日()
中山GJ G1
アーリントン G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

4月11日()
桜花賞 G1
4月10日()
阪神牝馬S G2
NZT G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
2 コントレイル 牡4
83,051万円
3 オジュウチョウサン 牡10
78,186万円
4 グランアレグリア 牝5
74,022万円
5 キセキ 牡7
66,926万円
6 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
7 インディチャンプ 牡6
57,504万円
8 ブラストワンピース 牡6
57,236万円
9 マカヒキ 牡8
56,210万円
10 ワグネリアン 牡6
51,244万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
26,623万円
2 ダノンザキッド 牡3
12,555万円
3 メイケイエール 牝3
11,465万円
4 バスラットレオン 牡3
9,791万円
5 グレナディアガーズ 牡3
9,498万円
6 サトノレイナス 牝3
9,338万円
7 タイトルホルダー 牡3
8,583万円
8 ヴィクティファルス 牡3
7,720万円
9 ファインルージュ 牝3
7,330万円
10 ステラヴェローチェ 牡3
7,250万円
» もっと見る