最新競馬ニュース

【ユニコーンS】ゲンパチフォルツァ次代の砂王へ通過点


©サンケイスポーツ


 769  2  0

【ユニコーンS】ゲンパチフォルツァ次代の砂王へ通過点

 東京では20日、3歳馬によるダート決戦「第26回ユニコーンS」が行われる。昨年の優勝馬カフェファラオは今年のフェブラリーSでGI制覇を飾っており、次代の砂王候補に注目したい。前哨戦の青竜Sを快勝したゲンパチフォルツァが主役を務める。

 ゲンパチフォルツァは今年1月のデビューから着実にステップアップ。同じ東京ダートマイルで行われた前走・青竜Sは6番人気だったが、2番手から抜け出して後続の追撃を振り切った。勝ちタイム1分36秒1は良馬場としてはかなり優秀なもの。過去の青竜S勝ち馬はユニコーンSで【1・2・2・1】と堅実な成績を残しているだけに、期待は高まるばかりだ。

 母アイラブリリが芝1200メートルで全5勝をあげており、当初の見立ては短距離向きだった。それだけに、マイルを克服したのはうれしい誤算となった。「距離にはまだ不安があるけど、リラックスして走れれば大丈夫じゃないかな。理想は好位から抜け出す形」と堀井調教師は好走のイメージをふくらませている。

 9日の1週前追い切りはWコースで5F65秒5、ラスト1F13秒2を馬なりでマーク。今年7戦目になるが、元気いっぱいだ。「動きは完璧だったね。一戦ごとに強くなってきたし、見た目にもすごくボリュームアップしてきたよ」とトレーナーは目を細める。

 来年2月いっぱいで定年を迎える堀井調教師。このまま順調に育てば、フェブラリーSで最後の花道を飾る存在になりそうだ。「ありがたいよね。重賞でメンバーは強化されるけど、もともと期待していた馬なので楽しみ」。まずは重賞タイトルを手にして、さらなる高みを目指したい。(夕刊フジ)



ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(2
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

8月1日()
クイーンS G3
7月31日()
新潟ジャンプ G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月25日()
アイビスSD G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
102,623万円
2 グランアレグリア 牝5
90,189万円
3 コントレイル 牡4
83,051万円
4 オジュウチョウサン 牡10
78,846万円
5 キセキ 牡7
68,426万円
6 インディチャンプ 牡6
59,504万円
7 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
8 ブラストワンピース 牡6
58,242万円
9 マカヒキ 牡8
56,210万円
10 ワグネリアン 牡6
51,244万円
» もっと見る

3歳
1 シャフリヤール 牡3
28,209万円
2 エフフォーリア 牡3
27,992万円
3 ソダシ 牝3
26,623万円
4 ユーバーレーベン 牝3
19,636万円
5 シュネルマイスター 牡3
18,181万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
15,816万円
7 タイトルホルダー 牡3
13,738万円
8 ダノンザキッド 牡3
12,555万円
9 グレナディアガーズ 牡3
12,152万円
10 アカイトリノムスメ 牝3
11,932万円
» もっと見る