最新競馬ニュース

【東西現場記者走る】インティ、連覇へ上昇中!


©サンケイスポーツ


 1,421  2  0

【東西現場記者走る】インティ、連覇へ上昇中! |競馬ニュース|ウマニティ

 1週間の密着取材で勝ち馬を探るGI連載『東西現場記者走る』。今年のJRA・GI開幕戦となるフェブラリーSは、大阪サンスポの渡部陽之助記者(41)が担当する。初日に取り上げるのはインティ。昨年にこのレースを制して以降、勝ち星から見放されているが、状態は良好で陣営のトーンも前向き。同型馬不在の今回は、1年前の再現が期待できそうだ。

 記念すべき東京五輪イヤーのJRA・GI開幕戦。昨年の最優秀ダートホースに輝いたクリソベリル、2017年の覇者ゴールドドリームがともに月末のサウジCへ。昨年、東京大賞典を連覇したオメガパフュームの参戦もなく、どの馬にもチャンスがありそうなメンバー構成だ。伏兵も含めて、1週間の密着取材でしっかりと勝ち馬を見つけたい。

 まずは、昨年の勝ち馬インティに注目した。怒涛の7連勝でGIを制して以降、5連敗中。明け6歳、まだ老け込むには早すぎると思うのだが…。全休日の17日、担当の和田助手を直撃した。

 「1度使われて仕上がっていますね。筋肉が柔らかくて前走後のダメージもない。レース後もすぐに回復しましたし、いい感じで本番に臨めると思います」と力強い言葉が聞けた。取材中、馬房でカイバをバリバリ食べて、元気いっぱいの様子。状態面は、思惑通りに上昇カーブを描いているようだ。

 近走のレースぶりは、悲観するものではない。3走前のみやこSこそ、ハイペースの先行争いに巻き込まれて15着と大敗したが、2走前のGI・チャンピオンズCはレースレコード決着の3着と改めて地力をアピール。前走の東海Sも3着とはいえ、先団からしぶとく脚を伸ばしていた。「あれだけ外((13)番)を引くと、強気にいってもみやこSの二の舞になる。結果は別として、内容は良かったですからね」と同助手は前向きに語る。

 今回は、“買える”材料が多い。かしわ記念(2着)以来のマイルに戻る今回は、同型馬ドリームキラリが現時点で除外対象。全7勝中5勝が逃げ切りのインティにとっては、最も得意な形で競馬ができそう。「落ち着いて走れて逃げているときが、一番強いですからね」と同助手はうなずく。年明け初戦は川崎記念と両にらみだったが、昨年と同じ東海Sからのローテーションも好感が持てる。

 さらに、昨年は和田助手の兄・保長(やすなが)さんが担当するクロノジェネシスクイーンCを勝った翌週にインティがV。今年も16日の京都記念をクロノが快勝した。弟の将人(まさと)さんにとって、“吉兆”のサインも見逃せない。

 14&15年コパノリッキー以来、史上2頭目のフェブラリーS連覇へ-。可能性は十分にありそうだ。(渡部陽之助)

フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

★現場記者走るとは

 2014年の春に始まったGI限定の連載企画。東西サンスポの精鋭記者がトレセンで1週間の密着取材を行い、勝ち馬に迫る。結論を出すのはレース当日の日曜付の紙面。

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

4月12日()
桜花賞 G1
4月11日()
NZT G2
阪神牝馬S G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

4月5日()
大阪杯 G1
4月4日()
ダービーCT G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
70,813万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
5 マカヒキ 牡7
56,210万円
6 キセキ 牡6
55,914万円
7 ワグネリアン 牡5
50,624万円
8 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
9 フィエールマン 牡5
42,004万円
10 サングレーザー 牡6
41,309万円
» もっと見る

3歳
1 レシステンシア 牝3
11,585万円
2 サリオス 牡3
11,145万円
3 コントレイル 牡3
11,127万円
4 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
5 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
7,463万円
7 サトノフラッグ 牡3
6,708万円
8 ラウダシオン 牡3
6,654万円
9 ワーケア 牡3
6,454万円
10 エーポス 牝3
6,438万円
» もっと見る