最新競馬ニュース

【スプリングS】豪脚ゴー、3戦連続上がり最速

SANSPO.COM

 3,447

 今週の中山メインは、皐月賞トライアルのGIIフジテレビ賞スプリングステークス。有力馬ゴーフォザサミットを管理する藤沢和雄調教師(66)=美浦=は、このレースを過去に3勝しており、勝てば歴代最多タイとなる。昨年のダービートレーナーが送り出す素質馬に注目だ。

 昨年、レイデオロでダービーを制した藤沢和厩舎が、今年も春クラシック戦線に殴り込みをかけようとしている。関東の名匠がスプリングSに送り出すのはゴーフォザサミット。ここ3戦続けて上がり3ハロンメンバー最速の脚を使っている切れ者が、皐月賞の権利取りに必勝態勢だ。

 「ハーツクライ産駒でもう少し時間がかかるかと思ったけど、早めに2つ勝たせてもらえたからね。何とかクラシックに連れていきたい」

 そう意気込む藤沢和調教師はこれまで、スプリングSを3勝(1996年バブルガムフェロー、2007年フライングアップル、14年ロサギガンティア)。今回勝てば、尾形藤吉元調教師に並ぶ歴代最多Vとなる。現役最多のJRA1388勝トレーナーにとって、舞台に不足はない。

 手綱を託される田辺騎手も、確かな感触をつかんで臨む一戦だ。

 「馬群が固まったレースになりやすい中山は、この馬にはいいかもしれませんね」

 初めてコンビを組んだ共同通信杯は4着に終わった。スタート直後に内の馬に寄られてダッシュがつかず、最後方からのレース。勝負どころでインを突いて馬群をさばいたが、スローペースで先行勢を捕らえきることができなかった。ただ、3ハロン33秒2の末脚は、ひときわ目を引くもの。上位馬と能力の差はないと感じさせるに十分だった。

 「まだ緩いところがあって、追走に余裕がありませんでしたね。それでも、追い出してからの反応はよかったし、いいものがあるのは確かです」

 美浦のWコースで行った1週前追い切りにも同騎手が騎乗。4ハロン53秒6?12秒9と軽めながら反応は上々で、重心の低いフットワークと引き締まった馬体が目を引いた。

 中山芝1800メートルは、未勝利戦を中団から一気に突き抜けた舞台。優勢が伝えられる弥生賞組への対抗勢力として、ゴーフォザサミットが勝って世代の頂点へ突き進む。

★フジテレビ賞スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載



★展望

 朝日杯FS2着のステルヴィオが実績は上位。広いコース向きの末脚勝負タイプだが、札幌のコスモス賞を制しており、小回りの1800メートルにも適性はある。ゴーフォザサミットは前走で出遅れに泣いたが、重賞でも通用する力を示した。セントポーリア賞を快勝した道営馬ハッピーグリンも侮れない。他にも東スポ杯2歳S2着のルーカスや、逃げて連勝中のエポカドーロ、高野厩舎&北村友騎手でフィリーズレビューに続く重賞Vを狙うレノヴァールなどが有力視される。

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

9月23日()
オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

9月17日(月)
セントライト G2
9月16日()
ローズS G2
9月15日()
阪神ジャンプ G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る