最新競馬ニュース

【レースV職人 豚ミンCの爆穴はコレ!】カペラS2023 先週ドゥラエレーデ9番人気3着! 大混戦のダート重賞で期待したい2頭とは?


ウマニティ


 1,926  3  0

【レースV職人 豚ミンCの爆穴はコレ!】カペラS2023 先週ドゥラエレーデ9番人気3着! 大混戦のダート重賞で期待したい2頭とは?


これまで幾度となく大穴を本命にし、的中を重ねてきたレースV職人・豚ミンCプロが週末重賞の爆穴候補を推奨する当連載! 先週のチャンピオンズCは、推奨馬ドゥラエレーデが9番人気3着へ好走しました! 今週のカペラSにもぜひご注目ください。それでは早速、豚ミンCプロから届いた先週の振り返りと今週の見解を確認しましょう。


チャンピオンズCの振り返り】
人気馬に距離不安や脚質不安などがあり、微妙に人気が割れていましたが、勝ったのは今年のフェブラリーSも制した1番人気のレモンポップでした。成績的にも多くの人が距離不安を挙げていたと思いますが、前回のコラムでも書いたとおり、血統的にも問題なく、フェブラリーSであの競馬ができるのであればやはり簡単に負けることはなかったというところでしょう。というか父と母父を見れば中距離は大丈夫なはずで、ドバイですが1200mではあっさり負け、距離が延びたマイルの南部杯では圧勝。そもそもですが、マイル以上のほうが元々いいのでは? という話のような気もします。今日は鞍上も最後は脚が上がったとコメントしていましたし、「2000mだとさすがに無理だろう」となりそうですが、長い距離を使ってきた馬たちも今日は最後に止まっていたので関係ないかも(坂井Jは後ろの馬たちは見えていないので分からなかったはず)。そのことから、次走どこか分かりませんが、多少距離が延びても楽しみですね。あと忘れてはいけないのが坂井Jの立ち回り。8枠は不利だったと思いますが、行くと思われていたケイアイシェルビーはそこまで行き脚もなく、ドゥラエレーデも逃げなくていいやというような競馬を選んだので、ほぼ消耗なく先手を取ることに成功しました。それもあって勝ちに繋がったのは間違いないと思いますが、JRAのインタビューでも「事前に準備する」と言っていたように、色々想定していたのでしょう。こういう騎手は馬券を買う側からしたら心強いので積極的に本命にしたくなりますよね。ジョッキーカメラを見ても、声を掛けながらの競馬。馬に乗っていたときの私も、いつも「ホォーホォー」とか「大丈夫、大丈夫」と常に声を出しながら乗っていたので、親しみを感じました。ま、私の場合は下手だったので、自分に向けて言っていたようなものですけどね(笑)。去年は年間100勝まであと少しでした。今年は来週にでも決めてくれるでしょう!

対して2番人気のセラフィックコールはみなさんの想像どおりの結果に……。スタートはクリアし、最初のコーナーをロスなく回ったところまではよかったのですが、結果的に終始ロスなく乗った馬が上位に来ており、3角から外を回ったこの馬には厳しいレースになりました。ただ、「セラフィックコールって、いつも同じ競馬ばかり」と思われがちですが、八王子特別では多少周りに馬がいる競馬も実はしているんですよね。もしかしたらその時乗っていたレーンJなら、結果は違っていたかもしれませんね。あと個人的な話ですが、デムーロJは9レースと10レースで本命にしていてひどい競馬だったので、メインで勝たないでくれてよかったです(笑)。

続いて3番人気のクラウンプライドは……、まぁ最初のコーナーで終了でしたよね。敗因はほかにもあるのでしょうけど、1コーナーであの入りをして、3コーナーからも外を回ってとなると馬券には基本来ないです。おそらく無難にと、この馬を本命にした人は多かったと思いますが、どうであれうまく乗られないと競馬は当たらないので、仕方ないといったところでしょうか。4番人気のテーオーケインズは逆に文句の言いようがない最高の立ち回りをしての4着。以前なら最低でも馬券にはなっていたでしょう。これも前回のコラムで書いたとおり、間隔を空けて強い競馬をしていた馬が最近は勝ちきれなくなったということで落ち目だったはず。完璧に乗られて馬券圏外だったので消しで正解でした。


そしてそして、振り返らなければならない注目馬2頭。マイルCSでもジャスティンカフェダノンザキッドを挙げて馬券圏外のほうを本命。今回もグロリアムンディドゥラエレーデを挙げて、来なかったほうを本命といつもどおりでした(笑)。ドゥラエレーデに関しては伊達にダート連対率100%ではなかったですね。たぶんムルザバエフJもいいイメージがあったはずで、馬もそれに応えているように見えました。その分の粘って3着だったと思います。それとちょっと気になったのが前売りの人気。前売りから売れるとは思っていなく、しばらく単勝10倍前後だったのでビックリでした。ただ、3連系を見ると上位にはなく、最終的にある程度付くというのは容易に分かりましたよね。でもメイクアリープと同じくらいのところ、結果的にはそれなりには売れています。本来は50倍近くあってもいいと思いました。

あ、ちょうどオッズのことに触れたので、ここでちょっとその辺りのオッズの見方というか、判断の仕方について認めておきたいと思います。まずSNS等で「○○さん」が本命にしたらオッズが動くとかよく見かけますが、たしかに票数が少ない時は動くかもしれませんが、影響があったと判断するのは最終的に締め切ったオッズ。そこで本来より売れているのかそれとも普通なのかを見るのですが、前日や数分前は30倍だったのに、締め切ったら10倍。なので「○○さんが言ったから影響あった!」ではないですよ(笑)。私たちが単勝や複勝のオッズを判断する時は必ず3連系を見ます。そこで3連系では上位人気にいないのに単勝は上位人気、となっていたら売れていると判断します。例えば今回のチャンピオンズCで言うと、私が本命にしたグロリアムンディ。3連復の人気を見ると6番が出てくるのは8番人気のところ。その人気の前に出てくる数字を見ると2番・4番・9番・11番・12番・15番。細かい説明は省きますが、ざっくり言うとその次辺りの単勝オッズになるのが妥当ということになります。なので最終的な単勝・複勝を見ると、何も影響がない普通のオッズだったということになりますよね。たしか前日に20倍~30倍くらいあったと思いますが、そこのあなた、それより下がったので売れたと思っていません? それだと競馬初心者の部類に入ってしまいますよ。3連系を見て、前日からその辺りにあったからだいたいこれくらいになるだろうと判断できるようになっておきましょう。この判断ができるようになれば、「あれ? 新聞にいっぱい印は打たれているのに10倍付いてるからおいしい」と思って買い、締め切ったら3倍や5倍で、何もおいしくなく買って失敗でした、みたいなことはなくなります。なぜなら最終的に人気する馬は3連系では最初からしっかり上位にありますので。私らは当たり前のようにいつもこういうのを見ていますが、SNS等を見ていると意外とこういうことを知っている人は少なそう……。「○○さんが言ったからオッズが下がってしまいましたよ」なんてしょっちゅう見かけますのでね。そのレベルからひとつ上がって、競馬で勝てるように近づけたらと思います。というか、そもそもG1では影響しません(笑)。ちなみに最近たまたま見た動画でも(けっこう有名らしい)、締め切り前○倍だったのに○倍まで下がったって驚いているのを見かけて、何も分かってないんだなぁって思いました(^_^;)。

とまぁ脱線しましたが、もう1頭挙げたグロリアムンディに話を戻すとこの馬、中京コースでは呪われているんですかね。去年はどうしようもなく、雅Sは勝ったものの不利を受けていて、今回も2角で内からぶつけられその後も終始包まれてと……。さっきも書きましたが、9レースも10レースも私の本命がひどいことになっていたので、私のせいもありましたかね……。なんかすみませんm(_ _)m。あとクラウンプライドと共にもしかしたら韓国帰りは厳しかったりしたのかもしれません。ただ、これで終わる馬ではないはず。今後巻き返しに期待しています。


カペラSの見解】
今週は『直撃~最速予想』がありますので、G1ではなくカペラSを取り上げてみました。さてカペラSですが、オープンの中山ダート1200m。もう想像するだけでも差しが決まるだろうと思ってしまいますよね。過去の結果を見てもそのとおりで、普通に差しが決まるレースです。しかし前に行く馬もまったく来ないわけではなく、ただスピードがありますという馬は最後止まってしまいますが、前に行って多少溜めが利く馬はもう一踏ん張りする感じです。先行して勝ったダンシングプリンスジャスティンダノンレジェンドなんかは皆そうですよね。とは言っても、展開が非常に重要な1戦であることには違いないので、しっかり脚質は確認したいところですね。

それでは、いつもどおり人気と思われる馬から少し考えていきたいと思います。まずはリュウノユキナ。このレース2年連続2着の馬です。今年もずっと堅実に上位に入り、ここ3年間はほぼ馬券圏内に入っていてすごい馬ですよね。中央に来てダートを使ってからは、砂を被ってダメだったり、1400mでは暴走したりと、力はあるけどそれが発揮できずにいてもどかしい馬だったんですけどね。よく本命にしていたので懐かしいです。そんな馬が急に内で我慢できるようになって力を発揮できる馬に変身したのでビックリしたものです。で、今回はどうなの? というところですが、2年連続でちょっとうまく行きすぎなところはあるんですよね。去年はNSP(ノー・ストレス・ポジション)発動で、一昨年も一瞬発動しているんですよね。そのことから、外々を回されたりした時はちょっと怪しい気がするので、外枠に入ったら無印も考えています。まさかまた1番に入らないですよね……。

で、次の人気は……。ちょっと分からないですね。割れそうなので一応、前走勝っているアイスリアンに触れておきます。前走は西村Jだから勝ったような競馬でした。外目の枠でしたが、3角前に内が開き、そこへスッと入れてロスなく回ってと。しかも微妙にNSPも発動で恵まれもしました。あんな完璧に乗られて勝ってはレース内容での上積みがないので、次走買うのは難しくなる競馬でしたが、混戦になりそうなカペラSを考えると、あの競馬はプラスになるはず。2走前の中山で勝ったレースを見ても、3勝クラスではありますが好位から堂々の押し切り。あと何メートル走っても抜かれそうになく、今充実しているのは間違いないですね。これらのことから人気次第では押さえたほうがいい1頭になりそうです。

ほか、登録しているメンバーを見ても混戦そうでさらにこの舞台。荒れそうなのでなんとか当てたいところですが、また逆の選択をしそうで怖いです(>_<)。


以上、先週の振り返りとレース見解でした。先週はドゥラエレーデが9番人気3着、お見事でしたね! オッズの話も参考になるのではないでしょうか。さて、カペラSはなかなかの混戦模様。それでは、豚ミンCプロのカペラSの注目馬を発表します!


※以下、注目馬は出走確定前に選定している為、当日上位人気になる可能性、出走取り消しの可能性がございます。又、枠が確定してから見直す場合もある為、注目馬に挙げていない人気薄をプロ予想MAXで本命にする可能性もございます。


■注目馬①ベルダーイメル
そこまで人気するキャラではないはずなので挙げましたが、さすがに前走好走してしまったので穴にはならないですかね。ほとんどのレースで先行して揉まれない競馬を選択して、それで好走したり負けたりのこの馬ですが、去年勝った福島民友Cと2走前穴をあけたグリーンCCではどちらも内で我慢する競馬で、乗っていたのは我らが柴田善臣Jでした。これってなにかリュウノユキナに近いものがあって、柴田Jの力なんですかね。舞台的にも距離短縮馬はいいはずで、前走マイルを走っていたこの馬にはプラスのはず。2年前3着したオメガレインボーも距離短縮で本命にして馬券になってくれたので、この馬にも期待したいところです。あとは枠ですね……。


■注目馬②オメガレインボー
先ほど書いとおり2年前の3着馬です。前走の室町Sでは、直線に入って外に出そうとしましたが出せずに内を選択。それが裏目に出、今度は前が壁となり、けっきょくほとんど追えずに終わってしまいました。それでも伸びていたので、直線捌けていれば馬券圏内でもおかしくなかったというレースでした。去年も出走して5着でしたが、しまいはしっかり脚を使っていたので舞台としては悪くないはず。同じように乗って終始スムーズなら、でしょう。あとはこの馬もどの程度の人気になるか、ちょっと分からないのでオッズ次第で。


以上、豚ミンCプロの注目馬とコメントをお届けしました。今週は2頭推奨でしたね。枠とオッズ次第ではじゅうぶん期待できそうですね。それでは、また来週お会いしましょう。


(文・垣本大樹)

ーーーーー【豚ミンC・的中ハイライト】ーーーーー


【プロ出馬表ハイライト】
■3(日)中山4R 2歳新馬

グラスブランシュ(6人気12.1倍⇒1着)○サンリコリス(3人気8.0倍⇒3着)▲スマイルアクセス(5人気10.4倍⇒2着) 印3頭決着 「血統と兄姉を見て印は内枠から順に付けただけですが、◎だけは良さそうな馬に付けてあります」


豚ミンCプロのプロ出馬表「有利不利プロファイル」は豚ミンCプロのレースコメント、ひと言コメントに加え、すべての馬の過去走を含めた有利不利メモが閲覧できます。またプロ予想MAXではオッズの関係で非公開となっているレースもプロ出馬表で特別公開されています!「レースVTRを見たいけどチェックする時間がない」「レースVTRをどう見たらいいか分からない」そんなあなたに打ってつけの出馬表です!



【プロ予想MAXハイライト】
■3(日)中京7R 3歳以上1勝クラス

8番人気◎シャドウアイルの単勝60.8倍を600円、複勝5.4倍を1,100円で、42,420円の払い戻し! 回収率2,121%!

■3(日)阪神8R 3歳以上2勝クラス
3番人気◎ゼットレヨンの単勝10.4倍を1,600円で、1番人気ディキシーガンナーとの馬連9.3倍を500円、馬単25.3倍を200円で26,350円の払い戻し! 回収率878%!


自分で予想する時間がない!という方には豚ミンCプロの最終結論が1レースごとに購入できるプロ予想MAXがおすすめです!毎年当たり前のように年間プラスを達成する豚ミンCプロの予想精度をご体感ください!(出馬表確定前は前週ページに遷移します。)




豚ミンCプロフィール】
ウマニティ公認プロ予想家。毎年当たり前のように年間プラスを達成する圧巻の予想精度を誇る。レースリプレイを見直し、各馬の基本能力を見抜く。そのうえで、条件が合い、妙味のある馬を狙い撃つ。具体的には、馬場状態・展開・騎手を見て自分が思っているよりオッズが付くようなら「買い」と判断し、その馬の馬券を買うというスタンスで、特に騎手に関してはかなり重点をおいている。

このニュースへのコメント

コメントはありません。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

2月25日()
中山記念 G2
阪急杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月18日()
フェブラリー G1
小倉大賞典 G3
2月17日()
ダイヤモンド G3
京都牝馬S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 ドウデュース 牡5
102,726万円
2 スターズオンアース 牝5
84,098万円
3 リバティアイランド 牝4
74,444万円
4 ディープボンド 牡7
67,569万円
5 ジャスティンパレス 牡5
65,388万円
6 シャフリヤール 牡6
59,685万円
7 タスティエーラ 牡4
57,005万円
8 ジャックドール 牡6
49,004万円
9 ソールオリエンス 牡4
47,668万円
10 セリフォス 牡5
46,879万円
» もっと見る

3歳
1 ジャンタルマンタル 牡3
13,291万円
2 アスコリピチェーノ 牝3
10,494万円
3 レガレイラ 牝3
8,278万円
4 コラソンビート 牝3
7,811万円
5 シンエンペラー 牡3
6,906万円
6 エコロヴァルツ 牡3
5,584万円
7 シュトラウス 牡3
5,390万円
8 ダノンデサイル 牡3
5,313万円
9 ノーブルロジャー 牡3
4,885万円
10 ステレンボッシュ 牝3
4,884万円
» もっと見る