最新競馬ニュース

【ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)】エルムS2022 オメガレインボー、ロードエクレールの2頭が好態勢!


ウマニティ


 1,853  0  0

【ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)】エルムS2022 オメガレインボー、ロードエクレールの2頭が好態勢!

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はエルムS・調教予想(水曜版) をお届けします!


日曜日に行われるエルムステークスの登録馬の水曜追い切り(追い切り映像が確認できた馬に限る)について、1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。なお、出走馬確定後に最終版記事を改めて掲載します。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

アイオライト【B】
函館W単走。頭の位置こそ高めだが、それはこれまでも同様。折り合いはスムーズについていて、脚元の回転は鋭い。適度な前進気勢もある。中5週の割に中間の速い攻めが少なめなのは気がかりも、稽古の雰囲気自体は悪くない。好調キープとみてよさそうだ。

アメリカンシード【C】
函館W単走。頭をあげるなど気難しい点は相変わらず。上半身と下半身の連動を欠き、脚力だけで進んでいるような印象を受ける。気性的に抑えるよりも、馬の気分に任せて運んだほうがいいのかも。上位争いに加わるには、ジョッキーの巧みな誘導が不可欠と言えよう。

ウェルドーン【B】
函館W併走。スパッと切れる感じこそないものの、水分を多く含んだコンディションとすれば及第点の動き。鞍上の合図に対する反応も悪くなく、集中して走れている。持ち味のしぶとさを活かせる競馬になれば、見せ場があるかもしれない。

オメガレインボー【A】
札幌ダ単走。折り合い重視の内容。ゆったりとリズム良く運び、バランスのいい安定した脚さばきでコーナーを回る。直線に入ってからの手前替えも、この馬とすればスムーズ。直線半ばで軽く促された際の反応も良かった。いい仕上がり具合ではないか。

スワーヴアラミス【B】
札幌ダ併走。首の振り幅にバラつきがあるものの、脚元の動きは力強く、重心もそれなりに低い位置を維持している。ズブいなりに自分から前へ出ようとする気持ちを見せているのも好印象。58キロの斤量は課題だが、デキ自体は悪くない。消耗戦の体力比べになれば、巻き返しの余地は十分にある。

ダノンファラオ【B】
札幌ダ併走。手前の切り替えが不器用な点はいつもと同じ。とはいえ、気合乗りは悪くなく、ひと頃に比べて反応も良くなってきた。完璧には至らないまでも、徐々に状態は持ち直してきている。あとは実戦でストレスのかからない位置取りが叶うか否か。それが好凡走の鍵を大きく握る。

ダンツキャッスル【C】
函館W単走。馬場を考慮して無理をさせなかったのか、内めを回って最後に少し仕掛ける程度の内容。首が短めということもあるが、全体的にこぢんまりと映り、走り自体に余裕を感じない。このままでは追走に苦労しそう。上位進出には、展開面の恩恵が必須のように思える。

バティスティーニ【C】
札幌ダ単走。キビキビと走れているが、この程度はいつも動く馬。頭の位置が高くピッチ気味の走法から、短距離指向の強いタイプであるのは確か。1回叩いた上積みを多少なりとも見込めるにせよ、すでに9歳の高齢馬。1700m大敗後の同距離重賞で善戦を超えるイメージは浮かんでこない。

ヒストリーメイカー【B】
札幌ダ併走。この馬らしい安定感のあるフットワークで進む。内から僚馬が迫ると、脚いろを上げて最後は同入の形でゴール。勢いや手ごたえ的には相手にパスされてもおかしくなかったが、それを許さなかった勝負根性は評価できる。及第点のデキとみたい。

フルデプスリーダー【B】
札幌ダ併走。追走のロードエクレールが内から猛然と馬体を併せると、ハミを取って抵抗。しぶとく食らいついた。体を持て余し気味ではあるが、硬さは許容範囲の部類。気合乗りも良く、続戦の疲れは見られない。いい意味での平行線だろう。

ブラックアーメット【B】
札幌ダ単走。首の角度が良く、安定感のあるフットワーク。気合をつけられたぶんだけ、脚を伸ばしているし、体の使い方も悪くなかった。絶好の動きを見せた川崎記念当時の中間に比べると、反応が若干鈍いようにも思えるが、このひと追いで気配はかなり上向きそう。ぞんざいには扱えない。

ブラッティーキッド【B】
札幌ダ単走。直線を向いてから手前を替えず、鞍上が強引に切り替えさせる場面も。ただ、その後はこの馬なりにキビキビと駆けていた。もう少し躍動感が欲しいが、もとより稽古映えしないタイプ。それを思えば許容範囲だろう。順調とみていいのではないか。

ロードエクレール【A】
札幌ダ併走。上がり重点の内容。頭の位置が高めなのはいつものこと。適度な活気を示し、鞍上の仕掛けに対する反応も悪くない。先行していたフルデプスリーダーがしぶとく粘ったため、見た目は地味だが、この馬のほうが脚いろは良く、手ごたえも互角以上だった。上々の仕上がりだろう。

ロードレガリス【B】
函館W単走。リズム重視の軽めの調整。頭が高めで前肢の出も若干窮屈に映るが、それは長期休養前の好調時も同様。深刻に捉える必要はない。後肢の使い方は悪くなく、この馬自身のパフォーマンスは示している。現状の力を出せる態勢と判断したい。


【調教予想からの注目馬】
オメガレインボー ロードエクレール

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

8月21日()
札幌記念 G2
北九州記念 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

8月14日()
小倉記念 G3
関屋記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
94,138万円
2 タイトルホルダー 牡4
79,311万円
3 エフフォーリア 牡4
73,664万円
4 マカヒキ 牡9
63,008万円
5 デアリングタクト 牝5
55,092万円
6 ディープボンド 牡5
54,083万円
7 ソダシ 牝4
50,142万円
8 レシステンシア 牝5
44,953万円
9 エアスピネル 牡9
44,765万円
10 サリオス 牡5
38,993万円
» もっと見る

3歳
1 ドウデュース 牡3
38,595万円
2 スターズオンアース 牝3
36,651万円
3 ジオグリフ 牡3
23,581万円
4 ダノンスコーピオン 牡3
21,674万円
5 イクイノックス 牡3
20,009万円
6 ナムラクレア 牝3
16,781万円
7 セリフォス 牡3
15,200万円
8 アスクビクターモア 牡3
14,236万円
9 サークルオブライフ 牝3
13,573万円
10 スタニングローズ 牝3
13,508万円
» もっと見る