最新競馬ニュース

【漆山“教授”のGI因数分解】ガロアクリークが“第3の馬”


©サンケイスポーツ


 4,715  0  1

【漆山“教授”のGI因数分解】ガロアクリークが“第3の馬” |競馬ニュース|ウマニティ

 東大卒の知性派、漆山貴禎記者がGI的中への解法を探る「漆山教授のGI因数分解」。日本ダービーは、皐月賞でマッチレースを演じたコントレイルサリオスに続く“第3の男”を見つけるべくデータを精査。ガロアクリークなどが浮上した。

 ◇

 第1冠の皐月賞ではコントレイルサリオスが3着を3馬身以上も引き離すマッチレースを演じた。この2頭が日本ダービーでも有力視されるのは衆目の一致するところだ。そこで本稿では“第3の男”の可能性に絞って論を進めていきたい。

 (1)2着馬より…

 過去20年で前走・皐月賞組が13勝・2着11回と連対馬の6割を占めている。そこで、皐月賞での着順と日本ダービーの結果の関連性を示したものが表1だ。勝ち馬は【5・3・2・8】で連対率44・4%と一定の成績を残しているが、2着馬は【1・2・3・14】とひと息。むしろ、3着馬が【3・2・0・10】で連対率33・3%と健闘している。単勝回収率は284%を誇り、馬券的妙味という観点からもマークしておきたい。

 (2)早生まれのディープ産駒

 現3歳世代のオープン戦における生まれ月別成績が表2で、1、2月生まれが傑出した連対率を残している。出産の早期化は生産界のトレンドだ。ダービーでも1月生まれ馬の出走頭数は2000~10年で4頭にとどまっていたが、15年以降は11頭と急増。さらに、ディープインパクト産駒に限定すれば【2・1・0・1】の好成績だ。

 (3)東京無敗馬

 2000年以降、東京で2戦以上して無敗だった馬は計9頭が出走=表3。勝利こそ挙げていないものの、5頭が馬券圏内に好走と堅実な成績を残している。関西馬は東京初出走となるケースも多いだけに、当地での実績はアドバンテージになるはずだ。

 注目馬 今年の皐月賞3着はガロアクリークキンシャサノキセキ産駒は芝2400メートル重賞初出走だが、すでに血統の範疇(はんちゅう)を超えた活躍を見せている馬。距離延長が嫌われるようなら好配当も期待できる。

 1月生まれのディープ産駒2騎からはサトノインプレッサNHKマイルCは外枠から全く流れに乗れなかった。ゆったり流れる12ハロン戦でデビュー3連勝の軌跡を再評価したい。ワーケア皐月賞を見送って、2戦2勝の東京に全力投球する。鞍上ルメール込みで不気味な存在だ。

 これらのダークホースに“2強”を上回るだけの可能性があるのか。追い切り気配や枠順からじっくりと探りたい。 (漆山貴禎)

★ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(1

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

TERAMAGAZINE
5月29日(金) 22:37

東大卒の知性派

数学できちんと因数分解してください。
期待しております!

ナイス! (0)

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月12日()
七夕賞 G3
プロキオンS G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月5日()
CBC賞 G3
ラジNIK賞 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
62,022万円
4 フィエールマン 牡5
57,306万円
5 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
6 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
7 マカヒキ 牡7
56,210万円
8 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
9 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
10 ワグネリアン 牡5
50,624万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
47,260万円
2 デアリングタクト 牝3
29,389万円
3 サリオス 牡3
25,012万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
12,845万円
8 ウインマリリン 牝3
12,321万円
9 スマイルカナ 牝3
10,778万円
10 オーソリティ 牡3
9,951万円
» もっと見る