会員登録はこちら
アーリントンカップ G3   日程:2014年3月1日() 15:35 阪神/芝1600m

レース結果

アーリントンカップ G3

2014年3月1日() 阪神/芝1600m/10頭

本賞金:3,700万 1,500万 930万 560万 370万


レコード:1分32秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 10

ミッキーアイル

牡3 57.0 浜中俊  音無秀孝 470(-6) 1.34.0 1.4 1
2 6 6

タガノグランパ

牡3 56.0 岩田康誠  松田博資 474(-8) 1.34.6 3 1/2 14.5 3
3 3 3

フェルメッツァ

牡3 56.0 武豊  松永幹夫 432(-6) 1.34.8 25.0 6
ラップタイム 12.6 - 11.1 - 11.5 - 11.5 - 12.1 - 11.6 - 11.1 - 12.5
前半 12.6 - 23.7 - 35.2 - 46.7 - 58.8
後半 58.8 - 47.3 - 35.2 - 23.6 - 12.5

■払戻金

単勝 10 140円 1番人気
複勝 10 110円 1番人気
6 220円 3番人気
3 350円 4番人気
枠連 6-8 550円 2番人気
馬連 6-10 740円 2番人気
ワイド 6-10 270円 2番人気
3-10 460円 6番人気
3-6 1,160円 13番人気
馬単 10-6 820円 3番人気
3連複 3-6-10 2,560円 8番人気
3連単 10-6-3 5,340円 16番人気

アーリントンカップのニュース&コラム

【3歳次走報】アイル、NHKマイルCへ直行
 ★アーリントンCで重賞連勝を飾ったミッキーアイル(栗・音無、牡)は4日に放牧に出され、NHKマイルC(5月11日、東京、GI、芝1600メートル)へ直行する。その結果次第で安田記念(6月8日、東京、GI、芝1600メートル)も視野に。 ★アーリントンC4着タガノブルグ(栗・鮫島、牡)は、ファルコンS(22日、中京、GIII、芝1400メートル)を視野に。萌黄賞勝ち馬テーオーソルジャー(栗・宮、牡)も同レースへ。 ★アーリントンC7着エイシンブルズアイ(栗・野中、牡)は、毎日杯(29日、阪神、GIII、芝1800メートル)を視野に。同レースには1日の阪神未勝利戦(芝1800メートル)を勝ったパドルウィール(栗・中尾、牡)も登録。 ★共同通信杯5着ピオネロ(栗・松永幹、牡)は放牧を挟んで青葉賞(5月3日、東京、GII、芝2400メートル)へ。 ★水仙賞を逃げ切ったナスノアオバ(美・小笠、牡)は、毎日杯が本線だが、フジテレビ賞スプリングS(23日、中山、GII、芝1800メートル)も視野に。 ★1日の中山未勝利戦(芝2200メートル)を勝ち上がったテオドリーコ(美・木村、牡)は、福島県・ノーザンファーム天栄で短期放牧。山吹賞(4月5日、中山、500万下、芝2200メートル)を目指す。 ★2日の中山新馬戦(芝2000メートル)を快勝したコウヨウマリア(美・古賀慎、牝)は、ミモザ賞(29日、中山、500万下、芝2000メートル)かデイジー賞(4月13日、中山、500万下、芝1800メートル)。 ★2日の中山500万下(芝1200メートル)を快勝したアスコルティ(美・国枝、牝)は、放牧を挟んで葵S(5月18日、京都、OP、芝1200メートル)へ。 ★昨年暮れの阪神JF8着モズハツコイ(栗・牧田、牝)は、マーガレットS(4月6日、阪神、OP、芝1400メートル)に出走の構え。
2014年3月5日(水) 05:01

 525

【阪急杯】今週もコパ! リチャード逃走V!
 2日の阪神11Rで行われた第58回阪急杯(4歳上オープン、GIII、芝1400メートル、16頭立て、1着賞金=4000万円、1着馬に高松宮記念優先出走権)は、浜中俊騎手騎乗の2番人気コパノリチャード(牡4歳、栗東・宮徹厩舎)が逃げ切って快勝。重賞3勝目を飾った。タイムは1分20秒7(良)。 今週も、黄色と赤の勝負服が積極策からメーンVを果たした。最内枠からダッシュ良く先手を奪ったコパノリチャードが堂々と逃げ切って3度目の重賞V。4歳初戦を完勝して、GI制覇へ足場固めを完了した。鞍上の浜中騎手は前日のアーリントンC(ミッキーアイル)に続く、阪神メーンの逃げ切りVだ。 レースは大方の予想通り、最内枠からコパノリチャードが飛び出す展開。パドトロワ、ガルボが2、3番手につけて、1番人気のダノンシャークは中団の外からレースを進めた。コパノリチャードはマイペースでリズム良く逃げ、直線に向いても手応えは余裕十分。激しい2着争いを尻目にゆうゆうと逃げ切って、年明け初戦をものにした。浜中騎手は土日連続の重賞勝ちで、オーナーのドクター・コパこと小林祥晃氏(建築家)にとっても、フェブラリーSのコパノリッキーに続く2週連続の重賞勝ち。4馬身差の2着は、直線で最内を突いたコース巧者の8番人気サンカルロ。2着と1/2馬身差の3着には5番人気のレッドオーヴァルが入っている。 コパノリチャードは、父ダイワメジャー、母ヒガシリンクス、母の父トニービンという血統。北海道日高町・ヤナガワ牧場の生産馬で、小林祥晃氏の所有馬。通算成績は11戦5勝。重賞はGIIIアーリントンC、GIIスワンS(2013年)に次いで3勝目。宮徹調教師は阪急杯初勝利。浜中俊騎手は12年マジンプロスパーに次いで2勝目。 土日メーンを逃げ切って重賞連勝の浜中騎手は「開幕週で1番枠という絶好の条件だったし、スタートを丁寧に出すことを心がけました。道中マイペースで行けたし、最後も力強く走ってくれたので、つかまらないだろうと思いました。GIでもこの馬のスピードを生かす競馬ができれば、十分通用すると思います」とさらなる大舞台へと思いを馳せていた。★2日阪神11R「阪急杯」の着順・払戻金はこちら
2014年3月2日() 15:45

 611

【アーリントンC】アイル圧逃!今後はNHKマイルC直行
 第23回アーリントンカップ(1日、阪神11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金3700万円 =出走10頭)1番人気で浜中俊騎乗のミッキーアイルが悠々と逃げ切り、前走のシンザン記念に続く重賞連勝を決めた。今後はNHKマイルC(5月11日、東京、GI、芝1600メートル)に直行する予定。タイム1分34秒0(良)。3馬身半差の2着に3番人気タガノグランパ、さらに1馬身差の3着に6番人気フェルメッツァが入った。 快速馬の進撃が止まらない。単勝1・4倍と圧倒的な1番人気に支持されたミッキーアイルが、自慢のスピードを生かして圧勝。浜中騎手は確かな手応えを口にした。 「スタートが抜群に速くて、道中もリズムよく走れていた。順調にGIに向かってほしい。本当に期待できますね」 大外枠から好発を決めて軽快に逃げた。「直線に向く前に物見して減速しかけた」と主戦が語るように、直線の入り口で後続を引きつける形になったが、二の脚を繰り出して再び突き放した。2着に3馬身半差をつけ、デビュー2戦目からの連勝を『4』に伸ばした。 昨年末の朝日杯フューチュリティSは抽選で除外となったが、もう賞金面の心配はない。直行するNHKマイルCから逆算して調整を施し、悲願のGI勝利へ態勢を整えていく。 (川端亮平)★1日阪神11R「アーリントンC」の着順・払戻金はこちら◆岩田騎手(タガノグランパ2着) 「しぶとく踏ん張ったように、やはり能力はある」◆武豊騎手(フェルメッツァ3着) 「自分の競馬に徹した。直線はよく伸びているが、勝った馬が強すぎたね」◆C・デムーロ騎手(エイシンブルズアイ7着) 「しまいを生かす競馬をしたが、伸びは微妙だった」ミッキーアイル 父ディープインパクト、母スターアイル、母の父ロックオブジブラルタル。鹿毛の牡3歳。栗東・音無秀孝厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は野田みづき氏。戦績5戦4勝。獲得賞金は9247万6000円。重賞は2014年GIIIシンザン記念に次いで2勝目。アーリントンCは、音無秀孝調教師、浜中俊騎手ともに初勝利。
2014年3月2日() 05:01

 530

【アーリントンC】アイル圧逃!悲願のGI初制覇へ
 第23回アーリントンカップ(1日、阪神11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金3700万円 =出走10頭)1番人気で浜中俊騎乗のミッキーアイルが悠々と逃げ切り、前走のシンザン記念に続く重賞連勝を決めた。今後はNHKマイルC(5月11日、東京、GI、芝1600メートル)に直行する予定。タイム1分34秒0(良)。3馬身半差の2着に3番人気タガノグランパ、さらに1馬身差の3着に6番人気フェルメッツァが入った。 快速馬の進撃が止まらない。単勝1・4倍と圧倒的な1番人気に支持されたミッキーアイルが、自慢のスピードを生かして圧勝。浜中騎手は確かな手応えを口にした。 「スタートが抜群に速くて、道中もリズムよく走れていた。順調にGIに向かってほしい。本当に期待できますね」 大外枠から好発を決めて軽快に逃げた。「直線に向く前に物見して減速しかけた」と主戦が語るように、直線の入り口で後続を引きつける形になったが、二の脚を繰り出して再び突き放した。2着に3馬身半差をつけ、デビュー2戦目からの連勝を『4』に伸ばした。 昨年末の朝日杯フューチュリティSは抽選で除外となったが、もう賞金面の心配はない。直行するNHKマイルCから逆算して調整を施し、悲願のGI勝利へ態勢を整えていく。 (川端亮平)◆岩田騎手(タガノグランパ2着) 「しぶとく踏ん張ったように、やはり能力はある」◆武豊騎手(フェルメッツァ3着) 「自分の競馬に徹した。直線はよく伸びているが、勝った馬が強すぎたね」◆C・デムーロ騎手(エイシンブルズアイ7着) 「しまいを生かす競馬をしたが、伸びは微妙だった」ミッキーアイル 父ディープインパクト、母スターアイル、母の父ロックオブジブラルタル。鹿毛の牡3歳。栗東・音無秀孝厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は野田みづき氏。戦績5戦4勝。獲得賞金は9247万6000円。重賞は2014年GIIIシンザン記念に次いで2勝目。アーリントンCは、音無秀孝調教師、浜中俊騎手ともに初勝利。
2014年3月2日() 05:01

 414

アーリントンカップのニュースをもっと見る >

【アーリントンC】追って一言
 ◆アドマイヤメテオ・橋田師 「坂路の調教は動く方ではないので上々。前走の東京遠征直後は疲れていたが、今は大丈夫」 ◆エイシンブルズアイ・野中師 「動き、反応とも上々。デムーロ騎手も抜群と評価してくれた。競馬では自在性を生かしてほしい」 ◆グッドスピリッツ・松元師 「順調に調教を消化。前走は距離が長すぎた感じで、マイルぐらいがいいかも」 ◆グランフィデリオ・清永助手 「坂路の併せ馬は攻め駆けする相手に遅れたが、この馬自身の具合はいい」 ◆タガノグランパ・松田博師 「レースぶりは良化しているし、状態も変わりない。前走の勝ちっぷりもよかったので、2走前のシンザン記念(3着)以上にやれないかな」 ◆タガノブルグ・鮫島師 「坂路の時計、動きともよかったね。しまいは確実に伸びる馬だし、マイルに距離が延びても対応できる」 ◆フェルメッツァ・武豊騎手 「軽い馬場だったが、動きはよかった。折り合えば、マイルも大丈夫。馬混みに入ると掛かる面があるので少頭数はいいね」 ◆マキャヴィティ・萩原師 「しっかり負荷をかけた。芝は走っていますが、今後の方針を決める意味でも改めて試して、メドの立つ競馬を期待」 ◆レッドルシファー・矢作師 「前回はハミ受けの難しさが出た。それにもう少しトモに力がついてこないと…」
2014年2月27日(木) 04:03

 474

【アーリントンC】アイル12秒2!音無師「文句なし」
 前走のシンザン記念を含めて3連勝中のミッキーアイルは栗東坂路で単走。序盤からスピードに乗り、ラスト1ハロンもしっかり追われて、4ハロン51秒5-12秒2の好タイムをマークした。 「短期放牧から戻って3本目だが、文句なしの動きだった。馬体もシンザン記念を勝ったとき(476キロ)よりも、プラス体重で出せる。ここを勝つようなら、放牧をはさんで、NHKマイルカップへ直行となるだろう」と音無調教師は重賞連勝へ手応えをつかんでいる。
2014年2月27日(木) 04:03

 384

アーリントンカップ過去10年の結果

2013年2月23日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2012年2月25日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ジャスタウェイ 福永祐一 1:36.3 4.1倍 95.1
2着 オリービン C.デムーロ 1/2 6.0倍 94.3
3着 アルキメデス 川田将雅 1 1/4 11.6倍 92.8
2011年2月26日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

アーリントンカップの歴史と概要


2017年の優勝馬ペルシアンナイト

ペガサスSを前身とする春の3歳マイル重賞で、2018年よりNHKマイルカップのトライアルレースとなった。クラシックの門戸が外国産馬に開かれていなかった時代はマル外による勝利が多く、2000年の第9回は前年の2歳(旧3歳)チャンピオンで、後年に香港で大活躍するエイシンプレストンが勝っている。近年は、第21回(2012年)のジャスタウェイ、第22回(2013年)のコパノリチャード、第23回(2014年)のミッキーアイル、第26回(2017年)のペルシアンナイトなど、勝ち馬がのちにG1ホースに輝く出世レースとしても名高い。

歴史と概要をもっと見る >

アーリントンカップの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月23日(
産経賞オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

競馬番組表

2018年9月22日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2018年9月23日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る