会員登録はこちら
読売マイラーズカップ G2   日程:2013年4月21日() 15:35 京都/芝1600m

レース結果

読売マイラーズカップ G2

2013年4月21日() 京都/芝1600m/18頭

本賞金:5,500万 2,200万 1,400万 830万 550万


レコード:1分31秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 17

グランプリボス

牡5 57.0 浜中俊  矢作芳人 522(+10) 1.32.6 9.3 5
2 7 14

サンレイレーザー

牡4 56.0 和田竜二  高橋義忠 520(-4) 1.32.7 1/2 33.7 8
3 6 12

ダノンシャーク

牡5 56.0 C.デムー  大久保龍 452(+4) 1.32.7 アタマ 6.1 3
ラップタイム 12.3 - 10.8 - 11.0 - 11.7 - 11.5 - 12.1 - 11.5 - 11.7
前半 12.3 - 23.1 - 34.1 - 45.8 - 57.3
後半 58.5 - 46.8 - 35.3 - 23.2 - 11.7

■払戻金

単勝 17 930円 5番人気
複勝 17 340円 5番人気
14 630円 7番人気
12 210円 2番人気
枠連 7-8 1,500円 6番人気
馬連 14-17 12,880円 32番人気
ワイド 14-17 3,590円 32番人気
12-17 870円 9番人気
12-14 1,620円 17番人気
馬単 17-14 22,510円 58番人気
3連複 12-14-17 17,400円 47番人気
3連単 17-14-12 137,990円 348番人気

読売マイラーズカップのニュース&コラム

【マイラーズC】GI馬の底力!マイル界のボス
 第44回マイラーズカップ(21日、京都11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金5500万円 =出走18頭)浜中俊騎乗の5番人気グランプリボスが、中団外め追走から直線で抜け出して快勝し、重賞5勝目をゲット。1分32秒6(良)の好タイムで、GI安田記念(6月2日、東京、芝1600メートル)へ弾みをつけた。1/2馬身差2着に8番人気サンレイレーザー。3着は3番人気ダノンシャークで、1番人気カレンブラックヒルは4着に敗れた。 グランプリボスが大舞台に向けて好発進を決めた。馬場の中央から豪快な差し切り勝ち。力を存分に見せつけた。 「あまり外を回らされないように注意して乗りました。力強い走りでしたね。GI(朝日杯FS、NHKマイルC)を勝っている馬。底力でしょうね」 初騎乗だった浜中俊騎手が笑みを浮かべる。道中は中団の外めを追走。以前の引っ掛かるそぶりはなく、折り合いながら直線へ。いったん先頭に立ったカレンブラックヒルを、上がり3ハロン34秒8の末脚で一気にかわし、ゴールへ飛び込んだ。 4カ月ぶりの実戦。しかし、中間は好調教を連発し、仕上がりは上々だった。「力はあるんだし、まともに走れば、これくらいは当然」と矢作芳人調教師。「ウチの馬が一番強いと思っていた。今年は全部勝つつもりでいきたい」。 当初は安田記念の前に5月11日の京王杯スプリングCに臨むプランだったが、復帰初戦を制したことで、本番へ直行する可能性も浮上。ひたすらマイルの頂上を目指す。 (宇恵英志)グランプリボス父サクラバクシンオー、母ロージーミスト、母の父サンデーサイレンス。鹿毛の牡5歳。栗東・矢作芳人厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(株)グランプリ。戦績20戦6勝(うち海外2戦0勝)。獲得賞金は4億5825万9000円(海外はなし)。重賞は2010年GII京王杯2歳S、GI朝日杯FS、11年GINHKマイルC、12年GIIスワンSに次いで5勝目。マイラーズCは矢作芳人調教師が09年スーパーホーネットに次いで2勝目。浜中俊騎手は初勝利。
2013年4月22日(月) 05:06

 682

【マイラーズC】レースを終えて…関係者談話
◆和田竜二騎手(サンレイレーザー2着)「どんな競馬もできるし、力は見せてくれた」◆クリスチャン・デムーロ騎手(ダノンシャーク3着)「直線で前が詰まったが、うまく抜けられた」◆北村友一騎手(フィフスペトル5着)「思う位置が取れなかった。直線では反応したが…」◆小牧太騎手(マジンプロスパー6着)「レースは完璧だったが、伸びなかった」◆柴田善臣騎手(レインボーダリア7着)「最後は脚を使っている」◆岩田康誠騎手(クラレント8着)「直線で自分のスペースが取れなかった。行けというときに行けなかった」◆ミルコ・デムーロ騎手(ファイナルフォーム9着)「ゲートでつまずいたり、止まったり、集中力を欠いていた」◆酒井学騎手(アスカクリチャン11着)「現状では2000メートルの方が合う」◆松山弘平騎手(スマートギア13着)「距離が短く、忙しかった」◆松岡正海騎手(シルポート14着)「逃げてこその馬。行けなかったのがすべて」◆川須栄彦騎手(エーシンメンフィス17着)「久しぶりで馬がノンビリしていた」
2013年4月22日(月) 05:05

 957

【マイラーズC】ブラックヒル、ラスト失速4着
 第44回マイラーズカップ(21日、京都11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金5500万円 =出走18頭)1番人気カレンブラックヒルは直線で一度は先頭に立ったが、ゴール直前で脚色が鈍って4着。ダート初挑戦で15着と惨敗した前走フェブラリーSから、今回は得意の芝に戻ったが、本領を発揮できなかった。秋山真一郎騎手は「いい形で抜け出せたけど、最後の最後で止まった。でも次はもう一段階良くなるだろうし、斤量も一緒。次、頑張ります」と安田記念に気持ちを切り替えた。
2013年4月22日(月) 05:05

 1,053

【マイラーズC】グランプリボス重賞5勝目!
 21日の京都11Rで行われた第44回マイラーズC(4歳上オープン、GII、芝1600メートル、18頭立て、1着賞金=5500万円)は、浜中俊騎手騎乗の5番人気グランプリボス(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎)がゴール前で差し切ってV。重賞5勝目を飾った。タイムは1分32秒6(良)。 休み明けの不安を一層して、マイルGI2勝馬の底力を見せつけた。新コンビ・浜中俊を背にしたグランプリボスがゴール前の激戦を制して重賞5勝目をマーク。安田記念に大きく前進した。 レースは韋駄天シルポートの機先を制して外からタイキパーシヴァルがハナに立つ。シルポートは2番手に控え、オースミスパークが3番手。人気のカレンブラックヒルも前の3頭を見る位置でレースを進めた。やや速い流れとなり、先行馬は直線で失速。カレンブラックヒルが抜け出しを図るが、後続を引き離すまでには至らない。残り1ハロン付近では外からグランプリボスとサンレイレーザー、内からダノンシャークなども迫って大激戦となったが、最後にグイッと伸びたのがグランプリボス。勝負強さを誇示して今年の初戦を飾った。1/2馬身差の2着は8番人気サンレイレーザーで、アタマ差3着が3番人気のダノンシャーク。 グランプリボスは、父サクラバクシンオー、母ロージーミスト、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産で、(株)グランプリの所有馬。通算成績は20戦6勝。重賞はGII京王杯2歳S、GI朝日杯フューチュリティS(10年)、GINHKマイルC(11年)、GIIスワンS(12年)に次いで5勝目。矢作芳人調教師は09年スーパーホーネットに続くマイラーズC2勝目、浜中俊騎手は当レース初勝利。 浜中騎手は「外枠だったのであまり外を回されないように気をつけました。パドックでも非常に落ち着いていたし、きょうはリラックスしていましたね。直線は力強い走りでした。GIを勝っている馬。底力でしょう」と初騎乗でのVに笑顔を見せていた。京都11R「マイラーズC」着順・払戻金★PCはこちら★スマホはこちら
2013年4月21日() 15:47

 561

読売マイラーズカップのニュースをもっと見る >

【マイラーズC】ブラックヒル復権へ盤石
 春の京都開幕週を飾るマイラーズC(GII、芝1600メートル)の追い切りが17日、東西トレセンで行われた。ダート初挑戦だったフェブラリーS15着から仕切り直すカレンブラックヒル(栗・平田修、牡4)は、栗東CWコースでの併せ馬で軽快な動きを披露。4戦全勝の芝マイル戦で復権を目指す。 芝に戻って、期待に応える。カレンブラックヒルが素軽い走りで好仕上がりをアピールした。 鞍上の秋山騎手は「あまり時計が速くならないようにしたけど、反応は良かった。楽しみですね」と好感触を伝えた。 栗東CWコースでハーデス(牡3、500万下)を追走。最後の直線で鞍上の手は動かなかったが、自らハミを取って加速。馬なりでラスト1ハロン11秒9(6ハロン83秒5)と鋭く伸び、クビ差先着した。「自分で調整しながら走る馬。休み明けという感じもない」と平田調教師。 昨年1月のデビュー以降、芝でGI・NHKマイルCを含め5連勝。続く天皇賞・秋は5着とはいえ、勝ち馬から2馬身1/2差だった。今年初戦は2月のGIフェブラリーS。休み明けの上に初のダートながら1番人気に支持されたが、スタートが決まらず、直線では失速して15着に惨敗した。 指揮官は「やってみないと分からないこともある。『やっぱり芝がいい』というのが分かったのは収穫。最後は(全力で走るのを)やめていたからダメージもない。力を出して、ここでいいレースをしてほしい」と前向きだ。中間は週1回、ゲート練習。芝マイル戦は4戦全勝、京都コースも2戦全勝と反撃の条件は整っている。 「斤量58キロは初めてですけど、これから背負っていきますから。いい形で次に行きたい」と秋山騎手。春の大目標・安田記念(6月2日、東京、GI、芝1600メートル)へ向け、昨年の3歳マイル王が強さを見せつける。 (川端亮平)4月21日京都11R・マイラーズCの特別登録馬(想定騎手入り)★PCはこちら★スマホはこちら
2013年4月18日(木) 05:05

 553

【マイラーズC】クラレント想定通り12秒5
 クラレント(栗・橋口弘、牡4)は岩田騎手を背に栗東坂路でダノンマックイン(牡5、1000万下)と併せ、クビ差遅れたが、追走する形だっただけに問題なし。ラスト1ハロン12秒5(4ハロン52秒4)のタイムも上々だ。 「変わりない。想定通りのけいこだった」と橋口調教師。前走のGIII東京新聞杯を快勝しており、「つくべきところに筋肉がついて充実している。安田記念が楽しみになる競馬を」と続けた。4月21日京都11R・マイラーズCの特別登録馬(想定騎手入り)★PCはこちら★スマホはこちら
2013年4月18日(木) 05:04

 348

【マイラーズC】ダノンシャーク鋭く伸び12秒0
 京都金杯V以来のダノンシャーク(栗・大久保龍、牡5)は、ラヴァズアゲイン(牝4、500万下)と栗東坂路で併せ馬。ラスト1ハロン12秒0とシャープに伸びて併入した。 「いい動きでした。カイバ食いがいいので、前回よりもプラス10キロくらいでの出走になりそうです」と寺島調教助手。3勝をあげている相性のいいコースだけに「得意の条件ですからね。内枠にでも入れば」と色気タップリだ。4月21日京都11R・マイラーズCの特別登録馬(想定騎手入り)★PCはこちら★スマホはこちら
2013年4月18日(木) 05:04

 949

【マイラーズC】追って一言
◆エーシンメンフィス・川須栄騎手「動きは良かった。先週よりも上向いています。ここでいい競馬をして本番へ」◆オセアニアボス・矢作芳師「間違いなく体調はいい。ただ、前回は馬場など恵まれた面があった」◆グランプリボス・浜中俊騎手「パワフル。馬の後ろにつけてラスト1ハロンで手綱を放す調教でしたが、グーンと行く感じでした」◆シルポート・西園正師「いい時計でした。展開次第ですが、GI馬も出てきていますし、恵まれないと…」◆ファイナルフォーム・橋本助手「今週の動きは良かった。何とか格好はつけてくれそう」◆フィフスペトル・加藤征師「今年は非常に状態がいい。前走は荒れた馬場が影響したので、開幕週の馬場は歓迎」◆マジンプロスパー・宝来助手「いい状態をキープ。距離が微妙だけど、ダート1700メートルなどの経験はあるから」◆レインボーダリア・二ノ宮敬師「追い切るたびに張りが出てきた。今週で態勢が整った感じ。ただ、距離はもう少し長い方がいいのかも」4月21日京都11R・マイラーズCの特別登録馬(想定騎手入り)★PCはこちら★スマホはこちら
2013年4月18日(木) 05:03

 633

読売マイラーズカップの直前追い切り情報をもっと見る >

読売マイラーズカップ過去10年の結果

2012年4月22日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
1着 シルポート 小牧太 1:33.2 6.9倍 107.0
2着 ダノンシャーク 福永祐一 8.9倍 105.5
3着 コスモセンサー 幸英明 1 1/2 9.3倍 104.0
2011年4月17日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 シルポート 小牧太 1:32.3 18.4倍 107.2
2着 クレバートウショウ 岩田康誠 1 3/4 82.8倍 104.9
3着 ダノンヨーヨー 内田博幸 アタマ 4.2倍 104.9
2010年4月17日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

読売マイラーズカップの歴史と概要


2017年の優勝馬イスラボニータ

2012年より舞台が阪神マイルから京都マイルに移った安田記念の前哨戦のひとつで、第1~2回(1970~1971年)を名牝トウメイが連覇するなど、古くから一流馬の参戦が多く見られるレースとして親しまれている。第16回(1986年)は当時の最強マイラー・ニホンピロウイナーが制覇。第22~23回(1991~1992年)は個性派のダイタクヘリオスが2年連続してトップでゴール板を駆け抜けた。ほか、第24回(1993年)のニシノフラワー、第25回(1994年)のノースフライト、第31回(2000年)のマイネルマックス、第37回(2006年)のダイワメジャー、第39回(2008年)のカンパニー、第44回(2013年)のグランプリボス、第48回(2017年)のイスラボニータなど、多くのG1馬やのちのG1馬が勝利を収めている。

歴史と概要をもっと見る >

読売マイラーズカップの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年7月29日(
クイーンステークス G3
アイビスサマーD G3

競馬番組表

2018年7月28日(
1回札幌1日目
2回新潟1日目
2回小倉1日目
2018年7月29日(
1回札幌2日目
2回新潟2日目
2回小倉2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る