中央競馬ニュース

【マーメイドS】レース展望

 0   5   7,741
シェアする  x facebook LINEで送る
【マーメイドS】レース展望

牝馬限定重賞の第29回マーメイドS(GⅢ、芝2000メートル)が16日、京都競馬場で行われる。初夏の淀で、白熱のレースが繰り広げられる。

コスタボニータ(栗東・杉山佳明厩舎、5歳)は福島牝馬Sで1着。好位追走から計ったように差し切って、待望の重賞初制覇となった。2000メートルで走るのは2度目だが、3走前の愛知杯でしぶとく伸びて3着になっており、特に問題はない。ハンデ56キロは今回のメンバーなら仕方ない。

ミッキーゴージャス(栗東・安田翔伍厩舎、4歳)は、2走前の愛知杯を早め進出から押し切った。オークス秋華賞ミッキークイーンを母にもつ良血が花開いてきた印象だ。前走のGI大阪杯は14着とはね返されたが、牝馬同士なら巻き返して当然。トップハンデ56・5キロでも。

ラヴェル(栗東・矢作芳人厩舎、4歳)は昨年のオークス4着馬。一昨年のアルテミスSでは、リバティアイランドに勝ったように、潜在能力は高い。ここ2走の着順はひと息ながら大敗しているわけでなく、かみ合えば一変の走りも。


ホールネス(栗東・藤原英昭厩舎、4歳)はデビュー戦2着のあと、破竹の3連勝。力強い末脚でVを重ねてきた。まだ3勝クラスの身ながら、OP級の素質を感じさせる。速い時計の裏付けがなく、スピード勝負になったときがどうかだが、ハンデ52キロなら。

ファユエン(美浦・勢司和浩厩舎、6歳)は新潟大賞典で6着ながら、最内を通ってしぶとく脚を伸ばし、内容は悪くなかった。これまで4勝のうち3勝を5月下旬から7月中旬に挙げているように、初夏は得意なシーズン。前進があっても。

エーデルブルーメ(栗東・福永祐一厩舎、5歳)は、前走をメンバー最速の上がりで差し切った。デビュー戦6着後は14戦、掲示板を外していない安定株。重賞初挑戦となるが、全4勝の2000メートルなら侮れない。



この記事はいかがでしたか?
ナイス (5)

このニュースへのコメント

コメントはありません。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月14日()
函館記念 G3
7月13日()
函館2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月7日()
七夕賞 G3
プロキオンS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 ドウデュース 牡5
102,726万円
2 スターズオンアース 牝5
84,098万円
3 リバティアイランド 牝4
74,444万円
4 ディープボンド 牡7
73,123万円
5 ジャスティンパレス 牡5
65,388万円
6 シャフリヤール 牡6
59,685万円
7 ソールオリエンス 牡4
57,546万円
8 タスティエーラ 牡4
57,005万円
9 テーオーロイヤル 牡6
51,827万円
10 セリフォス 牡5
51,113万円
» もっと見る

3歳
1 ジャスティンミラノ 牡3
40,307万円
2 ダノンデサイル 牡3
38,200万円
3 ジャンタルマンタル 牡3
32,053万円
4 ステレンボッシュ 牝3
28,331万円
5 アスコリピチェーノ 牝3
22,165万円
6 チェルヴィニア 牝3
21,519万円
7 シンエンペラー 牡3
19,041万円
8 コスモキュランダ 牡3
15,392万円
9 レガレイラ 牝3
11,278万円
10 ライトバック 牝3
11,256万円
» もっと見る