最新競馬ニュース

【ダイヤモンドS】レース展望


©サンケイスポーツ


 2,124  1  0

【ダイヤモンドS】レース展望

最終週の東京では土曜メインにダイヤモンドステークス(GⅢ、芝3400メートル)が行われる。平地重賞競走でステイヤーズS(芝3600メートル)に次ぐ2番目の長さを誇るマラソンレースに個性豊かなメンバーが集結した。

テーオーロイヤル(栗東・岡田稲男厩舎、牡6歳)が中心だ。一昨年はこのレースで重賞初制覇を飾り、続く天皇賞・春では3着と好走。同年下半期は振るわず、その後骨折が判明して長期休養を余儀なくされたが、復帰2戦目の前走のステイヤーズSで2着に入るなど長距離適性は現役屈指。58・5キロのトップハンデを背負うが、淀の大舞台へ弾みをつける走りが見られそうだ。

サリエラ(美浦・国枝栄厩舎、牝5歳)は前走のエリザベス女王杯で後方から上がり3ハロン最速タイの脚で追い込んだが6着。いかにも距離不足といった脚の余し方で、距離延長がプラスに働きそうだ。【3・0・1・0】の東京に舞台を替え、重賞初制覇、1988年ダイナブリーズ以来の牝馬による36年ぶりのVを目論む。ハンデ55・5キロも想定内だろう。

ニシノレヴナント(美浦・上原博之厩舎、騸4歳)も侮れない存在。短距離を主戦場にしたネロの産駒ながら、これまで挙げた4勝は全て2400メートル以上の長距離戦で、豊富なスタミナを示している。55キロのハンデも追い風に、重賞初Vを目指す。


古都S(芝3000メートル)の勝ち馬で前走・ステイヤーズS4着のワープスピード(美浦・高木登厩舎、牡5歳)=56キロ=も上位候補。このレースに強いステイゴールド系のオルフェーヴルを父に持つヒュミドール(美浦・小手川準厩舎、騸8歳)=56キロ、前走の万葉S(芝3000メートル)5着で復活へ見通しが立ったワンダフルタウン(栗東・高橋義忠厩舎、牡6歳)=57キロ、一昨年のアルゼンチン共和国杯で2着の実績があるハーツイストワール(美浦・国枝栄厩舎、牡8歳)=57キロ=も一発を狙う。

 ナイス!(1

このニュースへのコメント

コメントはありません。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

2月25日()
中山記念 G2
阪急杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月18日()
フェブラリー G1
小倉大賞典 G3
2月17日()
ダイヤモンド G3
京都牝馬S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 ドウデュース 牡5
102,726万円
2 スターズオンアース 牝5
84,098万円
3 リバティアイランド 牝4
74,444万円
4 ディープボンド 牡7
67,569万円
5 ジャスティンパレス 牡5
65,388万円
6 シャフリヤール 牡6
59,685万円
7 タスティエーラ 牡4
57,005万円
8 ジャックドール 牡6
49,004万円
9 ソールオリエンス 牡4
47,668万円
10 セリフォス 牡5
46,879万円
» もっと見る

3歳
1 ジャンタルマンタル 牡3
13,291万円
2 アスコリピチェーノ 牝3
10,494万円
3 レガレイラ 牝3
8,278万円
4 コラソンビート 牝3
7,811万円
5 シンエンペラー 牡3
6,906万円
6 エコロヴァルツ 牡3
5,584万円
7 シュトラウス 牡3
5,390万円
8 ダノンデサイル 牡3
5,313万円
9 ノーブルロジャー 牡3
4,885万円
10 ステレンボッシュ 牝3
4,884万円
» もっと見る