最新競馬ニュース

【桜花賞】サンクテュエール名牝候補が挑む桜制覇


©サンケイスポーツ


 781  4  1

【桜花賞】サンクテュエール名牝候補が挑む桜制覇 |競馬ニュース|ウマニティ

 今週12日はいよいよ牝馬クラシック第1戦「第80回桜花賞」が阪神で行われる。魅力にあふれた女王候補がズラリと顔をそろえたが、なかでも注目を集めるのがサンクテュエールだ。牡馬を相手にシンザン記念を制覇。3冠牝馬ジェンティルドンナアーモンドアイと同じ名牝の階段を上がろうとしている。

 偉大なる先達に続きたい。シンザン記念V以来となるサンクテュエールが満を持してクラシック初戦に臨む。

 その前走が価値ある重賞初制覇。3番手のインから、直線でプリンスリターンとの追い比べをクビ差制し、抜群の勝負根性を発揮した。「初めて関西圏まで輸送して、しかも男馬が相手。立派だよ」と藤沢和調教師。4馬身差3着のコルテジアが次走できさらぎ賞を制したように、ハイレベルな一戦で能力を示した。

 桜花賞は長らくTR組が中心だったが、近年は状況が違う。一昨年はアーモンドアイシンザン記念優勝から中89日、昨年はグランアレグリア朝日杯FS3着以来の中111日でVと、休み明けがトレンドなのだ。

 その関東馬2頭と同じく、中間は福島・ノーザンファーム天栄で調整。3月11日に帰厩し、先週はWコース6F82秒3、ラスト1F12秒5をマークした。「落ち着きがあるし、体つきも大きくなった。ずいぶんと良くなっているし楽しみ」と、トレーナーも厩舎連覇の手応えをつかんでいる。

 3連覇がかかる主戦のルメールが“間に合った”のも心強い。ドバイ参戦のため渡航し、コロナ禍で3月24日の帰国後は2週間騎乗を自粛。今週がいよいよ復帰戦だ。Vへの条件はそろった。ジェンティルドンナアーモンドアイのように、シンザン記念から栄冠への道筋はしっかり刻まれている。(夕刊フジ)



桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(1

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

TERAMAGAZINE
4月6日(月) 20:15

レシステンシア★キャロットF(ノーザンF生産)でしょう

ナイス! (0)

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

6月7日()
安田記念 G1
6月6日()
鳴尾記念 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月31日()
日本ダービー G1
目黒記念 G2
5月30日()
葵ステークス 重賞

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
101,093万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 フィエールマン 牡5
57,306万円
4 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
5 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
6 マカヒキ 牡7
56,210万円
7 キセキ 牡6
55,914万円
8 ワグネリアン 牡5
50,624万円
9 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
10 インディチャンプ 牡5
43,167万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
47,260万円
2 デアリングタクト 牝3
29,389万円
3 サリオス 牡3
25,012万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
12,845万円
8 ウインマリリン 牝3
12,321万円
9 オーソリティ 牡3
9,951万円
10 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
» もっと見る