会員登録はこちら
シルクロードS G3   日程:2021年1月31日() 15:35 中京/芝1200m

シルクロードSの歴史と概要


2012年の優勝馬ロードカナロア

春のスプリントG1高松宮記念(旧高松宮杯)の主要ステップレースとして定着しており、G3ながらにトップスプリンターの出走が多く見られる。第1回(1996年)のフラワーパークを筆頭に、シーキングザパールマイネルラヴトロットスターファイングレインジョーカプチーノストレイトガールなど、G1馬もしくはこのレース優勝のあとにG1を制した馬は枚挙にいとまがない。第17回(2012年)は“史上最強スプリンター”との呼び声も高いロードカナロアが単勝1.4倍の断然人気に応え圧勝した。

歴代優勝馬

1986年以降の優勝馬を掲載しています。優勝馬の馬齢は2000年以前も現行表記と統一しています。

回数 開催日 優勝馬 性齢 勝ち
タイム
騎手 調教師 レース
結果
第26回
2021年1月31日
中京 芝1200m
シヴァージ 牡6 1:08.3 福永祐一 野中賢二 全着順を
見る
第25回
2020年2月2日
京都 芝1200m
アウィルアウェイ 牝4 1:09.0 川田将雅 高野友和 全着順を
見る
第24回
2019年1月27日
京都 芝1200m
ダノンスマッシュ 牡4 1:08.3 北村友一 安田隆行 全着順を
見る
第23回
2018年1月28日
京都 芝1200m
ファインニードル 牡5 1:08.3 川田将雅 高橋義忠 全着順を
見る
第22回
2017年1月29日
京都 芝1200m
ダンスディレクター 牡7 1:07.8 武豊 笹田和秀 全着順を
見る
第21回
2016年1月31日
京都 芝1200m
ダンスディレクター 牡6 1:07.9 浜中俊 笹田和秀 全着順を
見る
第20回
2015年2月1日
京都 芝1200m
アンバルブライベン 牝6 1:07.9 田中健 福島信晴 全着順を
見る
第19回
2014年2月2日
京都 芝1200m
ストレイトガール 牝5 1:07.4 岩田康誠 藤原英昭 全着順を
見る
第18回
2013年1月27日
京都 芝1200m
ドリームバレンチノ 牡6 1:08.6 松山弘平 加用正 全着順を
見る
第17回
2012年1月28日
京都 芝1200m
ロードカナロア 牡4 1:08.3 福永祐一 安田隆行 全着順を
見る
第16回
2011年1月29日
京都 芝1200m
ジョーカプチーノ 牡5 1:08.2 藤岡康太 中竹和也 全着順を
見る
第15回
2010年2月7日
京都 芝1200m
アルティマトゥーレ 牝6 1:08.1 横山典弘 奥平雅士 全着順を
見る
第14回
2009年2月8日
京都 芝1200m
アーバンストリート 牡5 1:08.5 福永祐一 野村彰彦 全着順を
見る
第13回
2008年2月10日
京都 芝1200m
ファイングレイン 牡5 1:09.1 幸英明 長浜博之 全着順を
見る
第12回
2007年2月4日
京都 芝1200m
エムオーウイナー 牡6 1:07.8 小牧太 服部利之 全着順を
見る
第11回
2006年2月5日
京都 芝1200m
タマモホットプレイ 牡5 1:08.9 渡辺薫彦 南井克巳 全着順を
見る
第10回
2005年2月6日
京都 芝1200m
プレシャスカフェ 牡6 1:08.1 蛯名正義 小島太 全着順を
見る
第9回
2004年2月8日
京都 芝1200m
キーンランドスワン 牡5 1:08.6 A.スボリッチ 森秀行 全着順を
見る
第8回
2003年2月9日
京都 芝1200m
テイエムサンデー 牡7 1:08.6 秋山真一郎 福島勝 全着順を
見る
第7回
2002年2月3日
京都 芝1200m
ゲイリーフラッシュ 牡9 1:08.7 小林徹弥 安田伊佐 全着順を
見る
第6回
2001年2月4日
京都 芝1200m
トロットスター 牡5 1:08.7 蛯名正義 中野栄治 全着順を
見る
第5回
2000年2月6日
京都 芝1200m
ブロードアピール 牝6 1:09.5 武幸四郎 松田国英 全着順を
見る
第4回
1999年4月25日
京都 芝1200m
マイネルラヴ 牡4 1:08.7 松永幹夫 稲葉隆一 全着順を
見る
第3回
1998年4月26日
京都 芝1200m
シーキングザパール 牝4 1:08.6 武豊 森秀行 全着順を
見る
第2回
1997年4月20日
京都 芝1200m
エイシンバーリン 牝5 1:06.9 南井克巳 坂口正則 全着順を
見る
第1回
1996年4月28日
京都 芝1200m
フラワーパーク 牝4 1:07.6 田原成貴 松元省一 全着順を
見る

歴史と位置付け

1989年に芝1600mのオープン特別としてお目見えしたレースで、翌年に芝1200mに距離短縮。1996年の重賞化(格付けはG3)にともない、高松宮杯(現高松宮記念)の前哨戦として様変わりした。2000年の高松宮記念の5月開催→3月開催の変更を受け、本競走も開催時期が繰り上げられ両者のレース間隔は広がったが、以降も有力馬の参戦は多く、主要ステップレースであることに変わりはない。

開催時期

第1~4回は4月下旬、第5回以降は1月下旬~2月上旬に開催。

競走条件

4歳以上馬が出走可能。負担重量規定は、第1~6回が別定、第7回以降はハンデキャップ。コースは京都芝1200m。外国調教馬は2006年から出走可能になった。

年表

1989年オープン特別のシルクロードS(京都芝1600m)が施行されるように
1990年施行距離を芝1200mに変更
1996年G3重賞にリニューアル
2002年負担重量規定が別定からハンデキャップに
2006年国際競走となり外国調教馬の出走が可能に
2021年中京芝1200mで施行
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2021年9月19日(
関西TVローズS  G2
2021年9月20日(
朝日セントライト記念  G2

競馬番組表

2021年9月18日(
4回中山3日目
5回中京3日目
2021年9月19日(
4回中山4日目
5回中京4日目
2021年9月20日(
4回中山5日目
5回中京5日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
102,623万円
2 グランアレグリア 牝5
90,189万円
3 コントレイル 牡4
83,051万円
4 オジュウチョウサン 牡10
78,846万円
5 キセキ 牡7
68,426万円
6 インディチャンプ 牡6
59,504万円
7 ブラストワンピース 牡6
58,942万円
8 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
9 マカヒキ 牡8
56,210万円
10 ワグネリアン 牡6
51,244万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
33,714万円
2 シャフリヤール 牡3
28,209万円
3 エフフォーリア 牡3
27,992万円
4 ユーバーレーベン 牝3
19,636万円
5 シュネルマイスター 牡3
18,181万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
15,816万円
7 タイトルホルダー 牡3
13,738万円
8 グレナディアガーズ 牡3
13,140万円
9 ヨカヨカ 牝3
12,711万円
10 ダノンザキッド 牡3
12,555万円
» もっと見る