最新競馬ニュース

【フェアリーS】ルメール絶賛!ファインルージュ完勝


©サンケイスポーツ


 1,081  2  0

【フェアリーS】ルメール絶賛!ファインルージュ完勝 |競馬ニュース|ウマニティ

 フェアリーSが11日、中山競馬場で16頭によって争われ、3番人気のファインルージュが馬場の外めを力強く伸びて2馬身半差の完勝で重賞初制覇。ルメール騎手は早くも今年最初の重賞勝ちを決めた。2着は8番人気のホウオウイクセル。1番人気のテンハッピーローズは直線で伸びきれずに4着に終わった。

 ◇

 ライバル15頭を豪快に突き放した。3番人気のファインルージュが、混戦ムードを断ち切るパワフルな末脚を繰り出して2馬身半差のV。一躍、牝馬クラシックの有力候補に名乗りを上げた。

 「強かったね。特に直線ではゴールまで一生懸命すごい脚で伸びてくれた。スタートで後ろのほうになったけど、いいペースだったのでだんだんとポジションを上げて直線を迎えられたから楽勝できた。ポテンシャルが高い馬。きょうはライバルがいなかった」

 重賞初制覇を飾ったパートナーをたたえたルメール騎手は、2021年の騎乗をスタートさせた初週での重賞Vに満面の笑みを浮かべた。

 デビューから1200メートル(2着)、1400メートル(1着)と経験してきたが、さらにマイルへ距離を延ばした今回が最も強い勝ちっぷりだった。向こう正面でクールキャットがまくっていく展開にも問題なく対応。鞍上は「道中で我慢できたし、ゴールの後もあまり疲れていなかった。もう少し長い距離でもいけると思う」と距離の守備範囲の広さを強調した。

 2018年のプリモシーン以来のフェアリーS2勝目となった木村調教師も「もともと体(492キロ)も恵まれているし、デビューから順調に使えているのがいい。まだ途中で気を抜くところはあるけど、(この走りなら)GIに行きます、といっても恥ずかしくないでしょう」と素質の高さ感じている。次走は未定だが、当然、春は桜花賞(4月11日、阪神、GI、芝1600メートル)が視野に入ってくるだろう。

 「賢い馬だし、この冬で体も大きくなった。GIレベルにありそう」

 昨年GI8勝を含む204勝を挙げたリーディングジョッキーに太鼓判を押されたファインルージュ。“白毛のヒロイン”ソダシをはじめとする阪神JF組が相手でも、元気はつらつな走りを見せてくれるに違いない。(板津雄志)

★11日中山11R「フェアリーS」の着順&払戻金はこちら

ファインルージュ 父キズナ、母パシオンルージュ、母の父ボストンハーバー。鹿毛の牝3歳。美浦・木村哲也厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は六井元一氏。戦績3戦2勝。獲得賞金4346万円。重賞は初勝利。フェアリーS木村哲也調教師が2018年プリモシーンに次いで2勝目、クリストフ・ルメール騎手は初勝利。馬名は「元気+母名の一部」。

 ナイス!(2
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

1月24日()
AJCC G2
東海S G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月17日()
日経新春杯 G2
京成杯 G3
1月16日()
愛知杯 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
2 コントレイル 牡4
79,611万円
3 オジュウチョウサン 牡10
78,186万円
4 グランアレグリア 牝5
72,022万円
5 キセキ 牡7
66,256万円
6 ブラストワンピース 牡6
57,236万円
7 マカヒキ 牡8
56,210万円
8 インディチャンプ 牡6
53,529万円
9 サートゥルナーリア 牡5
52,359万円
10 ワグネリアン 牡6
50,624万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
13,437万円
2 ダノンザキッド 牡3
11,144万円
3 グレナディアガーズ 牡3
7,982万円
4 メイケイエール 牝3
7,761万円
5 ステラヴェローチェ 牡3
6,870万円
6 レッドベルオーブ 牡3
6,437万円
7 モントライゼ 牡3
5,865万円
8 オーソクレース 牡3
5,249万円
9 ピクシーナイト 牡3
4,807万円
10 ヨカヨカ 牝3
4,702万円
» もっと見る