会員登録はこちら
東京スポーツ杯2歳S G3   日程:2019年11月16日() 15:30 東京/芝1800m

レース結果

東京スポーツ杯2歳S G3

2019年11月16日() 東京/芝1800m/8頭

本賞金:3,300万 1,300万 830万 500万 330万


レコード:1分45秒9
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 6

コントレイル

牡2 55.0 R.ムーア  矢作芳人 456(0) R1.44.5 2.5 1
2 5 5

アルジャンナ

牡2 55.0 川田将雅  池江泰寿 458(-2) 1.45.3 3.0 2
3 1 1

ラインベック

牡2 55.0 W.ビュイ  友道康夫 460(+4) 1.46.0 4.6 3
ラップタイム 12.9 - 11.0 - 11.4 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 11.7 - 10.8 - 11.4
前半 12.9 - 23.9 - 35.3 - 47.1 - 58.8
後半 57.4 - 45.7 - 33.9 - 22.2 - 11.4

■払戻金

単勝 6 250円 1番人気
複勝 6 110円 1番人気
5 110円 2番人気
1 130円 3番人気
馬連 5-6 360円 1番人気
ワイド 5-6 150円 1番人気
1-6 180円 2番人気
1-5 230円 3番人気
馬単 6-5 640円 1番人気
3連複 1-5-6 330円 1番人気
3連単 6-5-1 1,330円 1番人気

東京スポーツ杯2歳S-厩舎の話


 ◆アルジャンナ・岩崎助手 「折り合い重視で、反応もしていました。ひと追いごとに、コントロールも利くようになっています」

 ◆オーロラフラッシュ・藤沢和師 「動きは良かった。重賞で相手は強くなるが、前回と同じコースだし、少頭数でスムーズなら」

 ◆コントレイル・矢作師 「動きは良かったし、上向いている。輸送も心配するタイプではない。かなりレベルの高いメンバーを相手に、どういう競馬ができるか」

 ◆ゼンノジャスタ・佐藤助手 「順調に来ています。距離はやってみないと分かりませんが、スタミナはありますよ」

 ◆ソウルトレイン・梅内助手 「追い切りは、全体的に良かったです。前走は距離が長かったみたいなので、1ハロン距離を短くしてどうか」

 ◆マイネルデステリョ・畠山師 「稽古は予定通りで動きも良かった。府中なら1800メートルでも問題ないし、このメンバーでどれだけやれるか」

 ◆ラインベック・友道師 「気合をつける程度。来春を見据えて輸送も早めに経験させる。普段はやんちゃでも、競馬にいくと大丈夫」

 ◆リグージェ・木村師 「前走後は疲れを取って、今週の動きは良かった。出てくるのはトップホースばかりだが、どれだけ食らいつけるか」



★東スポ杯2歳Sの枠順はこちら 調教タイムも掲載

東京スポーツ杯2歳Sのニュース&コラム

プロ予想家の的中情報


東京スポーツ杯2歳Sの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

11月16日 15:28更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv113 
360円 18,000円
Lv111 
250円 12,500円
Lv110 
360円 2,520円
Lv110 
250円 25,000円
Lv109 
150円 15,000円

的中情報をもっと見る >

東京スポーツ杯2歳S過去10年の結果

2018年11月17日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2017年11月18日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 ワグネリアン 福永祐一 1:46.6 1.4倍 92.6
2着 ルーカス R.ムーア 3.1倍 89.3
3着 シャルルマーニュ 戸崎圭太 クビ 14.4倍 89.3
2016年11月19日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

東京スポーツ杯2歳Sのデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1800m

ローテーション的にここを逃すとダービー開催まで東京コースを経験できない可能性もあるため、関西馬を中心に翌春のクラシックを意識した馬たちの参戦が目立つ一戦。いわゆる“出世レース”であり、2008年以降の1着馬のうち6頭がのちにG1ウイナーとなっている。またこのレースまでのローテはあまり気にする必要がなく、オープン・重賞で好走経験のある馬と前走で初勝利を挙げたばかりの馬が互角に渡り合っている。東京芝1800mは“府中の千八展開要らず”の格言通り枠順や展開に左右されにくいコースで、それは2歳重賞に関しても同じである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

東京スポーツ杯2歳Sの歴史と概要


2017年の優勝馬ワグネリアン

翌年のクラシックで主役の扱いを受けるような大物が参戦することで知られる、ハイレベルな2歳重賞。近年の勝ち馬だけを見ても、第14回(2009年)のローズキングダムがJC馬に、第16回(2011年)のディープブリランテがダービー馬に、第18回(2013年)のイスラボニータ皐月賞馬に、第19回(2014年)サトノクラウンが国内外のG1タイトルホルダーに、それぞれ輝いている。第11~13回(2005~2007年)はフサイチリシャールフサイチホウオーフサイチアソートと「フサイチ」の冠号の馬が3連覇を達成する珍記録が生まれた。

歴史と概要をもっと見る >

東京スポーツ杯2歳Sの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年12月5日(
ステイヤーズS  G2
チャレンジカップ  G3
2020年12月6日(
チャンピオンズカップ  G1

競馬番組表

2020年12月5日(
5回中山1日目
3回中京1日目
6回阪神1日目
2020年12月6日(
5回中山2日目
3回中京2日目
6回阪神2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
151,956万円
2 オジュウチョウサン 牡9
78,186万円
3 グランアレグリア 牝4
72,022万円
4 ラッキーライラック 牝5
69,247万円
5 キセキ 牡6
66,256万円
6 フィエールマン 牡5
63,378万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 クロノジェネシス 牝4
57,002万円
9 マカヒキ 牡7
56,210万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
79,611万円
2 デアリングタクト 牝3
47,318万円
3 サリオス 牡3
33,089万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
19,965万円
6 オーソリティ 牡3
15,779万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
8 タイセイビジョン 牡3
14,621万円
9 ウインマリリン 牝3
13,921万円
10 サトノフラッグ 牡3
13,424万円
» もっと見る