会員登録はこちら
菊花賞 G1   日程:2019年10月20日() 15:40 京都/芝3000m

レース結果

菊花賞 G1

2019年10月20日() 京都/芝3000m/18頭

本賞金:12,000万 4,800万 3,000万 1,800万 1,200万


レコード:3分01秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 5

ワールドプレミア

牡3 57.0 武豊  友道康夫 484(+12) 3.06.0 6.5 3
2 7 14

サトノルークス

牡3 57.0 福永祐一  池江泰寿 470(+8) 3.06.0 クビ 24.7 8
3 7 13

ヴェロックス

牡3 57.0 川田将雅  中内田充 490(0) 3.06.2 2.2 1
ラップタイム 12.9 - 12.4 - 12.3 - 12.6 - 12.2 - 12.2 - 12.7 - 12.7 - 12.5 - 12.8 - 12.5 - 12.0 - 12.0 - 11.8 - 12.4
前半 12.9 - 25.3 - 37.6 - 50.2 - 62.4
後半 60.7 - 48.2 - 36.2 - 24.2 - 12.4

■払戻金

単勝 5 650円 3番人気
複勝 5 180円 2番人気
14 390円 8番人気
13 120円 1番人気
枠連 3-7 610円 2番人気
馬連 5-14 4,680円 17番人気
ワイド 5-14 1,460円 17番人気
5-13 320円 1番人気
13-14 720円 7番人気
馬単 5-14 7,640円 29番人気
3連複 5-13-14 3,070円 9番人気
3連単 5-14-13 23,510円 70番人気

菊花賞の馬場予想


4回京都1~2週ならびに土曜日の京都芝のレース結果、近年の菊花賞の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。


金曜日の夜から翌朝まで降った雨の影響で、土曜日の芝コースは力を要するコンディションでレースが行われた。前週の3日連続開催による馬場の劣化も相まって、内ラチ近辺で運んだ馬が伸び・踏ん張りを欠くシーンが続出。直線で中~やや外めに進路をとった差し馬の活躍が目を引いた。

ただし、外差し馬場と決めつけるのは早計。むしろ道中外、直線も外という差し・追い込み馬は不発に終わるケースが多い。枠順についても同様で、外枠よりも内~中枠を引いた馬の勢いが増している。ようはロス少なく回り、直線で馬場の良いところを走った馬が結果を残しているということだ。

日曜日午後からの降水確率はゼロ。内ラチ沿いの傷みがどこまで進むかは読みづらいところだが、一気に外を回る馬が有利の馬場へ様変わりすることは考えにくい。それゆえ、内めを先んじて通る(通りそうな)馬、あるいは内めの枠(1~4枠あたり)を利して上手に立ち回れそうな馬を優先したほうがいいだろう。

脚質については、土曜日の結果だけを踏まえると、先述したように差し優位。ただ菊花賞が行われる芝3000mに関しては、過去の結果を検証する限り、先行~好位差しがやや優勢。外回りコースではあるが、スタートから最初のコーナーまでの距離が約200mと短いせいか、先行勢のアドバンテージは思いのほか大きい。

とはいえ、位置を取りに行こうとして序盤から急かすと最後まで脚はもたず、後続勢にとっては格好の目標となってしまう。ゆえに先行系を狙うのであれば、すんなりと中団より前の位置をキープできそうな馬がベター。そのあたりには注意が必要だ。

血統的には、自身が菊花賞天皇賞(春)で連対歴を持つサンデーサイレンス系種牡馬が優勢。なかでも、ディープインパクトステイゴールドの血を持つ馬が勢いを強めている。ほかでは、父キングカメハメハ系、ロベルト系種牡馬を父もしくは母父に配する馬の奮闘も目につく。

また、4回京都開催における芝1800m以上のレースを振り返ると、ハーツクライステイゴールドの系統産駒が好調。ディープインパクトの系統産駒も堅調に走っている。ほか、父キングカメハメハ系や、ノーザンダンサー系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬の上位進出も多い。

直近の京都開催と近年の当レースの傾向をまとめると、ディープインパクトステイゴールドの血を持つ馬、ならびに父キングカメハメハ系が狙い目といえそう。そのなかでも、毎年のように上位を賑わせている、トライアルで優先出走権を獲得した馬を重視したい。

今回の出走メンバーで血統面および先述した馬場傾向の要点(1~4枠あたり)を満たしているのは、①ザダル、⑤ワールドプレミア。当欄では、この2頭を注目株として推奨する。



ウマニティ重賞攻略チーム

プロ予想家の菊花賞予想動画

13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!
完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

菊花賞-厩舎の話


 ヴァンケドミンゴ・犬山助手「前2走でいい脚を使った。着実に良化」

 カウディーリョ・森助手「落ち着きがある。馬具でも対策をしていく」

 カリボール・須貝調教師「状態はいい。ゆったり運べればここでも」

 ザダル・大竹調教師「10キロ弱は絞れているので今週も馬なり。思ったとおり自ら動けた」

 サトノルークス・池江調教師「ためる調教を重ねてきた。前走で力を証明。能力を出せれば」

 シフルマン・松山騎手「しまい重点でいい動き。自分のリズムなら」

 タガノディアマンテ・鮫島調教師「上積みは十分。うまく噛み合えば」

 ディバインフォース・中嶋助手「順調にきている。スタミナは豊富」

 ナイママ・武藤調教師「春とは臨戦過程が違う。内めの枠がほしい」

 ニシノデイジー・ルメール騎手「3000メートルでも走れそう。雨が降っても大丈夫だと思う」

 ヒシゲッコウ・上原助手「調教では本気を出さない。折り合いに問題はなく、最後に脚を使う」

 ヒッチコック・中竹調教師「芝は1度だけだが柔らかい走りをする」

 ホウオウサーベル・蛯名騎手「先週やったので軽く気合を乗せる程度。長丁場に不安はない」

 メイショウテンゲン・池添兼調教師「体つきが大人になってきた」

 メロディーレーン・森田調教師「3角過ぎからまくる自分の競馬で」

 ユニコーンライオン・岩田康騎手「先週と全然違う。消耗戦になれば」

 ワールドプレミア・友道調教師「坂路54秒くらいは予定どおり。初めて何の心配もなく使える」(夕刊フジ)

菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

菊花賞のニュース&コラム

プロ予想家の的中情報


菊花賞の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

10月20日 15:38更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv122 
650円 65,000円
Lv116 
4,680円 234,000円
Lv113 

3,070円
1,460円
19,130円
Lv111 
3,070円 15,350円
Lv109 
23,510円 117,550円

的中情報をもっと見る >

菊花賞過去10年の結果

2018年10月21日() 京都競馬場/芝3000m 天候: 馬場:
2017年10月22日() 京都競馬場/芝3000m 天候: 馬場:不良
1着 キセキ M.デムーロ 3:18.9 4.5倍 99.2
2着 クリンチャー 藤岡佑介 30.9倍 98.1
3着 ポポカテペトル 和田竜二 ハナ 44.2倍 98.1
2016年10月23日() 京都競馬場/芝3000m 天候: 馬場:
1着 サトノダイヤモンド C.ルメール 3:03.3 2.3倍 101.8
2着 レインボーライン 福永祐一 2 1/2 24.9倍 100.3
3着 エアスピネル 武豊 ハナ 20.5倍 100.3

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

菊花賞のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝3000m

「三冠」最終戦、かつ3000mの長距離戦ということもあり、トライアルを順調に使われてきた馬が強い。なかでも神戸新聞杯組が圧倒的で、2400mに生まれ変わった2007年以降、9頭もの勝ち馬を輩出。前哨戦としては極めて優秀な成績を残している。もうひとつのトライアルであるセントライト記念をステップに菊花賞を制した馬は、2015年のキタサンブラック1頭のみ。シンボリルドルフ以来31年ぶりの偉業であることからも、関連性の薄さが問われても仕方がない。だが、2009年2着フォゲッタブル(7番人気)、2012年2着スカイディグニティ(5番人気)、2017年2着クリンチャー(10番人気)など、キタサンブラック以外にも近年で勝ち負け争いを演じた馬はいる。ステップがセントライト記念だからといって、過度に不安視する必要はないだろう。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

菊花賞ステップレース

2019年9月22日() 阪神競馬場/芝2400m
天候: 馬場:
1着 3 サートゥルナーリア C.ルメール 2:26.8 1.4倍 103.2
2着 5 ヴェロックス 川田将雅 2.6倍 100.8
3着 8 ワールドプレミア 武豊 1 1/4 13.2倍 99.9
4着 4 レッドジェニアル 酒井学 1 3/4 22.8倍 98.5
5着 2 ユニコーンライオン 岩田康誠 クビ 41.6倍 98.5
2019年9月16日() 中山競馬場/芝2200m
天候: 馬場:
1着 8 リオンリオン 横山典弘 2:11.5 5.3倍 101.2
2着 2 サトノルークス 川田将雅 14.5倍 99.6
3着 1 ザダル 石橋脩 クビ 6.8倍 99.1
4着 16 ルヴォルグ C.ルメール 3/4 7.9倍 98.5
5着 12 ニシノデイジー 勝浦正樹 3/4 5.8倍 98.0

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

菊花賞の歴史と概要


2015年の優勝馬キタサンブラック

3歳クラシック最後の1冠。春シーズンから活躍を続ける実績馬と、夏に力をつけてきた上がり馬が頂点を争う。皐月賞日本ダービーとともにこのレースを制し“3冠馬”の称号を獲得したのは、セントライト、シンザン、ミスターシービーシンボリルドルフナリタブライアンディープインパクトオルフェーヴルと過去に7頭。春は惜敗続きだった馬による待望のクラシック戴冠や、まったく無名だった馬が一躍スターダムに駆け上がるきっかけとなった勝利など、これまで数々のドラマが繰り広げられてきてた。近年では、のちに歴史的名馬の1頭に数えられることになるキタサンブラックが、距離不安説を覆して初G1制覇(2015年・第76回)を達成したレースとして知られる。ほか、著名かつ人気のある優勝馬は、ミホシンザンメジロマックイーンビワハヤヒデマヤノトップガンゴールドシップなど。

▼1995年マヤノトップガン。直線では後続を寄せつけずレースレコード(当時)で優勝。

歴史と概要をもっと見る >

菊花賞の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年10月3日(
シリウスステークス  G3
2020年10月4日(
スプリンターズS  G1

競馬番組表

2020年10月3日(
4回中山8日目
2回中京8日目
2020年10月4日(
4回中山9日目
2回中京9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
62,022万円
4 ラッキーライラック 牝5
58,365万円
5 フィエールマン 牡5
57,306万円
6 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
7 マカヒキ 牡7
56,210万円
8 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
9 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
10 ワグネリアン 牡5
50,624万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
52,786万円
2 デアリングタクト 牝3
29,389万円
3 サリオス 牡3
25,012万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
7 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
8 マルターズディオサ 牝3
13,300万円
9 スマイルカナ 牝3
12,395万円
10 ウインマリリン 牝3
12,321万円
» もっと見る