Race Info > 【漆山“教授”のGI因数分解】皐月賞|Racing News

Latest News

【漆山“教授”のGI因数分解】皐月賞
Information sources:©サンケイスポーツ 
 comment 0     like 13

 東大卒の漆山貴禎記者がGI的中への算式をはじき出す「漆山教授のGI因数分解」。桜花賞に続くクラシック連勝を狙う知性派は、過去10年のレース傾向、コース特性から注目馬3頭をピックアップした。

 桜花賞ソダシ阪神JF以来、中118日の史上最長間隔でV。実は2~6着馬もトライアルに出走していなかった。令和を迎えて競馬の図式は確実に変わっている。

 (1)4頭がV

 当然ながら、皐月賞も“非トライアル組”に注目だ。過去10年で好結果を残しているのが前走・共同通信杯からの直行組。計16頭が出走しているが、共同通信杯までの連対率が100%だった馬に限定すれば【4・0・1・2】の好成績だ。

 (2)西の名門

 中山芝2000メートルに強いのが栗東・池江厩舎だ。2011年以降のオープン戦でトップの【7・5・2・17】、連対率38・7%をマークし、回収率も単勝198%、複勝106%と優秀。今回の皐月賞には11年連続での参戦になる。

 (3)道悪で浮上

 今春は週末に天気が崩れるケースが多く、今週末の中山は土日とも雨予報。そこで、11年以降の中山芝2000メートル重~不良時の種牡馬成績を調べた。特注はハーツクライ産駒。連対率30・8%は良~稍重時の同20・1%を大きく上回っており、道悪はプラスと判断する。

 《注目馬》

 共同通信杯優勝から直行のエフフォーリアは3戦3勝と土つかず。前走の2、3着馬が次走で重賞Vとレベルも折り紙付きだ。

 池江厩舎が送るディープモンスターは戸崎騎手との新コンビ。鞍上は前記集計の“道悪中山芝二千”で【2・2・1・3】と頼りになる。

 ハーツ産駒ではヴィクティファルス。実際に重馬場のスプリングSを制しており、1ハロン延長でさらにパフォーマンスを上げそうだ。 (漆山貴禎)



皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

like (13)
 

Comments to this news

You need to be an Umanity member(Free) to post your comments.
There are no comments yet.

Race info

This week watch race

20 Jun
MERMAID STAK G3
UNICORN STAK G3

⇒This week Race card

Last week result

13 Jun
EPSOM CUP G3
HAKODATE SPR G3

⇒Last week race card