最新競馬ニュース

【京都牝馬S】レース展望


©サンケイスポーツ


 815  0  0

【京都牝馬S】レース展望

第59回京都牝馬S(GⅢ、芝1400メートル)が17日、京都競馬場で行われる。スピード自慢の牝馬が集い、熱い戦いを繰り広げる。

ナムラクレア(栗東・長谷川浩大厩舎、5歳)は現役屈指のスプリンター。ポン使いが利くタイプで、10月のスプリンターズ3着以来でも心配ないだろう。1400メートルを走るのは一昨年のフィリーズR2着以来で、1ハロン長い気もするが、守備範囲ではある。好勝負になりそうだ。

プレサージュリフト(美浦・木村哲也厩舎、5歳)はキャピタルSで好位から伸びて2着。2年前のクイーンC以降、勝ち星から遠ざかっているが、昨春は牡馬にまじって京都金杯、東京新聞杯でともに3着。能力は高く、初の1400メートルがマッチすれば、勝ち切る場面まである。

メイケイエール(栗東・武英智厩舎、6歳)は米国遠征の前走で9着と精彩を欠いた。環境の変化に加え、初めてのダートでは仕方がないか。乗り難しいところはあるが、はまったときの爆発力はこのメンバーでも屈指。久々も苦にしないタイプだ。


ウインシャーロット(美浦・和田正一郎厩舎、6歳)はこれまで16戦して着外は2回だけ。それもともに4着という超堅実派だ。昨年のこのレースでは逃げを打ち、ハナ差の2着に踏ん張った。ポイントは10カ月ぶりがどうかに尽きる。

ロータスランド(栗東・辻野泰之厩舎、7歳)は阪神Cで中位からよく追い上げて0秒2差の6着。その前のスワンSは最速の上がり3ハロンで3着と衰えを感じさせないレースを続けている。展開がはまれば、まとめて面倒を見るシーンも。

 ナイス!(0

このニュースへのコメント

コメントはありません。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

2月25日()
中山記念 G2
阪急杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月18日()
フェブラリー G1
小倉大賞典 G3
2月17日()
ダイヤモンド G3
京都牝馬S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 ドウデュース 牡5
102,726万円
2 スターズオンアース 牝5
84,098万円
3 リバティアイランド 牝4
74,444万円
4 ディープボンド 牡7
67,569万円
5 ジャスティンパレス 牡5
65,388万円
6 シャフリヤール 牡6
59,685万円
7 タスティエーラ 牡4
57,005万円
8 ジャックドール 牡6
49,004万円
9 ソールオリエンス 牡4
47,668万円
10 セリフォス 牡5
46,879万円
» もっと見る

3歳
1 ジャンタルマンタル 牡3
13,291万円
2 アスコリピチェーノ 牝3
10,494万円
3 レガレイラ 牝3
8,278万円
4 コラソンビート 牝3
7,811万円
5 シンエンペラー 牡3
6,906万円
6 エコロヴァルツ 牡3
5,584万円
7 シュトラウス 牡3
5,390万円
8 ダノンデサイル 牡3
5,313万円
9 ノーブルロジャー 牡3
4,885万円
10 ステレンボッシュ 牝3
4,884万円
» もっと見る