最新競馬ニュース

【馬場の有利不利、教えます!】菊花賞2021 前有利と決め付けるのは早計!待機勢の台頭に要警戒!


ウマニティ


 5,654  4  1

【馬場の有利不利、教えます!】菊花賞2021 前有利と決め付けるのは早計!待機勢の台頭に要警戒!

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は菊花賞・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


土曜日の阪神芝のレース結果、阪神芝3000mで施行された最近の重賞、ならびに近年の菊花賞の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

阪神競馬場はAコース開催の3週目。この中間は火曜日に少量の雨に見舞われたものの、その後の雨量はゼロ。土曜日の芝コースは終日良馬場(JRA発表)で施行された。土曜日の朝におけるJRA測定のクッション値は9.3。前週土曜日の朝が8.6、同日曜日の朝が8.1なので、硬い方向に推移している。

土曜日の結果を見直すと、枠順については中~外優勢。中~外枠の馬が馬場の良いところをスムーズに進出すると、内枠の馬は傷み始めた馬場の悪いところを通らされてしまう。それゆえ、芝競走5鞍の3着以内馬15頭中10頭が4枠より外という結果に。中から外めの枠の好走頻度が高まっている点は覚えておいたほうがいい。

脚質に関しては、土曜日の芝平地競走における勝ち馬の4角通過順位をみると、2、5、1、4、1番手。一見すると前で運んだ馬が優位のように思えるが、中団に位置した馬たちもしっかりと脚を伸ばしている。展開やコース取り次第で差し馬も間に合う馬場とみて差し支えない。

事実、勝ち馬5頭の上がり3ハロン順位はいずれも3位以内。3着以内馬15頭中12頭が該当する。その点を踏まえれば前有利と決め付けるのは早計。速い上がりを出せる馬が優位という捉え方が、もっとも適切のように思える。

日曜日開催中の降水確率は10%前後。雨が降らず馬場の含水率低下が進み、時計が速くなれば内・先行の優位性が増す可能性はある。とはいえ、コースの内側が傷み始めていることを思うと、内枠完全優位の状況にまで転じるとは考えづらい。従って、土曜日の傾向を踏襲する可能性は高いだろう。

京都の長距離G1=折り合いをつけやすく距離ロスも少ない内枠有利が定説ではあるが、京都の場合は正面の直線に入る際、内回りと外回りの合流地点が重なって間口が広くなるという利点もある。

今年の菊花賞は阪神に舞台を移し、内回りを約1周半する特殊な設定。内枠を引いた馬は距離ロスが少ない恩恵を得る一方で、傷み始めた馬場のなか馬群をインから捌くという難題も抱えることになる。ゆえに、内枠の馬に対して楽観視はできない。枠順で選ぶとすれば、やはり中~外枠(4~8枠あたり)が適当ではないか。

また、末脚も重視すべきポイントのひとつ。今回の菊花賞と同じ阪神芝3000mで施行された直近5回の阪神大賞典を振り返ると、連対馬延べ10頭の上がり3ハロン順位はいずれも3位以内。上がり3ハロン最速をマークした馬(タイを含む)は【4.2.1.0】という、抜群の成績を収めている。待機勢が比較的恵まれやすい条件であることは頭に入れておくべきだ。

差し優位の傾向が強いコース形態であることを鑑みると、頼りになるのは近走でメンバー上位の上がり3ハロンタイムを記録している馬だろう。そのなかでも、良馬場(JRA発表)で行われた直近5回の菊花賞の3着以内馬15頭中14頭を占める、前走の上がり3ハロン順位が3位以内だった馬に注目したい。

血統的には過去5年の阪神大賞典を参考にすると、父サンデーサイレンス系とキングカメハメハ産駒が攻勢。連対馬延べ10頭すべてが該当する。とりわけ、母の父もしくは祖母の父にノーザンダンサー系またはロベルト系の種牡馬を配する馬の活躍が目立つ。条件を満たす馬は今回も要警戒と言えよう。

出走メンバーで、血統面と先述した馬場傾向(4~8枠+前走の上がり3ハロン順位が3位以内)の要点をともに満たしているのは、⑨ヴェローチェオロ、⑫ノースザワールド、⑮ヴァイスメテオールの3頭。

いずれも単勝20倍以上(24日7時の時点)の伏兵で、配当妙味は十分にある。この3頭のうち最低1頭は馬券に絡むという前提で、フォーメーションを組んでみるのも面白いかもしれない。


【馬場予想からの注目馬】
ヴェローチェオロ ⑫ノースザワールド ⑮ヴァイスメテオール

 コメント(1

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

闇に降る雨
10月24日() 12:04

流石にそれはないでしょ(笑)

ナイス! (1)

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月28日()
ジャパンC G1
京阪杯 G3
11月27日()
京都2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月21日()
マイルCS G1
11月20日()
東スポ2歳S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 グランアレグリア 牝5
107,381万円
2 クロノジェネシス 牝5
102,623万円
3 コントレイル 牡4
89,147万円
4 オジュウチョウサン 牡10
79,852万円
5 キセキ 牡7
70,140万円
6 マカヒキ 牡8
63,008万円
7 インディチャンプ 牡6
61,504万円
8 ブラストワンピース 牡6
58,942万円
9 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
10 ダノンキングリー 牡5
51,506万円
» もっと見る

3歳
1 エフフォーリア 牡3
43,328万円
2 ソダシ 牝3
33,714万円
3 シュネルマイスター 牡3
30,270万円
4 シャフリヤール 牡3
29,019万円
5 タイトルホルダー 牡3
28,746万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
23,087万円
7 ピクシーナイト 牡3
22,764万円
8 アカイトリノムスメ 牝3
22,268万円
9 ユーバーレーベン 牝3
19,636万円
10 ダノンザキッド 牡3
16,794万円
» もっと見る