会員登録はこちら
共同通信杯 G3   日程:2009年2月8日() 15:45 東京/芝1800m

レース結果

共同通信杯 G3

2009年2月8日() 東京/芝1800m/15頭

本賞金:4,000万 1,600万 1,000万 600万 400万


レコード:1分44秒2
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 5

ブレイクランアウト

牡3 56.0 武豊  戸田博文 442(-4) 1.47.3 2.8 1
2 2 3

トーセンジョーダン

牡3 56.0 松岡正海  池江泰寿 472(+2) 1.47.6 1 3/4 4.1 2
3 5 9

トップカミング

牡3 56.0 蛯名正義  境直行 448(-4) 1.47.7 1/2 50.7 9
ラップタイム 12.4 - 11.5 - 11.7 - 12.2 - 12.6 - 12.0 - 11.6 - 11.6 - 11.7
前半 12.4 - 23.9 - 35.6 - 47.8 - 60.4
後半 59.5 - 46.9 - 34.9 - 23.3 - 11.7

■払戻金

単勝 5 280円 1番人気
複勝 5 120円 1番人気
3 170円 2番人気
9 650円 9番人気
枠連 2-3 580円 2番人気
馬連 3-5 610円 1番人気
ワイド 3-5 260円 1番人気
5-9 1,220円 14番人気
3-9 2,040円 23番人気
馬単 5-3 1,240円 1番人気
3連複 3-5-9 5,670円 15番人気
3連単 5-3-9 19,920円 58番人気

共同通信杯のニュース&コラム

ダーレーJSCで豊と幸四郎がトークショー
 北海道日高町のダーレージャパンスタリオンコンプレックスでは9日、アドマイヤムーンなどのスタリオンパレード(種牡馬展示会)が行われ、約500人が集まった。特別ゲストに招かれたのは前日にブレイクランアウトで共同通信杯を制したばかり武豊騎手。競馬評論家の合田直弘氏とのトークショーでは「(06年の共同通信杯を勝った)アドマイヤムーンを思い出しましたね」と懐かしんだ。 同種馬場はUAEドバイのシェイク・モハメドの競馬組織の傘下にある。海外での騎乗経験も豊富な同騎手は「ステイゴールドで戦った(シェイク率いるゴドルフィンの)ファンタスティックライト(01年ドバイシーマクラシックでステイがハナ差勝ち)は本当の意味ですごい馬、ヒーローでした。到着後、真っ先に会いに行きました」と、今は同種馬場でけい養されているライバルの名前を挙げた。 「(シェイク・モハメドの)こげ茶の勝負服や(ゴドルフィンの)青い勝負服がロッカールームにあることが騎手としての誇り。これからも乗せてもらえるように頑張りたい」と抱負を語った。あとから壇上にのぼった弟の幸四郎騎手は「兄とブルーとこげ茶の勝負服で競馬をしたい。でも、そのためにはぼくは本当に頑張らないと」と会場を笑わせた。
2009年2月10日(火) 05:00

 1,008

ダーレーJSCで武兄弟トークショー
 北海道日高町のダーレージャパンスタリオンコンプレックスでは9日、アドマイヤムーンなどのスタリオンパレード(種牡馬展示会)が行われ、約500人が集まった。特別ゲストに招かれたのは前日にブレイクランアウトで共同通信杯を制したばかり武豊騎手。競馬評論家の合田直弘氏とのトークショーでは「(06年の共同通信杯を勝った)アドマイヤムーンを思い出しましたね」と懐かしんだ。 同種馬場はUAEドバイのシェイク・モハメドの競馬組織の傘下にある。海外での騎乗経験も豊富な同騎手は「ステイゴールドで戦った(シェイク率いるゴドルフィンの)ファンタスティックライト(01年ドバイシーマクラシックでステイがハナ差勝ち)は本当の意味ですごい馬、ヒーローでした。到着後、真っ先に会いに行きました」と、今は同種馬場でけい養されているライバルの名前を挙げた。 「(シェイク・モハメドの)こげ茶の勝負服や(ゴドルフィンの)青い勝負服がロッカールームにあることが騎手としての誇り。これからも乗せてもらえるように頑張りたい」と抱負を語った。あとから壇上にのぼった弟の幸四郎騎手は「兄とブルーとこげ茶の勝負服で競馬をしたい。でも、そのためにはぼくは本当に頑張らないと」と会場を笑わせた。
2009年2月10日(火) 05:00

 1,030

【共同通信杯】春の扉こじ開けたブレイク
 第43回共同通信杯(8日、東京11R、GIII、3歳オープン国際、別定、芝1800メートル、1着本賞金4000万円=出走15頭)関東期待の星で1番人気のブレイクランアウトが直線鮮やかに抜け出し重賞初制覇(通算2勝目)を飾った。1分47秒3(良)はレースレコード。コンビを組んだ武豊騎手は京都牝馬Sに続いての2週連続重賞V。ブレイクランアウトの最大目標はダービーで、皐月賞(直行)またはNHKマイルCから、外国産馬として史上初のダービー制覇を目指す。 たまりにたまった鬱憤を一気に吹き飛ばした。1番人気のブレイクランアウトがインから突き抜けて鮮やかな重賞初V。2週連続の重賞Vに武豊騎手の笑顔が弾けた。 「すごい瞬発力でしたね。負けられないと思っていましたが、完璧なレースができました。気持ち良かったですよ」 天才も自画自賛のV。中団のインでピタリと折り合い、直線も追い出しを我慢して、前が開くと一瞬で抜け出す。3連勝中の強敵に1馬身3/4差の完勝。上がり3ハロン33秒6の末脚を引き出したユタカの手綱さばきも、余裕しゃくしゃくだ。 「前に乗った2回はボクも手が痛かったし、人も馬も状態がアップしていたってことです」 冗談交じりでも、内心は期するものがあった。初騎乗の東スポ杯2歳Sは、前週のエリザベス女王杯の落馬直後。朝日杯FSは骨折明け初戦だった。懸命のリハビリを経ての騎乗でも、結果が悪ければ責任を感じるのは当然だ。「これ以上、馬にも陣営にも迷惑はかけられない」。自らを鼓舞して臨み、天才はキッチリ答えを出してみせた。 馬自身の成長も見逃せない。「まだまだ子供」と戸田博文調教師が認める粗削りな素材だが、この中間は厩舎でじっくり調整して、体つきが見違えるほど変貌。落ち着きも出て、大人びた競馬を披露した。これを受けて戸田師は「最終的にダービー(5月31日、東京、GI、芝2400メートル)を使いたい」と表明。ユタカも「きょうの内容なら少々距離が延びても問題なさそうですね」と後押しする。 “ビリヤードで1つのミスもなくすべての球を落とす”意味のブレイクランアウト。低迷する関東から登場した待望のクラシック候補が、重賞Vの勢いに乗って立ちはだかるライバルたちをブレイクしていく。(黒田栄一郎)
2009年2月9日(月) 05:04

 952

【共同通信杯】蛯正センス評価カミング3着
 第43回共同通信杯(8日、東京11R、GIII、3歳オープン国際、別定、芝1800メートル、1着本賞金4000万円=出走15頭)9番人気のトップカミングが直線内から末脚を伸ばして3着と気を吐いた。道中は勝ち馬をマークする形でスムーズな走り。最後はトーセンに差し込まれたが、今後につながる好内容だった。「出たなりの位置で終い勝負の競馬をしようと思っていた。最後も良く伸びていたんだけどね。競馬はすごく上手だよ」と蛯名正義騎手はセンスの高さを評価していた。
2009年2月9日(月) 05:03

 950

共同通信杯のニュースをもっと見る >

【酔いどれブログ】誰も美人には弱い
 携帯の着信履歴に、競馬エイトの吉田TMから3回、サンスポレースの三輪デスクから2回。時間を見れば月曜23時50分になっている。 翌日、電話すれば「吉田さんにね、先週、行った美人ママの店の事を話したら、場所は何処にあるんだ、どんな感じなのかとか、色々聞かれちゃって、それで電話したのよ」。どうも、私がその店に入り浸ってると思われているようです。「それから来週、吉田さんが確認に行くから面倒みてね」と、何の確認なのでしょうか…。 この酔いどれブログは昨年の6月2日にスタート。第1回目が“レアな2歳馬情報”のタイトルでした。その時にタレントのほしのあきが名付け親のハシッテホシーノは名前通りに走る馬ですと、書いてあります。そのホシーノちゃんの土曜のレースは強かったです。 牡馬相手、不良馬場の長丁場もなんのその、ラスト3F12秒3、12秒3、12秒5のラップを豪快に差し切ってしまいました。しかも前が壁になって、外に回して抜け出すんだから、牝馬ながらいい根性。 現場のムクちゃんに聴いたら「エイトの席まで、あきちゃんの絶叫が聞こえてきましたよ」と。大興奮の様子がテレビでも映し出されていたが、次走予定のフローラS当日は生放送中。もし、直線で抜け出すようなシーンになったら、いったいどうなるんでしょうか。 今週は牡馬クラシックへの登竜門「共同通信杯」。ここはすでにオープン級のタイムを叩き出しているトーセンジョーダンで鉄板です。が、私の鉄板予想は、たまに?豆腐のような時もありますので…。乗り替わっても大丈夫V。また、来週。
2009年2月5日(木) 11:12

 1,151

【共同通信杯】ジョーダン、マジ仕上げ!
 第43回共同通信杯の出走予定馬が4日、東西のトレセンで追い切られた。目下3連勝中で重賞初Vを狙うトーセンジョーダンは栗東坂路で4ハロン54秒1と時計こそ平凡ながら、好調を伝える動きを披露。また武豊騎手とのコンビを組むブレイクランアウトはポリトラックでラスト1ハロン11秒9の鋭い伸びを見せた。 未勝利戦から破竹の3連勝と快進撃を続けるトーセンジョーダン。特に葉牡丹賞→ホープフルSの2戦は時計、内容とも文句のつけようがないレースぶり。実戦タイプで最終追い切りは時計こそ平凡ながら、好調キープを伝えた。 1週前の29日にはCWコースで6ハロン81秒5をマークしたジョーダン。今週は坂路でアイソトープ(牡4、500万下)を1馬身半ほど追走。残り2ハロンで内から馬体を併せにかかったが、馬なりの僚馬に対してジョーダンは鞍上が手綱を必死にしごいての併入。4ハロン54秒1-40秒5-14秒0とやや期待はずれの内容だった。池江泰寿調教師も苦笑いを浮かべながら、周囲の不安を打ち消した。 「坂路では動かないから仕方ないね。先週が実質的な追い切りで、古馬オープンをあおる動きだったし、今週も含めてデキには合格点を与えられる。年末に少しゆっくりさせたおかげでトモの筋肉も回復して丸みが出てきた。今回はフックラした馬体で臨めそう」 今回の東上は“ダービー”を見据えての重賞初挑戦。「控える競馬を試みる。東京でどういう走りができるか、試金石の一戦だね」。昨年のチャンピオントレーナーは東京コースの経験だけでなく、新たな一面を引き出そうともくろんでいる。 07年セレクトセールの1歳馬市場で1億7000万円で取り引きされたトーセンジョーダン。その秘められた素質は敏腕トレーナーによって磨かれ、走る度に輝きを増している。 前2走で皐月賞と同じ条件を連勝。今回、初の東京コースをクリアできれば、ダービー父子制覇だけでなく、春のクラシック2冠まで見えてくる。 
2009年2月5日(木) 05:10

 945

【共同通信杯】ジョーダン、松岡と新コンビ
 共同通信杯のトーセンジョーダンに松岡正海騎手が騎乗することが決まった。2走前からコンビを組んでいた主戦のペリエ騎手が、4日の調教中に目の負傷を訴えたもの。同馬の調教騎乗もキャンセルし「検査を受けた結果、レースに支障をきたす恐れがあるようで、今週の騎乗を見合わせるという連絡があった」と、ペリエの身元引き受け調教師でもある池江寿調教師は説明した。
2009年2月5日(木) 05:09

 900

【共同通信杯】ブレイクランアウト心身成長
 第43回共同通信杯の出走予定馬が4日、東西のトレセンで追い切られた。目下3連勝中で重賞初Vを狙うトーセンジョーダンは栗東坂路で4ハロン54秒1と時計こそ平凡ながら、好調を伝える動きを披露。また武豊騎手とのコンビを組むブレイクランアウトはポリトラックでラスト1ハロン11秒9の鋭い伸びを見せた。 重賞初Vを狙うブレイクランアウトはポリトラックで5ハロン67秒4、3ハロン37秒5-11秒9(馬なり)をマーク。2馬身先行したジャストルーラー(牡3、500万下)の内で併入した。「馬のうしろで我慢できたし、体のこなしも良くなった。これまでは素質だけで走っていた感じですが、手前の替え方とか筋肉の付き方とか、心身の両面で成長しています」と斎藤調教助手。 「能力はあるし、東京も合うので楽しみにしています。今度こそ」と腕を撫すのは武豊騎手。前走の朝日杯FSは落馬事故から復帰初戦で3着。先週の京都牝馬Sでは今年の重賞初Vを決め、ようやくエンジン全開モードだ。成長したブレイクランアウトに絶好調のユタカ。このコンビの相乗効果は計り知れない。
2009年2月5日(木) 05:08

 802

共同通信杯の直前追い切り情報をもっと見る >

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

プロ予想家の的中情報


共同通信杯過去10年の結果

2008年2月11日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2007年2月4日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2006年2月5日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

共同通信杯の歴史と概要


2014年の優勝馬イスラボニータ

クラシックに直結する関東圏の主要ステップレースで、毎年ハイレベルな争いが繰り広げられている。第17回(1983年)の勝ち馬ミスターシービー、第28回(1994年)の覇者ナリタブライアンはその後3冠馬に。さらには、カブラヤオー、サクラショウリ、ダイナガリバーアイネスフウジンジャングルポケットらが、このレースを制したのちにダービー馬の栄冠を勝ち取った。近年は皐月賞との結びつきも強く、第46回(2012年)のゴールドシップ、第48回(2014年)のイスラボニータ、第50回(2016年)のディーマジェスティらが、こことクラシック第一冠との連勝を果たしている。

歴史と概要をもっと見る >

共同通信杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年9月15日(
関西TVローズS  G2
2019年9月16日(
朝日セントライト記念  G2

競馬番組表

2019年9月14日(
4回中山3日目
4回阪神3日目
2019年9月15日(
4回中山4日目
4回阪神4日目
2019年9月16日(
4回中山5日目
4回阪神5日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 グランアレグリア 牝3
19,878万円
4 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 ファンタジスト 牡3
13,439万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る