会員登録はこちら
宝塚記念 G1   日程:2009年6月28日() 15:40 阪神/芝2200m

レース結果

宝塚記念 G1

2009年6月28日() 阪神/芝2200m/14頭

本賞金:13,200万 5,300万 3,300万 2,000万 1,320万


レコード:2分10秒9
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 9

ドリームジャーニー

牡5 58.0 池添謙一  池江泰寿 424(-2) 2.11.3 7.1 2
2 5 8

サクラメガワンダー

牡6 58.0 福永祐一  友道康夫 490(0) 2.11.6 1 3/4 8.3 3
3 7 11

ディープスカイ

牡4 58.0 四位洋文  昆貢 516(-8) 2.11.6 クビ 1.6 1
ラップタイム 12.6 - 10.9 - 11.2 - 12.2 - 12.1 - 12.7 - 12.3 - 12.1 - 11.5 - 11.7 - 12.0
前半 12.6 - 23.5 - 34.7 - 46.9 - 59.0
後半 59.6 - 47.3 - 35.2 - 23.7 - 12.0

■払戻金

単勝 9 710円 2番人気
複勝 9 160円 2番人気
8 180円 4番人気
11 110円 1番人気
枠連 5-6 1,080円 3番人気
馬連 8-9 2,630円 7番人気
ワイド 8-9 560円 5番人気
9-11 210円 1番人気
8-11 230円 2番人気
馬単 9-8 5,310円 16番人気
3連複 8-9-11 720円 1番人気
3連単 9-8-11 10,630円 28番人気

宝塚記念のニュース&コラム

【古馬次走報】インティライミは札幌記念へ
 ★…宝塚記念を制したドリームジャーニー(栗・池江寿、牡5)は1日に滋賀県グリーンウッドへ放牧。秋は産経賞オールカマー(9月27日、中山、GII、芝2200メートル)での始動が有力だが、札幌記念(8月23日、札幌、GII、芝2000メートル)の可能性も。2着サクラメガワンダー(栗・友道、牡6)は天皇賞・秋(11月1日、東京、GI、芝2000メートル)が目標。状態を見て前哨戦を使うか、直行するかを決める。5着スクリーンヒーロー(美・鹿戸雄、牡5)は2日、宮城・山元トレセンに放牧。その後、北海道・千歳の社台ファームに移動。秋はジャパンC(11月29日、東京、GI、芝2400メートル)を最大目標にローテーションが組まれる。6着アルナスライン(栗・松元茂、牡5)は札幌記念か新潟記念(8月30日、新潟、GIII、芝2000メートル)を予定。12着インティライミ(栗・佐々木晶、牡7)は8日に函館競馬場へ出発し、札幌記念を目指す。 ★…宝塚記念7着マイネルキッツ(美・国枝、牡6)は30日に美浦に帰厩。近日中に北海道新ひだか町のビッグレッドファーム真歌に移動してリフレッシュ放牧へ。秋は天皇賞とジャパンCを目指す。13着コスモバルク(道営・田部和、牡8)は地方競馬間の交流重賞せきれい賞(19日、盛岡、芝2400メートル)へ。 ★…バーデンバーデンCを制したシャウトライン(栗・坂口大、牡5)、12着サチノスイーティー(美・畠山吉、牝6)はアイビスSD(19日、新潟、GIII、芝1000メートル)へ。テレビユー福島賞を勝ったアルティマトゥーレ(美・奥平雅、牝5)もアイビスSDの予定。 ★…垂水Sを勝ったテイエムアンコール(栗・柴田見、牡5)は小倉記念(8月2日、小倉、GIII、芝2000メートル)へ。 ★…目黒記念を勝ったミヤビランベリ(栗・加藤敬、牡6)は連覇がかかる七夕賞(12日、福島、GIII、芝2000メートル)を予定。エプソムC16着カンファーベスト(美・佐藤吉、牡10)は関屋記念を目指していたが、七夕賞に変更。
2009年7月1日(水) 05:00

 822

【宝塚記念】翔んだジャーニー!池添会心V
 第50回宝塚記念(28日、阪神10R、GI、3歳上オープン国際、定量、芝・内2200メートル、1着本賞金1億3200万円=出走14頭)強烈な末脚で戴冠!!単勝2番人気のドリームジャーニーが直線で弾けて鮮やかな差し切りV。06年の朝日杯FS以来となる2年7カ月ぶりのGI2勝目をマーク。池添謙一騎手はGI10勝目を挙げた。タイム2分11秒3(良)。1馬身3/4差の2着に3番人気のサクラメガワンダーが入り、単勝1.6倍の断然人気に推されたディープスカイは3着に敗れた。 天も味方につけた。ドリームジャーニーが、父ステイゴールドが4回挑戦(98年から(2)(3)(4)(4)着)して勝てなかった宝塚記念で、朝日杯FS以来2年7カ月ぶりのGI勝利をつかんだ。 夏の到来を思わせる快晴の阪神競馬場。6万超のファンは産経大阪杯の再現を見ているようだった。ジャーニーは、いつも通りスタートでワンテンポ遅れた。しかし、1コーナーの入りまでに折り合いはついて中団やや後ろの外めを追走。すぐ前のサクラメガワンダー、ディープスカイを目標に定めた。直線に向くとサクラが抜け出し、ディープも動く。池添謙一騎手は絶妙のタイミングで追い出すと、上がり3ハロン34秒3とメンバー最速の末脚で人気2頭を一気に差し切った。 断然人気のディープの完敗に場内は一瞬、静寂に包まれたようだった。対照的に、「よっしゃー!」。脱鞍所に戻った池添は喜びを爆発させた。「前走で3200メートルを使っていたので、折り合いはスムーズ。直線で追い出したらスッと反応してくれて、前の馬はかわせると思いました」。会心の勝利に笑顔が弾けた。 池添は陣営からの熱心な依頼を受けて昨年の安田記念からジャーニーとコンビを結成。厩舎側は中距離向きと判断し、宝塚記念のステップとして金鯱賞を考えていたが、池添には長距離でも抑え込んで折り合いをつけさせる自信があり、天皇賞・春を進言した。「この馬の乗り方は分かってきていた。長距離でも我慢が利いていたし、そのおかげで今回は馬がリラックスして走れた」。池添の提言が、久々のGI勝利を呼び込んだ。もうひとつの勝因は良馬場だ。池江泰寿調教師は「1日に何度も携帯の天気予報サイトを見て気になっていた。運が良かった」と、切れ味を最大限に発揮できたことを喜んだ。 秋の目標は天皇賞(11月1日、東京、GI、芝2000メートル)、さらに香港国際競走(12月13日、GI、シャティン)に参戦して、ステイゴールド(01年GI香港ヴァーズ)と父子2代の香港GI制覇だ。レースはヴァーズ(芝2400メートル)か、カップ(芝2000メートル)が有力だが、夢のような旅路(ドリームジャーニー)は、この秋に世界へ飛翔する。(高尾幸司)
2009年6月29日(月) 05:08

 939

【宝塚記念】サンデーR上半期GI4勝目
 第50回宝塚記念(28日、阪神10R、GI、3歳上オープン国際、定量、芝・内2200メートル、1着本賞金1億3200万円=出走14頭)上半期のGIを締めくくったのは(有)サンデーレーシングのドリームジャーニーだった。今年、桜花賞、オークス(ともにブエナビスタ)、皐月賞(アンライバルド)に次いでのGI勝利とあって、社長の吉田俊介氏はゴキゲンだ。 「瞬発力には自信がありましたので、ディープスカイをかわした時はやったと思いました。(3200メートルの)天皇賞を使ったおかげで、折り合いがつき、最高のレースができましたね。調教師と、池添君(騎手)のおかげです」とスタッフへの感謝を口にした。 2歳チャンプが5歳になってGIを勝つのは、珍しい。丈夫さと、成長力の賜物だろう。 「1歳の時から病気(ケガ)ひとつしなかった。小柄な馬ということもあって、競走馬になってからも故障知らず。本当に丈夫な馬です」。吉田氏は誇らしげな表情を見せていた。
2009年6月29日(月) 05:07

 812

【宝塚記念】あかり夫人「感激しています」
 第50回宝塚記念(28日、阪神10R、GI、3歳上オープン国際、定量、芝・内2200メートル、1着本賞金1億3200万円=出走14頭)池添騎手の夫人でタレントの堀あかりさん(23)も競馬場に応援に駆けつけていた。勝利のシーンに大興奮。検量室前で喜びの抱擁を行うなど、今春、誕生した長女と一緒に喜びに浸っていた。「結婚してから(池添騎手が)GIレースを勝つのを見たのは初めてでした。感激しています」。あかり夫人は柔らかな笑みを浮かべていた。
2009年6月29日(月) 05:06

 4,653

宝塚記念のニュースをもっと見る >

【酔いどれブログ】ウオッカが出ないと…
 定額給付金が安田記念で、倍の2万7600円になったのをすべて宝塚記念のディープスカイの単勝へと思っていたらウオッカが回避。これでは配当的に全く妙味がなくなってしまった。 こうなったらディープスカイの馬単1着固定で、内回り2200メートルなら切れが増すドリームジャーニー、阪神走るサクラメガワンダー、カンパニーに流す。これなら結構なお小遣いになるでしょう。当たればだけどね…。 日曜夜にいつも江古田のカフェバーで飲んでると、8時過ぎにムクちゃんが、さくらんぼの佐藤錦の土産を持ってきた。「福島競馬場から帰る途中に見知らぬ人から『ムクちゃんでしょ、これ持ってきなよ』って貰ったんだ。いいですね、さすがローカル競馬場の雰囲気。ただ、どうやって東京まで持ってきたんでしょうか、下のほうがジャム状態。上の綺麗な部分だけは食べられるのだけど、その綺麗な分を綺麗なママにあげちゃって、結局は味見できず、残念。 今回も2歳馬情報を…。先週、エイトの鈴木亨クンが取材話の中で、尾形厩舎のデュランダルの子シルクファルシオンは3週目の福島新馬戦へと書きましたが、その後は函館競馬場入りして、24日にWコースで、5F66秒5-4F51秒4-3F38秒4-12秒5をマーク。札幌デビュー間近だそうです。 その函館競馬場から山本TMがホットな新馬情報を送ってきました。今週、札幌の土曜ダート1000メートルは山内厩舎のシルクタイムレス。すでに函館Wで5F64秒6、65秒1を連発しており、勝ち負け必至。日曜の芝1200は岡田厩舎のショウナンカガリビで、仕上がりは文句なしだそう。何か儲かりそうな週末で、来週のコラムが楽しみ。私もお気楽な人です。では、また来週…。三原 吉次(みはら・よしじ)サンケイスポーツ記録部から競馬エイト編集部に足かけ20数年の競馬一筋男。同期に吉田均、藤牧満男、戸田一生の競馬エイトが誇る名物トラックマン。若手トラックマン椋木宏、星政彦、ヒロシらとも交流しており、競馬エイトからの調教、厩舎情報はバッチリ。彼らの本音を聞き出しての情報分析に自身の独特予想理論から買い目を絞った予想がセールスポイント。堅いところから大穴までまかせなさい。
2009年6月25日(木) 10:54

 932

【宝塚記念】ディープ一番時計!弔いVだ!
 GI宝塚記念(28日、阪神)の追い切りが24日に行われ、ディープスカイが栗東坂路で4ハロン51秒9の破格の一番時計をマークした。ファン投票1位のウオッカが回避し、1番人気確実だが、四位洋文騎手は「最高のデキ」とVを確信する。ファンの期待、秋の凱旋門賞挑戦の夢、そして22日に急死した父アグネスタキオンの弔い…。様々な思いを担いディープは堂々と頂点を獲りに行く。 急性心不全のため22日に11歳の若さで急死した名種牡馬アグネスタキオン。その遺伝子を受け継いだディープスカイが、弔いVを捧げるとばかりの豪快デモで、“究極の仕上げ”をアピールした。 水曜未明から降り続いた雨は、調教開始の午前6時になっても勢いは衰えない。モニター越しにも雨粒が見え、水分もたっぷり含んだ重い馬場。それもディープには関係なかった。滞在先の札幌から滋賀・栗東まで駆けつけた四位洋文騎手を背に、坂路コースの外ラチ沿いをスイスイと加速。鞍上のアクションにも即座に反応し、4ハロン51秒9-37秒9-12秒7の一番時計だ。手応えは一杯だが、ムチは一発も入っておらず、見た目以上に楽な印象さえ受けた。 昆貢調教師は「一番乗りで走りやすい馬場状態だったとはいえ、本当にいい動きだった。前走より間違いなくいい状態」と高く評価。“八分でも勝てる”と踏んだ前走の安田記念(2着)は、524キロと14キロも馬体が増えていたが、「体重は520キロを切りそうです。そうなるように仕上げてきましたから」とピークの仕上げで臨む。 51秒9の時計は、24日の坂路で追い切った延べ754頭(1頭で2回登坂する例もある)でダントツ。2番目の52秒5(ウォーターバロン)を0秒6も突き放す“超速”ぶり。ラスト1ハロンが12秒台だった馬も22頭しかいない。 宝塚記念は、ここ3年が稍重~重での開催。24日の時点で当日まで雨予報は出ていないが、梅雨時で天候は変わりやすい。稍重までの経験しかないディープに死角はないかと、陣営には馬場に関する質問も飛んだ。 「強い馬に馬場状態は関係ないです」と昆師が言えば、四位も「強い馬はどんなコンディションでも力を出せる」と同じ答えが返ってきた。愛馬の力に全幅の信頼を寄せている証しだ。 「ディープスカイという名前のように、スカッと勝ってほしい。宝塚記念をどういう内容で勝つか、その結果を受けて考えたい」。昆師の視線の先には、10月4日にフランスで行われる世界最高峰レース・凱旋門賞(ロンシャン、GI、芝2400メートル)挑戦がある。 50回を迎えた今年の宝塚記念。ファン投票1位のウオッカは回避したが、ディープ陣営は最高の状態にもっていければ逆転できると確信していた。今回は、そのデキにある。ファンへの感謝はもちろん、突然天国に旅立った父アグネスタキオンの偉大さを世界に知らしめるためにも、強いディープスカイを見せつけるだけだ。(高尾幸司)
2009年6月25日(木) 05:07

 945

【四位トーク】皆さんが興奮するようなレースを
 ――雨中の追い切りでしたが感触は? 「ずっと雨が降っていたので“どうなるかな”と思っていたけど、いい動きでした。ムチを使わなかったけど、上がってみたら結構いい時計でした。今日の追い切りに関しては何も言うことがないです」 ――追い切りが文句なしということは、デキの方も? 「最高のデキだと思います。本当にここまでいい感じで来ているので、楽しみは十分ありますよ」 ――天候が気になりますが、道悪は稍重までしか経験がありませんが 「道悪でもこなしてもらわないと困るし、大丈夫です。強い馬というのは、どういうコンディションでも力を出せますからね」 ――強いディープを見せられそうですね 「(宝塚記念は)ディープスカイにとって、勝たないといけないレースです。そうしないと、ファンも関係者も許してくれないでしょう。皆さんが興奮するような、素晴らしいレースをしたいです」
2009年6月25日(木) 05:06

 765

【宝塚記念】光が差した!ヒーロー復活へ
 宝塚記念の出走予定馬が東西トレセンで追い切りを行った。美浦では昨年のJC馬スクリーンヒーローがWコースを馬なりで5ハロン69秒6だったが、実質7ハロンのハード追いで、陣営は復調気配を口にする。25日午後に枠順が確定し、発売は土曜から。 オレは脇役じゃない!! JC馬の誇りをかけて、関東の雄スクリーンヒーローが気合のこもった最終調整を消化した。 通常はポリトラックで追われることが多いが、梅雨時は馬場が締まって時計が速くなりすぎるため、この日はWコースでの併せ馬。ヒーローは、2馬身先行したダイワマックワン(牡4、1000万下)の内で馬なりで併入した。ゴールを過ぎてからもスピードは緩まず、馬体を並べたまま2ハロンを走り抜く鹿戸雄厩舎お得意の調教スタイル。時計は5ハロン69秒6、3ハロン38秒7-13秒2だが、実質的には7ハロン追いに匹敵するハードさだ。 「先週とは手応えが全然違いますね。ハミを取っているし、息づかいも良くなりました」と調教をつけた水出騎手(実戦は横山典騎手)が興奮気味に復調ぶりを伝える。鹿戸雄調教師も「ヒーローはチップコースでは動かないタイプだが、けいこ駆けする相手にしっかりとついていけた。絶好調だった昨秋のJCや有馬と近い状態にあると思う」と、“らしさ”を取り戻した愛馬の走りに笑顔を見せた。 「阪神大賞典は59キロで参考外の道悪馬場。天皇賞ではその疲れがあったのかもしれない。少し距離が長かったという気もしています」とトレーナーは不本意だった前2走を振り返る。さらに、「距離短縮は歓迎。負かしたことがある馬が相手だし、多少の雨にも動じない。この後はばりばりカイバを食べて、無事に輸送をこなせれば-。大丈夫だと思います」と締めた。 体調が戻って、条件は好転した。正攻法でディープスカイを完封したジャパンCの強さを思い起こせば「大丈夫」という鹿戸雄師の言葉は、よりいっそう重みを増す。(阿部裕昭)
2009年6月25日(木) 05:05

 763

宝塚記念の直前追い切り情報をもっと見る >

宝塚記念過去10年の結果

2008年6月29日() 阪神競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 エイシンデピュティ 内田博幸 2:15.3 11.3倍 103.7
2着 メイショウサムソン 武豊 アタマ 2.1倍 103.7
3着 インティライミ 佐藤哲三 クビ 39.0倍 103.2
2007年6月24日() 阪神競馬場/芝2200m 天候: 馬場:稍重
2006年6月25日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

宝塚記念ステップレース

2009年6月7日() 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 3 ウオッカ 武豊 1:33.5 1.8倍 105.0
2着 6 ディープスカイ 四位洋文 3/4 3.7倍 104.2
3着 4 ファリダット 安藤勝己 52.0倍 102.7
4着 9 カンパニー 横山典弘 ハナ 20.6倍 102.7
5着 7 ライブコンサート 和田竜二 1 1/2 139.1倍⑮ 101.2
2009年5月31日() 東京競馬場/芝2500m
天候: 馬場:不良
1着 4 ミヤビランベリ 北村友一 2:39.0 19.4倍 109.3
2着 5 ジャガーメイル 石橋脩 2.4倍 105.6
3着 16 ハギノジョイフル 三浦皇成 120.9倍⑰ 104.1
4着 11 レインボーペガサス 安藤勝己 1/2 7.0倍 103.7
5着 12 トウカイトリック 武豊 3 1/2 8.6倍 100.9
2009年5月31日() 東京競馬場/芝2400m
天候: 馬場:不良
1着 1 ロジユニヴァース 横山典弘 2:33.7 7.7倍 99.0
2着 12 リーチザクラウン 武豊 9.9倍 95.6
3着 10 アントニオバローズ 角田晃一 アタマ 23.3倍 95.6
4着 7 ナカヤマフェスタ 蛯名正義 1/2 25.1倍 95.1
5着 2 アプレザンレーヴ 内田博幸 3/4 9.5倍 94.1
2009年5月3日() 京都競馬場/芝3200m
天候: 馬場:
1着 2 マイネルキッツ 松岡正海 3:14.4 46.5倍 107.9
2着 4 アルナスライン 蛯名正義 クビ 7.5倍 107.9
3着 12 ドリームジャーニー 池添謙一 1 3/4 8.6倍 106.8
4着 1 サンライズマックス 福永祐一 ハナ 45.8倍 106.8
5着 3 ジャガーメイル 安藤勝己 1/2 10.7倍 106.5

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

宝塚記念の歴史と概要


2013、14年の優勝馬ゴールドシップ

上半期の中央競馬を締めくくるグランプリレースで、長距離路線、マイル中距離路線を戦ってきたトップホースが一堂に会す。古くはシンザン、スピードシンボリ、ハイセイコー、トウショウボーイなど、優勝馬の欄には往年の名馬の名前がズラリ。第29回(1988年)は昭和から平成にかけてオグリキャップとともに“芦毛対決”で競馬シーンを盛り上げたタマモクロスが勝ち、第31回(1990年)にはそのライバルだったオグリキャップが単勝1.2倍の断然人気を背負いながらまさかの2着に敗れる“事件”が起きた。また、第32~34回(1991~1993年)にかけては、メジロライアンメジロパーマーメジロマックイーンと異なるメジロ勢が3連覇するという珍しい記録が生まれている。第39回(1998年)は絶頂期のサイレンススズカが逃げきって待望のG1タイトルを獲得。第42回(2001年)は、ずっと後塵を拝してきた宿敵テイエムオペラオーメイショウドトウが初めて撃破したことで、おおいに盛り上がった。第47回(2006年)はディープインパクト、第53回(2012年)はオルフェーヴルと、3冠馬が貫禄の勝利。そしてゴールドシップが、第54~55回(2013~2014年)と史上初の連覇を達成した。

▼2013年のゴールドシップは天皇賞敗戦からの見事な復活劇を遂げた。

歴史と概要をもっと見る >

宝塚記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月23日(
産経賞オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

競馬番組表

2018年9月22日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2018年9月23日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る