アドマイヤナイト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
アドマイヤナイト
写真一覧
抹消  栗毛 2012年1月21日生
調教師梅田智之(栗東)
馬主近藤 利一
生産者新冠橋本牧場
生産地新冠町
戦績30戦[4-6-4-16]
総賞金11,567万円
収得賞金1,350万円
英字表記Admire Night
血統 アドマイヤムーン
血統 ][ 産駒 ]
エンドスウィープ
マイケイティーズ
アドマイヤカグラ
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
シーズライクリオ
兄弟 キングラディウスポワンセティ
前走 2019/01/13 サンライズステークス
次走予定

アドマイヤナイトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/01/13 中山 10 サンライズS 1600万下 芝1200 167146.533** 牝7 55.0 津村明秀梅田智之448(0)1.08.5 0.535.4カイザーメランジェ
18/10/21 京都 10 桂川S 1600万下 芝1200 14577.256** 牝6 55.0 福永祐一梅田智之448(+10)1.08.6 0.534.6④④エスティタート
18/09/22 中山 11 セプテンバー 1600万下 芝1200 161216.472** 牝6 54.0 丸山元気梅田智之438(+4)1.07.6 0.634.1モズスーパーフレア
18/06/30 福島 11 テレビU福島 1600万下 芝1200 16115.827** 牝6 55.0 戸崎圭太梅田智之434(-10)1.07.4 0.334.3⑦⑥レジーナフォルテ
18/06/16 阪神 10 水無月S 1600万下 芝1200 128114.415** 牝6 54.0 浜中俊梅田智之444(+2)1.08.0 0.433.7ナインテイルズ
18/04/21 京都 11 彦根S 1600万下 芝1200 1881624.196** 牝6 55.0 藤岡康太梅田智之442(-2)1.08.2 0.333.1⑨⑪ナガラフラワー
18/04/08 阪神 10 大―ハンC 1600万下 芝1400 1881736.71014** 牝6 54.0 藤岡康太梅田智之444(-10)1.22.2 1.136.4ヤマカツグレース
18/01/28 中京 11 長篠S 1600万下 芝1200 11444.438** 牝6 55.0 川須栄彦梅田智之454(+12)1.09.6 0.435.0タイセイスターリー
17/12/17 中山 10 南総S 1600万下 芝1200 168164.123** 牝5 54.0 戸崎圭太梅田智之442(-2)1.08.6 0.235.4アレスバローズ
17/10/22 京都 10 桂川S 1600万下 芝1200 166124.734** 牝5 55.0 戸崎圭太梅田智之444(+12)1.12.8 0.736.9グレイトチャーター
17/09/23 中山 11 セプテンバー 1600万下 芝1200 165102.612** 牝5 54.0 戸崎圭太梅田智之432(-4)1.08.1 0.134.0⑤⑤タマモブリリアン
17/09/02 小倉 11 北九州短距離 1600万下 芝1200 181213.972** 牝5 53.0 川須栄彦梅田智之436(+4)1.08.3 0.034.0⑤④コウエイタケル
17/07/01 福島 11 テレビU福島 1600万下 芝1200 163610.369** 牝5 55.0 内田博幸梅田智之432(-2)1.08.2 0.634.5⑥⑥ワンスインナムーン
17/06/17 阪神 10 水無月S 1600万下 芝1200 13576.132** 牝5 53.0 幸英明梅田智之434(-4)1.07.3 0.233.9ファインニードル
17/05/27 京都 11 朱雀S 1600万下 芝1400 161216.877** 牝5 55.0 幸英明梅田智之438(+14)1.21.8 0.333.9⑥⑥ロードセレリティ
17/04/01 中山 10 千葉日報杯 1000万下 芝1200 156111.811** 牝5 55.0 戸崎圭太梅田智之424(-6)1.09.2 -0.234.9⑦⑦パラダイスガーデン
17/03/12 中山 9 房総特別 1000万下 芝1200 16232.314** 牝5 55.0 C.ルメー梅田智之430(0)1.09.3 0.234.5⑥⑥シゲルノコギリザメ
17/02/19 小倉 12 紫川特別 1000万下 芝1200 188166.023** 牝5 55.0 小牧太梅田智之430(+4)1.08.3 0.035.3スカイパッション
16/08/14 小倉 10 西部日刊スポ 1000万下 芝1200 186114.5111** 牝4 55.0 藤岡康太梅田智之426(+4)1.09.0 0.635.0⑧⑧レーヴムーン
16/04/23 京都 11 彦根S 1600万下 芝1200 188189.354** 牝4 55.0 福永祐一梅田智之422(-6)1.08.1 0.133.9アットウィル

⇒もっと見る


アドマイヤナイトの関連ニュース

 セプテンバーS(22日、中山11R、3歳上1600万下(混)、ハンデ、芝・外1200メートル、1着本賞金1820万円 =出走16頭)は2番人気モズスーパーフレア(栗・音無、牝3、父スパイツタウン)が楽に逃げ切ってオープンに昇級した。タイム1分7秒0(稍重)。10戦4勝。3馬身1/2差の2着が7番人気アドマイヤナイトで、1番人気ワンアフターは10着に終わった。



 ◆武豊騎手(モズスーパーフレア1着) 「スタートして誰も行かなければ行こうと。気分よく走っていたし、直線半ばで押し切れると思った」

 ◆丸山騎手(アドマイヤナイト2着) 「ゲートをうまく出られて、内枠を生かした競馬ができた」

 ◆柴田善騎手(ナンヨーアミーコ3着) 「久々でもトモ(後肢)の感じはよかった。早め早めに動いたけどね」

 ◆ルメール騎手(ワンアフター10着) 「ノースペース。直線で前が壁になってあかなかった」

★22日中山11R「セプテンバーS」の着順&払戻金はこちら

【セプテンバーステークス】入線速報(中山競馬場)2018年9月22日() 15:48

中山11R・セプテンバーステークス(4回中山6日目 中山競馬場  芝・右外1200m サラ系3歳以上1600万下)は、1番手12番モズスーパーフレア(単勝3.8倍/2番人気)、2番手2番アドマイヤナイト(単勝16.4倍/7番人気)、3番手11番ナンヨーアミーコ(単勝6.1倍/3番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連2-12(28.3倍) 馬単12-2(40.0倍) 3連複2-11-12(65.9倍) 3連単12-2-11(293.0倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018092206040611
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【メインレース・データ分析(特別編)】セプテンバーS 波乱含みのハンデ戦!54キロ以下の牝馬が狙い目!2018年9月22日() 10:30

セプテンバーSの過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証

【全般】
昇級初戦馬の好走頻度が高い

ブロワ
カイザーメランジェ

前走同クラス以上で0秒5以内だった馬が堅実

アドマイヤナイト
レーヴムーン
ナンヨーアミーコ
アッラサルーテ
トシザキミ
スペチアーレ

前走同距離組が攻勢

アドマイヤナイト
フクノグローリア
ブロワ
ペイシャルアス
ワンアフター
レーヴムーン
ダイトウキョウ
ナンヨーアミーコ
モズスーパーフレア
アッラサルーテ
トシザキミ
カイザーメランジェ

ハンデ54キロ以下の活躍が目立つ

キングクリチャン
アドマイヤナイト
テンテマリ
フクノグローリア
ブロワ
ドラゴンストリート
ペイシャルアス
モズスーパーフレア
アッラサルーテ
トシザキミ
カイザーメランジェ
スペチアーレ

牝馬の上位占有率が高い

アドマイヤナイト
テンテマリ
フクノグローリア
ブロワ
ペイシャルアス
モズスーパーフレア
アッラサルーテ
トシザキミ
スペチアーレ

【人気】
1番人気の信頼度はマズマズ
※10時00分現在の1番人気

ワンアフター

【脚質】
偏りなし

※どの脚質にも展開次第でチャンスあり

【枠順】
好走馬の大半が馬番1~10番

キングクリチャン
アドマイヤナイト
テンテマリ
フクノグローリア
ブロワ
ドラゴンストリート
ペイシャルアス
ワンアフター
レーヴムーン
ダイトウキョウ

【血統】
父あるいは母父にサンデーサイレンス系種牡馬を持つ馬の好走例が多い

キングクリチャン
アドマイヤナイト
テンテマリ
フクノグローリア
ドラゴンストリート
ダイトウキョウ
ナンヨーアミーコ
アッラサルーテ
トシザキミ
カイザーメランジェ
スペチアーレ

ノーザンダンサー系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬が毎年のように上位進出

キングクリチャン
テンテマリ
ブロワ
ワンアフター
ナンヨーアミーコ
モズスーパーフレア
トシザキミ
スペチアーレ


【5項目以上該当馬】
アドマイヤナイト(6項目)
ブロワ(6項目)
トシザキミ(6項目)
テンテマリ(5項目)
フクノグローリア(5項目)
アッラサルーテ(5項目)
スペチアーレ(5項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】セプテンバーS 指数上位が高信頼度!頼りになるのは斤量の恩恵を享受した高指数馬!2018年9月22日() 09:20

セプテンバーSの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
2015年こそ低指数馬が上位を独占したが、基本的に指数上位の信頼度が高いレース。それ以外の年は指数5位以内のなかから、最低1頭は2着以内に入っており、複勝圏内に2頭入ることも珍しくはない。

1位→⑨レーヴムーン
2位→②アドマイヤナイト
3位→⑪ナンヨーアミーコ
4位→⑮カイザーメランジェ
5位→⑬アッラサルーテ

<ポイント②>
軸馬を選ぶ際に頼りになるのは、斤量の恩恵を享受した指数1~5位。なかでも、54キロ以下の牝馬ならびに3歳牡馬の期待値が高い。

条件を満たす馬

アドマイヤナイト
アッラサルーテ
カイザーメランジェ

<ポイント③>
低指数馬の上位進出が顕著な一戦ではあるが、何でもかんでも手を出せばいいというわけではない。低指数で2着連対圏内に入った馬の多くが、ハンデの恩恵を受けた軽量牝馬。新潟開催だった2014年を除くと、指数94.0未満の牡・せん馬で2着連対を果たした馬はゼロ。3着入りが精一杯の状況が続いている。

指数94.0未満の牡・せん馬

キングクリチャン
ドラゴンストリート
ワンアフター
ダイトウキョウ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【テレビユー福島賞】メインレース・データ分析(特別編)2018年6月30日() 10:20

テレビユー福島賞の過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証

【全般】
4~5歳馬の好走率が高い

ラズールリッキー
タイムトリップ
アッラサルーテ
エリシェヴァ
レジーナフォルテ
オーヴィレール
パーリオミノル

前走で新潟芝1000mに出走していた馬の活躍が顕著

タイムトリップ
エリシェヴァ
レジーナフォルテ
オーヴィレール

小倉芝1200mで好走歴を持つ馬の好走例が多い

アドマイヤナイト
エリシェヴァ
ブラッククローバー
クラウンルシフェル
レグルドール
パーリオミノル
ゲンキチハヤブサ

【人気】
6~11番人気の上位入線が目立つ
※10時00分現在の6~11番人気

ラズールリッキー
タイムトリップ
オーヴィレール
クラウンルシフェル
ダイトウキョウ
ゲンキチハヤブサ

【脚質】
逃げ・先行優勢

ラズールリッキー
エリシェヴァ
レジーナフォルテ
ブラッククローバー
クラウンルシフェル

※近3走の走りを参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
5~8枠がやや優勢

レジーナフォルテ
ブラッククローバー
オーヴィレール
クラウンルシフェル
レグルドール
ダイトウキョウ
パーリオミノル
ゲンキチハヤブサ

【血統】
父あるいは母父にミスプロ系種牡馬を持つ馬の活躍が目立つ

アドマイヤナイト
タイムトリップ
エリーティアラ
エリシェヴァ
レジーナフォルテ
クラウンルシフェル
パーリオミノル

父あるいは母父に米国系のノーザンダンサー系種牡馬を持つ馬が攻勢

ラズールリッキー
オーヴィレール
ゲンキチハヤブサ


【5項目以上該当馬】
エリシェヴァ(5項目)
レジーナフォルテ(5項目)
オーヴィレール(5項目)
クラウンルシフェル(5項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【テレビユー福島賞】U指数的考察2018年6月30日() 09:20

テレビユー福島賞の近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬や買い目を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
指数上位は比較的安定しており、指数2位以内の馬が毎年のように2着連対圏を確保している。

1位→①アドマイヤナイト
2位→⑧エリシェヴァ

<ポイント②>
2013年以降の2着以内馬は、すべて指数10位以内。11位以下は3着食い込みが精一杯。

指数11位以下

エリーティアラ
フクノグローリア
クラウンルシフェル
レグルドール
パーリオミノル
ゲンキチハヤブサ

<ポイント③>
<ポイント①>と<ポイント②>の傾向を踏まえ、指数1~2位+指数10位以内という組み合わせの馬連フォーメーションを購入すると回収率131.4%。

指数1~2位+指数10位以内の馬連フォーメーション買い目

①⑧+①②③⑤⑥⑧⑨⑩⑪⑭



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

アドマイヤナイトの関連コラム

閲覧 1,018ビュー コメント 0 ナイス 3

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2017年4月1日()の凄馬!>
超凄馬
中山10R 千葉日報杯
アドマイヤナイト(+3.9)

超凄馬
中山3R 3歳未勝利
コトブキホーク(+3.1)

超凄馬
中山9R 山吹賞
グローブシアター(+3.0)

超凄馬
中山7R 3歳500万以下
ヒップホップスワン(+2.6)

超凄馬
中山12R 4歳以上500万以下
レレマーマ(+2.2)

超凄馬
阪神1R 3歳未勝利
ニシノキャプテン(+2.1)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率47%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2017年4月2日、集計数:28,194レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください


登録済みの方はこちらからログイン

アドマイヤナイトの口コミ


口コミ一覧
閲覧 43ビュー コメント 0 ナイス 0

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。

80パーセント複勝馬券に絡む馬をウマニティの読者予想で公開しています。
「おがちゃん」で検索してね。

3月18日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

中京11R ◎⑫ナイトバナレット

< 上位争い >

阪神12R 〇⑨ジュエルメーカー

中京12R ▲②ハシカミ

3月12日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

中山9R  〇③アドマイヤナイト 4着、1番人気

阪神4R  ▲⑪コンゴウトシオー 14着、5番人気
阪神10R ◎④サージェントバッジ 4着、2番人気

中京2R  △⑧プレイングアローン 3着、5番人気
中京8R  △⑨クローソー 8着、2番人気

< 上位争い >

中山9R  注⑫シゲルノコギリザメ 1着、2番人気

阪神2R  〇⑤タイキビージェイ 2着、2番人気

中京10R ◎⑤シゲルベンガルトラ 3着、1番人気

実績

勝ち負け 勝率 32%、連対率 49%、複勝率 65%

好勝負  勝率 25%、連対率 43%、複勝率 55%

上位争い 勝率 22% 連帯率 37% 複勝率 50%

 藤沢雄二 2015年10月23日(金) 07:41
10月25日分のWIN5対象レースの展望
閲覧 134ビュー コメント 0 ナイス 4

先週のWIN5は実にヒドイ結果に…(^_^;)
でもそんなに突っ込んでなかったのでダメージが少なかったのは幸いでした。

過ぎたことは切り替えて今週分の考察です。

【東京10R 甲斐路S】
準オープンの1800m戦に11頭立て。
甲斐路Sが芝の1800mで行われるようになった2010年以降の傾向を調べてみる。

・4歳牡馬優勢。
過去5年で4勝。
・先行脚質を信頼。
逃げ切り2回、番手抜け出し1回(←この3回はいずれも“行った行った”)そして4番手抜け出しが2回。
・好調の馬を素直に信頼。
目下、4年連続で前走で準オープンで馬券対象になった馬が勝っている。
・小波乱?
勝ち馬の人気順は2010年から順に4・4・2・1・6で、平均3.4番人気。平均出走頭数が11.2頭なのを考えるとチョイ荒れをイメージするのがベターか。

メンバーを見渡してみると徹底先行型不在。ここ2戦で番手からの競馬をしているクラウンレガーロか、ここ5戦中4戦で先行してその時の着順が②②①①のシュンドルボンのどちらか内に入った方が押し出されて逃げそうな雰囲気。ただ、両馬とも乗り替わるので机上の計算通りにいかない可能性も…。
圧倒的な相性を誇る4歳牡馬はタブレットピーシー・ネオリアリズム・ラングレーがエントリー。クリスチャンに乗り替わるネオリアリズムが番手でも主張するつもりであればこの馬一択でもいいのでしょうけど、札幌では中団からの競馬で結果を出しているから位置取りは微妙な感じ。
今年1月の中山の初富士Sを勝った時に5番手からの競馬で勝ったラングレーは、予想以上に前に行けていたので出していければ現級勝ちの実力を発揮できそうだけど、4ヶ月の休み明けの今回は差し損ねになりそうな予感が…。
タブレットピーシーは昇級戦になるここは、東京【0-0-1-5】だし脚質的にも叩き台ムード。
メンバー中唯一、前走で準オープンで馬券になっているシャドウウィザード。中間も坂路で乗り込まれているから状態は良さそうだけど、この馬、うっかりするとほぼ最後方からの競馬をするのと、今回は柴山が乗るのだけど今月は柴山に何度、消化不良のレースを見せられただろうかというのもあるのでここは切る。

⇒ネオリアリズム・クラウンレガーロ・シュンドルボンの中から選択。


【京都10R 桂川S】
準オープンの1200mに15頭立て。
昨年は桂川Sは行われておらず、また同時期に準オープンの1200mというレースもなかったので、『準オープンの1200m』で行われた2008~2013年の桂川Sを調べてみた。

・とにかく逃げろ。
2008年のウエスタンダンサーは通過順が1-3-3。2009年のセブンシークィーンは通過順が2-1-1だけど、2010~2012は3年連続の純然たる逃げ切り。まずはハナに行く馬を探す。
・牝馬断然
ちなみに前で押し切った5頭は全て牝馬。
牡馬で勝ったのは2013年のアースソニックのみ。
・荒れ模様
勝ち馬の人気は2008年から順に13・6・8・12・1・1で6.8番人気。荒れに荒れた4年はフルゲート。一方で人気に応えた時は11頭立てと16頭立てでフルゲート割れ。今年は15頭立てだが…。

状況的にはアースソニックが勝った2013年に近そうだが、今回、人気が予想されるエイシンブルズアイは2月のシルクロードS以来で9ヶ月の休み明け。淀短距離Sを勝った時がアンバルブライベンの番手を取れたくらいだから前付けも出来るだろうけど、そこは休み明けということにならないだろうか?
ここのところ安定して前で競馬をしているサンブルエミューズだけど、鞍上がルメールだとノシをつけてまで前には行かない気がしてならない。スピードの違いで番手に収まることはあっても押してまでハナは主張しないだろう。
淀屋橋S2着のアドマイヤナイトも前付けはするだろうけど、ハナまでは奪いそうにない。
そこでラインスピリット。近3走が11・18・16着だけに手は出しにくいだろうが、その前、つまり4走前ではオーシャンSでサクラゴスペルの4着。さらにその前走、洛陽Sでは2着に粘って波乱を演出しており力が落ちるとは思わない。ラインスピリット自身、咋夏の小倉の1000万勝ちは前走11着から、洛陽Sの2着は淀短距離S15着から変身しているので大敗が気にならないタイプ。レースの歴史的にもセブンシークィーンが道頓堀S18着からの変わり身を見せているので、尻込みする理由などない。

⇒ラインスピリット・エイシンブルズアイ・アドマイヤナイトの中から選択。


【新潟11R 北陸S】
準オープンのダート1200mに15頭立て。
秋の裏開催としては初めて行われるので、夏開催で行われた北陸Sのデータを鵜呑みにはできないので“一般論”としての『新潟ダート1200mの準オープン』という切り口でやってみる。

・差しも利く
2コーナーの芝の上にゲートがあって直線も平坦とくれば、前に行けないとノーチャンスという典型のような新潟ダート1200も、準オープンになるとチョイチョイ差しや追い込みも決まるのは、平坦ゆえに先行争い激化でズブズブということなんでしょう。先週の京都の藤森Sがそうで、数字の裏は取ってないけど、下手すると(直線に坂のある)中山や阪神よりも差しが決まっているんじゃないかと。

・枠順次第
でもなんだかんだで真ん中~外枠の方がベターかな、という印象。

・やっぱり騎手
裏開催だけにどの騎手を乗せてきたかには注目。なにしろ全馬が乗り替わるので。

⇒決め手を磨いたキタサンミカヅキは武士沢→横山和がどうでるか?
デキだけなら3歳馬で吉田隼を確保したブルドッグボス、現級勝ちあるペイシャモンシェリ辺りが中心になりそう。


【東京11R ブラジルC】
オープンのハンデ戦でダート2100m。
ブラジルCがこの条件で行われるようになった2008年以降で傾向を調べてみた。

・若い馬優勢
勝ち馬は3歳牡馬2頭、4歳牡馬2頭、5歳牡馬3頭で、ダートの長丁場にありそうなベテラン健在のシーンはほとんどない。

・実績もそれなりに必要
勝った3歳牡馬2頭の共通項は『3歳夏に古馬1000万勝ち』、4歳以上の牡馬には『4歳春にオープン在籍歴→準オープンに降級』という履歴があった。

・好調馬重視
前走がダートで崩れたのは昨年のマイネルパイカだけ。あとは芝が合わなかった3年前のナムラビクターが15着からの巻き返しで、残りの5頭は前走でオープン3着以内。

⇒今年は、前走で3着以内というのが準オープンを勝ったロワジャルダンだけという組み合わせで、過去の傾向からドンピシャというのがいないのが悩ましい。
カゼノコとドコフクカゼは春以来なのがどうか。過去の勝ち馬のイメージに一番近いのはクラージュドールだが、さすがに阿蘇S11着は負けすぎな感も…。それなら3歳春にオープン2着のあるロワジャルダンの方がいいかもしれない。
もしかしたら6歳馬の出番があってもいいのかも。

【京都11R 菊花賞】
既に枠順が出た菊花賞。
なんだかんだでリアファルは△には落とせないとは考えたいたのだが、17番枠はともかく、よりによってスピリッツミノルが大外を引いたことで『1周目のスタンド前でスピリッツミノルがハナに立つ』というシーンが目に浮かぶだけに、隣で盛んに手が動く1周目の3コーナーの坂の下りというのはやりにくいだろうと思うと▲が妥当なところか。
改めて枠順を見直すと騎手力と厩舎力が大事になってきそう。
そこで◎は3番枠を引いたタンタアレグリア。京都の長丁場に強いイメージのある蛯名ならチャンスはあるだろう。
以下、○に横山典のミュゼエイリアン、△筆頭はスティーグリッツ、そして武豊を確保したレッドソロモンまで。
WIN5的には印を回した馬のどこまでを買うかは総組み合わせと相談で。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2015年10月2日(金) 07:43
10月4日分のWIN5対象レースの展望
閲覧 129ビュー コメント 0 ナイス 3

先週のWIN5は2勝3敗で結果的にはダメダメだったのだけど、2レース目のムーンライトハンディキャップを6番人気のウインリバティ1頭のみの指名で突破して、一瞬ながらも大きく夢が広がったので見せ場を作ることはできたと思っています。
もっとも見せ場を作っただけでは何の意味もないのだけど、手も足も出ないでハズレるよりは一歩前進。
反省点があるなら、ミルコとルメールとディープインパクト産駒の取捨選択を慎重にすることと、あまり1番人気の馬を盲信しないことか。

【中山9R サフラン賞】
今年から中山の1600mに舞台を移した2歳牝馬限定の500万下の一戦。
過去のレース傾向はアテにならないのでコースの傾向から紐解くことになるが、中山の1600mは『前走1着馬が好成績』とは言うものの、12頭中7頭が該当するので全部買っているわけにはいかない。
筆頭指名はルメールが乗ってキングカメハメハ産駒のデアリングエッジになるのだが、スミレ・クードラパン・ワンダフルラッシュ・テイケイレーヴ・クラウンドジャック、この辺までは差がなさそうなので非常に厄介である。
ここはもうちょっと時間をかけて…。

【阪神10R 道頓堀S】
1200mになってからは今年で4回目だが、3年前にハクサンムーン、一昨年はリトルゲルダが勝っている。それ以前の1400m時代にはフラガラッハ、1600m時代にもファリダットにピカレスクコードが勝っており、距離を問わずの出世レースである。

格最上位は昨年暮れにオープン特別のタンザナイトSを勝っているサトノルパンなのだが、ここが休み明けで初の1200mなので過信禁物というところか。
ここ3年の傾向なら北九州短距離Sで掲示板or小倉1200mで1000万下勝ちなのでアドマイヤナイトとアットウイルが浮上。上記のサトノルパンと合わせて3頭全部買う手はあるが、現時点での買いたい順番はアドマイヤナイト>サトノルパン>アットウイルになるだろうか。

【中山10R 勝浦特別】
スプリンターズSと同じ中山1200mのレース。こちらは1000万下のハンデ戦というだけで難解ムード。
優先出走権があるのが4頭、現級勝ちは1頭という組み合わせ。
新潟開催だった昨年は『勝浦特別』としては行われていないけど、とりあえず4歳馬の強いレース。
スプリンターズSでディープインパクト産駒にヤマを張っている以上、昇級でもハナフブキは持っておきたい。
無難なのはミルコに乗り替わるサザンライツ。4歳の2勝馬だが札幌のレースぶりならこの馬が中心か。
ルメールに乗り替わるエビスグレイトは不気味だけどいいところ△ぐらいになるだろうか。
引き続き武豊が乗るハピネス、唯一の現級勝ち馬のダノンマッキンレーまでは注意が必要かも。

【阪神11R ポートアイランドS】
重賞勝ち馬4頭、オープン特別勝ち馬6頭が顔を揃えての16頭立て。重賞といってもおかしくない組み合わせになったのだが、競馬ブックの週報を見る限りはフルーキーの一歩被りムード。
ところが阪神の外回りになった2007年以降で見てみると…

・実績馬優勢
・夏稼働馬優勢(阪神・中山の1週目を使った馬含む)
・いわゆるPOG期間での重賞出走歴は大事

過去8回の勝ち馬で実績馬に該当しないのは、ここが格上挑戦だったダノンヨーヨーと近走不振で大穴になったドリームバスケットぐらいなのだが、この両馬は夏稼働組。
結局、フルーキーは上記3項目のいずれかをも充たしていないので非常に怪しいのである。

傾向通りなら食指が動くのはシンザン記念勝ちのあるグァンチャーレ。そしてハギノハイブリッドにダノンメジャーというあたり。
多分、一番の波乱はココ。

スプリンターズSはミッキーアイルと心中なので、そこまでをどう繋げるかが今回のテーマになりそうです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アドマイヤナイトの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

アドマイヤナイトの写真

アドマイヤナイト

アドマイヤナイトの厩舎情報 VIP

2019年1月13日サンライズステークス3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アドマイヤナイトの取材メモ VIP

2019年1月13日 サンライズステークス 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。